昇格組のパルマに大敗したジェノアがバッラルディーニ監督を解任… 後任は3度目の指揮官就任となるユリッチ氏

2018.10.10 00:44 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ジェノアは9日、ダビデ・バッラルディーニ監督(54)を解任および、イバン・ユリッチ氏(43)の復帰を発表した。

▽ジェノアは昨年11月5日に、成績不振を理由にユリッチ前監督の解任を発表。その後任として、これまでカリアリやパレルモなどを率い、過去2度(2010-11,2013-14)に渡ってジェノアを率いた経験があるバッラルディーニ監督と2017-18シーズン終了までの契約を結んだ。

▽バッラルディーニ監督は、12試合を終えて1勝と18位に沈んでいたチームを立て直しに成功。最終的に11勝8分け9敗の12位でジェノアを残留に導いた。

▽この手腕が認められて今夏に1年間の契約延長を勝ち取ったバッラルディーニ監督だが、直近に行われた昇格組のパルマ戦では1-3と大敗。この敗戦を受けて、クラブはバッラルディーニ監督の解任および、ユリッチ氏の呼び戻しを決断した。

▽現在、ジェノアは4勝3敗で11位に位置している。なお、3度目指揮官就任となるユリッチ氏は、10日の14:00に就任会見を行い、その後15:30から公開で初めてのトレーニングに臨む。

関連ニュース
thumb

ジェノアがチリ代表MFガルダメスを獲得

ジェノアは2日、ベレス・サルスフィエルドを退団したチリ代表MFパブロ・ガルダメス(24)の加入を発表した。契約期間は2024年6月30日までの3年となる。 元チリ代表MFのパブロ・マヌエル・ガルダメス氏を実の父親に持つガルダメスは、母国のウニオン・エスパニョーラでキャリアをスタート。2018年にアルゼンチンの名門ベレスへ完全移籍すると、ここまで公式戦63試合に出場していた。 守備的MFを主戦場に運動量と機動力、右足のキック精度を特長とする176cmのMFは、チリ代表としてここまで6試合に出場。先のコパ・アメリカ2021でも2試合に出場していた。 2021.09.02 23:52 Thu
twitterfacebook
thumb

ジェノア、カイセドら3選手の獲得を発表

ジェノアは8月31日、一挙3選手の獲得を発表した。 1人はラツィオのエクアドル代表FWフェリペ・カイセド(32)。マンチェスター・シティやマラガ、レバンテにロコモティフ・モスクワ、ひいてはUAEのアル・ジャジーラなど数々のクラブを渡り歩き、2017年夏にエスパニョールからラツィオに加入した。 2018-19シーズンにコッパ・イタリア決勝のアタランタ戦でアシストを記録するなど優勝に貢献。在籍4年間で公式戦139試合33ゴール15アシストの成績を収めた。 2人目はナントのフランス人MFアブドゥライェ・トゥーレ(27)だ。下位リーグクラブへのレンタル移籍を除けば同クラブ一筋のA・トゥーレは守備的MFを主戦場とする選手で、昨季はリーグ・アン29試合で2ゴール2アシストを記録した。 通算では公式戦162試合出場していたが、そのキャリアで初めて国外移籍を決断し、ジュニア時代の2006年から過ごしたナントを離れることとなった。 3人目は元ナポリのセルビア代表DF二コラ・マクシモビッチ(29)。ナポリには2016年夏に加入し、トリノやスパルタク・モスクワへのレンタルを経て、徐々に主力に定着していった。 ただ、昨季はセリエAでは17試合の出場にとどまり、今夏の契約満了を持ってクラブを退団。フリーでのジェノア入りが決まった。 2021.09.01 14:46 Wed
twitterfacebook
thumb

ナポリがジェノアに競り勝ち2連勝スタート《セリエA》

ナポリは29日、セリエA第3節でジェノアとのアウェイ戦に臨み、2-1で競り勝った。 スパレッティ監督を迎えたナポリは開幕節、オシムヘンの退場があった中、ヴェネツィアに2-0と勝利。そのナポリは出場停止のオシムヘンに代わって前線にインシーニェ、ポリターノ、ロサーノを配置した。 開幕節でインテルに完敗したジェノアに対し、押し込む展開としたナポリは39分に先制する。ボックス手前右からファビアン・ルイスのミドルシュートがゴール左に決まった。 ナポリが1点をリードして迎えた後半、パンデフを投入してきたジェノアに54分、そのパンデフにネットを許さされるも、VARの末にファウルがあったとしてノーゴールに覆り助かった。 しかし69分、カンビアソにゴールを許し、試合を振り出しに戻されてしまう。それでも終盤の84分に勝ち越す。決めたのは途中出場のペターニャ。左サイドからのマリオ・ルイのFKをペターニャが頭で合わせた。 これが決勝点となってナポリが勝利。2連勝スタートとしている。 2021.08.30 03:44 Mon
twitterfacebook
thumb

ビーレフェルトが長友獲得の噂が浮上したジェノアから左SBチボラを買取OP付きのレンタル移籍で獲得

アルミニア・ビーレフェルトは24日、ジェノアのドイツ人DFレナート・チボラ(22)を買い取りオプション付きのレンタル移籍で獲得したことを発表した。 チボラは、ウニオン・ベルリンやヘルタ・ベルリン、エネルギー・コットブス、シャルケの下部組織で育ち、2018年7月にヘラクレスへと完全移籍した。 オランダでキャリアを積んだチボラは、2020年1月にアタランタへと完全移籍。2020年9月にジェノアへレンタル移籍で加入すると、今夏完全移籍で加入。そのままビーレフェルトへとレンタル移籍に出させることとなった。 ジェノアでは2020-21シーズンにセリエAで17試合に出場し1ゴール、コッパ・イタリアで2試合に出場し1ゴールを記録していた。 左サイドバックや左サイドハーフとしてプレー。ジェノアには日本代表DF長友佑都(34)の獲得の噂が浮上する中、同じポジションを務める若手を手放す決断をしていた。 2021.08.25 11:15 Wed
twitterfacebook
thumb

王者インテル、新戦力チャルハノール&ジェコ弾で4発快勝発進《セリエA》

インテルは21日、セリエA開幕節でジェノアをホームに迎え、4-0で快勝した。 昨季11シーズンぶりにスクデットを獲得した王者インテルは、オーナー企業の業績悪化によりコンテ監督が退任。優勝の立役者ルカクがチームを離れ、弱体化が懸念される中、シモーネ・インザーギ監督を迎えたインテルは、新戦力のジェコとチャルハノールをスタメンで起用した。 ジェコを最前線に、センシをセカンドトップに、チャルハノールを左インサイドに配置する[3-5-2]で臨んだインテルが立ち上がりから攻勢に出ると、6分にあっさり先制する。右CKからシュクリニアルがヘッドで叩き込んだ。 その後も勢いよく攻め立てたインテルは14分に加点。細かなパス交換からボックス手前中央のチャルハノールが見事なミドルシュートを決めきった。 2点をリードしたインテルが主導権を握り続ける中、45分にピンチを迎えるもボックス内からのカロンのシュートは枠を外れて助かった。 迎えた後半、ジェノアが3枚替えを敢行してきた中、受けに回ったインテルがいなし続けると、74分に勝負を決定付ける。決めたのは途中出場のビダル。 ジェコのミドルシュートをGKが弾くと、ルーズボールに反応したバレッラのラストパスをビダルが蹴り込んだ。 試合の大勢を決めたインテルは88分、ビダルのフィードにジェコがヘッドで合わせて4-0で快勝。新戦力2人に早速ゴールが生まれた王者インテルが快勝発進としている。 2021.08.22 03:31 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly