アスピリクエタがアトレティコ残留! 1年契約にサイン

2024.06.30 22:44 Sun
アトレティコ残留が決まったアスピリクエタ
Getty Images
アトレティコ残留が決まったアスピリクエタ
アトレティコ・マドリー30日、スペイン代表DFセサル・アスピリクエタ(34)との契約を1年延長したことを発表した。これにより、2024-25シーズンもコルチョネロスに残留することが決まった。

昨夏、1年契約でチェルシーから加入したアスピリクエタ。シーズン半ばに負傷による離脱期間がありながらも、左右のウイングバックに3バックの一角を担い、ディフェンスラインのマルチロールとして公式戦34試合に出場した。
現行契約は今シーズン限りとなっていたが、その多才さと卓越したリーダーシップとプロフェッショナリズムを高く評価されて来シーズンもマドリードに残留することになった。

オサスナのカンテラで育ちで同クラブでプロデビューを飾ったアスピリクエタは、マルセイユを経由して2012年8月にチェルシーへ完全移籍。チェルシーでは、加入初年度からレギュラーに定着すると、本職の右サイドバックに加え、左サイドバックや3バックの右でプレーし、通算508試合に出場。2度のプレミアリーグ優勝やチャンピオンズリーグなど9個のタイトル獲得に貢献した。

セサル・アスピリクエタの関連記事

アトレティコ・マドリーのディエゴ・シメオネ監督が難しい試合になると予想している。スペイン『アス』が伝えた。 チャンピオンズリーグ(CL)準々決勝1stレグのドルトムント戦では終盤に反撃の1点を許したものの、前半の2ゴールで先勝したアトレティコ。週末にはラ・リーガ第31節で実現したジローナとの上位対決も制し、2ndレグに弾みをつけている。 ドルトムントの本拠地に乗り込んで準決勝進出を目指すシメオネ監督はホームチームが勢いを持ってゲームに入ると予想。しかし、自チームも良い状態と見ている。 「我々はホームで待ち受ける非常に強いチームと対戦する。彼らがハイペースでスタートすることは間違いないし、我々はここ最近の試合で見せていたレベルを維持する必要がある。チームは自信と共に良いリアクションを見せているし、良い試合になるだろう」 「ウイングにエキスパートがいる強敵が相手だ。2列目からうまく入ってくる。セットプレーも得意としている。我々がダメージを与えられるところまで試合を進めていきたい」 また、ジローナ戦で復帰し、フル出場した元スペイン代表DFマリオ・エルモソや、ケガ明けからまだ先発1試合のみのスペイン代表DFセサル・アスピリクエタの状態にも言及。ウイングバックを務めるスペイン代表FWロドリゴ・リケルメも含め、うち2選手の起用を考えているようだ。 「マリオは非常に良い形で戻ってきて、90分間プレーし、フィーリングも良かった、私はそれを確信した。彼はとても重要な選手だ」 「セサルは特別な選手で、独自の特長を持っていて、試合を最もよく理解している。最終ラインならどこでもプレーできる」 「我々が必要としている図太さやスピード、さらには若さも備えたリケルメもいる。あらゆることが重要になる。明日には決めることになるが、3人のうち2人がプレーすることになる。チームにとって最善の選択が取れることを願っている」 2024.04.16 17:14 Tue
アトレティコ・マドリーのスペイン代表DFセサル・アスピリクエタが手術を受けた。 34歳DFは18日に行われたコパ・デル・レイのラウンド16、レアル・マドリー戦に延長後半から出場したが、ヒザを痛め、試合終了を待たずしてステファン・サビッチと交代した。 クラブが20日付けで発表したところによると、外側半月板断裂で手術を受け、無事に成功。これから数日間の安静を挟み、リハビリを始めるという。 スペイン『マルカ』によると、8〜12週間の離脱見込みといわれるアスピリクエタは昨夏にチェルシーを離れ、アトレティコにフリー加入。ここまで公式戦22試合に出場している。 2024.01.21 17:55 Sun
チェルシーは4日、モナコからフランス代表DFアクセル・ディザジ(25)の獲得を発表した。6年契約での加入になる。 2020年夏にスタッド・ランスからモナコ入りしたディザジ。昨季は本職のセンターバックだけでなく、右サイドバックもこなして、リーグ・アン全38試合に出場したりと最終的に49試合でプレーした。 得点関与でも6得点4アシストの数字を収め、カタール・ワールドカップ(W杯)のフランス代表では追加招集ながらメンバー入り。そのW杯中に代表デビューを遂げ、今夏のステップアップが取り沙汰された。 当初こそマンチェスター・ユナイテッドとニューカッスル・ユナイテッドの関心話が中心だったが、最近ではチェルシーの動きが噂され、一気に獲得した格好に。移籍金は4500万ユーロ(約70億2000万円)とみられる。 チェルシーではカリドゥ・クリバリやセサル・アスピリクエタが旅立ったなか、ヴェスレイ・フォファナが前十字じん帯の大ケガで手術。その穴埋めも期待できる即戦力の加入となった。 2023.08.04 18:50 Fri
チェルシーがイングランド人DFトレヴォ・チャロバー(24)も移籍を認めうるようだ。 オーナーに代わってから大きな補強が続き、今夏のスカッド整理が顕著なチェルシー。主将のセサル・アスピリクエタに生え抜きスターとしてファンから人気を博したメイソン・マウントらが相次いで別れを告げ、かなりシェイプアップのスカッドだが、チャロバーも売却しうるという。 イギリス『イブニング・スタンダード』によると、チャロバーはレヴィ・コルウィルがレンタルバックとなれば、さらに序列が下に。マウリシオ・ポチェッティーノ新監督も4人のセンターバックでシーズンを戦う意向で、クラブは他から適切なオファーが届けば、耳を傾ける模様だ。 チャロバーを巡っては以前に噂のインテルのみならず、他クラブも興味。選手本人はというと、チェルシーからのイングランド代表デビューを目指して、現環境でのポジション争いに意欲的だが、クラブとも双方にとって魅力的な話があれば移籍できる話をつけているようだ。 なお、チェルシーは2500万ポンド(約45億円)の売値を視野に入れているとのことだ。 2023.07.13 10:50 Thu
チェルシーのアメリカ代表FWクリスチャン・プリシッチ(24)のミラン行きが迫っているという。イギリス『BBC』が伝えた。 2019年1月にドルトムントからチェルシーへと完全移籍したプリシッチ。5760万ポンド(約104億円)の移籍金は、北米出身選手として最高額の移籍金となっていた。 そのままドルトムントへと半年間レンタル移籍すると、2019年6月に正式加入。4シーズンをプレーし、公式戦145試合で26ゴールを記録していた。 しかし、チェルシーにおいて絶対的なポジション確保とはいかず、2022-23シーズンの超大型補強により、自身のポジションも多くの選手が加わり、信頼度が低いことも懸念されることに。そして選手売却が必要なチェルシーにとっては、今夏の売却候補となっていた。 プリシッチは今週中にミラノでメディカルチェックを受ける予定で、移籍金は2000万ポンド(約36億2000万円)。先に移籍が決まった元イングランド代表MFルベン・ロフタス=チークと再びチームメイトになることとなる。 なお、選手放出に動いているチェルシーは、ここまでドイツ代表FWカイ・ハヴァーツ(→アーセナル)、クロアチア代表MFマテオ・コバチッチ(→マンチェスター・シティ)、イングランド代表MFメイソン・マウント(→マンチェスター・ユナイテッド)とライバルに主軸が移籍している。 また、セネガル代表DFカリドゥ・クリバリ(→アル・ヒラル)、セネガル代表GKエドゥアール・メンディ(→アル・アハリ)、フランス代表MFエンゴロ・カンテ(→アル・イテハド)とサウジアラビアに3選手が移籍。また、スペイン代表DFセサル・アスピリクエタ(→アトレティコ・マドリー)、コートジボワール代表FWダビド・ダトロ・フォファナ(→ウニオン・ベルリン/レンタル移籍)もチームを離れている。 2023.07.12 09:43 Wed

セサル・アスピリクエタの人気記事ランキング

1

セルヒオ・ラモスが選外、国籍変更のDFラポルテが初招集! スペイン代表最大勢力はシティでレアルから1人も呼ばれず《ユーロ2020》

スペインサッカー連盟(RFEF)は24日、ユーロ2020に臨むスペイン代表メンバーを発表した。 ルイス・エンリケ監督が発表した今回のメンバーは24名。今大会のユーロは26名までが登録可能となっており、6月1日がリストの登録期限となる。 今回のメンバーからは、キャプテンを務めていたDFセルヒオ・ラモス(レアル・マドリー)やDFセルジ・ロベルト(バルセロナ)が選外に。また、レアル・マドリーの選手が1人もいないこととなった。 一方で、フランス国籍を保有していたものの、スペイン国籍を取得したDFアイメリク・ラポルテ(マンチェスター・シティ)が初招集を受けた。 また、MFセルヒオ・ブスケッツ(バルセロナ)やFWアルバロ・モラタ(ユベントス)らが招集された他、MFペドリ(バルセロナ)やFWダニ・オルモ(RBライプツィヒ)、FWフェラン・トーレス(マンチェスター・シティ)ら若手も選出された。 スペイン代表はユーロ2020でスウェーデン代表、ポーランド代表、スロバキア代表とグループEで同居。6月14日にスウェーデン、19日にポーランド、23日にスロバキアと対戦する。 ◆スペイン代表メンバー24名 GK ウナイ・シモン(アスレティック・ビルバオ) ダビド・デ・ヘア(マンチェスター・ユナイテッド/イングランド) ロベルト・サンチェス(ブライトン&ホーヴ・アルビオン/イングランド) DF ホセ・ガヤ(バレンシア) ジョルディ・アルバ(バルセロナ) パウ・トーレス(ビジャレアル) アイメリク・ラポルテ(マンチェスター・シティ/イングランド) エリック・ガルシア(マンチェスター・シティ/イングランド) ディエゴ・ジョレンテ(リーズ・ユナイテッド/イングランド) セサル・アスピリクエタ(チェルシー/イングランド) マルコス・ジョレンテ(アトレティコ・マドリー) MF セルヒオ・ブスケッツ(バルセロナ) ロドリ(マンチェスター・シティ/イングランド) ペドリ(バルセロナ) チアゴ・アルカンタラ(リバプール/イングランド) コケ(アトレティコ・マドリー) ファビアン・ルイス(ナポリ/イタリア) FW ダニ・オルモ(RBライプツィヒ/ドイツ) ミケル・オヤルサバル(レアル・ソシエダ) アルバロ・モラタ(ユベントス/イタリア) ジェラール・モレノ(ビジャレアル) フェラン・トーレス(マンチェスター・シティ/イングランド) アダマ・トラオレ(ウォルバーハンプトン/イングランド) パブロ・サラビア(パリ・サンジェルマン/フランス) <span class="paragraph-title">【動画】ルイス・エンリケ監督がプレゼン形式で選手を発表!</span> <span data-other-div="movie"></span> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJtWTdEcUdxYSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 2021.05.24 19:41 Mon
2

22歳アンパドゥがチェルシーの最古参選手に…主将アスピリクエタ&ラーマンの退団で

ウェールズ代表DFイーサン・アンパドゥ(22)がチェルシーの最古参選手となった。イギリス『ミラー』が伝えている。 アンパドゥは2017年7月、16歳でチェルシーに加入。チェルシー加入前にエクセター・シティでプロデビューを飾っていたなか、同年9月には早くもチェルシーの一員として公式戦のピッチに立ち、大きく将来が期待された。 しかし、2019-20シーズンからは4年連続でレンタル生活に。RBライプツィヒ、シェフィールド・ユナイテッド、ヴェネツィア、スペツィアと1年ごとにクラブが変わり、今夏ようやくチェルシーへ帰還。契約は2024年6月までとなっており、再びレンタルに出されるかは現時点で不透明だ。 そんななか、チェルシーは2012年から11年間在籍したスペイン代表DFセサル・アスピリクエタ(33)が退団し、10日には2015年の加入からアンパドゥ同様にレンタル移籍が続いたガーナ代表DFババ・ラーマン(29)がPAOKへ完全移籍。これにより、レンタル移籍期間中も含めて6年間チェルシーのファーストチームに籍を置くアンパドゥがクラブの最古参選手になった。 チェルシーでの公式戦出場はアントニオ・コンテ監督、マウリツィオ・サッリ監督が率いた時代の13試合にとどまっているアンパドゥ。2023-24シーズンは最古参選手として意地を見せられるだろうか。 なお、レンタル移籍期間を除いた在籍年数が最も長いのは、2018年から5年間在籍しているスペイン代表GKケパ・アリサバラガとなっている。 2023.07.11 20:40 Tue
3

チェルシーがフランス代表ディザジを獲得! 推定移籍金70億円の6年契約

チェルシーは4日、モナコからフランス代表DFアクセル・ディザジ(25)の獲得を発表した。6年契約での加入になる。 2020年夏にスタッド・ランスからモナコ入りしたディザジ。昨季は本職のセンターバックだけでなく、右サイドバックもこなして、リーグ・アン全38試合に出場したりと最終的に49試合でプレーした。 得点関与でも6得点4アシストの数字を収め、カタール・ワールドカップ(W杯)のフランス代表では追加招集ながらメンバー入り。そのW杯中に代表デビューを遂げ、今夏のステップアップが取り沙汰された。 当初こそマンチェスター・ユナイテッドとニューカッスル・ユナイテッドの関心話が中心だったが、最近ではチェルシーの動きが噂され、一気に獲得した格好に。移籍金は4500万ユーロ(約70億2000万円)とみられる。 チェルシーではカリドゥ・クリバリやセサル・アスピリクエタが旅立ったなか、ヴェスレイ・フォファナが前十字じん帯の大ケガで手術。その穴埋めも期待できる即戦力の加入となった。 2023.08.04 18:50 Fri

アトレティコ・マドリーの人気記事ランキング

1

「僕は必要ないんだろう」アトレティコ愛失ったモラタがミラン移籍へ…繰り返された容赦ない発言「誰もが僕を追い出そうと」

スペイン代表FWアルバロ・モラタ(31)はアトレティコ・マドリーへの愛着を失った上でのミラン移籍に。スペイン『Relevo』が伝える。 長らく報じられてきた今夏のミラン移籍が、ユーロ2024終了により、いよいよ決着する模様のモラタ。欧州王者のキャプテンは、ユベントス時代以来となるセリエA復帰が目前だ。 そんなモラタはここ数カ月、世代交代を図る現所属アトレティコに対する容赦ない発言が目立っており、ユーロ2024開幕を控えた先月上旬には突き放すようなコメントも。 「アトレティコの誰とも話していない。だけど、このクラブが8人ものストライカーを獲得したがっていることは僕も把握している。僕は今後のアトレティコに必要ないんだろう?」 「僕はいま31歳。10月で32歳だ。プレーできないようならアトレティコを去る。僕に関する報道は知っているよ。クラブの考えも把握しているし、だからこそ僕もハッキリものを言う」 そこから約1カ月、モラタはXで「ミラン行きはいいことだ」と大人気なく皮肉ってきたアトレティコファンに、こうリポスト。 「(CL準々決勝で)ドルトムントに敗れた直後から、誰もが僕を追い出そうとしていたじゃないか」 一方で、アトレティコのエンリケ・セレソ会長はモラタについて「意向を尊重する」としつつも、「当初は残留すると聞いていたが、のちに心変わりしたようだ。このクラブは去る者を追わない」とコメント。互いに対する愛着が消え失せた両者のコメントだ。 ともあれ、モラタはイタリア人の妻とともにミラノへ。メディカルチェックはもうすぐと伝えられている。 2024.07.16 16:50 Tue
2

夢の補強実現へ…フリアン・アルバレス狙うアトレティコが交渉開始か

アトレティコ・マドリーがマンチェスター・シティのアルゼンチン代表FWフリアン・アルバレス(24)の獲得に動き出したようだ。 オランダ代表FWメンフィス・デパイ(30)が退団し、スペイン代表FWアルバロ・モラタ(31)もミラン移籍へ向かっているアトレティコ。さまざまなセンターフォワードが新戦力候補に挙がるなか、獲得困難と予想されるフリアン・アルバレスが夢の補強と位置づけられていた。 シティに売却の意思はなく、コパ・アメリカ2024終了後には改めてフリアン・アルバレス陣営と話し合いの場を設けるという報道も。しかし、選手自身がより多くのプレー機会を望み、主役級の立ち位置を求めているとされる。 そんななか、アルゼンチン『TyC Sports』によると、アトレティコが夢の補強実現に向けて始動。個人間やクラブ間の交渉を開始したという。 フリアン・アルバレスは2022年夏にリーベル・プレートからシティへ移り、この2年で通算103試合出場、36ゴール18アシストを記録。2022-23シーズンの3冠達成や2023-24シーズンのプレミアリーグ4連覇に尽力したが、メインポジションの1つである最前線には、ノルウェー代表FWアーリング・ハーランドの存在がある。 2024.07.16 16:15 Tue
3

モラタのミラン移籍が間近に! 17日までにメディカルチェックか

ミランがアトレティコ・マドリーのスペイン代表FWアルバロ・モラタ(31)を射止めたようだ。 パウロ・フォンセカ体制となる新シーズンを迎えるにあたり、退団した元フランス代表FWオリヴィエ・ジルーに代わるストライカーを探るミラン。当初は躍進ボローニャの一角を担ったオランダ代表FWジョシュア・ザークツィー(23)を狙ったが、マンチェスター・ユナイテッド移籍が決まり、新たに浮上したターゲットがモラタだった。 さらにドルトムントのドイツ代表FWニクラス・フュルクルクで厚みをもたせようとする動きも取り沙汰されるミランだが、イタリア『スカイ』によると、モラタ獲得が間近に。モラタは17日までにミランのメディカルチェックを受ける見込みという。 ミランはアトレティコに1300万ユーロ(約22億4000万円)の契約解除金を支払っての獲得になり、モラタとは1年延長オプション付きの4年契約になる模様。アトレティコ会長のエンリケ・セレソ氏からも移籍を認める発言が飛び出したといい、移籍秒読みのところまでくるようだ。 先のユーロ2024ではスペインの主将として、大会最多4度目の優勝に貢献したモラタ。ミラン行きとなれば、ユベントスに所属した2021-22シーズン以来のイタリア帰還となる。 2024.07.16 09:25 Tue
4

セビージャ、アトレティコで構想外のサウールをレンタル移籍で獲得!今夏4人目の補強に

セビージャは15日、アトレティコ・マドリーから元スペイン代表MFサウール・ニゲス(29)を1年間のレンタル移籍で獲得した。なお、2024-25シーズン終了後にレンタル期間を1年延長することにも合意している。 アトレティコのカンテラからファーストチームデビューを飾り、ラージョ・バジェカーノ、チェルシーへのレンタル移籍を除き、コルチョネロス一筋のキャリアを歩んできたサウール。 クラブ通算427試合出場を誇る実力者だが、近年は不安定なパフォーマンスによってディエゴ・シメオネ監督の信頼を完全に失っており、そのユーティリティ性によって各ポジションのバックアップを担う“便利屋”の印象は拭えない。 現行契約は2026年まで残っているが、世代交代を見据えるクラブはすでに構想外を言い渡した模様で、今夏のアトレティコ退団が報じられていた。 なお、サウールはベルギー代表MFアルベール・サンビ・ロコンガ(24)、ナイジェリア代表FWチデラ・エジュケ(26)、スペイン人FWペケ・フェルナンデス(21)に次ぐ今夏の補強となる。 2024.07.16 06:30 Tue
5

主将モラタにとってユーロ制覇は「キャリアの中で最高のもの」、ミラン移籍の噂にも触れる「今はお祝いする時」

アトレティコ・マドリーのスペイン代表FWアルバロ・モラタ(31)がユーロ2024を振り返ると同時に、ミラン行きについても言及した。イタリア『スカイ・スポーツ』が伝えた。 スペイン代表の一員としてユーロ2024を戦ったモラタ。14日にはイングランド代表との決勝戦に臨み、2-1の勝利で3大会ぶり史上最多4度目の欧州王者となった。 キャプテンとして今大会を戦い、決勝でも68分までプレーして優勝に貢献したモラタは、試合後にコメント。ユベントス時代の同僚ジョルジョ・キエッリーニ氏から後押しを受けたとも明かした。 「多くのイタリア人も僕らを応援してくれた。キエッリーニは試合前にこのトロフィーを掲げるよう僕に言ってくれた。結果的に僕らが勝った」 「このユーロではレンガ職人の役割を果たさなければならなかった。あまりゴールを決められなかったけど、まるでファンであるかのように働いた。僕はこのカップに値すると思うし、キャリアの中で最高のものだ」 「僕らは若手も含めて堅実なグループだった。時々声を荒げることもあったけど、彼らは素晴らしかった」 その一方、大会の裏ではミランが獲得に近づいているという報道も。あとはモラタの承諾待ちとも言われているなか、詳細についての明言は避けた。 「今はお祝いする時だ。それからバカンスに向かう。セリエA復帰? どうなるか見てみよう」 2024.07.15 14:13 Mon

NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly