【Jリーグ移籍情報/1月3日】内田篤人が鹿島に復帰! J1昇格の名古屋は元セレソンFWジョーを獲得

2018.01.04 08:00 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽1月3日(水)に決定した、Jリーグの移籍情報を全てまとめて紹介。

▽最大の話題は鹿島アントラーズに8年ぶりの復帰を果たしたDF内田篤人だろう。久々のJリーグでのプレーが期待される。また、元日に天皇杯決勝で惜しくも敗れた横浜F・マリノスは柏レイソルからFW大津祐樹を獲得。さらに、J1復帰を果たした名古屋グランパスは、元ブラジル代表FWジョーをコリンチャンスから獲得した。

▽1月3日(水)
【J1】
◆鹿島アントラーズ
《IN》
DF内田篤人(29)
[ウニオン・ベルリン(ドイツ)←完全移籍]
Getty Images

◆大宮アルディージャ
《契約更新》
MFマテウス(23)
Getty Images

◆柏レイソル
《OUT》
FW大津祐樹(27)
[横浜F・マリノス→完全移籍]

◆横浜F・マリノス
《IN》
FW大津祐樹(27)
[柏レイソル←完全移籍]
Getty Images

◆ヴィッセル神戸
《OUT》
MF松村亮(23)
[AC長野パルセイロ→完全移籍]

【J2】
◆名古屋グランパス
《IN》
FWジョー(30)
[コリンチャンス←完全移籍]
Getty Images

◆大分トリニータ
《契約更新》
DF鈴木義宜(25)
FW三平和司(29)

【J3】
◆栃木SC
《契約更新》
FWネイツ・ペチュニク(32)

◆Y.S.C.C.横浜
《OUT》
GKフィリップ・ウィフマン(23)
[契約満了]

《契約更新》
DF宗近慧(25)
MF奥田晃也(23)

◆AC長野パルセイロ
《IN》
MF松村亮(23)
[ヴィッセル神戸←完全移籍]
Getty Images



関連ニュース
thumb

柏が下部組織育ちのDF杉井颯と契約満了、今季は鳥取でプロ初ゴール「本当に悔しくてたまりません」

柏レイソルは8日、DF杉井颯(21)の契約満了を発表した。なお、期限付き移籍先のガイナーレ鳥取も育成型期限付き移籍の満了を発表している。 杉井は柏のU-15、U-18と育ち、2018年8月にトップチーム登録。2020年にツエーゲン金沢へと育成型期限付き移籍。今シーズンは鳥取へと育成型期限付き移籍していた。 柏では2019シーズンにJ2で2試合、リーグカップで1試合に出場。金沢ではJ2で13試合、鳥取ではJ3で23試合に出場しプロ初となる1ゴールを記録していた。 杉井は柏と鳥取を通じてコメントしている。 ◆柏レイソル 「今シーズンで柏レイソルを退団することになりました。アカデミー時代から含めて9年間、柏レイソルでプレーした7年間本当にありがとうございました。この2年間、金沢でも鳥取でもレイソルに帰ることを目標に頑張ってきましたが、それは叶いませんでした」 「柏レイソルのエンブレムを背負って戦うこと、それがどんなに価値のあることで、どんなに素晴らしいことなのかをこの2年間改めて痛感しました。本当に悔しくてたまりませんが、また柏レイソルに帰るために、頑張ります」 「また僕を指導してくれたアカデミースタッフの皆さん、食堂ピアノの皆さん、洗濯の方々、芝生管理の方々などたくさんの人に感謝の気持ちでいっぱいです。小さい頃から柏レイソルに入ることが夢であり、目標でした。そんなクラブを去るのは寂しくてたまりませんが、どんなチームに行こうが自分らしく、笑顔で前向きに頑張ります」 「またこれからは柏レイソルのサポーターとして、柏レイソルを応援しています。僕のことを少しでも応援してくれると嬉しいです。また会いましょう!」 ◆ガイナーレ鳥取 「ガイナーレ鳥取を応援していただいているファン、サポーターの皆様、スポンサーの皆様、また地域の皆様、1年間ありがとうございました!」 「今年1年強い覚悟で鳥取に来ましたが、皆様の期待に添えるような結果を出すこともできず、自分のせいで大敗したゲームもありました」 「ただ、どういう状況になろうと最後の笛が鳴るまで自分なりに取り返そうとしたり、盛り上げたりとやってきましたが、プロの世界は結果が全てです。このような結果になり申し訳ありません」 「最後3連勝できたのも、どんな状況でも応援してくれるファン・サポーターの皆様がいたからこそ達成出来たことだと思います。本当にありがとうございます!」 「プロ初ゴールをガイナーレ鳥取で取れたこと、素晴らしい仲間に出会えたこと、伝統ある「復活公園遊び」にも参加できたことは、かけがえのない思い出です」 「また皆様の前で笑顔でプレーしてる姿をお見せする時を楽しみにしてます!1年間お世話になりました!また会いましょう!本当にありがとうございました!」 2021.12.08 17:24 Wed
twitterfacebook
thumb

J2初挑戦で14位フィニッシュの秋田が吉田謙監督の続投を発表

ブラウブリッツ秋田は8日、吉田謙監督(51)の続投を発表した。 吉田監督は、アスルクラロ沼津の下部組織で長年監督を務め、2015年から2019年までトップチームで監督を務めた。 2020年に秋田の監督に就任。明治安田生命J3リーグで優勝を果たすと、J2に初昇格。J2初挑戦となった今シーズンは11勝14分け17敗の14位でシーズンを終えていた。 吉田監督はクラブを通じてコメントしている。 「秋田の皆様、そしてブラウブリッツ秋田を心から支えてくださる全ての皆様、どんな時も選手、クラブに愛情をいただきありがとうございます」 「来シーズンも監督を努めさせていただくことに感謝いたします。選手、スタッフと共にひたむきに助け合いながら熱走し、秋田一体となって挑戦したいと思います。よろしくお願いいたします」 2021.12.08 17:18 Wed
twitterfacebook
thumb

長崎がMF磯村亮太の契約満了を発表、3シーズン半で55試合出場

V・ファーレン長崎は8日、MF磯村亮太(30)との契約満了を発表した。 名古屋グランパス下部組織出身の磯村は、2009年のトップチーム昇格から8年半プレー。アルビレックス新潟移籍を挟んで、2018年7月に長崎へ加入した。 長崎ではすぐに定位置を確保するも、徐々に出場機会は減少し、今季の明治安田生命J2リーグ出場数はわずか7試合。通算では公式戦55試合1ゴール2アシストという記録だった。 磯村はクラブ公式サイトを通じて、「長崎に来て本当に良かったです」とサポーターに思いを伝えた。 「今シーズンもたくさんの応援ありがとうございました。この度、V・ファーレン長崎を離れることになりました」 「3年半もの間、V・ファーレン長崎でプレーできたこと、皆さんとともに戦えたことをとても嬉しく思います。最高なチームメイト、僕ら家族にいつも温かく優しく接してくれた長崎の方々、どんな時も応援し続けてくれたファンサポーターの皆さま、長崎で出会ったすべての方に感謝しています」 「長崎に来て本当に良かったです。たくさんの温かいご声援本当にありがとうございました」 2021.12.08 16:13 Wed
twitterfacebook
thumb

J3岐阜がDFパウロンとの契約満了を発表、2年間で出場3試合「また会いましょう」

FC岐阜は8日、DFパウロン(32)との契約満了を発表した。 パウロンは、これまで北海道コンサドーレ札幌や福島ユナイテッドFC、水戸ホーリーホック、栃木SC、アルビレックス新潟でプレー。2020年に岐阜へ完全移籍で加入した。 岐阜では2シーズン在籍し、明治安田生命J3リーグで3試合の出場に終わっていた。 パウロンはクラブを通じてコメントしている。 「応援して下さるFC岐阜のファン・サポーターの皆さん、在籍中にいつも温かい声援をありがとうございます。残念ながら今年は昇格することができませんでしたが、チームが必ず来年昇格するようにFC岐阜のことを応援し続けます」 「チームに関わる全ての皆さんに感謝したいと思います。また会いましょう」 2021.12.08 16:10 Wed
twitterfacebook
thumb

山形の10番、MF中村充孝が契約満了…今季は7試合の出場に終わる

モンテディオ山形は8日、MF中村充孝(31)との契約満了を発表した。 大阪府出身の中村は、市立船橋高校から2009年に京都サンガF.C.へと入団。2013年に鹿島アントラーズへと完全移籍した。 鹿島で7シーズンを過ごすと、2020年に山形へと完全移籍。背番号10を託されたが、2シーズンでJ2通算25試合3得点、今季は7試合で1得点に終わっていた。 2021.12.08 15:58 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly