バイエルンが意中パリーニャ獲得へ大きく接近…フルアムとの交渉でようやく突破口見いだす

2024.07.03 22:50 Wed
パリーニャ去就に大きな進展
Getty Images
パリーニャ去就に大きな進展
バイエルンが、フルアムのポルトガル代表MFジョアン・パリーニャ(28)の獲得に大きく近づいているようだ。ドイツ『スカイ』が報じた。

トーマス・トゥヘル前体制からホールディングMFの獲得を目指し、イングランド代表MFデクラン・ライスを逃した後はパリーニャを有力なターゲットとしてリストアップしてきたバイエルン。
実際、昨夏の移籍市場最終盤には獲得に接近し、パリーニャ自身がメディカルチェック受診のためミュンヘン入りしたが、クラブ間の交渉がまとまらずに最終的に破談した。

その後、一時獲得からの撤退も報じられたが、ヴァンサン・コンパニ新体制においても獲得リスト上位にいたポルトガル代表MFに関しては2028年までの4年契約で個人間合意に至り、以降はフルアムとの粘り強い交渉が行われていた。

そして、ドイツ国内の移籍市場に精通するジャーナリストのフロリアン・プレッテンベルク氏によると、両者は移籍金4600万ユーロ(約80億2000万円)+アドオンという条件で合意に迫っており、このままクラブ間の交渉が完了する見込みだという。
ただ、パリーニャはポルトガル代表としてユーロ2024の決勝トーナメントを戦っており、クラブ間で合意した場合でも、メディカルチェックはポルトガルの敗退後か、同大会終了後になるという。

いずれにしても昨夏から相思相愛の状況が続いたレコルトマイスターと、屈強なホールディングMFの共闘は新シーズンに実現する可能性は非常に高い。

ジョアン・パリーニャの関連記事

マンチェスター・シティのイングランド代表MFカルヴァン・フィリップス(28)には、プレミアリーグのクラブから関心があるようだ。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。 2022年夏に、リーズ・ユナイテッドから4500万ポンド(約90億2000万円)の移籍金でシティに加入したフィリップス。しかし、ジョゼップ・グアルディオラ監督のチームではフィットに苦しんだこともあり、今年1月にウェストハムへレンタル移籍となった。 しかし、復活を期して加入したウェストハムでも8試合の出場に終わるなど、大きなインパクトは残せず。当然、ウェストハムに買い取る意思はなく、今夏シティへ復帰となっている。 苦しい時期を過ごすフィリップスに対しては、かねてよりエバートンが関心。ベルギー代表MFアマドゥ・オナナをアストン・ビラに引き抜かれ中盤の補強が急務となっているが、財政難もありレンタルでのオファーが精一杯になるようだ。 その他、ポルトガル代表MFジョアン・パリーニャがバイエルンへ移籍したフルアムも関心を示している模様。こちらはまだ具体的なオファーを準備してはいないものの、フィリップスの状況を注視しているとのことだ。 中々リーズ時代の輝きを取り戻せず、ユーロ2024への参加も逃してしまったフィリップス。今夏の移籍市場では今度こそ輝ける新天地を見つけられるかが注目される。 2024.07.24 11:55 Wed
バイエルンのウリ・ヘーネス名誉会長が今後の補強戦略について語った。ドイツ『キッカー』が伝えている。 昨シーズンはレバークーゼンにブンデスリーガ初優勝を許し、12連覇を逃して屈辱のシーズン無冠に終わったレコルトマイスター。紆余曲折の末にヴァンサン・コンパニ新監督を迎え、捲土重来を期す新シーズンに向けてはU-23フランス代表MFマイケル・オリーズ、日本代表DF伊藤洋輝、ポルトガル代表MFジョアン・パリーニャをすでに獲得。 さらに、RBライプツィヒのオランダ代表MFシャビ・シモンズ、スタッド・レンヌのU-23フランス代表MFデジレ・ドゥエといった2列目の攻撃的な選手への動きも報じられている。 そういったなか、21日にメディアの取材を受けたヘーネス名誉会長が、今後の補強の動きについて言及。さらなる新戦力の獲得に向けては余剰人員の整理が先に必要であると語っている。 「2、3人のプレーヤーが先に去らない限り、これ以上新たにプレーヤーは来ないだろう。マックス・エバールとクリストフ・フロイントは、何人かの有名なプレーヤーが去らない限り、誰も連れてこれないことをよく理解している」 「理論上、誰も去らなければ、あと3人のプレーヤーがいる。他のプレーヤーは来ない。バイエルンの資金は無尽蔵というわけではないからだ」 なお、名誉会長が「有名なプレーヤー」との表現を使った選手に関しては、ドイツ代表のジョシュア・キミッヒ、レロイ・サネ、レオン・ゴレツカの3選手、オランダ代表DFマタイス・デ・リフト、フランス代表FWキングスレー・コマンといった去就が不透明な数選手とみられる。 2024.07.22 14:38 Mon
将来が不透明なバイエルンのドイツ代表MFジョシュア・キミッヒ(29)について、スポーツ部門取締役を務めるマックス・エバール氏が言及した。 2015年夏にRBライプツィヒからバイエルンに加入して以降、中盤や右サイドバックとして活躍を続けてきたキミッヒ。しかし、2025年6月までとなっている契約の更新は進まず、今夏の移籍や来夏の退団の可能性が取り沙汰されている。 キミッヒがユーロ2024を終えて休暇に入っているなか、エバール氏はドイツ『WELT AM SONNTAG』のインタビューに対応。「我々は彼が休暇を終えた後、話し合うことで同意している」と今後の交渉を認めた一方、レギュラーの座は誰も確約されていないと語った。 「ジョシュアは非常に優れた選手だが、プロのフットボールが競争の激しいスポーツであることは一般的な事実だ。我々はどの選手にも『君が一番手だ』とは言えない」 「誰にでも当てはまることを言っているだけだ。我々にはどのポジションにもエキサイティングな選手がいて、多くの選択肢がある」 「ジョシュアがFCバイエルンに大きく貢献していることは間違いない。だが、FCバイエルンの選手は全員がレギュラー争いを受け入れなければならない」 今夏のバイエルンはフルアムからポルトガル代表MFジョアン・パリーニャ(29)を獲得。さらに、右サイドバックもこなすクロアチア代表DFヨシプ・スタニシッチ(24)がブンデスリーガ王者のレバークーゼンからレンタルバックと、キミッヒのライバルは増えている。 2024.07.20 15:46 Sat
フルアムがマンチェスター・ユナイテッドのスコットランド代表MFスコット・マクトミネイ(27)の獲得に挑戦しているようだ。 今夏は中盤の要、ポルトガル代表MFジョアン・パリーニャ(29)をバイエルンへ売却したフルアム。クラブレコードとなる移籍金4600万ユーロ(約78億8000万円)+ボーナスを得ることになったが、この資金の使い方が新シーズンの戦いに向けた肝となる。 イギリス『スカイ・スポーツ』のライアル・トーマス記者によると、フルアムは以前も噂されていたマクトミネイへの関心が再燃。また、トッテナムのデンマーク代表MFピエール=エミール・ホイビュア(28)や、フルミネンセのブラジル代表MFアンドレ(23)も選択肢に入れているという。 なかでもマクトミネイは有力候補のようで、ユナイテッドに推定1700万ポンド(約34億7000万円)のオファーを提示。これは拒否されたが、2度目のオファーも検討中とのことだ。 ユナイテッド下部組織出身のマクトミネイは、レギュラーの地位こそ確立できていないものの、得点力のあるボックス・トゥ・ボックスとしてチームに貢献。2023-24シーズンは公式戦43試合に出場し、10ゴール3アシストを記録していた。 なおユナイテッドとの契約は2025年6月まで。1年の契約延長オプションも付帯する。 2024.07.17 21:53 Wed
バイエルンは11日、フルアムのポルトガル代表MFジョアン・パリーニャ(29)を完全移籍で獲得したことを発表した。 契約期間は2028年6月30日までの4年間となる。 パリーニャは2022年7月にスポルティングCPからフルアムに加入。2022-23シーズンはプレミアリーグで35試合に出場し3ゴールを記録。FAカップでも5試合で1ゴールを記録していた。 2023-24シーズンは、プレミアリーグで33試合に出場し4ゴールを記録。2シーズンで公式戦79試合に出場し8ゴールを記録していた。 ポルトガル代表としてユーロ2024にも参加。チームは敗退した中、移籍が決定。これまでポルトガル代表通算31試合で2ゴールを記録していた。 トーマス・トゥヘル監督が2023-24シーズン限りで退任し、ヴァンサン・コンパニ監督が新たに就任したバイエルン。選手補強に動く中、1年越しにパリーニャの獲得に動き、成就させることとなった。 なお、ドイツ『スカイ・スポーツ』によると、移籍金は4600万ユーロ(約80億6000万円)にボーナスがつくとのこと。フルアムにとってはクラブレコードとなる移籍金だという。 パリーニャはクラブを通じてバイエルン移籍の喜びを露わにしている。 「人生で最も幸せな日の1つだ。今、僕はヨーロッパのトップクラブの1つでプレーする。これは僕にとって夢の実現であり、とても誇りに思っている」 「アリアンツ・アレーナの雰囲気とファンを楽しみにしている。バイエルンで成功を味わい、タイトルを獲得したい。全力を尽くす」 2024.07.11 17:22 Thu

記事をさがす

ジョアン・パリーニャの人気記事ランキング

1

パリーニャ売却のフルアム、ユナイテッドMFマクトミネイ獲得にトライ…約35億円オファーは不発も諦めず

フルアムがマンチェスター・ユナイテッドのスコットランド代表MFスコット・マクトミネイ(27)の獲得に挑戦しているようだ。 今夏は中盤の要、ポルトガル代表MFジョアン・パリーニャ(29)をバイエルンへ売却したフルアム。クラブレコードとなる移籍金4600万ユーロ(約78億8000万円)+ボーナスを得ることになったが、この資金の使い方が新シーズンの戦いに向けた肝となる。 イギリス『スカイ・スポーツ』のライアル・トーマス記者によると、フルアムは以前も噂されていたマクトミネイへの関心が再燃。また、トッテナムのデンマーク代表MFピエール=エミール・ホイビュア(28)や、フルミネンセのブラジル代表MFアンドレ(23)も選択肢に入れているという。 なかでもマクトミネイは有力候補のようで、ユナイテッドに推定1700万ポンド(約34億7000万円)のオファーを提示。これは拒否されたが、2度目のオファーも検討中とのことだ。 ユナイテッド下部組織出身のマクトミネイは、レギュラーの地位こそ確立できていないものの、得点力のあるボックス・トゥ・ボックスとしてチームに貢献。2023-24シーズンは公式戦43試合に出場し、10ゴール3アシストを記録していた。 なおユナイテッドとの契約は2025年6月まで。1年の契約延長オプションも付帯する。 2024.07.17 21:53 Wed
2

去就注目のキミッヒにバイエルン幹部が言及…レギュラー確約は「どの選手にも」なし、休暇後に話し合いへ

将来が不透明なバイエルンのドイツ代表MFジョシュア・キミッヒ(29)について、スポーツ部門取締役を務めるマックス・エバール氏が言及した。 2015年夏にRBライプツィヒからバイエルンに加入して以降、中盤や右サイドバックとして活躍を続けてきたキミッヒ。しかし、2025年6月までとなっている契約の更新は進まず、今夏の移籍や来夏の退団の可能性が取り沙汰されている。 キミッヒがユーロ2024を終えて休暇に入っているなか、エバール氏はドイツ『WELT AM SONNTAG』のインタビューに対応。「我々は彼が休暇を終えた後、話し合うことで同意している」と今後の交渉を認めた一方、レギュラーの座は誰も確約されていないと語った。 「ジョシュアは非常に優れた選手だが、プロのフットボールが競争の激しいスポーツであることは一般的な事実だ。我々はどの選手にも『君が一番手だ』とは言えない」 「誰にでも当てはまることを言っているだけだ。我々にはどのポジションにもエキサイティングな選手がいて、多くの選択肢がある」 「ジョシュアがFCバイエルンに大きく貢献していることは間違いない。だが、FCバイエルンの選手は全員がレギュラー争いを受け入れなければならない」 今夏のバイエルンはフルアムからポルトガル代表MFジョアン・パリーニャ(29)を獲得。さらに、右サイドバックもこなすクロアチア代表DFヨシプ・スタニシッチ(24)がブンデスリーガ王者のレバークーゼンからレンタルバックと、キミッヒのライバルは増えている。 2024.07.20 15:46 Sat
3

「2、3人が先に去らない限り、新たな選手は来ない」、バイエルンのヘーネス名誉会長が今後の補強に言及

バイエルンのウリ・ヘーネス名誉会長が今後の補強戦略について語った。ドイツ『キッカー』が伝えている。 昨シーズンはレバークーゼンにブンデスリーガ初優勝を許し、12連覇を逃して屈辱のシーズン無冠に終わったレコルトマイスター。紆余曲折の末にヴァンサン・コンパニ新監督を迎え、捲土重来を期す新シーズンに向けてはU-23フランス代表MFマイケル・オリーズ、日本代表DF伊藤洋輝、ポルトガル代表MFジョアン・パリーニャをすでに獲得。 さらに、RBライプツィヒのオランダ代表MFシャビ・シモンズ、スタッド・レンヌのU-23フランス代表MFデジレ・ドゥエといった2列目の攻撃的な選手への動きも報じられている。 そういったなか、21日にメディアの取材を受けたヘーネス名誉会長が、今後の補強の動きについて言及。さらなる新戦力の獲得に向けては余剰人員の整理が先に必要であると語っている。 「2、3人のプレーヤーが先に去らない限り、これ以上新たにプレーヤーは来ないだろう。マックス・エバールとクリストフ・フロイントは、何人かの有名なプレーヤーが去らない限り、誰も連れてこれないことをよく理解している」 「理論上、誰も去らなければ、あと3人のプレーヤーがいる。他のプレーヤーは来ない。バイエルンの資金は無尽蔵というわけではないからだ」 なお、名誉会長が「有名なプレーヤー」との表現を使った選手に関しては、ドイツ代表のジョシュア・キミッヒ、レロイ・サネ、レオン・ゴレツカの3選手、オランダ代表DFマタイス・デ・リフト、フランス代表FWキングスレー・コマンといった去就が不透明な数選手とみられる。 2024.07.22 14:38 Mon
4

ラ・レアルに朗報…スビメンディが来季残留の意思表示

メガクラブからの関心を集めるレアル・ソシエダのスペイン代表MFマルティン・スビメンディ(25)だが、来シーズンの残留の意向を示している。 今夏の移籍市場ではアトレティコ・マドリー移籍決定的なDFロビン・ル・ノルマン、複数のビッグクラブから関心を集めるMFミケル・メリーノのラ・ロハ組と共にラ・レアル退団が噂される万能型MF。 フルアムのポルトガル代表MFジョアン・パリーニャの獲得が決定的なバイエルンが撤退し、財政難のバルセロナも6000万ユーロ(約104億6000万円)に設定される契約解除条項の支払いは厳しい状況だが、依然としてアーセナル、パリ・サンジェルマンといったクラブへの移籍の可能性は残されている。 しかし、先日にスペイン『El Diario Vasco』のインタビューに答えた25歳MFは、少なくとも来シーズンはソシエダでプレーするつもりであると残留宣言ともとれる発言をしている。 「来シーズンはどこでプレーするかって? レアル・ソシエダにいるよ。僕はラ・レアルと契約を結んでいるし、ここが一番居心地がいいんだ」 地元紙のインタビューではあったが、コメントをぼかすこともできたなかでのハッキリとした意思表示ということもあり、ラ・レアルのファンにとっては朗報と言えるはずだ。 2024.07.07 23:15 Sun
5

バイエルンがポルトガル代表MFパリーニャを完全移籍で確保! 4年契約締結、移籍金は80.6億円でフルアムのクラブレコードに

バイエルンは11日、フルアムのポルトガル代表MFジョアン・パリーニャ(29)を完全移籍で獲得したことを発表した。 契約期間は2028年6月30日までの4年間となる。 パリーニャは2022年7月にスポルティングCPからフルアムに加入。2022-23シーズンはプレミアリーグで35試合に出場し3ゴールを記録。FAカップでも5試合で1ゴールを記録していた。 2023-24シーズンは、プレミアリーグで33試合に出場し4ゴールを記録。2シーズンで公式戦79試合に出場し8ゴールを記録していた。 ポルトガル代表としてユーロ2024にも参加。チームは敗退した中、移籍が決定。これまでポルトガル代表通算31試合で2ゴールを記録していた。 トーマス・トゥヘル監督が2023-24シーズン限りで退任し、ヴァンサン・コンパニ監督が新たに就任したバイエルン。選手補強に動く中、1年越しにパリーニャの獲得に動き、成就させることとなった。 なお、ドイツ『スカイ・スポーツ』によると、移籍金は4600万ユーロ(約80億6000万円)にボーナスがつくとのこと。フルアムにとってはクラブレコードとなる移籍金だという。 パリーニャはクラブを通じてバイエルン移籍の喜びを露わにしている。 「人生で最も幸せな日の1つだ。今、僕はヨーロッパのトップクラブの1つでプレーする。これは僕にとって夢の実現であり、とても誇りに思っている」 「アリアンツ・アレーナの雰囲気とファンを楽しみにしている。バイエルンで成功を味わい、タイトルを獲得したい。全力を尽くす」 2024.07.11 17:22 Thu

バイエルンの人気記事ランキング

1

「僕は典型的な日本人ではない」バイエルン移籍の伊藤洋輝が入団会見、すでにチームメイトとも交流「美味しい日本食のレストランを勧めてくれた」のは?

シュツットガルトからバイエルンに完全移籍した日本代表DF伊藤洋輝(25)が16日、入団会見に臨んだ。 2021年7月にジュビロ磐田からシュツットガルトへと加入した伊藤は、当初はU-23チームに入る予定も、その能力を買われて予定を前倒しし、ファーストチームでシーズンスタート。そのままレギュラーに定着した。 3シーズンを過ごし、ブンデスリーガ通算85試合に出場し2ゴール4アシスト。しかし、シュツットガルトは残留争いを繰り返していたなか、2023-24シーズンは上位を争い続け、バイエルンよりも上の2位でフィニッシュ。そして、今夏電撃的にバイエルンへと加入した。 ビッグクラブへの移籍を果たした伊藤。スポーツ・ディレクター(SD)のクリストフ・フロイント氏と共に入団会見に臨んだ。 伊藤はバイエルンの第一印象について「チームメイト全員が初日から温かく迎えてくれました。昨日は最初のテストを行いました。上手くやっています」とコメント。また、バイエルンのプレースタイルについては「バイエルンは常にボールを保持しており、プレッシャーの掛かる状況に上手く対処する必要があると思います」と、ポゼッションサッカーに慣れていく必要があるとした。 センターバック、そして左サイドバックでもプレーする伊藤。「僕たちには優秀な選手がたくさんいます。ボールをコントロールしたいです。僕はいくつかのポジションでプレーができるので、ここではうまくお互いが補えると思います」と、複数ポジションでプレーすること、そしてチームメイトと補完し合っていくとした。 すでにヴァンサン・コンパニ監督とも話したという伊藤。「良いプレーができるように、自分が何ができるかということを監督と少し話しました」と明かした。また、チームメイトについては「トーマス・ミュラーとはまだ話はしていないですが、対戦した経験はあります。彼に対しては良い印象があり、初めて会うのが楽しみです。セルジュ・ニャブリは、ミュンヘンで美味しい日本食のレストランを勧めてくれました」と、すでにチームメイトと交流を持っているとした。 ビッグクラブへの移籍となった伊藤は「僕はシュツットガルトで3年間過ごし、今バイエルンに来ました。クラブは僕に大きなチャンスを与えてくれました。今はバイエルンで集中しています」とコメント。感謝を述べつつ、チームのために集中するという。また、「僕は典型的な日本人ではないと思いますが、一生懸命努力し、自分の役割を果たそうとします。それが、典型的な日本人のメンタリティです」と、チームのために貢献していくと誓った。 シュツットガルトや日本代表でも背負う「21」をつける伊藤。ビッグクラブでの初の戦いでどんなパフォーマンスを見せるのか注目だ。 <span class="paragraph-title">【動画】バイエルンで体力テストを行う伊藤洋輝</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet" data-media-max-width="560"><p lang="de" dir="ltr"><a href="https://twitter.com/hashtag/Ito?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Ito</a><a href="https://twitter.com/hashtag/MiaSanMia?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#MiaSanMia</a> <a href="https://t.co/9iaQbQo9nP">pic.twitter.com/9iaQbQo9nP</a></p>&mdash; FC Bayern München (@FCBayern) <a href="https://twitter.com/FCBayern/status/1812903596109013155?ref_src=twsrc%5Etfw">July 15, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2024.07.16 19:05 Tue
2

「初日? パーフェクトだ」 バイエルン合流の伊藤洋輝にクラブが密着! ファンもエール 「頑張れ洋輝!」

日本代表DF伊藤洋輝がバイエルンでのキャリアをスタートさせた。 シュツットガルトでの欧州初挑戦から3年を経て、この夏からバイエルンに移籍した伊藤。ヴァンサン・コンパニ監督のもとでも、左サイドバックだけでなく、センターバックもこなせる万能性を生かしながらのプレー姿が期待されるなか、ついにドイツが誇るビッグクラブで初日を迎えた。 クラブではSNSを介してその模様が公開され、25歳DFはカメラマンからバイエルンで迎えた初日の感想を問われると、「初日? パーフェクトだ!」と充実した様子。動画内では室内で身体を動かし、プレシーズンが本格的に始まる前のテストを受けた模様だ。 ファンからは「頑張れ洋輝!」、「活躍期待してます!」、「ようこそミュンヘンへ」などとのコメントが寄せられる。バイエルンは昨季、12年ぶりの無冠に終わり、挽回を期すシーズンに。ドイツ屈指のビッグクラブで伊藤がどんな立ち位置を確立していくか注目だ。 ちなみに、バイエルンの選手たちは17日にピッチに揃って初のトレーニングを予定。22日からテガーンゼー湖でのトレーニングキャンプに入り、31日から韓国ツアーに向かう。 <span class="paragraph-title">【動画】伊藤洋輝のバイエルン初日にクラブが密着</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="de" dir="ltr"> Hiroki <a href="https://twitter.com/hashtag/Ito?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Ito</a> beim <a href="https://twitter.com/hashtag/FCBayern?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#FCBayern</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/MiaSanMia?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#MiaSanMia</a> <a href="https://t.co/9iaQbQo9nP">pic.twitter.com/9iaQbQo9nP</a></p>&mdash; FC Bayern München (@FCBayern) <a href="https://twitter.com/FCBayern/status/1812903596109013155?ref_src=twsrc%5Etfw">July 15, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2024.07.16 15:55 Tue
3

ユナイテッドのヨロ獲得はバイエルンにも影響? デ・リフトの去就不透明でCB補強を見直しか

マンチェスター・ユナイテッドのU-23フランス代表DFレニー・ヨロ(18)獲得は、バイエルンの補強戦略にも大きな影響を与えそうだ。 今夏の移籍市場でセンターバックの補強を模索しているユナイテッド。当初はバイエルンのオランダ代表DFマタイス・デ・リフト獲得を目指し、選手も移籍を望んだことからバイエルンとの交渉が続けられていた。 しかし、バイエルンが移籍金5000万ユーロ(約85億4000万円)+ボーナスの条件を譲らなかったこともあり、交渉は中々進まず。その間に、ユナイテッドはレアル・マドリー行きが有力とされていたヨロの獲得についてリールと交渉を進展させ、獲得間近の状況となった。 ドイツ『スカイ・スポーツ』によると、ヨロを獲得したユナイテッドがデ・リフトの交渉を継続させるかは不透明な模様。関心を失ったわけではなないが、少なくともバイエルンの要求額を支払う可能性は小さくなったようだ。 これにより、デ・リフト残留の線も出てきたバイエルンは、レバークーゼンのドイツ代表DFヨナタン・ター(28)獲得を迷っているとのこと。こちらも選手はバイエルン加入を望んでいるが、クラブ間交渉が停滞する状態となっている。 2024.07.18 11:10 Thu
4

デ・リフトの移籍交渉進まず…バイエルンとユナイテッドが移籍金巡って綱引き

オランダ代表DFマタイス・デ・リフト(24)を巡り、バイエルンとマンチェスター・ユナイテッドの交渉が行き詰まるようだ。ドイツ『スカイ』が報じた。 新シーズンのバイエルンに残ってもポジションが掴めるかどうか不透明のなか、ユナイテッドの関心が取り沙汰され、今やその移籍に前のめりとされるデ・リフト。あとはクラブ間の交渉次第といわれる。 ユナイテッドはU-23フランス代表DFレニー・ヨロを獲得した後も関心を抱き、バイエルンも適切なオファーがあれば売却のスタンスだが、移籍金額を巡って足踏み状態という。 バイエルンは5000万ユーロ(約85億6000万円)+ボーナスを求めるが、ユナイテッドは言い値に応じるつもりなし。一方のバイエルンも要求を曲げようとはせず、突破口すらも見いだせていないようだ。 今夏のマーケットが開いている限り、ユナイテッドも2人目のセンターバックを探るとあって先が読めない部分があるものの、デ・リフトは休暇明けの8月2日からバイエルンに合流する見込みとみられる。 このユナイテッドとの交渉停滞はバイエルン側もレバークーゼンのドイツ代表DFヨナタン・ター(28)を獲得する動きが遅れている要因とされ、早く決着をつけたいところだが、いかに。 2024.07.20 15:55 Sat
5

4カ月離脱のアラウホ、移籍の可能性消滅…契約延長進まぬバルセロナは手放しに喜べず

バルセロナのウルグアイ代表DFロナルド・アラウホ(25)を取り巻く状況がケガで変化している。スペイン『ムンド・デポルティボ』が報じた。 先日までコパ・アメリカ2024に参加していたアラウホ。7日に行われた準々決勝のブラジル代表戦で右足を負傷すると、ハムストリングの腱の損傷が確認され、手術の運びとなった。 最低4カ月の離脱が見込まれるDFは今夏の移籍の可能性が消滅。1月にバイエルンからオファーが届いていたほか、ここ数カ月はブラジル代表DFチアゴ・シウバが退団したチェルシーからの打診も報じられていた。 バルセロナはアラウホをプロジェクトの中心選手の1人と考えているものの、ビッグオファーを受け入れれば財政難を解決する一手に。結局、消去法で残留へ傾くこととなった。 しかし、契約延長が進んでいないことから、残留を手放しには喜べない状況。バルセロナは2026年6月までの契約を更新すべく、交渉に着手しているが、アラウホ陣営がオファーを保留している。 仮に延長を拒否された場合、2025年夏はバルセロナが移籍市場で不利な立場に。1年後のフリー移籍が視野に入るため、高額での売却が困難となり、移籍金はバイエルンが1月に提示した総額9000万ユーロ(約155億6000万円)を確実に下回る見通しだ。 2024.07.16 15:14 Tue

NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly