首都圏を制するのは!? 1都3県のJ2・5クラブが参加する「首都圏バトル5 -新たな希望-」が開催

2018.02.02 19:42 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽2018年の明治安田生命J2リーグでは、首都圏をホームタウンとする5チームによる合同プロモーション企画「首都圏バトル5 -新たな希望-」が実施される。5クラブが揃って発表した。

▽今シーズン企画されている「首都圏バトル5 -新たな希望-」には、今シーズンからJ2を戦う大宮アルディージャ、昨シーズンJ1昇格まであと一歩に迫った東京ヴェルディ、ジェフユナイテッド千葉、さらに、FC町田ゼルビア、横浜FCの5クラブが参加する。

▽2015年のJ2では、大宮、千葉、東京V、横浜FCが参加した「首都圏バトル4 -じゃない4の逆襲-」を実施。今回は町田が加わり、「近郊クラブとの対戦をもっと盛り上げよう」という趣旨の下で開催される。

▽5チームによる今回の争いは、試合結果やJ2での順位ではないところで勝者を決定。対象試合でのマスコット対決の結果とアウェイゲーム入場者数の結果をポイントで換算し、全対象試合終了後に表彰が行われる。

▽また、今シーズンはアウェイゲームでの集客を活性化させるため、ホームクラブが販売するアウェイクラブのチケットを譲り受け、アウェイクラブが販売する企画を実施。これまで以上に購入しやすくなった他、チケット販売手数料はクラブの収入になる。

▽この企画は2月25日の開幕戦で対決する東京Vvs千葉からスタート。全20試合が対象となる。各クラブの代表選手が今回の企画に向けてコメントしている。

◆MF大山啓輔(大宮アルディージャ)
「東京、神奈川、千葉のクラブとは、育成年代からプリンスリーグをはじめとする関東の大会で頻繁に戦っていましたし、近い世代の選手は大体が互いに知っているライバルですから、やはり負けたくありません」

「横浜FCの中山雄希選手は大宮ユースの1学年先輩で、当時は“ホットライン"を形成して僕が最もアシストをした選手ですので、対戦相手となるプロの世界では絶対に勝ちたいです」

「正直なところ、埼玉県民として他県に誇れる名所や特産品があまりないかもしれませんが、だからこそ「サッカーと言えば埼玉」という印象を持ってもらえるように、何としても勝利をあげたいと思います!」

◆DF近藤直也(ジェフユナイテッド千葉)
「前回の2015年はジェフが優勝したとのことで、前回王者として負けるわけにはいきません。 クラブが首都圏にあるという恵まれた環境に満足せず、 一人でも多くのサポーターにスタジアムへ足を運んでいただけるよう、僕らはピッチで頑張ります」

「昨季の最終戦はフクアリが満員になり、勝利、そしてプレーオフ進出したのは皆さんの力だと思っています。 フクアリでの試合ももちろんですが、ジェフのサポーターの皆さんは、アウェイにもたくさん駆けつけて下さって黄色に染めてくれていることを実感していますし、本当に僕らの力になっています。 この企画を通じて更にジェフを、そしてJ2・Jリーグを盛り上げていきましょう!」


◆MF井上潮音(東京ヴェルディ)
「リーグの全クラブに対して負けたくない気持ちはありますが、首都のクラブとして、首都圏の他のクラブには絶対に負けたくありません。お互いに近いですし、スタジアムには両クラブのサポーターがたくさん来ると思います」

「満員のスタジアムで、ヴェルディのサポーターと勝利のラインダンスを踊りたい!それをモチベーションに、この首都圏バトル5を戦います。もちろんマスコット対決でも勝てるように、ヴェルディ君と秘密の特訓もしたいと思います」

◆FW中島裕希(FC町田ゼルビア)
「今回、FC町田ゼルビアとして初めてこの『首都圏バトル』に参戦すると聞きました。僕らは新参者というわけですが、遠慮することなくアグレッシブに戦い、勝利をつかみたいと思います」

「企画のネーミングが『首都圏バトル』ということですが、町田市は東京都にあります。神奈川県に間違われることが多いですが、今年は町田市制60周年という記念の年でもあるので、町田市をアピールするためにも勝利にこだわりたいと思います」

「試合では武器としているハイプレスと切れ味鋭いショートカウンターをお見せしたいと思っていますので、ぜひ、他クラブのサポーターの皆さんも町田の戦いぶりを見にスタジアムにお越しください!」

◆MF佐藤謙介(横浜FC)
「首都圏バトル5に横浜FCの代表として、参加させていただくことに感謝します。各クラブから選出された選手と共にこの企画を盛り上げていければと思います。」

「どこのチームにも負けたくはありませんが、特にジェフユナイテッド市原・千葉の町田選手は、同郷であり小さい頃から面倒をみていたので、個人的に負けたくはないです」

「この企画がピッチ内だけでなく、ピッチ外でも1つのビックイベントとして盛り上がるよう、サポーターの方々も協力していただけたらと思います。一緒に首都圏バトル5を盛り上げましょう」

関連ニュース
thumb

【Jリーグ出場停止情報】前節殊勲の福岡FWフアンマ・デルガドやFC東京のMFレアンドロらが出場停止

Jリーグは27日、出場停止選手の情報を更新した。 明治安田生命J1リーグからはベガルタ仙台のDF吉野恭平、横浜F・マリノスのDF松原健、MF渡辺皓太、横浜FCのDFマギーニョ、アビスパ福岡のFWフアンマ・デルガドが新たに出場停止となった。 なお、FC東京のMFレアンドロは引き続き出場停止となる。 また、明治安田生命J2リーグではジェフユナイテッド千葉のDF鈴木大輔、東京ヴェルディのFW山下諒也が出場停止に。明治安田生命J3リーグではカターレ富山のDF柳下大樹が出場停止となる。 【明治安田生命J1リーグ】 DF吉野恭平(ベガルタ仙台) 第31節 vs柏レイソル(10/2) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 MFレアンドロ(FC東京) 第31節 vs川崎フロンターレ(10/2) 今回の停止:2試合停止(2/3) 第33節 vs鹿島アントラーズ(10/23) 今回の停止:1試合停止(3/3) DF松原健(横浜F・マリノス) 第31節 vs湘南ベルマーレ(10/1) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 MF渡辺皓太(横浜F・マリノス) 第31節 vs湘南ベルマーレ(10/1) 今回の停止:1試合停止 DFマギーニョ(横浜FC) 第31節 vs鹿島アントラーズ(10/2) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 FWフアンマ・デルガド(アビスパ福岡) 第31節 vs清水エスパルス(10/2) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 【明治安田生命J2リーグ】 DF鈴木大輔(ジェフユナイテッド千葉) 第32節 vs松本山雅FC(10/3) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 FW山下諒也(東京ヴェルディ) 第32節 vsレノファ山口FC(10/3) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 【明治安田生命J2リーグ】 DF柳下大樹(カターレ富山) 第21節 vs福島ユナイテッドFC(10/3) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 2021.09.27 21:50 Mon
twitterfacebook
thumb

7試合ぶり白星の松本が降格圏脱出、東京クラシックは町田が粘り勝ち【明治安田J2第31節】

明治安田生命J2リーグ第31節の4試合が、26日に各地で行われた。 勝ち点27で21位に沈む松本は18位北九州(勝ち点29)とのシックスポインターに臨んだ。伊藤の連続フィニッシュなどで攻勢に出たが、24分に手痛いミス。バックパスを受けたGK村山のコントロールが大きくなったところを前川にさらわれ、ゴールに流し込まれた。 先制した北九州は38分に新垣がカットインからシュート。これが橋内に当たってこぼれると、前川が詰めてネットを揺らす。副審はオフサイドのフラッグアップをしたが、主審は橋内の手に当たっていたとして北九州にPKを与える判定を下す。だが、佐藤亮の強烈な左足のシュートはバーを叩いた。 救われた松本はハーフタイムに2枚替え。前節殊勲の同点弾を挙げた榎本らを投入すると、52分には右サイドでのFKから橋内が蹴り込んで汚名返上の同点ゴール。さらに61分には自陣でのFKをGK村山が前線へ送ると、榎本の頭での落としから伊藤が流し込んで逆転に成功した。 終盤は選手交代も駆使して時計の針を進めた松本が7試合ぶりの勝利で18位に浮上し、降格圏を脱出した。一方、敗れた北九州は降格圏の19位に順位を下げた。 上位争いを演じる町田(勝ち点52)は東京Vの本拠地へと乗り込んだ。『セガサミーグループpresents東京クラシック~東京から世界へ~』と銘打たれたダービーマッチでは、大人気アクションパズルゲーム『ぷよぷよ』のメインキャラクター、アルルの声優を務める園崎未恵さんが選手紹介を務めた。 互いに多くのシュートシーンを作りながらゴールレスで折り返すと、後半開始早々に町田が試合を動かす。髙江が右サイドの深い位置へ浮き球のパスを送ると、後半の頭から投入された太田がワンタッチで福村をかわして折り返す。最後はゴール前で平戸が右足で合わせ、ネットを揺らした。 以降は東京Vがボールを保持して町田の守備ブロックを崩しにかかるも、前半とは異なりフィニッシュまで持ち込めるシーンが減少。サイドを起点に打開を試みるが、町田の守備陣に冷や汗をかかせる場面を作り出せない。 先制して以降はほぼ守備に時間を割かれたアウェイチームは、終盤に水本を投入して逃げ切りを図る。盤石の態勢でタイムアップを迎え、2試合ぶりの白星で上位戦線に踏みとどまった。 水戸と金沢の一戦は、40分に伊藤のPKで水戸が先制するも、セットプレーの二次攻撃から庄司が頭で合わせて試合を振り出しに。だが、ホームチームが意地を見せ、同点でタイムアップかと思われた後半のアディショナルタイムに途中出場の藤尾が値千金の決勝ゴール。3試合ぶりの勝利を収めている。 ホームで秋田と対戦した岡山は、14分に武のゴールで先制を許す。攻め込みながらも秋田の牙城を崩し切れなかったが、試合終了間際にセットプレー崩れから安部がネットを揺らし、土壇場で同点に。そのままタイムアップを迎え、勝ち点1を分け合った。 ▽9/26(日) ファジアーノ岡山 1-1 ブラウブリッツ秋田 <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">松本山雅FC 2</span>-1 ギラヴァンツ北九州 <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">水戸ホーリーホック 2</span>-1 ツエーゲン金沢 東京ヴェルディ 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">1 FC町田ゼルビア</span> ▽9/25(土) ザスパクサツ群馬 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">1ジェフユナイテッド千葉</span> <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">大宮アルディージャ 1</span>-0 SC相模原 <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">アルビレックス新潟 1</span>-0 ヴァンフォーレ甲府 <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">京都サンガF.C. 2</span>-0 栃木SC <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">ジュビロ磐田 2</span>-0 FC琉球 レノファ山口FC 1-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">3 V・ファーレン長崎</span> 愛媛FC 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">4 モンテディオ山形</span> 2021.09.26 17:17 Sun
twitterfacebook
thumb

新潟が佐賀東MF吉田陣平の加入内定を発表 地元クラブでのプロ入りを「とても嬉しく、また誇りに」

アルビレックス新潟は26日、佐賀東高校に在学するMF吉田陣平(18)の来季加入内定を発表した。 吉田は新潟県出身のボランチ。高い技術を武器にドリブルで推進力を発揮でき、ゴール前での決定的な仕事もできるという。地元クラブでのキャリアスタートを受け、喜びの思いとともに意気込みを語っている。 「このたび、アルビレックス新潟への加入内定をいただきました、佐賀東高校の吉田陣平です。自身の地元の新潟でプロ生活がスタートできることを、とても嬉しく、また誇りに思います」 「これまでに関わり、お世話になった方々への感謝の気持ちを忘れずに、プロサッカー選手としての自覚を持って、日々を過ごしていきたいです」 「小さい頃からの憧れであったビッグスワンスタジアムのピッチで、少しでも早くプレーができるように1分1秒を大切に練習に励んでいきます。今後とも温かいご声援をよろしくお願いします」 2021.09.26 12:55 Sun
twitterfacebook
thumb

首位京都と2位磐田がともに2発完勝、優勝を争うデッドヒートは続く…【明治安田J2第31節】

明治安田生命J2リーグ第31節の7試合が、25日に各地で行われた。 首位京都(勝ち点64)はホームで14位栃木(勝ち点33)と対戦。 試合は京都が幸先よく先制に成功する。28分にボックス左手前でパスを受けたウタカがボックス内へとドリブルで侵入。そこからマイナスの折り返しを受けた萩原が左足でシュートを狙うと、ボールは右ポストに当たってネットを揺らした。 その後もチャンスを作り続けた京都は65分にも決定機。福岡のスルーパスからボックス左に抜け出した松田が中央へとクロスを上げ、中央にいた宮吉が頭で合わせる。これが相手GKを破り、追加点を挙げた。 2点のリードを得た京都は終盤、ボールを相手に支配されるも、決定的なチャンスは作らせず。試合は2-0のまま終了し、首位をしっかりとキープした。 ヤマハスタジアムで行われた、2位の磐田(勝ち点63)と7位琉球(勝ち点51)の上位対決ではホームの磐田が強さを見せつけた。 試合はゴールレスで折り返すと、49分に磐田に決定機。ボックス右手前でFKを獲得し、キッカーの遠藤が浮き球のボールをボックス内に入れる。ルキアンの折り返しをゴール前の鈴木が左足で押し込み、先制に成功する。 77分にも磐田に大きなチャンス巡ってくる。ボックス左で松本からのパスを受けた金子が中央へ右足のクロス。走り込んだルキアンがダイレクトで合わせ、エースが待望の追加点を挙げた。 その後、ボールを支配し続けた磐田が上手く時計の張りを進めながら試合をクローズ。J2トップスコアラーであるルキアンの今季17ゴール目も飛び出した磐田が完封勝利を挙げ、首位京都を追走している。 ▽9/25(土) ザスパクサツ群馬 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">1 ジェフユナイテッド千葉</span> <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">大宮アルディージャ 1</span>-0 SC相模原 <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">アルビレックス新潟 1</span>-0 ヴァンフォーレ甲府 <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">京都サンガF.C. 2</span>-0 栃木SC <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">ジュビロ磐田 2</span>-0 FC琉球 レノファ山口FC 1-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">3 V・ファーレン長崎</span> 愛媛FC 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">4 モンテディオ山形</span> ▽9/26(日) ファジアーノ岡山 vs ブラウブリッツ秋田 松本山雅FC vs ギラヴァンツ北九州 水戸ホーリーホック vs ツエーゲン金沢 東京ヴェルディ vs FC町田ゼルビア 2021.09.25 22:13 Sat
twitterfacebook
thumb

元日本代表MF細貝萌が地元・群馬に加入「いつかは群馬のためにプレーしたいと考えていた」

ザスパクサツ群馬は23日、元日本代表MF細貝萌(35)の加入を発表した。背番号は「33」となる。 群馬県前橋市出身の細貝は、前橋育英高校から2005年に浦和レッズに入団。プロキャリアをスタートさせた細貝は、2011年1月にレバークーゼンに完全移籍。その後は、アウグスブルクやヘルタ・ベルリン、シュツットガルトでプレー。また、トルコのブルサスポルでもプレーした。 2017年3月にシュツットガルトから柏レイソルへと加入し6年ぶりにJリーグへと復帰するが、2019年2月にタイリーグ1のブリーラム・ユナイテッドへと完全移籍を果たしていた。 バンコク・ユナイテッドには2019年12月にレンタル移籍。その後完全移籍に切り替わったが、今年5月に退団していた。 これまでJ1で通算120試合に出場し5ゴール5アシスト、ブンデスリーガで102試合に出場し3ゴール3アシストを記録。タイ・リーグでは47試合で1ゴールを記録していた。 また、日本代表としても30試合に出場し1ゴールを記録。世代別の代表では2008年の北京オリンピックに出場していた。 群馬は細貝について「どのポジションでも高い水準でこなすユーティリティ性とハードワークを武器に相手のチャンスの芽を摘むボランチ。日本代表や海外でのプレー経験をピッチ内外でチームへ還元、そして地元出身選手としてクラブを大きく飛躍させることに期待」とプレースタイルを紹介している。 細貝はクラブを通じてコメントしている。 「群馬の皆さん、こんにちは。この度、ザスパクサツ群馬に加入した細貝萌です。2005年に前橋育英高校を卒業してから日本だけでなくドイツ、トルコ、タイと多くの地でさまざまな経験をさせていただきました」 「多くの出会いの中で選手としても一人の人間としても大きく成長できたと思っています」 「まだまだ選手として旅を続けていたいという気持ちもありましたが、前々からいつかは自分が生まれ育ち、自分を成長させてくれた故郷のクラブであるザスパクサツ群馬で、群馬のためにプレーしたいと考えていたこともあり、この度いただいたオファーを受けることを決めました」 「ザスパは自分がプロサッカー選手として歩み始めた2005年にJリーグに参入したクラブということもあって、故郷を離れてからもいつも気になる存在でした」 「群馬出身の選手として自分が地元のクラブの歴史に加わることができるのを非常に光栄に思いますし、これまでにさまざまなクラブで自分を成長させてくれた出会いがあったように、特に若い選手たちに良い影響を感じてもらえるような存在になれるよう努力していきたいと思います。そして何より、クラブにとって良い存在でいたいと思っています」 「自分もベテランと呼ばれる年齢にはなりましたが、まだまだ成長できると考えています」 「一つでも多くのチームの勝利に貢献できるよう、一人でも多くの地元の皆さんに正田醤油スタジアム群馬に足を運んでいただけるよう、地元出身の選手としてベストを尽くしていきたいと思います」 「そのためにも、まずは数ヶ月サッカーから離れたコンディションをベストの状態まで持っていくため全力を尽くしていきたいと思います。どうぞ応援よろしくお願いします」 2021.09.23 14:21 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly