CL敗退バルセロナ、ビダル&メッシ弾でホーム最終戦を飾る! 柴崎先発ヘタフェは5位転落で最終節に…《リーガエスパニョーラ》2019.05.13 03:36 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
リーガエスパニョーラ第37節、バルセロナvsヘタフェが12日にカンプ・ノウで行われ、ホームのバルセロナが2-0で勝利した。なお、ヘタフェのMF柴崎岳は先発出場し前半終了までプレーした。前節、柴崎がベンチ外となったものの、残留争いの真っ只中にいるジローナ相手に2-0の快勝を収めた4位のヘタフェはセビージャの取りこぼしもあってクラブ史上初のCL出場権獲得へ大きく前進。

今節はリバプール相手に敵地で0-4の大敗を喫し、衝撃的なチャンピオンズリーグ(CL)敗退を強いられた王者バルセロナとのアウェイゲームに臨んだ。この一戦に向けてボルダラス監督は柴崎を2試合ぶりに先発で起用した。

一方、ホーム最終戦でバウンスバックが求められるバルセロナは、ヒザの手術に踏み切ったスアレスやGKテア・シュテーゲンら一部主力を除きメッシやブスケッツ、ピケらリバプール戦でプレーしたメンバーを起用した。

CL出場に向けてアグレッシブな入りを見せたヘタフェ相手にCL敗退のショックをうかがわせるバルセロナ。立ち上がりは攻守の切り替えで勝るアウェイチームが攻勢を見せると、11分にはモリーナが最初のシュートを放つ。さらに、直後の14分には柴崎もフィニッシュに絡むが、ここは相手のシュートブロックに遭う。

その後もヘタフェペースが続く中、26分にはフルキエからの左クロスに反応したモリーナがボックス内で冷静にシュートをゴール左隅に流し込むが、これは惜しくもオフサイドの判定に。

このピンチを凌いでようやく目を覚ましたバルセロナはメッシを起点にチャンスを作り始めると、39分には相手陣内右サイドで得たFKの場面でキッカーのメッシが浮き球で入れたボールをニアに飛び込んだピケがバックヘッドでフリック。これはGKソリアにはじき出されるが、こぼれ球をビダルが押し込み、前半のうちに試合を動かした。

善戦も1点ビハインドで試合を折り返したヘタフェは左サイドハーフで攻守に奮闘した柴崎に代えて、より攻撃的なポルティージョを後半開始と同時に投入する。しかし、後半もバルセロナに押し込まれる状況が続く。

55分と58分にはメッシとマウコムにボックス内に抜け出されて2点目のピンチを招くが、ここはGKソリアのビッグセーブで凌ぐ。さらに65分には裏へ抜け出したメッシにGKの頭上を抜くループシュートを許すが、ここはDFの決死のゴールカバーで阻止すると共にオフサイドの判定に。

一方、後半に入って追加点こそ奪えないものの危なげない試合運びを見せるバルセロナはラキティッチ、コウチーニョ、マウコムを続けて下げてアレーニャ、アベル・ルイス、ネウソン・セメドと若手をピッチに送り込んで試合を締めにかかる。

相手GKソリアの好守もあってなかなかゴールをこじ開けられないバルセロナだったが、89分にはボックス付近で強引に仕掛けたメッシがボックス右のセルジ・ロベルトとのパス交換でゴール前に入り込んで左足のワンタッチシュートを流し込み、試合を決定付ける2点目とした。

そして、ホーム最終戦を2-0の勝利で飾ったバルセロナはリバプール戦の悪夢をわずかながら払拭することに成功した。一方、敗れたヘタフェはバレンシアに勝ち点で並ばれた結果、当該成績で下回り5位に転落。自力での4位フィニッシュの可能性を失って最終節を迎えることになった。
コメント
関連ニュース
thumb

バルサ、ダニエウ・アウベス復帰に興味ゼロか

今夏のパリ・サンジェルマン(PSG)退団を表明したブラジル代表DFダニエウ・アウベス(36)のバルセロナ復帰は実現しなさそうだ。スペイン『マルカ』が報じた。 今シーズン限りでPSGとの2年契約が満了となるダニエウ・アウベスは23日、自身のインスタグラム(danialves)を通じて退団を表明。これを受けた行き先として、インテルや、マンチェスター・シティ、ドルトムントのほか、バルセロナ復帰の可能性が飛び出すなど、去就が早くも加熱している。 だが、バルセロナにダニエウ・アウベスを連れ戻す動きはないという。ダニエウ・アウベス自身は今夏のカウンプ・ノウ凱旋を夢見ているようだが、バルセロナは他クラブの関心が取り沙汰されるポルトガル代表DFネウソン・セメド(25)が移籍したとしても、呼び戻すプランを描いていない模様だ。 その理由の1つとして、ダニエウ・アウベスがユベントス移籍時、バルセロナに批判的なコメントを残したことが尾を引いていると考えられるとのこと。ブラジル代表キャプテンの去就はいかに。 2019.06.25 14:30 Tue
twitterfacebook
thumb

何とかコパ生還のメッシ、“新たなの戦い”に気持ち新たに!

バルセロナに所属するアルゼンチン代表FWリオネル・メッシがコパ・アメリカ2019の決勝トーナメント進出にコメントした。 グループB初戦から1分け1敗と低調なスタートを切ったアルゼンチン。グループステージ敗退の危機的状況に陥ったなか、日本時間24日にグループ最終戦のカタール代表戦に臨むことになったが、2-0で今大会初勝利を掴み取り、逆転で2位通過を決めた。 直近の5大会で4度の準優勝に泣くアルゼンチンのキャプテンとして、今大会に並々ならぬ思いを抱くメッシ。スペイン『マルカ』によれば、カタール戦後、個人として代表での初タイトルがかかるノックアウトラウンドに向けて気を引き締めた。 「突破できて嬉しいよ」 「こうした試合に臨むのは、敗退の可能性があったわけだから難しい。勝利こそが何より大切だ」 「今後、もっと良くなる必要があることは確かだが、自信を手にするために勝利も大事だった」 「これ以上のミスは許されない。この先、新たなコパ・アメリカの戦いがスタートするのだから」 「ベネズエラはすごく明確な戦いを講じてくるチーム。彼らとの対戦に向け、僕らは立ち直らないとダメだ」 何とかベスト8に駒を進めたアルゼンチンの対戦相手は、グループB2位通過のベネズエラ代表。勝てば、ブラジル代表(グループA首位)vsパラグアイ代表(グループB3位)の勝者と顔を合わせる。 2019.06.25 13:50 Tue
twitterfacebook
thumb

デニス・スアレスはリーガ残留を希望! 新天地はバレンシアorセルタ?

今夏のバルセロナ退団が有力視されるスペイン人MFデニス・スアレス(25)が、スペイン残留の意向を示している。スペイン『マルカ』が伝えている。 セビージャとビジャレアルでの活躍を経て2016年にバルセロナに買い戻されたスアレスだが、世界屈指の選手層を誇るチームにおいて思うように出場機会を得られず。今年1月には出場機会を求めて買い取りオプション付きのレンタル移籍でアーセナルに加入。 しかし、新チームのスタイルへの適応の遅れ、コンディションの問題によって、リーグ戦4試合、ヨーロッパリーグ2試合の合計6試合の出場にとどまり、先発でのプレーは一度もなかった。その後、4月にはそ径部の治療のため今季中の復帰が絶望となったことを明かし、アーセナルを退団していた。 バルセロナと2021年まで契約を残すものの、今夏の退団が有力視されるスアレスは、自身が設立したフットボールスクールの開校イベントの場で去就に関して言及。国外からのオファーを認めながらもスペイン残留を最優先としていることを明かした。 「自分のリズムをもう一度掴んで、どこでプレーするにしても定期的にプレーする必要があると思っているよ。これから数週間のうちに何か決まればいいね」 「個人的に最も重視しているのはスポーツ面で金銭面よりも重要だと考えている。来年ユーロが行われるし、どうにかスペイン代表でプレーしたいんだ」 「僕の優先事項はスペイン残留だ。もちろん、海外からオファーもあるけど、ラ・リーガでプレーしたいんだ」 また、スアレスは移籍候補に挙がるビジャレアル時代の恩師マルセリーノ・ガルシア・トラル監督が率いるバレンシア、生まれ故郷でありかつてアカデミーに在籍していた古巣セルタについても言及している。 「以前にも話したことがあるけど、マルセリーノは自分のキャリアにおいて最も成果を収めることができた時期に指導を受けた監督なんだ」 「また、いつかセルタ・ヴィーゴに戻ると思っている。それがこの夏になるのか、数年後になるのかはわからないけどね」 2019.06.25 00:04 Tue
twitterfacebook
thumb

バルサ、日本期待の若手2選手を注視か 贔屓紙が報じる

バルセロナが、鹿島アントラーズに所属する日本代表MF安部裕葵(20)とセレッソ大阪への加入が内定している桐光学園のU-20日本代表FW西川潤(17)を注視しているようだ。スペイン『ムンド・デポルティボ』が伝えた。 レアル・マドリーへ移籍が決まった日本代表MF久保建英(18)の獲得に失敗したバルセロナ。しかし、同クラブは、日本市場を狙っており、Bチームでプレー可能な有望な若手選手として、安部と西川を約5カ月以上に渡りモニタリングしているという。 バルセロナは安部に対して、買い取りオプション付きレンタルでの獲得を希望している模様。しかし、鹿島側は移籍金150万ユーロ(約1億8000万円)での売却を望んでいるという。 もう一方の西川は現在17歳。国際サッカー連盟(FIFA)が定める国外移籍の基準を満たしていないことから、18歳になる2020年2月21日以降での獲得を視野に入れているようだ。 2017年に広島県の瀬戸内高校から鹿島に入団した安部は、今シーズンから背番号「10」を継承。ここまで明治安田生命J1リーグ13試合で1ゴールを記録している。また現在、コパ・アメリカに参戦中の日本代表にも選出されており、日本時間18日に行われたグループC第1節のチリ代表戦に途中出場して、A代表デビューを飾ると、21日に行われた第2節のウルグアイ代表戦ではフル出場を果たした。 現役高校生の西川は国内外での争奪戦の末、C大阪入団が内定。今年3月のルヴァンカップではプロデビューを飾っている。また、今月中旬まで行われていたU-20ワールドカップ(W杯)には、U-20日本代表に飛び級で選出され、3試合に出場した。 2019.06.24 22:06 Mon
twitterfacebook
thumb

同胞アルトゥール&コウチーニョはネイマールのバルサ復帰を歓迎

バルセロナに所属するブラジル代表のMFアルトゥールとMFフィリペ・コウチーニョが、同クラブへの復帰が噂されているFWネイマール(27)について言及した。スペイン『マルカ』が伝えている。 2017年夏に移籍史上最高額となる2億2200万ユーロ(現在のレートで約271億3000万円)でバルセロナからパリ・サンジェルマン(PSG)に加入したネイマール。新天地でも輝きを放ち続け、公式戦通算58試合51得点29アシストの数字を残しているが、今夏の移籍市場ではバルセロナ復帰の可能性が伝えられている。 しかし、バルセロナ寄りで知られるスペイン『ムンド・デポルティボ』のアンケート調査によれば、ネイマールの復帰に否定的。71.2%が反対の意見だったという。それでもコパ・アメリカに参戦中のアルトゥールとコウチーニョは、同胞のバルサ復帰説について問われると、両者ともにクラブでの共演を歓迎した。 ◆アルトゥール 「もちろん、僕はそれを望んでいるよ」 「彼は偉大な選手だ。それは僕だけじゃなくて皆が思っていることだよ。素晴らしい選手が多いほど良いからね」 ◆コウチーニョ 「ネイマールとプレーすることは素晴らしいことだよ。彼はスーパースターさ」 「何が起こるかは分からないけど、彼と共演することについて話していると、幸せな気持ちになるね」 2019.06.24 09:55 Mon
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース