伊ガゼッタがセリエA選手の給料を公開!CR7一人だけ桁が違う…

2018.09.04 21:58 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が、セリエAに所属する選手の給料を明らかにした。

▽『ガゼッタ』によれば、今シーズンのセリエA所属する全選手の年俸総額がおよそ11億2900万ユーロ(約1450億円)となり、史上最高額に。その中で、最高額の給与を受けている選手はやはりあの男だった。

▽今夏1億ユーロ(約130億円)でレアル・マドリーからユベントスに移籍したポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドは、年俸3100万ユーロ(約40億円)で断トツ。2位には、同じく今夏ユベントスからミランに移籍したアルゼンチン代表FWゴンサロ・イグアインが950万ユーロ(約12億円)でランクイン。そして、ユベントスのアルゼンチン代表MFパウロ・ディバラが700万ユーロ(約9億円)で3位に入った。

▽また、以下にはユベントスのボスニア・ヘルツェゴビナ代表MFミラレム・ピャニッチ、同ブラジル代表MFドグラス・コスタ、ミランのイタリア代表GKジャンルイジ・ドンナルンマが650万ユーロ(約8憶3000万円)で続いた。

▽一方、監督ではユベントスのマッシミリアーノ・アッレグリ監督が750万ユーロ(約9憶6000万円)で最高額に。今季からナポリを引き継いだカルロ・アンチェロッティ監督は650万ユーロで続いた。インテルのルチアーノ・スパレッティ監督は450万ユーロ(約5億8000万円)となっている。

▽なお、クラブ単位ではユベントスが2億1900万ユーロ(約280億円)、ミランが1億4000万ユーロ(約180億円)、インテルが1憶1600万ユーロ(約150億円)、ローマが1億ユーロ(約128億円)の支出となっているようだ。
コメント