メッシ&スアレスの不在下で4連勝! インテル・マイアミがMLS東地区で暫定首位キープ

2024.07.04 17:25 Thu
マイアミが誇る至宝、19歳ベンジャミン・クレマスキ
Getty Images
マイアミが誇る至宝、19歳ベンジャミン・クレマスキ
インテル・マイアミが暫定首位をキープするリーグ戦4連勝だ。

インテル・マイアミは3日、メジャーリーグ・サッカー(MLS)のイースタン・カンファレンス(東地区)第23節でシャーロットFCと対戦。
1-1で迎えた86分、地元マイアミ出身のアルゼンチン系アメリカ人、19歳ベンジャミン・クレマスキが決勝点を決め、2-1で競り勝った。

インテル・マイアミはこれでリーグ戦4連勝。

コパ・アメリカ2024開催中もMLSが続いているため、アルゼンチン代表のリオネル・メッシ、ウルグアイ代表のルイス・スアレスを欠くが、「2枚看板が不在下での4連勝」であり、東地区の暫定首位キープだ。
ヘラルド・マルティーノ監督は前節終了後、「メッシとスアレスが不在で厳しい。影響は間違いなくある」と語っていたが、少年時代からメッシに憧れを抱くクレマスキら若手が奮闘し、ここ最近センターバックを担うセルヒオ・ブスケッツ、またジョルディ・アルバが今なお精力的に頑張るインテル・マイアミだ。

◆MLS東地区上位陣
1位 インテル・マイアミ | 勝ち点47
2位 FCシンシナティ(久保裕也) | 勝ち点45
3位 コロンバス・クルー | 勝ち点36
4位 ニューヨーク・レッドブルズ | 勝ち点35
5位 ニューヨーク・シティFC | 勝ち点35

記事をさがす

ベンジャミン・クレマスキの人気記事ランキング

1

メッシ&スアレスの不在下で4連勝! インテル・マイアミがMLS東地区で暫定首位キープ

インテル・マイアミが暫定首位をキープするリーグ戦4連勝だ。 インテル・マイアミは3日、メジャーリーグ・サッカー(MLS)のイースタン・カンファレンス(東地区)第23節でシャーロットFCと対戦。 1-1で迎えた86分、地元マイアミ出身のアルゼンチン系アメリカ人、19歳ベンジャミン・クレマスキが決勝点を決め、2-1で競り勝った。 インテル・マイアミはこれでリーグ戦4連勝。 コパ・アメリカ2024開催中もMLSが続いているため、アルゼンチン代表のリオネル・メッシ、ウルグアイ代表のルイス・スアレスを欠くが、「2枚看板が不在下での4連勝」であり、東地区の暫定首位キープだ。 ヘラルド・マルティーノ監督は前節終了後、「メッシとスアレスが不在で厳しい。影響は間違いなくある」と語っていたが、少年時代からメッシに憧れを抱くクレマスキら若手が奮闘し、ここ最近センターバックを担うセルヒオ・ブスケッツ、またジョルディ・アルバが今なお精力的に頑張るインテル・マイアミだ。 ◆MLS東地区上位陣 1位 インテル・マイアミ | 勝ち点47 2位 FCシンシナティ(久保裕也) | 勝ち点45 3位 コロンバス・クルー | 勝ち点36 4位 ニューヨーク・レッドブルズ | 勝ち点35 5位 ニューヨーク・シティFC | 勝ち点35 2024.07.04 17:25 Thu

インテル・マイアミの人気記事ランキング

1

ユーべで構想外となったマッケニー…MLSのインテル・マイアミが獲得に関心か

ユベントスのアメリカ代表MFウェストン・マッケニー(25)は、MLS(メジャーリーグ・サッカー)行きの可能性があるようだ。 マッケニーは2021年夏にシャルケからユベントスへ加入すると、初年度はケガがありながらも主力の一人としてプレー。しかし、翌シーズンはクラブが財政難に陥ったこともあり、人件費削減のため冬の移籍市場でリーズ・ユナイテッドにレンタル移籍となった。 昨夏にリーズから復帰すると、一時は構想外の扱いもチーム事情から再び出場機会を掴むと、公式戦39試合に出場。しかし、新シーズンからチアゴ・モッタ監督の体制がスタートするユベントスは再びマッケニーの売却を希望しており、アストン・ビラ行きこそ破談となるも再びクラブからは構想外を突き付けられている。 イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』によると、そんなマッケニーにはMLS行きの可能性があるとのこと。リオネル・メッシやセルヒオ・ブスケッツの所属するインテル・マイアミが関心を示しているようだ。 ただし、加入のためにはマッケニーが減俸に応じる必要がある模様。選手に対してはトルコ方面などからも関心があり、今夏の移籍市場でどのような決断を下すかが注目される。 2024.07.13 16:50 Sat
2

コパ決勝で負傷交代のメッシ…インテル・マイアミが右足首のじん帯損傷を発表

インテル・マイアミは16日、コパ・アメリカ2024で負傷したアルゼンチン代表FWリオネル・メッシの状態について報告した。 メッシは先月開幕したコパ・アメリカ2024に、アルゼンチン代表のメンバーとして参戦。チームは見事に2大会連続の優勝を果たしたが、メッシは後半に右足首を痛めて涙の途中交代となっていた。 インテル・マイアミは医療検査の結果、メッシは右足首のじん帯を損傷していると発表。今後の試合出場は定期的な検査と回復の進行状況によって判断するとし、復帰時期については明言していない。 また、『ESPN』によるとインテル・マイアミのタタ・マルティーノ監督は試合会見の場でメッシの状態について改めて説明。今後も検査を予定しており、クラブは慎重に状態を見極めるつもりだとしている。 「彼は足首をねん挫しており、今も症状がある。検査が必要であり、その結果を待つことになるだろう。重症度については、検査によって判断していく」 「我々はアルゼンチン代表のキネシオロジストであるワルテル・インサウラルデを通じ、常に情報を得ている。彼は結果が出る前に、最終的な診断を下すことには非常に慎重な人物だ」 状態が懸念されるメッシについて、『ESPN』では少なくとも今週2試合を欠場するだろうと予測。今後の検査によって、より詳細が明らかになることが期待される。 2024.07.17 10:10 Wed
3

「2014年7月11日」ルイス・スアレスのバルセロナ移籍から10年…スペイン紙が時代を彩った名手の功績を振り返る

2024年7月11日、ウルグアイ代表FWルイス・スアレス(現インテル・マイアミ)がバルセロナに移籍した日から「10年」となった。スペイン『Relevo』が名手の功績を振り返る。 今なお現役バリバリの37歳、スアレス。 MLSインテル・マイアミで唯一無二の親友、リオネル・メッシとコンビを組み、米国上陸後の公式戦20試合で14得点7アシストを記録する。 メッシとの関係性が始まったのはバルセロナ時代。2013-14シーズンのリバプールでプレミアリーグ31得点を叩き出したスアレスは、かの有名な「噛みつき事件」を挟んでバルセロナへ。移籍の成立は2014年7月11日だ。 「噛みつき事件」の処分により、14-15シーズン開幕当初は出場できず、デビュー後もしばらくはあまりネットを揺らせず。それでも徐々に周囲と“噛み合い”、終わってみれば公式戦45試合で25得点23アシストという、とてつもない数字を叩き出している。 詰まるところ、バルセロナはこのシーズンが現在までに最後のチャンピオンズリーグ(CL)優勝。決勝のユベントス戦では、スアレス自ら決勝点をマークしている。 スアレスは19-20シーズンまでバルセロナに所属し、公式戦通算283試合195得点113アシスト。メッシと阿吽の呼吸でゴールを奪い、メッシへのアシストも数え切れず。6年間で「13」ものトロフィーを天に掲げ、個人レベルでは15-16シーズンにヨーロッパ・ゴールデンシュー(欧州得点王)も受賞した。 早いもので、そんなスアレスがバルセロナを去ってからも今月で4年が経過。一時はケガで引退も囁かれたが、今なおメッシと共にゴールを量産する姿がある。 2024.07.11 21:50 Thu
4

インテル・マイアミに経営参画する企業がメッシの古巣を買収へ? 現職のアルゼンチン大統領も水面下で関与して進行中か

インテル・マイアミに経営参画するフロリダ州の建設会社「マステック」が、リオネル・メッシのためにニューウェルズ・オールドボーイズを買収か。スペイン『Relevo』が報じた。 説明不要の男、リオネル・メッシ。長らく世界最高のフットボーラーとして名を馳せてきたメッシも37歳となっており、選手キャリアは長くて、あと4〜5年か。 そんなメッシを抱えるMLSインテル・マイアミは、スーパースターの「キャリア最後の夢」を円滑に叶えてあげるべく、関係各所と協力し、あるプランを現実に進行中だという。 それは、メッシが少年時代を過ごした古巣、アルゼンチン1部・ニューウェルズを買収するというもの。 メッシはバルセロナ加入前の8歳から13歳までニューウェルズ所属。故郷ロサリオで絶大な人気を誇る名門クラブであり、故ディエゴ・マラドーナさん、ガブリエル・エインセ氏、マキシ・ロドリゲス氏などが所属した。 詰まるところ、13歳で国を離れたメッシは、このニューウェルズで選手キャリアを締めくくるつもりと言われている。 表題の「マステックによるニューウェルズ買収計画」は、スポーツ振興に熱心なアルゼンチンのハビエル・ミレイ大統領も水面下で関与。 アルゼンチン政府はミレイ大統領主導で、プロスポーツクラブへの民間資本の参入要件が大幅緩和される法令を遅かれ早かれ発令する予定。 ミレイ大統領とマステックを“繋げた”という関係筋は『Relevo』に、「インテル・マイアミもマステックのニューウェルズ買収案を承知済みである」と激白した。 ミレイ大統領としては、アルゼンチン東部・ロサリオ近郊における資源エネルギー開拓に向け、同地域一帯での支持を固める狙いもある模様。また、通信インフラ事業も手掛けるマステックそのものを誘致したい考えのようだ。 このように、本件は政局も絡んだ“リアルな”トピックスだが、世界的スターのメッシが中心にいるだけに致し方ないところか。いずれにせよ、本件は決して机上の空論などではなく、現在進行形で進んでいるとのことだ。 2024.07.17 19:05 Wed
5

インテル・マイアミのD・ゴメスがブライトン移籍か? U-23パラグアイ代表でパリ五輪参戦

インテル・マイアミのパラグアイ代表MFディエゴ・ゴメス(21)がブライトン移籍に向けて交渉を行っているようだ。『ESPN』が伝えている。 母国の名門クラブ・リベルタでプロキャリアをスタートしたディエゴ・ゴメスは、2023年1月にインテル・マイアミへ完全移籍。185cmのセントラルMFは、ここまで公式戦28試合5ゴール4アシストの数字を残している。 キック精度やプレス回避、パスセンスのレベルも高いが、クラブではセルヒオ・ブスケッツやリオネル・メッシ、ルイス・スアレスとテクニック、戦術眼は超一流も運動量の部分に陰りがあるスーパースターのために攻守両面で献身的にプレー。ときにウイングでも起用されるなど推進力にも優れる万能型だ。 すでにパラグアイのA代表でもプレーし、パリ・オリンピックではU-23チームの一員として参戦する21歳は、現地時間17日に行われたトロントFC戦後に「代理人がここのクラブ(マイアミ)とブライトンと交渉中だ」、「ヨーロッパに飛び込みたいと思ってここに来たし、それが実現することを願っているよ」と語り、シーガルズ行きを熱望した。 2024.07.19 14:30 Fri

NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly