伏兵のゴラッソで10人ヘタフェが連敗ストップ! 柴崎は8試合ぶりの出場機会無し《リーガエスパニョーラ》2018.04.16 03:25 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽リーガエスパニョーラ第32節、ヘタフェvsエスパニョールが15日にコリセウム・アルフォンソ・ペレスで行われ、ホームのヘタフェが1-0で勝利した。なお、ヘタフェのMF柴崎岳はベンチ入りも出場機会はなかった。▽11位ヘタフェ(勝ち点39)と15位エスパニョール(勝ち点36)の下位対決。現在、連敗中のヘタフェは0-2で敗れたアラベス戦から先発数人を変更。前節、久々の先発となった柴崎はベンチスタートとなった。開始7分に中央を持ち上がったレミが惜しいシュートを放つなど、積極的な入りを見せるホームチーム。その後も素早い攻守の切り替えを生かしてファイルやレミらがフィニッシュに絡んでいく。

▽その後、前半終了間際にはアンヘルがゴールネットを揺らすもその前に味方のアマトが相手DFへのファウルを取られてゴールは認められず。それでも、エスパニョールにシュートを打たせない堅守をこの試合でも見せたヘタフェは0-0で試合を折り返す。

▽すると、後半立ち上がりの54分にホームチーム待望の先制点が生まれる。ボックス手前中央好位置で得たFKの場面で味方がズラしたボールをダミアン・スアレスが右足で蹴り込む。強烈なシュートがゴール左上隅の絶妙なコースを射抜いた。

▽伏兵ダミアン・スアレスのゴラッソで先手を奪ったヘタフェだがこの直後にアクシデント発生。58分と61分に続けて警告を受けたフラミニが退場となり、ここから10人での戦いを強いられる。

▽ピアッティ、グラネロ、セルヒオ・ガルシアと経験豊富な選手を投入したエスパニョールに対して、防戦一方の展開となる中、セルヒオ・モラ、モリーナ、アントゥネスを投入して逃げ切りに入るヘタフェ。このアクセンデントもあり柴崎は8試合ぶりに出場機会無しとなった。

▽試合終盤にかけてはレオ、ジェラール・モレノを起点にアウェイチームの猛攻が続く。だが、数的不利を感じさせない組織的な守備でこのまま逃げ切ったヘタフェが連敗をストップして3試合ぶりの白星を手にした。
コメント
関連ニュース
thumb

攻守で貢献したMF柴崎岳「大会で得られた感覚を大事に来季へ」…五輪世代へのエールも《コパ・アメリカ》

日本時間25日(現地時間24日)、コパ・アメリカ2019 グループC最終節のエクアドル代表vs日本代表が行われ、1-1の引き分けに終わった。この結果、日本は2分け1敗でグループリーグ敗退となった。 試合後、主将MF柴崎岳(ヘタフェ/スペイン)がDAZNのインタビューに応対。大会を振り返り、「この大会で得られた感覚をしっかりと大事にして次のシーズンに備えたい」とコメントし、今回の代表メンバーのメインとなった東京五輪世代への期待も口にした。 ◆MF柴崎岳(ヘタフェ/スペイン) 「良い大会だったと個人的には思います」 「結果はもちろん出なかったですけど、内容やこの年代の選手の成長を試合ごとに追うことが出来ました。僕もそうです。個人もチーム全体にとっても経験を詰めた試合になったと思います」 「A代表選手が今回招集できずにオリンピック世代がメインとなったチーム編成になりましたけど、A代表の底上げにつながる大会にもなりました。彼らがこの経験を経て、今僕らがいるA代表の選手たちからポジションを奪うような活躍だったり、成長を見せてくれることを期待しています。それがチーム力の向上にもつながると思うので、この大会を無駄にせず、成長していってほしいと思います」 「僕個人としても、この大会で得られた感覚をしっかりと大事にして、次のシーズンに備えたいと思います」 <div id="cws_ad"> <script src="//player.performgroup.com/eplayer.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=wjv2pu28b1v21akf7ic76o20y" async></script> </div> 2019.06.25 18:18 Tue
twitterfacebook
thumb

柴崎がメキシコ移籍? 数ヵ月前からアプローチ

ヘタフェの日本代表MF柴崎岳(27)にメキシコのクラブ・ウニベルシダ・ナシオナルが興味を持っているとスペイン『マルカ』が伝えた。 柴崎は2017-18シーズンにヘタフェに加入。同シーズンにはリーグ戦22試合に出場するなど主力として活躍をしていたものの、今シーズンはホセ・ボルダラス監督の構想から完全に外れ、リーグ戦でわずか7試合の出場にとどまっていた。 記事によると数ヵ月前からクラブ・ウニベルシダ・ナシオナルは柴崎にアプローチをしており、ロドリゴ・アレス会長の獲得願望も非常に強いという。また同クラブのDFアレハンドロ・アリーバスが移籍濃厚で、柴崎獲得時の選手保有枠の心配もないとのことだ。 日本人選手の獲得は同クラブにとって初めての事になるために移籍が成立すれば「歴史的な出来事」と同紙は紹介している。現在参加中のコパ・アメリカ終了後にヘタフェとの本格的な話し合いがもたれるようで、今や日本代表の中心となった柴崎の動向から今後も目が離せない。 2019.06.21 15:39 Fri
twitterfacebook
thumb

今冬に中国復帰を果たしたエムビア、夏での欧州復帰を希望か

武漢卓爾に所属する元カメルーン代表MFステファーヌ・エムビア(33)が、今夏での欧州復帰を望んでいるようだ。フランス『レキップ』が伝えている。 スタッド・レンヌやマルセイユ、QPR、セビージャと渡り歩いたエムビアは、セビージャで2度のヨーロッパリーグ制覇を達成するなど結果を残し、トルコのトラブゾンシュポルでのプレーを経て、2016年1月末に中国スーパーリーグの河北華夏に移籍。 2年間在籍した河北華夏では公式戦41試合に出場し10ゴールをマークしたが、2018年冬に双方合意の下で契約を解消。2018年8月からはトゥールーズでプレーしたが、2019年冬に武漢卓爾へフリーで移籍すると、今シーズンはここまでリーグ戦11試合に出場していた。 だが、エムビアは家族と離れて暮らしていることを理由にヨーロッパへの凱旋を希望。『レキップ』によれば、カメルーン代表として2度のワールドカップ出場経験のあるエムビアには、エスパニョールやヘタフェ、ベシクタシュが興味を示しているという。 2019.06.17 02:05 Mon
twitterfacebook
thumb

「イメージよりは機能していた」初の3バックもMF柴崎岳は手応え《キリンチャレンジカップ》

日本代表は5日、豊田スタジアムで行われたキリンチャレンジカップ2019でトリニダード・トバゴ代表と対戦し、0-0で引き分けた。 キャプテンマークを巻き試合にフル出場したMF柴崎岳(ヘタフェ/スペイン)がメディア陣の取材に応対。初めてのシステムとなる3バックへの手応えを口にした。 ◆MF柴崎岳 ──試合を振り返って 「初めて3バックにトライしました。相手ありきのことですけど比較的うまくいったと思います。うまくいかないことが多いと思っていたので、イメージよりは機能していたと思います」 ──相手を崩す難しさは 「それは3バックであろうと4バックであろうと変わらない部分だと思います。引かれていましたが決定機を作ることはできました。ただ、決め切れなかっただけです」 「これから3バックを使っていくのであれば、どのように攻めるのかという型のようなものをチームとして作っていく必要があると思います。ある程度の人は4バックのチームでやっている中で、それなりのパターンを持っていると思います。3バックという違う配置でやる中で、まだまだ経験も少ないです。今回は型作りというか、これから成長の余地があるテストだったと思います」 ──チームとして試したかったこと 「ガンガンチャレンジした中で、攻撃だけでも守備だけというわけでもないです。試合を通して3バックをやるのは初めてで、探り探りやったところもありました。ですけど、やっていく中で相手に意図させた部分もありますし、あんまりうまくいっていなかったところが見当たらなかったという感じです。相手が変われば変わってきますけど、今日の試合に関しては良い形が多く見られたと思います」 2019.06.05 23:17 Wed
twitterfacebook
thumb

競争原理を歓迎する柴崎岳…「競争なくしてチームの成長はない」《キリンチャレンジカップ2019》

日本代表(FIFAランキング26位)は5日、豊田スタジアムでキリンチャレンジカップ2019のトリニダード・トバゴ代表(同93位)戦に挑む。 森保ジャパンの司令塔として活躍が期待されるMF柴崎岳(ヘタフェ/スペイン)は最終調整となる前日練習後、ミックスゾーンで取材陣のインタビューで、MF久保建英(FC東京)ら新顔の代表入りに「競争なくしてチームの成長はあり得ない」と歓迎。中盤の選手として、そういった異なる特長を持った選手をフォローすることで、チームの発展に繋げていくことに意欲を示した。 ◆柴崎岳(ヘタフェ/スペイン) ──今シリーズは確認期間になるか 「積み重ねはできているとは思います。この期間で今までやってきたことを続けたいですし、改めて確認すべき部分は特にないのかなと。監督のやりたいことや、戦術を浸透させてきましたし、それをより深めていくと同時に、W杯予選に自信を持って臨めるようにしていくことが大事だと思っています」 ──求められる部分はクラブと代表で特に変わらないと思うが 「僕自身、まだまだ成長できると思っています。クラブと代表で繋がっている部分もあるとは思いますけど、代表は代表で違ったやり方があるので、そのたびに自分を変化させていかなければならない。より良い日本代表になっていくためにも、個人的にレベルアップするためにも、(成長は)必要不可欠なことだと思っています」 ──特長の違う選手が入ってきたことで中盤の選手としてどう生かしていきたいか 「まず競争があることは非常に喜ばしいことですし、競争なくしてチームの成長はあり得ないと思っているので、より多くの選手がこれからも出てきてくれれば良いなと。これからも食い込んでくるだけの力を持った選手が出てくるでしょうし、そういったことをチームの向上に繋げていきたい。そのなかで、僕は臨機応変に合わせて、そういった選手と一対一で良い関係を構築していきたいですし、より柔軟に考えていきたいです」 ──同じ中盤の選手たちと良くしていきたい部分は 「具体的にというか、組む選手によって、自分のスタイルを微調整していかないといけない部分があって、チームがうまく機能するためにも考えないといけない部分でもある。なので、そこは別に、どの選手だからどう、という考えはないです。どんな組み合わせになっても良いような気持ちではいます」 <div style="position: relative;text-align:center;padding-bottom: 56.25%;height: 0; overflow: hidden;" id="cws_ad"><iframe style="position: absolute;top:0; left:0; width:100%;height:100%;" src="https://www.youtube.com/embed/UgQ6xE9hVBA" frameborder="0" allow="accelerometer; autoplay; encrypted-media; gyroscope; picture-in-picture" allowfullscreen></iframe></div> 2019.06.04 20:20 Tue
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース