菅原由勢はプレミア昇格のサウサンプトン移籍へ…複数年契約、近日中に正式発表へ

2024.07.10 10:48 Wed
AZでプレーする菅原由勢
Getty Images
AZでプレーする菅原由勢
AZの日本代表DF菅原由勢(24)だが、やはり移籍は濃厚のようだ。名古屋グランパスの下部組織出身の菅原は、2019年7月にレンタル移籍でAZに加入。2020年7月に完全移籍に切り替わっていた。
右サイドバックや右ウイングなど、右サイドのスペシャリストとしてプレー。エールディビジでは135試合で12ゴール21アシスト、ヨーロッパリーグで10試合1ゴール、ヨーロッパ・カンファレンスリーグで26試合1ゴール4アシストと、チームの主軸としてプレーしている。

日本代表にも定着し13試合に出場し1ゴールを記録している菅原。今夏は多くのクラブから関心が寄せられる中、プレミアリーグに挑戦することになるようだ。

オランダ『Transfer Watch』によると、菅原はプレミアリーグに昇格したサウサンプトンに完全移籍するとのこと。すでに契約は合意しており、数日中に正式に発表されるとのことだ。
菅原は複数年契約を結ぶと見られており、移籍が成立すれば、今シーズン5人目の日本人プレミアリーガーとなる。

サウサンプトンには、過去DF吉田麻也(ロサンゼルス・ギャラクシー)、FW李忠成、MF南野拓実(モナコ)がプレー。日章学園高校のU-19日本代表FW高岡伶颯も高校卒業後の2025年3月に加入することとなっている。

AZは、菅原と日本代表でポジションを争っているDF毎熊晟矢をセレッソ大阪から完全移籍で獲得しており、すでに後継者を確保している状況だ。


1 2

菅原由勢の関連記事

ブライトン&ホーヴ・アルビオンの日本代表MF三笘薫が、ジャパンツアー初戦を前に記者会見に臨んだ。 2024-25シーズンを前に、初来日したブライトン。2023-24シーズン終盤は腰の負傷によりプレーしていなかった三笘もしっかりと来日。久々のプレーを見せることとなる。 31歳のファビアン・ヒュルツェラー監督を新たに迎えたブライトン。一部の選手は来日していないが、24日には国立競技場で鹿島アントラーズと対戦する。 試合を前に記者会見に臨んだ三笘は、今回のジャパンツアーへの意気込みを語った。 「ブライトンとして日本ツアーをすることが決まって、僕自身も凄く楽しみにしていますし、チームメイトも凄く楽しみにしています」 「素晴らしいJリーグの2チームと対戦できるので、良い力試しになりますし、僕たちもシーズン前でチームの状態を見る良い機会なので、内容と結果にこだわっていきたいと思います」 新たな監督の下で、新たなスタートを切るブライトン。ヒュルツェラー監督について三笘は「戦術的な監督だなと認識しています」とコメント。「もちろん前監督(ロベルト・デ・ゼルビ監督)も戦術的な監督でしたけど、細かいところの意識は徹底されていて、チームにも凄く浸透してきています。守備の強度も凄く求めてくるので、明日はしっかり出していきたいです」と、監督のサッカーを鹿島線で出していきたいとした。 会見後のトレーニングでは通常のメニューをハードにこなしていた三笘。ミニゲームでは左ウイングを任されており、プレーには問題はないようだ。 ケガの具合に関しては「腰のケガで、シーズン中に復帰できれば良かったんですが、長引いてしまってシーズン中にプレーできませんでした。プレシーズンに向けてやろうと計画してリハビリをしました。ボールを蹴り始めたのはシーズンが終わってからで、個人で少しずつ蹴り始めました」と、思っていたよりも時間がかかったとコメント。「去年のシーズン中は少しずつ走り始めたか、外で動き始めたぐらいです。徐々に徐々に上がってきた印象です。今もまだまだシーズンに向けてやることはたくさんありますけど、しっかりとプレーできる状態になっています」と、今は動ける状態だとした。 多くのファンが久々に三笘のプレーを生で観戦しに来る状況だが、「監督が求めるものと、ファン・サポーターが求めるものは違うと認識しています。僕自身はシーズンに向けて個人として監督の信頼、チームの信頼を得ていかなければいけないので、やるべきことをやりたいと思います」と、ファン・サポーターが求めるもの以上にやるべきことがあるとコメント。ただ、「皆さんの僕の印象はドリブルや仕掛けで見たいと思うので、そういうシーンも出せれば出したいですが、チームが勝つためのプレーしないといけないと思っています」と、チームプレーをする中でも、しっかりと特長を見せていきたいとした。 ポジションについても「監督は色々なフォーメーションを試すと思いますし、まだ僕たちの練習の中で試していないこともシーズン中にやると思います」と語り、「後ろを4枚だったり3枚だったりと変えてプレーすると思いますが、僕自身はサイドのところで求められているので、ウイングから仕掛けたり一対一の局面を作ったりする中でのプレーが求められていると思います・ハーフスペースや中でプレーすることも今後あると思うんですが、基本的には左サイドでプレーすると思います」と、トレーニングでも左ウイングやインサイドに入ってのプレーなどを見せていたが、大きくはこれまでと変わらないようだ。 ケガに苦しんだ2023-24シーズンを考えれば、今シーズンはしっかりと結果を残したいところ。「残り1カ月でどんどんコンディションを上げて、存在感を出して、スタメンを確保していかなければならないと思うので、大事な2試合になると思いますし、チームが勝つためのプレーを明日(鹿島アントラーズ戦)とヴェルディ戦で出さないといけないです」と、このジャパンツアーでアピールしたいと語り、「やるべきことは基本的には変わらないですし、今までやってきたことを積み上げて、できなかったことをチャレンジしてできるようにすることで、能力を上げることしかできません。毎日やることでシーズンの結果につながると思いますし、今回のツアーは日本人の方に楽しみしてもらえていることは嬉しいですが、自分としてはチームの中でスタメンを確保しなければいけないという意識が強いので、そこを意識したいと思います」と、しっかりと新シーズンを見据えたパフォーマンスを見せたいとした。 また、今シーズンはMF鎌田大地(クリスタル・パレス)、DF菅原由勢(サウサンプトン)が加入し、現時点で5名がプレミアリーグでプレーすることに。過去にない多さとなっている。 「菅原選手、鎌田選手がプレミアリーグに入ってきました。プレミアリーグは世界最高峰のリーグであることは間違いなく、そこで僕自身も対戦できることは凄く嬉しいです」 「5大リーグ、プレミアリーグに参加する選手が増えて来れば、日本代表の底上げにもなると思いますし、そこで得られるものは日本代表に還元できればと思います。毎シーズン毎シーズン結果を出さないと生き残れないと思うので、しっかり準備して臨みたいと思います」 プレミアの厳しさも体験している三笘。久々にピッチで躍動する姿を国立のファンの前で見せてもらいたい。 2024.07.23 23:58 Tue
『U-NEXT』は23日、プレミアリーグの配信権獲得を発表した。2024-25シーズンから2030-31シーズンまで7年間にわたるパートナーシップ基本契約を締結。日本国内で全試合を独占配信することとなった。また、FAカップも独占配信する。 23日、2023-24シーズンまでプレミアリーグを配信していた『SPOTV NOW』が2024-25シーズンの配信を行わないことを公式に発表。プレミアリーグのファンは、今シーズンをどこで楽しむのか騒ぎとなっていた中、正式に配信先が決定した。 世界最高峰のサッカーリーグの1つであり、世界中に多くのファンを持つプレミアリーグ。昨シーズンはアーセナルのDF冨安健洋、リバプールの遠藤航、ブライトン&ホーヴ・アルビオンのMF三笘薫、ルートン・タウンのDF橋岡大樹がプレー。今シーズンは橋岡のルートンが降格したものの、クリスタル・パレスにMF鎌田大地、サウサンプトンにDF菅原由勢が加入し、現時点で5名がプレーするリーグとなっている。 7年間という長期契約により、試合のライブ配信のみならず周辺コンテンツの拡充など、サービスを広げていくという。 開幕を前に、パートナーシップを機に、「U-NEXT」では8月9日(金)14時からサッカーコンテンツに特化した「U-NEXTサッカーパック」を月額2600円(税込)で提供開始。プレミアリーグ以外にも、MF久保建英(レアル・ソシエダ)、FW浅野拓磨(マジョルカ)がプレーするラ・リーガも全試合をライブ配信で楽しめることとなる。 なお、「U-NEXT」の月額会員であれば、毎月付与されるU-NEXTポイント1200円分を「U-NEXTサッカーパック」に充当することもでき、さらにお得にご利用が可能となる。 その他にも、「U-NEXT」のサッカーコンテンツをホテルや商業施設、スポーツバーなどに提供し、日本のサッカーファンはもちろん、海外からのインバウンドニーズにも応えてい区とのこと。店舗・施設向けのDX化を推進する株式会社USEN、ホテル向けのDX化を推進する株式会社アルメックスなど、U-NEXT HOLDINGSのグループシナジーを生かし、スポーツ観戦の喜びを共有・共感できる空間作りをサポートしていくという。 プレミアリーグのチーフメディアオフィサーであるポール・モルナー氏が今回の基本契約締結を受けてコメントしている。 「我々プレミアリーグは、今回U-NEXTとの2030-31シーズンまで、長期にわたるパートナーシップの締結をお知らせできることを大変嬉しく思っております。U-NEXTは日本市場をリードするエンターテインメント・コンテンツプラットフォームであり、プレミアリーグの独占配信権がU-NEXTのスポーツライブ配信の中心となることに、心を躍らせております」 「これにより、日本のファンの皆様は今後7シーズンもの長期にわたり、プレミアリーグの全試合をU-NEXTでお楽しみいただけます。斬新で革新的なアプローチにより、U-NEXTはプレミアリーグにとっての素晴らしい拠点になると確信しています。リーグやクラブ、そして今まさに増えつつある日本人選手たちの魅力を共に発信していけることを楽しみにしています」 また、「U-NEXT」の堤天心 代表取締役社長もコメントしている。 「この度、世界最高峰のプロサッカーリーグであるプレミアリーグとU-NEXTは、7年間にわたる長期基本契約を締結いたしました。シーズン終了の日まで目を離すことができない高いコンペティションレベル、伝統と革新を兼ね合わせた各クラブを支える世界一とも言うべきサポーター文化、世界トップスターの選手と監督が展開する圧倒的なパフォーマンスとインテンシティ、そして世界最高峰レベルに挑戦する日本人選手たちの心踊る活躍、その全てを全試合独占配信という形で皆様にお届けできることを、一人のサッカーファンとしても、大変嬉しく思っています」 「全試合のライブ配信、周辺情報の発信のみならず、クラブや選手のバックグランドストーリーなど関連コンテンツも充実させてまいりますので、ぜひご期待ください」 2024.07.23 20:05 Tue
AZの日本代表DF毎熊晟矢が新天地初ゴールをマークした。 この夏にセレッソ大阪から完全移籍加入の毎熊。サウサンプトン移籍の日本代表DF菅原由勢に代わるサイドバックとして期待されるなか、6日に行われたノアシェランとのプレシーズンマッチで実戦デビューした。 そして、20日に行われたプレシーズンマッチのKVコルトレイク戦では34分から出場。2-0でリードの78分には敵陣左サイドでボールを受けると、相手GKの立ち位置を確認してから右足ミドルをゴール左に突き刺した。 なお、コルトレイクにはMF金子拓郎とDF藤井陽也が所属。このAZ戦では揃って先発していた。 <span class="paragraph-title">【動画】AZ毎熊晟矢が新天地初ゴール</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="xSUMF-L9hx0";var video_start = 88;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.07.21 10:45 Sun
サウサンプトン入りの日本代表DF菅原由勢がデビュー戦でインパクトを残した。 プレミアリーグ復帰の新シーズンに向け、始動したサウサンプトン。19日にナショナルリーグ(イングランド5部相当)のイーストリーFCを相手にしてプレシーズンマッチに臨み、7-1と快勝した。 力の差を見せつけた試合にベンチからスタートした菅原も大幅メンバー変更の後半開始から出場。すると、5-1の78分にバイタルエリア中央でボールを受け、右足ミドルをゴール左下に突き刺した。 菅原は71分のチーム5得点目も自身の折り返しからとチームの快勝劇に貢献するとともに、個人としても初実戦でアピールに成功。試合後、クラブ公式サイトでこう振り返っている。 「ピッチでクオリティを発揮して、チームメイトを納得させる必要があります。チャンスを作ったり、得点して、強みを出していかないといけません。今日は得点できたので良かったですけど、もっとやらないといけないです」 「まだ足りないですし、満足もしていないので、もっと頑張らないといけません。でも、思った以上に良かったです。ディフェンスの背後もうまく突いていけましたし、良い感覚ですけど、もっと良くなるし、自分の道を進んでいきたいです」 また、チームメイトとの連携向上にさらなる意欲を示すとともに、持ち前の明るいキャラクターの持ち主らしく、あらゆることをして溶け込む覚悟のようだ。 「チームメイトと過ごすのは本当に大事。チームとは5日間を過ごしただけで、互いのことをまだよく知らないです。だから、ピッチの外でも中でももっとたくさんの話をしていかないといけません。この1週間は自分を示しながら、彼らのことを知る大事なものになると思います」 「歌を歌うかもしれないですし、何か考えておかないとですけど、チームメイトと何かしらで楽しいことをするのは好きです。チームと一緒にトレーニングをするのは楽しみだし、天候にも恵まれて、準備もできています」 <span class="paragraph-title">【動画】菅原由勢がデビュー戦で強烈ミドルシュートを叩き込む!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet" data-media-max-width="560"><p lang="in" dir="ltr">GOAL! Eastleigh 1-6 Southampton. Yukinari Sugawara! [78’] <a href="https://twitter.com/hashtag/SaintsFC?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#SaintsFC</a> <a href="https://t.co/UiGD15vxxO">pic.twitter.com/UiGD15vxxO</a></p>&mdash; JustSaints (@JustSaints_) <a href="https://twitter.com/JustSaints_/status/1814383921779392550?ref_src=twsrc%5Etfw">July 19, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2024.07.20 11:35 Sat
サウサンプトンは16日、ウェストハムからイングランド人MFフリン・ダウンズ(25)の獲得を発表した。契約は2028年夏までの4年となる。 2022年夏にウェストハム入りするまではイプスウィッチ・タウン、ルートン・タウン、スウォンジー・シティでキャリアを紡き、U-20イングランド代表歴も持つダウンズ。中盤深めの位置をメインポジションとし、昨季はサウサンプトンにローン移籍した。 そのサウサンプトンでは公式戦37試合で2得点3アシストと活躍し、チームのプレーオフを経由したプレミアリーグ復帰に貢献。そのチームがこの夏に菅原由勢を獲得したりと補強を着々と進めるなか、ダウンズも完全移籍移行が決まった。 なお、イギリス『スカイ・スポーツ』によると、移籍金額は固定の1500万ポンド+アドオン300万ポンドの総額1800万ポンド(約36億9000万円)とみられる。 2024.07.17 09:50 Wed

記事をさがす

菅原由勢の人気記事ランキング

1

AZ毎熊晟矢が右足ミドルで新天地初ゴール! 金子拓郎&藤井陽也が先発のコルトレイク戦で

AZの日本代表DF毎熊晟矢が新天地初ゴールをマークした。 この夏にセレッソ大阪から完全移籍加入の毎熊。サウサンプトン移籍の日本代表DF菅原由勢に代わるサイドバックとして期待されるなか、6日に行われたノアシェランとのプレシーズンマッチで実戦デビューした。 そして、20日に行われたプレシーズンマッチのKVコルトレイク戦では34分から出場。2-0でリードの78分には敵陣左サイドでボールを受けると、相手GKの立ち位置を確認してから右足ミドルをゴール左に突き刺した。 なお、コルトレイクにはMF金子拓郎とDF藤井陽也が所属。このAZ戦では揃って先発していた。 <span class="paragraph-title">【動画】AZ毎熊晟矢が新天地初ゴール</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="xSUMF-L9hx0";var video_start = 88;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.07.21 10:45 Sun
2

「もっと良くなる」 菅原由勢がサウサンプトンデビュー戦でゴール! さらなる溶け込みにも意欲…「歌うかも」

サウサンプトン入りの日本代表DF菅原由勢がデビュー戦でインパクトを残した。 プレミアリーグ復帰の新シーズンに向け、始動したサウサンプトン。19日にナショナルリーグ(イングランド5部相当)のイーストリーFCを相手にしてプレシーズンマッチに臨み、7-1と快勝した。 力の差を見せつけた試合にベンチからスタートした菅原も大幅メンバー変更の後半開始から出場。すると、5-1の78分にバイタルエリア中央でボールを受け、右足ミドルをゴール左下に突き刺した。 菅原は71分のチーム5得点目も自身の折り返しからとチームの快勝劇に貢献するとともに、個人としても初実戦でアピールに成功。試合後、クラブ公式サイトでこう振り返っている。 「ピッチでクオリティを発揮して、チームメイトを納得させる必要があります。チャンスを作ったり、得点して、強みを出していかないといけません。今日は得点できたので良かったですけど、もっとやらないといけないです」 「まだ足りないですし、満足もしていないので、もっと頑張らないといけません。でも、思った以上に良かったです。ディフェンスの背後もうまく突いていけましたし、良い感覚ですけど、もっと良くなるし、自分の道を進んでいきたいです」 また、チームメイトとの連携向上にさらなる意欲を示すとともに、持ち前の明るいキャラクターの持ち主らしく、あらゆることをして溶け込む覚悟のようだ。 「チームメイトと過ごすのは本当に大事。チームとは5日間を過ごしただけで、互いのことをまだよく知らないです。だから、ピッチの外でも中でももっとたくさんの話をしていかないといけません。この1週間は自分を示しながら、彼らのことを知る大事なものになると思います」 「歌を歌うかもしれないですし、何か考えておかないとですけど、チームメイトと何かしらで楽しいことをするのは好きです。チームと一緒にトレーニングをするのは楽しみだし、天候にも恵まれて、準備もできています」 <span class="paragraph-title">【動画】菅原由勢がデビュー戦で強烈ミドルシュートを叩き込む!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet" data-media-max-width="560"><p lang="in" dir="ltr">GOAL! Eastleigh 1-6 Southampton. Yukinari Sugawara! [78’] <a href="https://twitter.com/hashtag/SaintsFC?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#SaintsFC</a> <a href="https://t.co/UiGD15vxxO">pic.twitter.com/UiGD15vxxO</a></p>&mdash; JustSaints (@JustSaints_) <a href="https://twitter.com/JustSaints_/status/1814383921779392550?ref_src=twsrc%5Etfw">July 19, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2024.07.20 11:35 Sat
3

名古屋、オランダ、サウサンプトン…プレミアリーグ挑戦の菅原由勢に同じ道を歩んだ大先輩からエール「いつでもどこにいても電話をしてほしい」

AZからサウサンプトンへと完全移籍した日本代表DF菅原由勢が、大先輩からのメッセージを受け取った。 14日、サウサンプトンは菅原を完全移籍で獲得したことを発表。2028年6月30日までの4年契約を結んだ。 名古屋グランパスの下部組織出身の菅原は、2019年7月にレンタル移籍でAZに加入。2020年7月に完全移籍に切り替わると主軸としてプレーを続け、エールディビジでは135試合で12ゴール21アシストを記録し、欧州の大会でもプレーするなど結果を残していた。 その菅原に対して、メッセージを送った人物が。その人物は、古巣名古屋の下部組織で育った大先輩であり、エールディビジを経てサウサンプトンに到着した元日本代表DF吉田麻也だった。 現在はメジャーリーグ・サッカー(MLS)のロサンゼルス・ギャラクシーでプレーしている吉田。日本代表としても大先輩であり、東京オリンピックでは共に戦った仲でもあるが、吉田からメッセージ。英語で語り掛け、エールを送ると共に、サウサンプトンのファンに菅原を紹介した。 「やぁ、由勢。ようこそクラブへ。まずは移籍おめでとう。僕は素晴らしい選択だと思う。すでに言ったように、クラブは本当に歓迎してくれ、日本人のメンタリティを理解している」 「ピッチ内外で大きく成長できるし、ピッチ上で素晴らしいエネルギーをもたらし、ロッカールームに素晴らしい雰囲気をもたらせられると確信している」 「自分の時間を楽しむことは本当に貴重なことだ。プレミアリーグは最高のリーグの1つで、サウサンプトンは本当に素晴らしいクラブだ。僕は長い間そこにいたが、質問や問題があれば、いつでもどこにいても僕に電話をしてほしい」 「僕はいつもみんなと一緒にいる。シーズンが終われば、試合を見に行くし、観戦できることを願っている」 「幸運を祈る。ファンの皆さん、どうか彼を大事にしてほしい。彼は良い男で、良い青年だ」 「彼は僕と同じクラブ出身で、オランダでも同じステップを踏み、サウサンプトンに来ている。だから、プレミアリーグを楽しんでほしいし、幸運を祈っている」 「僕はいつもこのLAの太陽の下で、テレビで追いかけている。また会いましょう。ありがとう」 冗談を交えつつも流暢な英語でメッセージを送った吉田。菅原も英語で反応。「まず、彼は英語で話しかけてくるから、僕ももっと英語を上達させないといけないです。後で彼に電話して『愛しています』とか言っておきます」とコメント。電話では英語で会話がされるのか注目だ。 大先輩からエールを受けた菅原。吉田のようにサウサンプトンで愛される選手になれるのか、初のプレミアリーグでの戦いに注目が集まる。 <span class="paragraph-title">【動画】プレミア挑戦の菅原由勢に大先輩から英語でエール</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet" data-media-max-width="560"><p lang="en" dir="ltr"> <a href="https://t.co/pMlcn3I1IQ">pic.twitter.com/pMlcn3I1IQ</a></p>&mdash; Southampton FC (@SouthamptonFC) <a href="https://twitter.com/SouthamptonFC/status/1813105757350490343?ref_src=twsrc%5Etfw">July 16, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2024.07.16 23:45 Tue
4

プレミアリーグは今季から『U-NEXT』が全試合独占配信!2030-31シーズンまでの7年間のパートナーシップ基本契約を締結

『U-NEXT』は23日、プレミアリーグの配信権獲得を発表した。2024-25シーズンから2030-31シーズンまで7年間にわたるパートナーシップ基本契約を締結。日本国内で全試合を独占配信することとなった。また、FAカップも独占配信する。 23日、2023-24シーズンまでプレミアリーグを配信していた『SPOTV NOW』が2024-25シーズンの配信を行わないことを公式に発表。プレミアリーグのファンは、今シーズンをどこで楽しむのか騒ぎとなっていた中、正式に配信先が決定した。 世界最高峰のサッカーリーグの1つであり、世界中に多くのファンを持つプレミアリーグ。昨シーズンはアーセナルのDF冨安健洋、リバプールの遠藤航、ブライトン&ホーヴ・アルビオンのMF三笘薫、ルートン・タウンのDF橋岡大樹がプレー。今シーズンは橋岡のルートンが降格したものの、クリスタル・パレスにMF鎌田大地、サウサンプトンにDF菅原由勢が加入し、現時点で5名がプレーするリーグとなっている。 7年間という長期契約により、試合のライブ配信のみならず周辺コンテンツの拡充など、サービスを広げていくという。 開幕を前に、パートナーシップを機に、「U-NEXT」では8月9日(金)14時からサッカーコンテンツに特化した「U-NEXTサッカーパック」を月額2600円(税込)で提供開始。プレミアリーグ以外にも、MF久保建英(レアル・ソシエダ)、FW浅野拓磨(マジョルカ)がプレーするラ・リーガも全試合をライブ配信で楽しめることとなる。 なお、「U-NEXT」の月額会員であれば、毎月付与されるU-NEXTポイント1200円分を「U-NEXTサッカーパック」に充当することもでき、さらにお得にご利用が可能となる。 その他にも、「U-NEXT」のサッカーコンテンツをホテルや商業施設、スポーツバーなどに提供し、日本のサッカーファンはもちろん、海外からのインバウンドニーズにも応えてい区とのこと。店舗・施設向けのDX化を推進する株式会社USEN、ホテル向けのDX化を推進する株式会社アルメックスなど、U-NEXT HOLDINGSのグループシナジーを生かし、スポーツ観戦の喜びを共有・共感できる空間作りをサポートしていくという。 プレミアリーグのチーフメディアオフィサーであるポール・モルナー氏が今回の基本契約締結を受けてコメントしている。 「我々プレミアリーグは、今回U-NEXTとの2030-31シーズンまで、長期にわたるパートナーシップの締結をお知らせできることを大変嬉しく思っております。U-NEXTは日本市場をリードするエンターテインメント・コンテンツプラットフォームであり、プレミアリーグの独占配信権がU-NEXTのスポーツライブ配信の中心となることに、心を躍らせております」 「これにより、日本のファンの皆様は今後7シーズンもの長期にわたり、プレミアリーグの全試合をU-NEXTでお楽しみいただけます。斬新で革新的なアプローチにより、U-NEXTはプレミアリーグにとっての素晴らしい拠点になると確信しています。リーグやクラブ、そして今まさに増えつつある日本人選手たちの魅力を共に発信していけることを楽しみにしています」 また、「U-NEXT」の堤天心 代表取締役社長もコメントしている。 「この度、世界最高峰のプロサッカーリーグであるプレミアリーグとU-NEXTは、7年間にわたる長期基本契約を締結いたしました。シーズン終了の日まで目を離すことができない高いコンペティションレベル、伝統と革新を兼ね合わせた各クラブを支える世界一とも言うべきサポーター文化、世界トップスターの選手と監督が展開する圧倒的なパフォーマンスとインテンシティ、そして世界最高峰レベルに挑戦する日本人選手たちの心踊る活躍、その全てを全試合独占配信という形で皆様にお届けできることを、一人のサッカーファンとしても、大変嬉しく思っています」 「全試合のライブ配信、周辺情報の発信のみならず、クラブや選手のバックグランドストーリーなど関連コンテンツも充実させてまいりますので、ぜひご期待ください」 2024.07.23 20:05 Tue
5

菅原由勢に追い風 サウサンプトンが主軸右SBのカイル・ウォーカー=ピーターズをまもなく売却へ

サウサンプトンが元イングランド代表DFカイル・ウォーカー=ピータース(27)を売却する。 カイル・ウォーカー=ピータースはトッテナム育ちの右サイドバック(SB)で、サウサンプトン移籍後は主軸に君臨。イングランド2部を戦った昨季もリーグ戦46試合中43試合にほぼ全て右SBとして出場、全てスタメンだ。 今季はそこへ日本代表右サイドバックのDF菅原由勢(23)が加入し、ポジション争いへ…という流れだったが、契約が残り1年となっているためか、クラブは今夏の売却を決断。 イギリス『フットボール・インサイダー』によると、ウェストハムがカイル・ウォーカー=ピータース獲得まであと一歩。仮に交渉が成立せずとも、サウサンプトンはウェストハム以外のプレミアリーグクラブに同選手を売却できるメドがあるとのことだ。 2024.07.16 20:40 Tue

AZの人気記事ランキング

1

AZ毎熊晟矢が右足ミドルで新天地初ゴール! 金子拓郎&藤井陽也が先発のコルトレイク戦で

AZの日本代表DF毎熊晟矢が新天地初ゴールをマークした。 この夏にセレッソ大阪から完全移籍加入の毎熊。サウサンプトン移籍の日本代表DF菅原由勢に代わるサイドバックとして期待されるなか、6日に行われたノアシェランとのプレシーズンマッチで実戦デビューした。 そして、20日に行われたプレシーズンマッチのKVコルトレイク戦では34分から出場。2-0でリードの78分には敵陣左サイドでボールを受けると、相手GKの立ち位置を確認してから右足ミドルをゴール左に突き刺した。 なお、コルトレイクにはMF金子拓郎とDF藤井陽也が所属。このAZ戦では揃って先発していた。 <span class="paragraph-title">【動画】AZ毎熊晟矢が新天地初ゴール</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="xSUMF-L9hx0";var video_start = 88;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.07.21 10:45 Sun
2

「1秒でイエス」…サウサンプトン入りの菅原由勢、即決移籍を明かす! 指揮官も歓迎 「長く注目した選手」

日本代表DF菅原由勢(24)のサウサンプトン移籍が決まった。 名古屋グランパスからAZ入りして5年が経つ菅原。オランダでサイドバックを中心に右のスペシャリストとして通算198試合(14得点29アシスト)の出場数を積み上げ、2020年10月のデビューから13キャップ(1ゴール)を刻む代表でも今や常連と化す。 AZとの契約も残り1年となるなか、移籍話が取り沙汰されるようになり、最近では新シーズンからプレミアリーグ復帰を果たすサウサンプトン行きの噂。そして、14日に4年契約でのセインツ入りが公式発表され、イングランド挑戦の運びとなった。 イングランドに舞台を移す24歳DFはクラブ公式サイトで「サウサンプトンに来て、プレミアリーグでプレーするのは小さい頃からの大きな夢の1つだったので、ここに来られて本当に興奮しています」と喜び、即決での移籍を明かした。 「昨夏、プレシーズンでサウサンプトンと対戦しました。サウサンプトンはボールを扱うフットボールがすごくうまい感じましたし、ロングボールを使わず、ショートパスを軸にスマートなプレーぶりでした」 「サウサンプトンは本当に良いクラブだと感じましたし、サウサンプトンからオファーをもらったとき、1秒でイエスと答えたんです!」 なお、移籍市場に精通するファブリツィオ・ロマーノ記者によると、移籍金額はボーナス込みで700万ユーロ(約12億円)。新シーズンに向けては冨安健洋、三笘薫、遠藤航、鎌田大地に続いて、プレミアリーグでプレーする選手となる。 また、ラッセル・マーティン監督は「ユウキは長く注目した選手で、彼のポジションでは我々にとって一番のターゲットだった」とし、期待した。 「彼は良い年齢で加入したし、すでに高いレベルで多くの試合を経験していて、ヨーロッパでの経験も豊富。素晴らしいメンタリティを持つ才能のある選手だし、チームメイトにもとても好かれる性格だと思う」 「彼からは熱意と、成功への決意が感じられる。プレミアリーグでプレーするだけでなく、サウサンプトンでプレーするというのにもとても興奮している」 <span class="paragraph-title">【動画】菅原由勢のサウサンプトン入団ムービーが公開!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="und" dir="ltr"> x <a href="https://t.co/RLOilImDle">pic.twitter.com/RLOilImDle</a></p>&mdash; Southampton FC (@SouthamptonFC) <a href="https://twitter.com/SouthamptonFC/status/1812411618505933067?ref_src=twsrc%5Etfw">July 14, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2024.07.14 18:35 Sun
3

ローマがセカンドGKを確保…豪代表ライアンがフリーで加入

ローマは17日、AZを退団したオーストラリア代表GKマシュー・ライアン(32)の加入を発表した。契約期間は1年で2年延長オプションが付いている。 母国クラブでプロキャリアをスタートさせたライアンは、ベルギーやスペイン、イングランドを渡り歩き、オーストラリア代表では通算92試合の出場を誇る。 バレンシアやブライトン、アーセナル、レアル・ソシエダといったクラブでプレーしてきたなか、2023年1月からはAZでプレー。1年半に渡って正GKを務めてきたが、契約延長交渉が破談に終わって今夏フリートランスファーとなっていた。 一方、ローマではポルトガル代表GKルイ・パトリシオ退団によって、セルビア代表GKミル・スヴィラールのバックアップを探していた。当初はスタンダール・リエージュのベルギー代表GKアルノー・ボダール獲得が濃厚と見られていたが、交渉が難航していた。 2024.07.18 07:30 Thu
4

日本代表DF菅原由勢が昇格組サウサンプトンと4年契約! 今季5人目のプレミアリーガーに

サウサンプトンは14日、AZの日本代表DF菅原由勢(24)を完全移籍で獲得したことを発表した。 契約期間は2028年6月30日までの4年間となる。移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏によると、移籍金はボーナス込みで700万ユーロ(約12億円)とのことだ。 名古屋グランパスの下部組織出身の菅原は、2019年7月にレンタル移籍でAZに加入。2020年7月に完全移籍に切り替わっていた。 右サイドバックや右ウイングなど、右サイドのスペシャリストとしてプレー。エールディビジでは135試合で12ゴール21アシスト、ヨーロッパリーグ(EL)で10試合1ゴール、ヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)で26試合1ゴール4アシストと、チームの主軸としてプレーしていた。 日本代表にも定着し13試合に出場し1ゴールを記録している菅原。今夏は多くのクラブから関心が寄せられ、インテルなどのビッグクラブの関心もあった中、プレミアリーグに挑戦することになった。 サウサンプトンには、過去DF吉田麻也(ロサンゼルス・ギャラクシー)、FW李忠成、MF南野拓実(モナコ)がプレー。日章学園高校のU-19日本代表FW高岡伶颯も高校卒業後の2025年3月に加入することとなっている。 また今シーズンは、DF冨安健洋(アーセナル)、MF三笘薫(ブライトン&ホーヴ・アルビオン)、MF遠藤航(リバプール)と昨シーズンプレミアリーグを戦った3名に加え、MF鎌田大地(クリスタル・パレス)が挑戦。菅原は5人目のプレミアリーガーとなる。 なお、AZは菅原と日本代表でポジションを争っているDF毎熊晟矢をセレッソ大阪から完全移籍で獲得しており、すでに後継者を確保していた。 <span class="paragraph-title">【動画】菅原由勢がサウサンプトン移籍!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="und" dir="ltr"> x <a href="https://t.co/RLOilImDle">pic.twitter.com/RLOilImDle</a></p>&mdash; Southampton FC (@SouthamptonFC) <a href="https://twitter.com/SouthamptonFC/status/1812411618505933067?ref_src=twsrc%5Etfw">July 14, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2024.07.14 18:07 Sun
5

ローマがセカンドGKを確保…豪代表ライアンがフリー加入へ

ローマがオーストラリア代表GKマシュー・ライアン(32)を獲得することが決定的となった。 ポルトガル代表GKルイ・パトリシオ退団によって、セルビア代表GKミル・スヴィラールのバックアップを探していたローマ。当初はスタンダール・リエージュのベルギー代表GKアルノー・ボダール獲得が濃厚と見られていたが、交渉が難航していた。 そんななか、移籍市場に精通するジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏によると、昨シーズン限りでAZを退団したオーストラリア代表GKがフリートランスファーで加入することが決定的になったという。 ローマとライアンは2025年までの1年契約に2年の延長オプションという条件で合意。同選手はメディカルチェック受診のため、16日に現地入りすることになる。 母国クラブでプロキャリアを始めてから、ベルギーやスペイン、イングランドを渡り歩き、オーストラリア代表でも通算92試合を誇るライアン。 バレンシアやブライトン、アーセナル、レアル・ソシエダといったクラブでプレーしてきたなか、2023年1月からはAZでプレー。1年半に渡って正GKを務めてきたが、契約延長交渉が破談に終わって今夏フリートランスファーとなっていた。 2024.07.15 13:32 Mon

NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly