清水が日本代表FW北川航也ら7選手と契約更新

2018.12.27 18:26 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
▽清水エスパルスは27日、FW北川航也(22)、DF立田悠悟(20)、FW平墳迅(19)、MF滝裕太(19)、DF伊藤研太(19)、MF西村恭史(19)、FW髙橋大悟(19)との契約更新を発表した。

▽日本代表にも選出されている北川は、明治安田生命J1リーグで32試合に出場し13得点を記録。YBCルヴァンカップで3試合出場1得点、天皇杯で2試合に出場していた。立田はU-21日本代表としてプレー。J1で25試合1得点、ルヴァンカップで2試合、天皇杯で2試合に出場していた。

▽滝はルヴァンカップで4試合、伊藤は3試合、西村は2試合、高橋は5試合に出場。平墳は公式戦の出場がなかった。


関連ニュース
thumb

「壁の意味がなくなる」GK権田修一が後半のFKについて言及、それでもチームの強さに言及「全員が自分の仕事を全うしたことが強さ」

中国代表とのカタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選から一夜明け、28日に日本代表のGK権田修一(清水エスパルス)がメディアのオンライン取材に応対した。 27日、日本は中国とカタールW杯アジア最終予選で対戦。前半にPKを獲得すると大迫勇也が決めて先制。その後何度も決定機を迎えるが追加点を奪えない。 中国にほとんど攻めさせない日本は、後半に中山雄太のクロスから伊東純也がヘディングで決め最終予選3戦連発。そのまま逃げ切り、2-0で勝利を収め、4連勝。2位をキープした。 今回はレギュラーのCBであるDF吉田麻也(サンプドリア)、DF冨安健洋(アーセナル)がケガで不在となり、DF谷口彰悟(川崎フロンターレ)、DF板倉滉(シャルケ)とW杯最終予選で初めてピッチに立つ2人がCBを務めた。 危なげないプレーで無失点に抑えたが、権田は試合について「僕らは最終予選は突破することを何よりもフォーカスしてやっているので、内容というのは二の次というか、昨日はゼロに抑えて、枠内シュートもゼロで、ゴールもPKと流れの中ということで、結果は良かったと思います」とコメント。「得失点差だとかありますが、自力で勝ち続ければ突破できるので、結果は満足しています」と、しっかりと勝利を収めたことを評価した。 またCBの2人についても「CBに関しては、見ていて違和感はなかったと思います。試合には出られなくても代表活動に来ていて、紅白戦ではサブ側で良い準備をしていたのは見ていましたし、この試合に向けても2日間で細かいところを声を掛け合ってできたのかなと思います」とコメント。「これが中国でOKだったから全てOKではなく、レベルが高いサウジアラビアと対戦するので、残りの4日でしっかり準備していきたいと思います」と、すでに次戦を見据えているとも語った。 勝利を収めた中国戦だったが、課題も残った日本。権田は「相手によってサッカーが変わるのは当然ある中で、昨日は相手が引くわけでもなく、プレッシャーにすごくくるわけでもなく、あるタイミングでプレッシャーにくる、外せた後のパス、マイボールになったところのパスは効果的ではないものが多かったかなと思います」とコメント。パスについては「横ではなく縦につけるパスが必要」と語り、「相手がカウンターに来ようとした時に前につけられれば、ひっくり返してチャンスにもなったと思う」と、タイミングを見てしっかりと前に縦パスを入れることでチャンスが生まれるとした。 サウジアラビア戦ではその点が必要だとし、「サウジアラビアは少ない人数でクオリティの高い攻撃を仕掛けてくる印象なので、相手のボールを奪った時に相手が手薄な状況で攻めるということは大事かなと思います」と語った。 また、中国戦で唯一危険なシーンは後半のFKのシーン。壁が3枚入ったが割れてしまい、シュートは枠を外れたが、枠に飛んでいたら失点していてもおかしくないものだった。権田は「あってはいけないというか、あそこで壁に入った選手が理由はわかると思います」と壁が割れるのはいけないとし、「枠を外れたのでよかったですが、ニアは壁が消してくれると思っているので、あれだと壁の意味がなくなります」とコメント。「あれが入っていて流れが変わって引き分けて結果を得られないこともあるのがこれからの戦いなので、壁が割れたということより、意思統一ができていれば起きていないことなので、チームとしてしっかり修正していかなければいけないと思います」とコメント。トレーニングでチームとして壁に立つ選手の判断を統一していく必要があると語った。 改めて主軸がいなかったが、そこに対する不安は一切なかったという。権田は「吉田選手と冨安選手はチームにとって重要な2人ですが、誰1人いないことに対してネガティブな気持ちを持っていなかったのがこのチームの強さ。作られたものではなく、みんながそう思えていることが強さだと思います」と、チーム全体として不安な様子はなかったという。「吉田選手はキャプテンで、彼がいないことで動揺してもおかしくはないですし、ケガ人も多く出ていてメンバーがかなり変わっていますが、1人1人全員が自分の仕事を全うしたことが強さだと思います」と、チーム力としての手応えも感じたようだ。 2022.01.28 18:30 Fri
twitterfacebook
thumb

清水の選手2名が新型コロナ陽性…28日からの鹿児島キャンプは予定通り実施

清水エスパルスは27日、トップチームの選手2名が新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性判定を受けたことを発表した。 クラブの発表によると、24日と25日にクラブはPCR検査を実施。それぞれ選手1名ずつが陽性判定となった。 両選手は共に症状がない状況であり、クラブ内に濃厚接触者はいないとのことだ。 また、26日に改めてPCR検査、27日にPCR検査を抗原検査を実施。残りの選手とスタッフは全員陰性だった。 28日から清水は鹿児島キャンプをスタートさせるが、予定通り実施される。 2022.01.27 21:20 Thu
twitterfacebook
thumb

清水の選手3名が新型コロナウイルス感染…1名が症状を訴え検査し3名が陽性に

清水エスパルスは23日、トップチームの選手3名が陽性判定を受けたことを発表した。 クラブの発表によると、当該選手は22日の夜に発熱し、ノドの痛みなどの症状があったとのこと。23日にPCR検査を実施し、陽性判定を受けていた。 なお、同日に全選手とスタッフが検査を受けた結果、新たに2選手が陽性と判定されたとのことだ。なお、こちらの選手は症状はないとのことだ。 当該選手は適切な対策のもとで療養中。なお、24日のグラウンドでのトレーニングは中止となった。 2022.01.23 21:40 Sun
twitterfacebook
thumb

「毎試合後がない」清水GK権田修一が語るW杯最終予選への覚悟「突破するためだけ」

日本代表候補トレーニングキャンプも4日目を迎えた中、清水エスパルスのGK権田修一がメディアのオンライン取材に応じた。 21日にはトレーニングマッチが控えている日本代表候補。すでに3日のトレーニングを終えた中、ゲーム形式のトレーニングが続いている。 強度の高いトレーニングが続く中で、各選手の連携や動きなどをチェック。カタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選に生き残るためのアピールが続いている。 今回は谷晃生(湘南ベルマーレ)が負傷により活動を辞退。GKは権田1人となっているが「今回の合宿に関していえば、もともと谷選手と2人で招集されて、谷選手が負傷して1人になってしまったということです」とコメントした。 自身のパフォーマンスについて「今シーズンからエスパルスのGKコーチが変わって、新しくきた石野さんというGKコーチとコミュニケーションを取りながら、クラブの芝が8日からしか使えず、その前から動きたかったですが、使えないと言われたので、8日からは毎日しっかりトレーニングをしてこれたので、GKのシンプルな動きはできます」とコメント。ただ、「サッカーはそれだけではないです。周りを見るところ、ゲームに入ることは、ヨーロッパでバリバリやっている選手たち、トップトップの選手たちと色々な部分で合わせないといけないので、僕自身は1日1日を大切にやらないといけないと思います」と、まだまだ上げていかなければいけないと語った。 ここまで最終予選で2位につけている日本。スタートから不安定な戦いが続いたが、現在は良い位置につけている。 しかし、権田は「最終予選に関して言えば、最後終わった時がどういう状況かというのが大事です。予選トータルで見た時に最初がというのがありますが、最初良くて最後ダメでもいけないので、突破するためだけにやるものです」とコメント。「その中で良いサッカー、見ている人を楽しませるのも大事ですが、最終予選の1番の目的はW杯に出場することなので、残っている試合でそこに向けてやっていると思います」と、とにかくW杯出場権を得ることだけを考えてやるとした。 今回の最終予選については「何人かの選手はケガで来れないことは決まっています」とコメント。「誰かがいないと勝てないとか、出場停止やケガ人がいる状況でも、日本代表でもいつも呼ばれている30名弱だけじゃなく、日本でプレーしている、海外でプレーしていて招集されていない選手が出てくることもある」と新たな選手が出てくることも大事だとした。 また、「僕は毎回メディアの方々のネットを見ていて、スタメンからしっかり僕を外してくれているので、僕が物足りないことも重々理解しています。しっかりと競争を勝ち抜くメンバーが大事になります。今回ケガでいない選手の代わりに出る選手が出て、活躍して、チームの活性化になるのであれば、毎回新しい選手が呼べるので、それはチームにとって理想の形だと思います」とコメント、選手個々がしっかりと成長して競争していくことが重要だと語った。 ここからW杯に向けてもパフォーマンスを上げていく必要がある中で、権田が思いを語った。 「集大成という言葉があると思いますが、僕はそもそも毎試合集大成だと思ってやっていますし、毎試合後がないと思ってやっています」 「谷選手がいたり、ベンフィカBには小久保選手がいたり、Jリーグにも良い選手がいて、守りに入ったらチャレンジしなくなって、プレーのチャレンジする姿勢、向上するという部分は失ってしまいます」 「僕自身は常に毎日毎日全力でやって、それを評価してもらえたらずっと試合に出られるかもしれないですし、僕より良いプレーをする選手がいたら出られないかもしれないです」 「定位置があるスポーツではないですし、W杯を見据えていますが、その直前の試合でケガしないためにというプレーはしたくないです。守らなければいけないシーンは、ケガを覚悟で守りに行きます。今年も今まで通りやっていきたいと思います」 2022.01.20 22:07 Thu
twitterfacebook
thumb

「自チームのサッカーとかけ離れていた」追加招集の清水MF鈴木唯人、初の日本代表で感じたことは「頭のスピードが違う」

日本代表候補トレーニングキャンプの3日目を前に、清水エスパルスのMF鈴木唯人がメディアのオンライン取材に応対した。 17日から始まったトレーニングキャンプ。19名の日本代表候補と3名のトレーニングパートナーの22名が参加している。 21日に予定されていたウズベキスタン代表戦とのキリンチャレンジカップ2022が新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大の影響で中止に。試合は行えないものの、その後のカタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選に向けてトレーニングを積んでいる。 初招集を受けた鈴木だが「少なからずスピード感、1日目の練習からボールに関わり続けるなど、多少は馴染めているかなと思うので、2日間で慣れたことで、残りの3日間で自分の特徴などで結果を残せたらと思います」と、問題なく溶け込んで過ごしているようだ。 実際の強度や雰囲気については「自チームのサッカーともかけ離れていましたけど、それほどイメージしていたものとあまり変わりなく、考えていたことがそのままだったので、最初やった時に衝撃を受けることなく、ビビることなくやれたのは良かったと思います」と、予想通りだったと語った。 2トップの一角やサイドハーフなど様々なポジションでもプレーしている鈴木。「どのポジションでもできるというのが強みで、どのポジションでも間でボールを引き出して次の攻撃に繋げることが大事なので、引き出したり受けてからの推進力はどのポジションでも発揮できると思います」と自身がやるべきことについて語り、「ポジションに引っ張られずにやっていきたいです」とした。 練習で感じたことについては「全体的にスピード感、頭のスピードが違うので、それに慣れればできると思っています」とコメント。「考えるスピード、判断、次のプレーの選択肢を考え続けることで、次に繋がると感じていますし、その中で持っている技術が伴えるかを感じているので、そこを頭をフル回転させていきたいと思います」と、プレーのスピード以上に、頭の回転の早さを求められると違いを語った。 それは森保一監督からも求められたとし「森保監督と話したときに、考えるスピード、次のプレーの予測、考えていたイメージに対して相手が来た時にプレーを変えられるか、そこにしっかりとした技術を発揮できるかは話しました」とコメント。「それはどの選手を見ていても感じますし、必要なことだと思います」と、日本代表では当たり前にやられていることだと感じたようだ。 この合宿にはMF松岡大起とともに追加招集されたが「こういうチャンスを追加招集という形でもらえたので、少なからず吸収してやっていくこと」と、多くを吸収したいとし、「誰もが次を目指すのは一緒」と最終予選に生き残りたいと語り、「1日1日起きた出来事を考えながら、自分の変化につなげていける3日間にできればと思います」と、自身が成長したいと語った。 その中で今の日本代表のサッカーについては「ボールを奪える選手が出られるかなと思っていますし、ボールを奪った後にいかに良い判断、良い選択に繋げられるか」と、守備の部分での必要なことがあるとコメント。「攻撃の時もチームの中で規則を守って、特徴をだせるか。その中で、攻撃からの守備となった時に1人1人が戻れるか、パワーを注げるか、しっかりできる選手が出場できるのかなと思います。うまさだけでなく、強さも求められているなと感じます」と、守備時のオーガナイズが非常に重要だと感じたようだ。 2022.01.19 21:15 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly