スアレスはヒザの治療で招集外! ウルグアイが国内組3名を追加した代表メンバー23名を発表《国際親善試合》

2017.11.03 03:25 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ウルグアイサッカー協会(AUF)は2日、今月行われる国際親善試合に向けたウルグアイ代表メンバー23名を発表した。

▽ウルグアイ代表は先月21日にFWエディソン・カバーニ(パリ・サンジェルマン)、MFマティアス・ヴェシーノ(インテル)、DFディエゴ・ゴディン(アトレティコ・マドリー)、DFホセ・ヒメネス(アトレティコ・マドリー)ら国外クラブ所属メンバー23名を発表していた。

▽そして、今回新たに発表された国内メンバーでは、MFアルバロ・ゴンサレス(ナシオナル)、MFクリスティアン・ロドリゲス(ペニャロール)、DFギジェルモ・バレラ(ペニャロール)の3名を招集。なお、FWルイス・スアレス(バルセロナ)はヒザの治療のため選出外となっている。
▽また、AUFは国外クラブ所属メンバーからGKフェルナンド・ムスレラ(ガラタサライ)、DFマウリシオ・レモス(ラス・パルマス)、エヒディオ・アレバロ・リオス(ラシン・クラブ)の3名が、招集メンバーから外れたことを併せて発表している。

▽ロシア・ワールドカップ(W杯)南米予選を2位で突破したウルグアイは、10日にポーランド代表、同14日にオーストリア代表と対戦する。今回発表されたウルグアイ代表メンバーは以下のとおり。

◆ウルグアイ代表メンバー23名
GK
マルティン・シルバ(ヴァスコ・ダ・ガマ/ブラジル)
マルティン・カンパーニャ(インディペンディエンテ/アルゼンチン)

DF
ギジェルモ・バレラ(ペニャロール)
ガストン・シルバ(インディペンディエンテ/アルゼンチン)
セバスティアン・コアテス(スポルティング・リスボン/ポルトガル)
マキシミリアーノ・ペレイラ(ポルト/ポルトガル)
マルティン・カセレス(ヴェローナ/イタリア)
ホセ・マリア・ヒメネス(アトレティコ・マドリー/スペイン)
ディエゴ・ゴディン(アトレティコ・マドリー/スペイン)

MF
クリスティアン・ロドリゲス(ペニャロール)
アルバロ・ゴンサレス(ナシオナル)
ナヒタン・ナンデス(ボカ・ジュニアーズ/アルゼンチン)
ジョルジアン・デ・アラスカエタ(クルゼイロ/ブラジル)
ニコラス・ロデイロ(シアトル・サウンダース/アメリカ)
ホナタン・ウレタビスカヤ(パチューカ/メキシコ)
カルロス・サンチェス(モンテレイ/メキシコ)
マティアス・ヴェシーノ(インテル/イタリア)
ロドリゴ・ベンタンクール(ユベントス/イタリア)
フェデリコ・バルベルデ(デポルティボ/スペイン)

FW
クリスチャン・ストゥアーニ(ジローナ/スペイン)
マキリミリアーノ・ゴメス(セルタ/スペイン)
エディンソン・カバーニ(パリ・サンジェルマン/フランス)
ガストン・ペレイロ(PSV/オランダ)

関連ニュース
thumb

マドリー、下部組織から18歳アルバロ・ロドリゲスの昇格を議論… 中井卓大の同僚でU-20ウルグアイ代表FW

レアル・マドリーが、U-20ウルグアイ代表FWアルバロ・ロドリゲス(18)の昇格を議論しているようだ。スペイン『Relevo』が伝えている。 アルバロ・ロドリゲスは2020年夏にジローナの下部組織からマドリーの下部組織へと加入。今季はU-19日本代表MF中井卓大らとともにカスティージャでプレーしており、今年1月に行われたコパ・デル・レイ(国王杯)の3回戦ではファーストチームデビューを果たしている。 現在はコロンビアで開催中のU-20南米選手権にU-20ウルグアイ代表として参戦中で、ここまで5試合で5得点1アシストと活躍中。その若武者が、来季から正式なファーストチーム昇格を掴むかもしれないという。 マドリーはアルバロ・ロドリゲスについて、恵まれた体格(193cm)と優れた嗅覚があると評し、FWカリム・ベンゼマら既存のストライカーとは異なるタイプと認識。来季はベンゼマのバックアッパーとして計画されているとみられている。 一方、選手に近いチーム関係者からは昇格を急ぐべきではないとの見方も。改善ポイントがたくさんあるものの、恵まれた体格や日々の姿勢、野心など、多くの武器も兼ね備えており、少しずつ向上を図っている最中とのことだ。 <span class="paragraph-title">【動画】後方からのボールをダイレクトボレーで叩き込む!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="es" dir="ltr">¡Una volea espectacular! Doblete de Álvaro Rodríguez para <a href="https://twitter.com/Uruguay?ref_src=twsrc%5Etfw">@Uruguay</a> en la CONMEBOL <a href="https://twitter.com/hashtag/Sub20?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Sub20</a>. <a href="https://t.co/Zq4SJRKcfO">pic.twitter.com/Zq4SJRKcfO</a></p>&mdash; CONMEBOL.com (@CONMEBOL) <a href="https://twitter.com/CONMEBOL/status/1622728197027643394?ref_src=twsrc%5Etfw">February 6, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2023.02.07 21:40 Tue
twitterfacebook
thumb

カタールW杯での不適切行為でカバーニらウルグアイ代表4選手に出場停止と罰金処分…代表チームはホーム1試合でゴール裏閉鎖と罰金

国際サッカー連盟(FIFA)は27日、カタール・ワールドカップ(W杯)での試合で起こった事件に関して、ウルグアイ代表への処分を発表した。 事件が起こったのは12月2日のカタールW杯、ガーナ代表vsウルグアイ代表の試合だ。 試合は2-0でガーナが勝利し、ウルグアイはグループステージで敗退。この試合中には、ガーナのファウルを取らなかったとして選手がドイツ人主審へと詰め寄っていた。また、試合後にも騒動が起こり、両チームの選手たちが揉める事件が起こっていた。 FIFA規律委員会は、ウルグアイサッカー協会(AUF)がウルグアイ代表のサポーターによる差別行動、選手たちの不正行為、攻撃的な行為、そしてフェアプレー違反の責任を負うべきだと判断したという。 また、FIFA規律委員会は不正行為を行った4選手に対し、個別の制裁を課すことを発表した。 処分対象となったのは、DFホセ・マリア・ヒメネス、GKフェルナンド・ムスレラ、FWエディンソン・カバーニ、DFディエゴ・ゴディンの4名となる。 AUFに対しては、次のFIFA国際Aマッチでゴール裏の閉鎖に加え、5万スイスフラン(約700万円)の罰金処分が課される。 また、ヒメネスとムスレラには4試合の出場停止と、奉仕活動、2万スイスフラン(約280万円)の罰金、カバーニとゴディンには、1試合の出場停止と1万5000スイスフラン(約211万円)の罰金が課される。 2023.01.28 22:40 Sat
twitterfacebook
thumb

プレミア降格圏18位ボーンマス、ローマからウルグアイ代表DFビーニャ獲得へ?

ボーンマスがローマからウルグアイ代表DFマティアス・ビーニャ(25)のレンタルを画策しているようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 カタール・ワールドカップ(W杯)にも出場したビーニャは母国の名門ナシオナルでプロデビューし、パウメイラスを経て、2021年8月にローマへ。左サイドバックとウィングバックを本職とし、昨季は公式戦37試合に出場と欧州1年目で多くの出場機会を得た。 だが、今季は一転して減少し、セリエAで3試合、ヨーロッパリーグ(EL)で3試合、計297分間の出場にとどまっている。プレミアリーグで降格圏の18位に沈むボーンマスがレンタル獲得に乗り出しているようだ。 1年でのチャンピオンシップ(イングランド2部)逆戻りを避けたいボーンマスはビーニャ以外にも触手を伸ばす。イギリス『90min』によると、ビジャレアルからセネガル代表FWニコラス・ジャクソン(21)の獲得が濃厚になっているという。 なお、ビーニャに対してはマジョルカやフェネルバフチェも獲得に乗り出していると伝えられている。 2023.01.25 13:46 Wed
twitterfacebook
thumb

ブラジル移籍のスアレスが37分間で衝撃のハットトリックデビュー、点取り屋は健在「キャリアのベスト」

ウルグアイ代表FWルイス・スアレスが、新天地で衝撃的なデビューを果たした。 フローニンヘン、アヤックスやリバプール、バルセロナでゴールを量産してきたスアレス。アトレティコ・マドリーでは期待に応える活躍はできずにいると、2022年7月に古巣のナシオナルへと完全移籍した。 スアレスはカタール・ワールドカップ(W杯)で3試合に出場もゴールはなし。ウルグアイもグループステージで敗退するなど失意の中、1月にグレミオへと完全移籍を果たした。 そのスアレスは、17日に行われたレコパ・ガウーシャ決勝のサン・ルイス戦に出場。圧巻のパフォーマンスで力の差を見せつける。 開始5分、左サイドからの浮き球のパスをボックス内左で受けたスアレスが、飛び出したGKの頭上を越えるループシュート。これが決まり、グレミオが先制する。 その後1点ずつを決め、2-1で迎えた31分には、相手の浮き球のパスをカットすると、そのままダイレクトで繋ぎ、最後は抜け出したスアレスが冷静に決めて3-1とする。 そして38分にはボックス左からのクロスがクリアされて浮き球になるも、ボックス内右で待ち構えたスアレスがダイレクトボレー。GKが戻るも強烈なシュートがネットに突き刺さり、37分間でハットトリックを決める鮮烈デビューを決めていた。 試合後、スアレスは最高のデビューについて「キャリアのベストだと思う」とコメント。「アトレティコでも良いデビューだった。精神的なものだと思う」と回想し、「決勝で集中した時は今日のようなプレーをしなければいけない」と、レコパ・ガウーシャの優勝を喜んだ。 <span class="paragraph-title">【動画】ルイス・スアレスがブラジルでのデビュー戦で37分間の衝撃ハットトリック</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="mPXazXh2WiI";var video_start = 104;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2023.01.18 12:20 Wed
twitterfacebook
thumb

クリスティアン・ロドリゲスが37歳で現役引退…“セボージャ”の愛称で親しまれたドリブラー

元ウルグアイ代表MFクリスティアン・ロドリゲス(37)が現役を引退した。同選手の古巣であるペニャロールが17日に発表した。 ペニャロールの下部組織出身で“El Cebolla(エル・セボージャ:玉ねぎの意)”の愛称で親しまれたロドリゲスは、2005年夏にパリ・サンジェルマンに移籍し渡欧。ベンフィカへのローン移籍を経て、2008年夏に加入したポルトでは4年間の在籍で公式戦120試合に出場し、3度のリーグ制覇や国内カップ3連覇などに貢献した。 2012年夏にアトレティコ・マドリーに加入すると、2013-14シーズンにクラブの18年ぶりとなるラ・リーガ優勝を経験した。その後はブラジルのグレミオ、アルゼンチンのインデペンディエントなどでプレーし、2017年2月にペニャロールに復帰。同シーズンと翌シーズンのウルグアイリーグ連覇に大きく貢献した。 その後、2021年から直近までは母国のプラサ・コロニアでプレーを続けていた。 また、ウルグアイ代表としても輝かしいキャリアを持ち、2003年10月のメキシコ代表戦のデビューから通算110試合に出場。2011年のコパ・アメリカ優勝メンバーでもあった。 2023.01.18 07:15 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly