「一番しっくりくるゲーム」圧勝で首位返り咲きの町田、FC東京&東京Vとの戦いに「この2チームには絶対に負けないという気概を持つことに意味がある」

2024.05.19 23:05 Sun
東京V相手に快勝を喜ぶ黒田剛監督
©超ワールドサッカー
東京V相手に快勝を喜ぶ黒田剛監督
FC町田ゼルビア黒田剛監督が、東京ヴェルディとの“東京クラシック”を振り返った。19日、明治安田J1リーグ第15節で町田はホームに東京Vを迎えた。
昨シーズンは共にJ2を戦っていた両クラブ。初のJ1となる町田は首位と勝ち点で並ぶ2位につけており、16年ぶりのJ1となった東京Vは、現在11戦無敗中という状況だった。

共に悪くないシーズンスタートとなった中で迎えたこの戦いは意外な展開となる。

序盤から町田が押し込むと、11分に鋭い崩しから最後はオウンゴールで町田が先制。さらに29分にはロングボールを警戒した中で短いスローインから鈴木準弥が右サイドからクロス。これに藤尾翔太がダイビングヘッドで合わせて追加点を奪う。
前半を2点リードで終えた町田はVARチェックの結果60分にPKを獲得。これを藤尾がしっかりと決めて3点目。80分にはロングスローのクリアボールを柴戸海がダイレクトボレーで叩き込み4点目。後半アディショナルタイムには下田北斗の弾丸ミドルはGkマテウスがセーブも、エリキがヘディングで詰めてダメ押し。5-0で東京Vを一蹴した。

試合後、記者会見に臨んだ黒田監督はゴール数ほどに差はなかったと言及。ただ、自分たちがやるべきことをやり抜いた結果が勝利につながったとし、今季1番の出来だったと振り返った。

「東京ダービー、共にJ1に上がった参戦組として、お互いにプライドを持って、魂と魂がぶつかり合うということが大枠の勝負所でした」

「選手たちの気迫というものが前半からしっかりでていたなと。球際、インターセプトなども含め、かなりボールを中盤で奪い、攻撃に転じることができました。意図する我々のサッカーをしっかりと遂行してくれたなと思います」

「実際には点差ほどの差はないと思います。凄く我々にうまく試合が回ってくれ、PKを含めて、選手たちも切り替え早く、冷静にしっかりと局面局面で対応してくれたと思います」

「運良く入ったシュートもあれば、しっかりと崩し切って入ったシュートもあります。これこそが町田のゲームスタイルで、チームがやるべきことが浸透してきた瞬間だと思います」

「我々は日常を変えることが春先からの我々のテーマでしたが、日常の強度、我々の24時間365日というものをしっかりとマネジメントしていくこと、自らコントロールしていくこと、しっかり自分たちのサッカーと向き合いながら生活することをやっていくと、1カ月、3カ月というところで必ず上昇気流に乗る瞬間があるということで選手たちにも言っていました」

「まさにそんな感じで、ブレなく、無駄なく我々のサッカーを志向できたことは、そういった気流に乗りつつあるのかなという印象です」

「この15節の中でも一番しっくりくるゲームだったと思いますし、見ている方にも大きな感動を与えられたゲームだったと思います。鹿島戦のルヴァンを挟んで浦和となりますが、切れることなく、しっかりと日常を高めながら、日々精進しながら次のゲームに臨みたいと思います」

指揮官も手応えをしっかりと感じた勝利。この試合ではロングスローを警戒する相手を出し抜くゴール、そしてロングスローを生かしたゴールと翻弄した。

「ロングスロー対策を相手が講じてきている中で、何処に隙が生まれるのかということはしっかり我々も研究して、対策を講じていきました」

「ターゲットに対してどういうマーキングをするのか、それともゾーンなのか。またはショートに対するマーキングあるのかないのか、あることで何処が空くのかどうかを分析しながら、やっています」

「ロング、ロングということを意識すればするほど、ショートやクイックでやることにも引っかかる要素が出てきますので、そこも含めてサッカーの色々な駆け引きの1つでもあると思います」

「鈴木準弥から入ったボールも素晴らしかったですし、色々なバリエーションを駆使しながらやっていくことが効果的なことだと思います」

2点目はロングスローを警戒する東京Vに対し、近くへとボールを渡し、リターンを受けた鈴木がフリーでクロスを入れて藤尾が見事に合わせた。

「(藤尾が)入るポイントは全て決めていますので、彼がチームに決めたところにしっかり入ったというところです。ただ、彼は後ろから前から頭1つ出すことが得意です。第2節のグランパス戦でのゴールもそうでしたが、彼の持ち味ということは泥臭さ、貪欲さがこういったゲームでも生きたと思います」

チームの良さが出ての大勝。東京3クラブの戦いでは、町田が連勝で一歩抜き出ている。黒田監督は、J1を戦い続けたFC東京、創成期から日本サッカーを支えたきた東京Vを上回ることに価値があるとした。

「意識するなといっても意識してしまう関係性です。J1で長く君臨してきたFC東京というのは、人気もあり実力もあるチームです」

「東京ヴェルディというのは老舗であり、古くから色々なファン層を掴んで、この地域に根付いてきたチームです」

「ただ、町田は少年サッカーでは昔からあるチームで、Jリーグにはなかったけれでも歴史がしっかりあるチーム。そういった関係性はあると思います」

「ただ、町田市民、ファン・サポーターの想いが、しっかりとJ1まで運ばせてくれました。今上位でいること、首位であることよりも、東京3チームの中でトップを取ること、この2チームには絶対に負けないという気概を持つことの方が、我々にとっては意味のあることだと思っています」

「そういう働きかけを選手たちにしながら試合に入ったことを選手たちも感じて、しっかりと自分たちで気持ちを全面に出して戦ってくれたと思います」

昨シーズンはJ2で圧倒的な強さを見せて昇格し、今シーズンは初のJ1で多くの意見を受けながらも結果を残し続けて首位に返り咲いた町田。より警戒されることは高まるだろうが、どんな戦いの残りのシーズンでも見せるのか注目だ。

1 2

黒田剛の関連記事

清水エスパルスは19日、FC町田ゼルビアからMF宇野禅斗(20)の育成型期限付き移籍加入を発表した。移籍期間は2025年1月31日までで、町田との公式戦は出場不可。背番号「36」をつける。 宇野は福島ユナイテッドFC U-12、青森山田中学校、青森山田高校を経て、2022年から町田でプロ入り。青森山田高校時代からの恩師である黒田剛監督と昨年から再会し、チームとともにJ1初挑戦の今季だが、公式戦6試合の出場にとどまっていた。 J2首位に立つ清水でさらなる成長を期す宇野は新天地を通じて、決意を語った。 「この度、FC町田ゼルビアから加入することになりました、宇野禅斗です。清水エスパルスという歴史のあるクラブから声をかけて頂きとても嬉しく思います。J1昇格に向けて全力を尽くします。よろしくお願いいたします」 一方の町田では「この度、清水エスパルスに期限付き移籍することになりました」と移籍の報告とともに、移籍先での活躍を誓った。 「高校卒業後プロサッカー選手としてのキャリアをFC町田ゼルビアでスタートし、本当にファン、サポーターの方達に支えられた2年半でした。ありがとうございました」 「日々僕と向き合って指導していただいた監督始め、コーチ、スタッフの方々、全力でケアに携わってくれたトレーナーの方々にも感謝しかありません。毎日一緒にトレーニングをしてきた先輩たちには、プロの厳しさや楽しさ色々なことを学ばせてもらいました」 「町田で過ごした日々は、思い描いていたような時間には出来ませんでしたが、自分にとってかけがえのないものとなりました。清水エスパルスで、人として選手としてまた一歩成長する事で恩返ししたいと思います。ありがとうございました!」 2024.07.19 09:25 Fri
J1リーグの第23節は、神戸が最下位の札幌と1-1で引分け、鹿島も横浜FMに1-4と大敗する一方で、首位の町田は“東京クラシック”で東京Vに1-0ながら勝利を収めた。この結果、勝点49の首位・町田と3位・神戸、4位・鹿島は勝点41で並んでいるため、その差は勝点8に広がった。 神戸と鹿島が町田に追いつくためには町田の3連敗を期待するしかないが、今シーズンは一度も連敗がなく、手堅く勝点を拾っているだけに期待は望み薄というところ。辛うじて連勝で勝点を44に伸ばした2位・G大阪が町田を追いかけているが、すでに今シーズンは直接対決(1-1、1-3)を終えているだけに自力での逆転は不可能だ。 町田とG大阪、神戸に共通しているのは失点の少なさである(町田とG大阪は17、神戸は18)。町田のクリーンシートは23試合を終えて12試合もある。5割の確率で無失点というのは驚異的と言うしかない。労を惜しまぬ献身的で強度の高い守備は誰もが認めるところ。しかし、それ以外にも町田の堅守には別の理由があることが、14日の東京V戦後の黒田剛監督の会見で知ることができた。 試合は東京Vがキャプテンの森田晃樹と見木友哉がベンチスタート。対する町田も柴戸海とエリキ、オ・セフンが控えに回ったが、こちらは潤沢な戦力を誇っているからだろう。城福浩監督にすれば、まずは前半を0-0で折り返し、後半勝負というゲームプランだったのではないだろうか。 ところが前半6分、192センチの長身SB望月ヘンリー海輝に変わって右SBに入った鈴木準弥のアーリークロスが東京VのOGを誘って早々と町田が先制する。「前回の試合から右サイドバックに鈴木を入れて功を奏した。今日もあの1点が大きかった」と黒田監督も認める先制点だった。 ところが後半は選手交代により東京Vが町田に襲いかかった。とりわけ大きかったのが44分の攻撃で、右スルーパスに抜け出た松橋優安のアーリークロスを左サイドでフリーになった山見大登が確実にミート。しかしGK谷晃生がとびっきりの反応で弾いて左CKに逃れた。 GK谷は東京五輪の正GKで、A代表にも選出されたがG大阪では出番に恵まれなかった。しかし町田では正守護神として快進撃を支えている。そんな谷について黒田監督は「サッカー選手としてのセンスは頼もしい。誠実だし模範となる選手。充実しているからこその今日のセーブだと思う」と最大級の賛辞を送った。 さらに「クロスでのキャッチはリーグトップ。彼が思いきって(キャッチに)行けるようDF陣を配置している」とまで言い切った。セットプレーやカウンターなど緻密な戦略を練る黒田監督だが、GKとDF陣の配置まで「気を遣っている」というか「細部に目配り」している、“チーム黒田”の充実度に驚かされた東京V戦でもあった。 ただ、単純な戦力比較で町田が東京Vを圧倒しているのは登録メンバーを見れば一目瞭然。それでも東京Vは粘りに粘った。城福監督のゲームプランは面白かったし、試合後の拳による黒田監督との握手も一切、目を合わせようとしなかった。J1昇格後の連敗にプライドが許さなかったのだろう。2人の“名将”の激突は、J1リーグの名物になるかもしれない。 <hr>【文・六川亨】<br/><div id="cws_ad">1957年9月25日生まれ。当時、月刊だった「サッカーダイジェスト」の編集者としてこの世界に入り、隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長や、「CALCIO2002」、「プレミアシップマガジン」、「サッカーズ」の編集長を歴任。現在はフリーランスとして、Jリーグや日本代表をはじめ、W杯やユーロ、コパ・アメリカな 2024.07.15 20:00 Mon
FC町田ゼルビアの黒田剛監督が、東京ヴェルディ戦の勝利を振り返った。 14日、明治安田J1リーグ第23節で町田はアウェイの味の素スタジアムで東京Vとの“東京クラシック”が行われた。 今シーズンの前回対戦は5-0で町田が圧勝した中、この試合は開始6分にオウンゴールで町田が先制。その後は、東京Vも盛り返し、互角の戦いが繰り広げられたが、GK谷晃生の好セーブなどもあり町田が0-1で逃げ切り勝利を収めた。 首位チームとしての強さを見せつけ、東京Vとの“東京クラシック”でダブルを達成した黒田監督は、試合後の記者会見でしっかりと守り切ることを目指して戦い、結果が出たと振り返った。 「前回の試合から右のサイドバックのヘンリー(望月ヘンリー海輝)のところに鈴木準弥を入れるというところ。彼の配球、クロスというところで前回5-0で勝利した時も、彼からかなり良いクロスが入っていたので、そこに藤尾(翔太)、(ミッチェル・)デュークを飛び込ませるというのもプランの1つでありました」 「それが功を奏して、相手の事故を誘った形になりましたが、あれが我々にとっては大きかった印象です」 「かなり湿度が高く、疲弊する選手たちも出てきたので、後半には3枚替えをしたり、一気に息を吹き返そうとしたりということでメンバーを代えていきました。その中でもかなり疲弊が早かったなと思います」 「後半はヴェルディさんの持ち前のテクニカルなサッカー、パスワークが出てきた中で、我々はしっかりそこでGK、ディフェンス陣が守勢になりながらも1点をしっかりと守り切って、1-0で勝ち切ろう、またはチャンスがあって2点目のダメ押しが取れればゲームを決められるので、勝利の方程式を彼らにハーフタイムで再確認して入りました」 「2点目を取るということよりも、この1点をしっかり守っていくということが次のゲームにつながっていくことを選手全員が捕らえて、志向してくれたと思います」 また、アウェイながらも大勢のファン・サポーターが駆けつけて後押し。選手が抜けることになる中で、さらにチームを強固なものにしたいと語った。 「今日は町田からファン・サポーターの約4000名が駆けつけてくれまして、選手たちの背中を押してくれて、最後まで声を切らさず応援してくれたことに感謝すると共に、次の次節国立で、なかなか勝てていないピッチですが、しっかり結果を残せるようにやっていきたいと思います」 「これからオリンピックに藤尾翔太がいきますし、平河含めて、こういう状況の中で穴もどんどん出てきますが、チームが一体感を持って一丸になれるタイミングだと思うので、ここでもう1つまとめられるようにマネジメントしていきたいと思います」 今シーズンは先制ゴールを奪うと勝率が非常に高い町田。黒田監督は、リスクを冒さず、1点を奪えばそれをしっかりと守ることを考えてプレーさせているとした。 「やってはいけないのは、リスクを負うこと。ロングボールがいっぱい入っている中で、処理ミスは何本かあったので、そこから相手にチャンスの糸口を見つけられて侵入されることもあったので、そこはしっかりとロングボール対応をしっかり促しました」 「あまり相手を引きつけすぎて、1つの事故を誘うよりも、シンプルに背後を突いていこうと。ウイングバックの食いつきが良いので、その背後を狙っていこうということでした」 「勝利の方程式は1-0。十分すぎるぐらいの1点だと、そういったリードをしっかり生かしてゼロで最後に守り切るというのは、今年掲げたコンセプトではあるので、前回同様しっかりと志向してくれたと思います」 1点を守っていくというスタイルでも結果を残して首位を走り続けている町田。黒田監督は、守備にも大きな自信を持っていながら、この試合からも反省をすることはあるとした。 「守備コンセプト、クロスの守備というところで、今年はクロスからの失点は1点もありませんし、我々の強み、町田の守備コンセプトをしっかり遵守することによって、失点は絶対しないということを選手たちも確信を持ってやってくれているので、こういったプランが成り立つと思っています」 「変に前方に人数をかけすぎてカウンターを食らったりというのは、我々にとっての1番のハイリスクです。もちろん、前線からのプレスはしっかりと行きますし、前方で相手の陣地でサッカーをすることもプランの中にはありましたけど、森田(晃樹)選手が入りながらしっかりと中央を攻略してくるサッカーも彼らはやってきたので、中央を使われる局面もあったので、これからの反省材料として、あるべき時間にやるべきことをもう一度徹底すること、再確認することはミーティングでしっかりと落とし込みたいです」 その守備では、GK谷晃生の好守も光った。谷については、「堂々としていること、色々な駆け引きが彼のサッカーセンス、GKとしてのサッカーセンスの中に、我々が落とし込めないことも、彼の感覚の中で持っていることはありがたい、頼もしいGKという印象です」と語り、「これまでなんのストレスもなく彼を起用し続けられる。練習に取り組む姿勢、言葉がけ、彼の立ち振る舞いも本当に誠実です。他のGKの模範ともなる、我々にとっても凄くありがたい存在として頑張ってくれています。今日なんかも彼の精神が充実しているからこそのセーブだと思うので、そこは彼の今までの努力ということが功績に繋がっていると思います」と、GKとしての大きな能力を称えた。 また、「数字でもクロスのキャッチというのはJリーグでもトップだと聞いています」と語り、「彼がクロスに対応しやすいようなディフェンスの配置、彼が2つ、3つという選択肢があるときには迷うことも出ていますが、彼が思い切って生きやすい選択肢を持てるようにディフェンス陣をうまく配置しているということもあるので、GK、ディフェンス陣の配置、連係が功を奏していると思います」と、最終ラインも含めた守備陣が間違った選択をしていないことを語った。 2024.07.14 23:03 Sun
【明治安田J1リーグ第23節】 2024年7月14日(日) 18:00キックオフ 東京ヴェルディ(10位/31pt) vs FC町田ゼルビア(1位/46pt) [味の素スタジアム] <span class="paragraph-subtitle">◆やられたものはやり返す!リベンジへ【東京ヴェルディ】</span> 前節はセレッソ大阪をホームに迎えた戦いは1-1のドロー。追いつかれての引き分けとなった。 好調の相手に良い戦いを見せていたが、山田楓喜が前半で一発退場。後半リードを奪ったが、防戦一方となる中で追いつかれてしまった。ただ、数的不利の中で粘って勝ち点1を獲得したことは評価できるだろう。 そんな中で迎えるは首位の町田。前回対戦時は5-0で惨敗。因縁の“東京クラシック”の第2ラウンドは是非とも勝利したいところ。やられた分はしっかりとやり返しておきたい。 ポイントとなりそうなのは前線の選手。好調を維持する山見大登や、染野唯月らにも注目が集まる。 ★予想スタメン[3-4-2-1] GK:マテウス DF:林尚輝、千田海人、谷口栄斗 MF:稲見哲行、綱島悠斗、齋藤功佑、翁長聖 FW:染野唯月、山田剛綺、山見大登 監督:城福浩 出場停止:山田楓喜 <span class=“paragraph-subtitle">◆2試合連続で圧勝を【FC町田ゼルビア】</span> 首位を走る町田は、前節はホームに名古屋グランパスを迎えて1-0で勝利を収めた。 後半戦も無敗を継続で連勝中。しっかりと勝ち点を重ねていく中で、攻撃を活性化させていたFW平河悠がブリストル・シティへと完全移籍しチームを離れた。間違いなく、戦力として大きな穴になる。若干の入れ替えが生まれることになるが、この勢いを止めずに戦い続けていきたいところだろう。 東京Vとの“東京クラシック”は前述の通り5-0で圧勝。その再現を是が非でもしたいところ。しっかりと相手を上回り、首位に立つ理由を結果で示していきたいところだ。 あとは堅守がどこまで力を発揮できるか。平河はU-23日本代表の活動でいなかったこともあり、その間も戦えていたチームに大きな不安材料はないはず。代わりに出番を得る選手がしっかりと結果を残すはずだ。 ★予想スタメン[4-4-2] GK:谷晃生 DF:望月ヘンリー海輝、ドレシェヴィッチ、昌子源、林幸多郎 MF:荒木駿太、仙頭啓矢、下田北斗、ナ・サンホ FW:藤尾翔太、ミッチェル・デューク 監督:黒田剛 2024.07.14 14:30 Sun
東京ヴェルディのDF谷口栄斗が、自身今季初対戦となるFC町田ゼルビア戦への思いを語った。 現在、10位の東京Vは14日、味の素スタジアムで行われる明治安田J1第23節で首位の町田との東京クラシックに臨む。 黒田剛監督が就任した昨季2度の対戦では0-1で敗れた初戦で後半終盤の途中出場、2-2のドローに終わった第2戦では後半半ばに負傷交代と消化不良に終わった谷口。また、5月中旬にアウェイで行われ、0-5で完敗した前回対戦は負傷の影響でベンチ外となっていた。 そういった事情もあり、今回の一戦により強い思いで臨む生え抜きのディフェンスリーダーは、前回対戦時の[4-4-2]から[3-4-2-1]への変更を含め、戦い方の変化という部分でキーマンの一人となるはずだ。 自身が不在だったその前回対戦について谷口は「全てにおいて相手に圧倒されたという印象。自分たちのストロングである中盤の選手たちをうまく消されたゲームだったと思います。すごく分析されて、相手もいろんな対策をしてきて、それに負けてしまったという印象があるゲーム」と振り返る。 その前回対戦の反省を踏まえて臨む今回の一戦では、韓国代表FWオ・セフン、オーストラリア代表FWミッチェル・デュークという前回対戦で劣勢を強いられた前線のターゲットマンをいかにチームとして封じるかが守備面のカギとなる。 「アジアを代表する選手だと思う」と警戒するそのストライカー陣は単純な競り合いの強さに加え、前回対戦では頻繁にサイドに流れて起点役を担い、そこを潰し切れなかったことで、ズルズルとラインを下げた結果、空いた中盤との間をうまく使われたことが大量失点の要因となっており、谷口自身も重要なポイントだと捉えている。 「アウェイで戦ったときの印象は背後というのを警戒しすぎて、後ろにすごく重くなってしまった印象があって、チームとしてコンパクトさに欠けていたかなと。あとはオ・セフン選手であったり、前に強い選手がいたので、そこに負けてしまっていたのと、もうちょっと競り方だったり、フリーなときにしっかりとクリアボールを繋ぐことができれば、少し自分たちのペースになったのかなというのはありました」 「(サイドに流れる相手FWに対して)しっかりと外で撥ね返せればいいと思いますが、しっかりそのセカンドボールを相手が狙ってくると思いますし、僕らはそれを拾われないようにしっかり準備したり、繋げるときにしっかり繋ぐというのを意識したい」 初対戦となるオ・セフンに対しては「僕はそんなに身長が高くなくて、競り合いも少し工夫しなければ勝てないと思っているので、まずはボールが来る前に身体を当てたり、あえてくっついて飛ばせないやり方が重要。あとは周りを使って、走らせなかったりというのが大事になってくるかなと思います」と、試合のなかでうまく順応して抑え込みたい考えだ。 また、前回対戦を含め前述の3試合すべてで前半の早い時間帯に先制点を喫しており、それがチームにとってより難しい展開を招いた。その点については「相手がどうこうというよりも、前半をゼロで終えることが、今の僕たちにとってすごく大事になってくる戦い方なので、そこは変わらず意識してやりたい」と、普段と変わらずに集中した入りを意識する。 一方、優れた戦術眼と両足から繰り出される高精度のキックによって攻撃の起点となる最後尾の司令塔は、無得点に加えて相手の強烈なプレスに屈してチャンスを作れなかった攻撃の改善についても言及。現在のチームコンセプトである背後を優先事項としつつも、大一番での戦列復帰が期待されるMF森田晃樹ら中盤のタレントを活かしながら、チャンスがあれば下からの繋ぎも意識したいと語っている。 「前回はほぼ4トップのような形でプレッシャーをかけてきていたので、どこかでズレを生むことができると思うので、そこをしっかりと見ることも大事ですけど足元、足元になると、相手の目の前でサッカーをすることになるので、まずは背後を見せて相手陣でサッカーできればいいかなと思います」 「自分と(森田)晃樹は入れ替わりで離脱して、僕はもう復帰しましたけど、やっぱり晃樹がいるといないで、守備の時間も長くなってしまうと思いますし、彼がいるといないのでは違うと思います。そこにうまくボールを集めることができれば、相手の守備も1回足を止めることができると思うので、僕は意識的に彼のところにつけていきたいなと思います。あとは分析されて、晃樹が消されたときの次の選択肢というのも、持ちながらやっていきたいです」 最後に、対町田相手のリベンジマッチという心情の部分について問われた24歳DFは、「町田相手とか意識するところは特にないです。あくまで1試合にすぎないので、僕たちはやることをやってホームですし、しっかり勝てればいいと思います」と、ややそっけなくコメント。ただ、そのコメントの行間や態度には胸の内で熱く燃えたぎる“緑の炎”が垣間見え、緑の背番号3はこの重要なダービーマッチで、タフにしたたかなプレーを見せてくれるはずだ。 2024.07.13 20:00 Sat

記事をさがす

黒田剛の人気記事ランキング

1

東京クラシックで意地を見せた城福監督/六川亨の日本サッカーの歩み

J1リーグの第23節は、神戸が最下位の札幌と1-1で引分け、鹿島も横浜FMに1-4と大敗する一方で、首位の町田は“東京クラシック”で東京Vに1-0ながら勝利を収めた。この結果、勝点49の首位・町田と3位・神戸、4位・鹿島は勝点41で並んでいるため、その差は勝点8に広がった。 神戸と鹿島が町田に追いつくためには町田の3連敗を期待するしかないが、今シーズンは一度も連敗がなく、手堅く勝点を拾っているだけに期待は望み薄というところ。辛うじて連勝で勝点を44に伸ばした2位・G大阪が町田を追いかけているが、すでに今シーズンは直接対決(1-1、1-3)を終えているだけに自力での逆転は不可能だ。 町田とG大阪、神戸に共通しているのは失点の少なさである(町田とG大阪は17、神戸は18)。町田のクリーンシートは23試合を終えて12試合もある。5割の確率で無失点というのは驚異的と言うしかない。労を惜しまぬ献身的で強度の高い守備は誰もが認めるところ。しかし、それ以外にも町田の堅守には別の理由があることが、14日の東京V戦後の黒田剛監督の会見で知ることができた。 試合は東京Vがキャプテンの森田晃樹と見木友哉がベンチスタート。対する町田も柴戸海とエリキ、オ・セフンが控えに回ったが、こちらは潤沢な戦力を誇っているからだろう。城福浩監督にすれば、まずは前半を0-0で折り返し、後半勝負というゲームプランだったのではないだろうか。 ところが前半6分、192センチの長身SB望月ヘンリー海輝に変わって右SBに入った鈴木準弥のアーリークロスが東京VのOGを誘って早々と町田が先制する。「前回の試合から右サイドバックに鈴木を入れて功を奏した。今日もあの1点が大きかった」と黒田監督も認める先制点だった。 ところが後半は選手交代により東京Vが町田に襲いかかった。とりわけ大きかったのが44分の攻撃で、右スルーパスに抜け出た松橋優安のアーリークロスを左サイドでフリーになった山見大登が確実にミート。しかしGK谷晃生がとびっきりの反応で弾いて左CKに逃れた。 GK谷は東京五輪の正GKで、A代表にも選出されたがG大阪では出番に恵まれなかった。しかし町田では正守護神として快進撃を支えている。そんな谷について黒田監督は「サッカー選手としてのセンスは頼もしい。誠実だし模範となる選手。充実しているからこその今日のセーブだと思う」と最大級の賛辞を送った。 さらに「クロスでのキャッチはリーグトップ。彼が思いきって(キャッチに)行けるようDF陣を配置している」とまで言い切った。セットプレーやカウンターなど緻密な戦略を練る黒田監督だが、GKとDF陣の配置まで「気を遣っている」というか「細部に目配り」している、“チーム黒田”の充実度に驚かされた東京V戦でもあった。 ただ、単純な戦力比較で町田が東京Vを圧倒しているのは登録メンバーを見れば一目瞭然。それでも東京Vは粘りに粘った。城福監督のゲームプランは面白かったし、試合後の拳による黒田監督との握手も一切、目を合わせようとしなかった。J1昇格後の連敗にプライドが許さなかったのだろう。2人の“名将”の激突は、J1リーグの名物になるかもしれない。 <hr>【文・六川亨】<br/><div id="cws_ad">1957年9月25日生まれ。当時、月刊だった「サッカーダイジェスト」の編集者としてこの世界に入り、隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長や、「CALCIO2002」、「プレミアシップマガジン」、「サッカーズ」の編集長を歴任。現在はフリーランスとして、Jリーグや日本代表をはじめ、W杯やユーロ、コパ・アメリカな 2024.07.15 20:00 Mon
2

「十分すぎるぐらいの1点」東京クラシックでダブル達成、首位を走り続ける黒田剛監督が語る守備への大きな自信「失点しないと選手たちも確信を持ってやっている」

FC町田ゼルビアの黒田剛監督が、東京ヴェルディ戦の勝利を振り返った。 14日、明治安田J1リーグ第23節で町田はアウェイの味の素スタジアムで東京Vとの“東京クラシック”が行われた。 今シーズンの前回対戦は5-0で町田が圧勝した中、この試合は開始6分にオウンゴールで町田が先制。その後は、東京Vも盛り返し、互角の戦いが繰り広げられたが、GK谷晃生の好セーブなどもあり町田が0-1で逃げ切り勝利を収めた。 首位チームとしての強さを見せつけ、東京Vとの“東京クラシック”でダブルを達成した黒田監督は、試合後の記者会見でしっかりと守り切ることを目指して戦い、結果が出たと振り返った。 「前回の試合から右のサイドバックのヘンリー(望月ヘンリー海輝)のところに鈴木準弥を入れるというところ。彼の配球、クロスというところで前回5-0で勝利した時も、彼からかなり良いクロスが入っていたので、そこに藤尾(翔太)、(ミッチェル・)デュークを飛び込ませるというのもプランの1つでありました」 「それが功を奏して、相手の事故を誘った形になりましたが、あれが我々にとっては大きかった印象です」 「かなり湿度が高く、疲弊する選手たちも出てきたので、後半には3枚替えをしたり、一気に息を吹き返そうとしたりということでメンバーを代えていきました。その中でもかなり疲弊が早かったなと思います」 「後半はヴェルディさんの持ち前のテクニカルなサッカー、パスワークが出てきた中で、我々はしっかりそこでGK、ディフェンス陣が守勢になりながらも1点をしっかりと守り切って、1-0で勝ち切ろう、またはチャンスがあって2点目のダメ押しが取れればゲームを決められるので、勝利の方程式を彼らにハーフタイムで再確認して入りました」 「2点目を取るということよりも、この1点をしっかり守っていくということが次のゲームにつながっていくことを選手全員が捕らえて、志向してくれたと思います」 また、アウェイながらも大勢のファン・サポーターが駆けつけて後押し。選手が抜けることになる中で、さらにチームを強固なものにしたいと語った。 「今日は町田からファン・サポーターの約4000名が駆けつけてくれまして、選手たちの背中を押してくれて、最後まで声を切らさず応援してくれたことに感謝すると共に、次の次節国立で、なかなか勝てていないピッチですが、しっかり結果を残せるようにやっていきたいと思います」 「これからオリンピックに藤尾翔太がいきますし、平河含めて、こういう状況の中で穴もどんどん出てきますが、チームが一体感を持って一丸になれるタイミングだと思うので、ここでもう1つまとめられるようにマネジメントしていきたいと思います」 今シーズンは先制ゴールを奪うと勝率が非常に高い町田。黒田監督は、リスクを冒さず、1点を奪えばそれをしっかりと守ることを考えてプレーさせているとした。 「やってはいけないのは、リスクを負うこと。ロングボールがいっぱい入っている中で、処理ミスは何本かあったので、そこから相手にチャンスの糸口を見つけられて侵入されることもあったので、そこはしっかりとロングボール対応をしっかり促しました」 「あまり相手を引きつけすぎて、1つの事故を誘うよりも、シンプルに背後を突いていこうと。ウイングバックの食いつきが良いので、その背後を狙っていこうということでした」 「勝利の方程式は1-0。十分すぎるぐらいの1点だと、そういったリードをしっかり生かしてゼロで最後に守り切るというのは、今年掲げたコンセプトではあるので、前回同様しっかりと志向してくれたと思います」 1点を守っていくというスタイルでも結果を残して首位を走り続けている町田。黒田監督は、守備にも大きな自信を持っていながら、この試合からも反省をすることはあるとした。 「守備コンセプト、クロスの守備というところで、今年はクロスからの失点は1点もありませんし、我々の強み、町田の守備コンセプトをしっかり遵守することによって、失点は絶対しないということを選手たちも確信を持ってやってくれているので、こういったプランが成り立つと思っています」 「変に前方に人数をかけすぎてカウンターを食らったりというのは、我々にとっての1番のハイリスクです。もちろん、前線からのプレスはしっかりと行きますし、前方で相手の陣地でサッカーをすることもプランの中にはありましたけど、森田(晃樹)選手が入りながらしっかりと中央を攻略してくるサッカーも彼らはやってきたので、中央を使われる局面もあったので、これからの反省材料として、あるべき時間にやるべきことをもう一度徹底すること、再確認することはミーティングでしっかりと落とし込みたいです」 その守備では、GK谷晃生の好守も光った。谷については、「堂々としていること、色々な駆け引きが彼のサッカーセンス、GKとしてのサッカーセンスの中に、我々が落とし込めないことも、彼の感覚の中で持っていることはありがたい、頼もしいGKという印象です」と語り、「これまでなんのストレスもなく彼を起用し続けられる。練習に取り組む姿勢、言葉がけ、彼の立ち振る舞いも本当に誠実です。他のGKの模範ともなる、我々にとっても凄くありがたい存在として頑張ってくれています。今日なんかも彼の精神が充実しているからこそのセーブだと思うので、そこは彼の今までの努力ということが功績に繋がっていると思います」と、GKとしての大きな能力を称えた。 また、「数字でもクロスのキャッチというのはJリーグでもトップだと聞いています」と語り、「彼がクロスに対応しやすいようなディフェンスの配置、彼が2つ、3つという選択肢があるときには迷うことも出ていますが、彼が思い切って生きやすい選択肢を持てるようにディフェンス陣をうまく配置しているということもあるので、GK、ディフェンス陣の配置、連係が功を奏していると思います」と、最終ラインも含めた守備陣が間違った選択をしていないことを語った。 2024.07.14 23:03 Sun
3

東京Vの城福監督、町田とのリベンジマッチへ意気込む…「自分たちらしさを見せながら対等以上に戦えるか」

東京ヴェルディの城福浩監督が、リベンジを期すFC町田ゼルビアとの東京クラシックへの意気込みを語った。 現在、10位の東京Vは前節、セレッソ大阪とのホームゲームを1-1のドローで終えてリーグ2戦無敗。ただ、10日に行われた直近の天皇杯3回戦では湘南ベルマーレに0-1で敗戦し、ルヴァンカップに続くカップ戦敗退に。これにより、残りシーズンはJ1残留を最大の目標に、より上位でのフィニッシュを目指したリーグ一本の戦いに集中していく。 そして、14日に味の素スタジアムで行われる明治安田J1第23節では5月中旬にアウェイで行われ、0-5で完敗した因縁の相手との重要なダービーマッチに臨む。 12日にクラブハウスで行われた会見で城福監督は、リーグ11戦無敗で臨んだなかで大敗を喫した首位チームとの前回対戦について「歴然とした差を見せつけられた試合。自分たちがJ1でどういうふうに生き残っていくかという意味でも、少し目を覚まさせられたというか、目が覚めた部分もあります。何かひとつ変えれば、全て変わるわけではなくて、ひとつひとつの取り組みを、よりレベルを上げていくというところを感じさせてくれた試合でした」と振り返った。 さらに、「試合直後のオフ明けのミーティングだったと思いますけど、我々スタッフも選手も意識としては、あの試合で我々が別に日本一のトレーニングをやっているわけではないんだと。そういうふうに標榜していた自分も恥ずかしくなりましたし、我々の取り組みというのをもう一度見直すという意味でも、あの試合がきっかけでした」と、同じ昇格組相手に16年ぶりのJ1の舞台で徐々につけてきた自信を打ち砕かれたことで、改めて意識を高める契機になったと語る。 その屈辱をきっかけに、以降の約2カ月の期間では[3-4-2-1]への布陣変更、幾つかのポジションでの序列の変化も含め、4勝1分け2敗と内容面には引き続き課題を残しながらも、粘り強く勝ち点を重ねて前回対戦時よりも順位をわずかながら上げてきた。 今回の一戦では因縁の相手へのリベンジはもちろんのこと、前回対戦直後に語った「今シーズンはこの歴然とした差をどう埋めていくか」という答えの一端をチームとして見せる必要がある。 その点について指揮官は「ここまでで首位のチームなので、そこには必ず理由がありますし、Jリーグの中で特別なものを見せている部分もあるので、我々が全く通用しなかった最初の対戦からどこまで自分たちらしさを見せながら、対等にあるいは対等以上に戦えるかというところは、むしろ楽しみでもあります」と首位チームに敬意を示しつつも静かに闘志を燃やす。 「もちろん選手は前回対戦のスコアを含めて忘れているはずがない」と試合前の“リベンジマッチ”という煽り要素を理解しつつも、「ただやれることというのは、自分たちが今やれる成長を確かめること。それを100%やること。それで成長を自分たちで確認できる試合にするということ」。 「自分たちが目指しているものというのはあまり変えたくない。それをやり切るからこそ、むしろ町田のストロングを消せる部分もあると思っているので、町田さんのやり方とかストロングを過剰に意識しないで、我々のやってきたことを突き詰めるようなイメージを持って試合に入らせたい」と、対戦相手を意識しながらも、自分たちにベクトルを向けた戦いを見せたいと試合に向けたアプローチについても言及した。 戦前の取材では各選手が表立った形で対町田という部分を強調することはなかったものの、言葉の端々や態度で胸の内に熱い想いを抱えていることが推察された。 その選手たちのメンタル面の変化について城福監督は「(J1の舞台で)ひと通りやってきて自分たちが目指しているものと、手応えと課題というのを彼らが冷静に受け止められるようになっていることは事実」と認める。 その上で、「この舞台にいることが我々は普通ではない。それを思い出させてくれた前キャプテン(平智広)がいましたし、僕も改めていい意味で慣れてはいけないなと。冷静にハードワークする、冷静に燃えるというと、ちょっと相反するような感じですけど、我々は他のチームよりもこの舞台でやることが当たり前ではないという思いは強くなければおかしい。密かに燃えるものをピッチの上で出してほしい」と、“心は熱く頭は冷静に”にこの大一番を戦うことを求めている。 最後に、前回対戦の惨敗後に少なからずのブーイングはあったものの、チームを鼓舞する声援を送り、悪天候の中で惜敗した直近の湘南戦後にも今回の大一番に向けてチームを懸命に後押ししたファン・サポーターの存在について問われた情熱の指揮官は、チーム同様に危機感を抱きながらある意味で同じ目線で共に戦ってくれている“仲間”に勝利という結果での恩返しを誓う。 「J1での我々のクラブとしての立ち位置なんてものは、おそらく彼らもわかっていると思います。その中で、だからこそ一緒に戦って、J1でヴェルディの存在を見せようじゃないかという思いが伝わってくるので、それは本当に我々もやっていて、すごく力になります」 「まずはアウェイの町田戦で、あれだけの試合を見せつけられたサポーターが、我々の背中を押してくれるというか、彼らと共にこのクラブは這い上がってきたんだなというのを改めて感じましたし、だからこそ彼らと共に喜び合いたい」 直近3勝2分けで5戦無敗という良好なチーム状態に加え、黒田剛監督就任後は1分け2敗と一度も勝利がない町田との大一番は東京Vにとってタフな一戦になることは間違いないが、今季リーグ戦無敗の味スタでリベンジを果たせるか…。 2024.07.13 19:30 Sat
4

「町田相手とか意識するところは特にない」、攻守のカギ握る東京Vの谷口栄斗は密かに闘志燃やす

東京ヴェルディのDF谷口栄斗が、自身今季初対戦となるFC町田ゼルビア戦への思いを語った。 現在、10位の東京Vは14日、味の素スタジアムで行われる明治安田J1第23節で首位の町田との東京クラシックに臨む。 黒田剛監督が就任した昨季2度の対戦では0-1で敗れた初戦で後半終盤の途中出場、2-2のドローに終わった第2戦では後半半ばに負傷交代と消化不良に終わった谷口。また、5月中旬にアウェイで行われ、0-5で完敗した前回対戦は負傷の影響でベンチ外となっていた。 そういった事情もあり、今回の一戦により強い思いで臨む生え抜きのディフェンスリーダーは、前回対戦時の[4-4-2]から[3-4-2-1]への変更を含め、戦い方の変化という部分でキーマンの一人となるはずだ。 自身が不在だったその前回対戦について谷口は「全てにおいて相手に圧倒されたという印象。自分たちのストロングである中盤の選手たちをうまく消されたゲームだったと思います。すごく分析されて、相手もいろんな対策をしてきて、それに負けてしまったという印象があるゲーム」と振り返る。 その前回対戦の反省を踏まえて臨む今回の一戦では、韓国代表FWオ・セフン、オーストラリア代表FWミッチェル・デュークという前回対戦で劣勢を強いられた前線のターゲットマンをいかにチームとして封じるかが守備面のカギとなる。 「アジアを代表する選手だと思う」と警戒するそのストライカー陣は単純な競り合いの強さに加え、前回対戦では頻繁にサイドに流れて起点役を担い、そこを潰し切れなかったことで、ズルズルとラインを下げた結果、空いた中盤との間をうまく使われたことが大量失点の要因となっており、谷口自身も重要なポイントだと捉えている。 「アウェイで戦ったときの印象は背後というのを警戒しすぎて、後ろにすごく重くなってしまった印象があって、チームとしてコンパクトさに欠けていたかなと。あとはオ・セフン選手であったり、前に強い選手がいたので、そこに負けてしまっていたのと、もうちょっと競り方だったり、フリーなときにしっかりとクリアボールを繋ぐことができれば、少し自分たちのペースになったのかなというのはありました」 「(サイドに流れる相手FWに対して)しっかりと外で撥ね返せればいいと思いますが、しっかりそのセカンドボールを相手が狙ってくると思いますし、僕らはそれを拾われないようにしっかり準備したり、繋げるときにしっかり繋ぐというのを意識したい」 初対戦となるオ・セフンに対しては「僕はそんなに身長が高くなくて、競り合いも少し工夫しなければ勝てないと思っているので、まずはボールが来る前に身体を当てたり、あえてくっついて飛ばせないやり方が重要。あとは周りを使って、走らせなかったりというのが大事になってくるかなと思います」と、試合のなかでうまく順応して抑え込みたい考えだ。 また、前回対戦を含め前述の3試合すべてで前半の早い時間帯に先制点を喫しており、それがチームにとってより難しい展開を招いた。その点については「相手がどうこうというよりも、前半をゼロで終えることが、今の僕たちにとってすごく大事になってくる戦い方なので、そこは変わらず意識してやりたい」と、普段と変わらずに集中した入りを意識する。 一方、優れた戦術眼と両足から繰り出される高精度のキックによって攻撃の起点となる最後尾の司令塔は、無得点に加えて相手の強烈なプレスに屈してチャンスを作れなかった攻撃の改善についても言及。現在のチームコンセプトである背後を優先事項としつつも、大一番での戦列復帰が期待されるMF森田晃樹ら中盤のタレントを活かしながら、チャンスがあれば下からの繋ぎも意識したいと語っている。 「前回はほぼ4トップのような形でプレッシャーをかけてきていたので、どこかでズレを生むことができると思うので、そこをしっかりと見ることも大事ですけど足元、足元になると、相手の目の前でサッカーをすることになるので、まずは背後を見せて相手陣でサッカーできればいいかなと思います」 「自分と(森田)晃樹は入れ替わりで離脱して、僕はもう復帰しましたけど、やっぱり晃樹がいるといないで、守備の時間も長くなってしまうと思いますし、彼がいるといないのでは違うと思います。そこにうまくボールを集めることができれば、相手の守備も1回足を止めることができると思うので、僕は意識的に彼のところにつけていきたいなと思います。あとは分析されて、晃樹が消されたときの次の選択肢というのも、持ちながらやっていきたいです」 最後に、対町田相手のリベンジマッチという心情の部分について問われた24歳DFは、「町田相手とか意識するところは特にないです。あくまで1試合にすぎないので、僕たちはやることをやってホームですし、しっかり勝てればいいと思います」と、ややそっけなくコメント。ただ、そのコメントの行間や態度には胸の内で熱く燃えたぎる“緑の炎”が垣間見え、緑の背番号3はこの重要なダービーマッチで、タフにしたたかなプレーを見せてくれるはずだ。 2024.07.13 20:00 Sat
5

J1首位からJ2首位へ! 町田MF宇野禅斗が清水に育成型期限付き移籍、「成長する事で恩返し」

清水エスパルスは19日、FC町田ゼルビアからMF宇野禅斗(20)の育成型期限付き移籍加入を発表した。移籍期間は2025年1月31日までで、町田との公式戦は出場不可。背番号「36」をつける。 宇野は福島ユナイテッドFC U-12、青森山田中学校、青森山田高校を経て、2022年から町田でプロ入り。青森山田高校時代からの恩師である黒田剛監督と昨年から再会し、チームとともにJ1初挑戦の今季だが、公式戦6試合の出場にとどまっていた。 J2首位に立つ清水でさらなる成長を期す宇野は新天地を通じて、決意を語った。 「この度、FC町田ゼルビアから加入することになりました、宇野禅斗です。清水エスパルスという歴史のあるクラブから声をかけて頂きとても嬉しく思います。J1昇格に向けて全力を尽くします。よろしくお願いいたします」 一方の町田では「この度、清水エスパルスに期限付き移籍することになりました」と移籍の報告とともに、移籍先での活躍を誓った。 「高校卒業後プロサッカー選手としてのキャリアをFC町田ゼルビアでスタートし、本当にファン、サポーターの方達に支えられた2年半でした。ありがとうございました」 「日々僕と向き合って指導していただいた監督始め、コーチ、スタッフの方々、全力でケアに携わってくれたトレーナーの方々にも感謝しかありません。毎日一緒にトレーニングをしてきた先輩たちには、プロの厳しさや楽しさ色々なことを学ばせてもらいました」 「町田で過ごした日々は、思い描いていたような時間には出来ませんでしたが、自分にとってかけがえのないものとなりました。清水エスパルスで、人として選手としてまた一歩成長する事で恩返ししたいと思います。ありがとうございました!」 2024.07.19 09:25 Fri

FC町田ゼルビアの人気記事ランキング

1

「自分たちの方が勝ちに飢えている」、東京Vの齋藤功佑はリベンジ期す町田戦のポイントに言及

東京ヴェルディのMF齋藤功佑が、リベンジを図るFC町田ゼルビア戦のポイントについて語った。 現在、10位の東京Vは14日、味の素スタジアムで行われる明治安田J1第23節で首位の町田との東京クラシックに臨む。 5月中旬にアウェイで行われ、0-5で完敗した前回対戦は2点ビハインドの後半頭から投入され、ボールの経由点として奮闘した齋藤だったが、チームと共にピッチ上で屈辱を味わった。 ただ、その敗戦後に[3-4-2-1]への布陣変更に踏み切ったチームでは、MF森田晃樹の戦線離脱の影響などもあり、2ボランチの一角でスタメンに定着し、攻守に安定したパフォーマンスで立て直しに寄与している。 戦術眼と献身性を兼ね備えたダイナモは、その前回対戦からチームとしての変化を見せつつ、リベンジを狙うダービーマッチへ「あの試合をきっかけに自分たちがまた変化できるチャンスというふうに監督は捉えて、チームとしても新しいシステムだったり、新しい戦い方を試行してきました。そういう意味では前回よりも幅は広がっていますし、対町田というだけではないですけど、間違いなく自分たちは前とは違う自分たちになれていると思うので、そういった姿が結果に出ればいいかなと思います」と、意気込みを語った。 開幕から凡事徹底を貫き、大きく戦い方に変化がない町田との再戦に向けては大量失点を喫した前回対戦の反省を踏まえ、やはり「セカンドボール」の攻防が勝敗のカギを握ると考えているという。 「向こうも背後を目がけてロングボールを蹴って、セカンドボールを拾うというサッカーになると思うので、そこを制するか、セカンドボールを拾えるかというところが、試合のキーになる」 「競り合いに1人行った中で、カバーリングにしっかり1枚つけた中で、周りの選手の動きをしっかりと把握できた状態で守れるか。やっぱりオ・セフン選手が、そこから一発で点を取るというよりかは、そのこぼれたところを拾って攻撃してくる形になる」 「ハイボールのところが、町田とかは本当に最終ラインの奥を目がけて蹴ってきていたけど、ウチは最終ラインの手前で落ちてしまうようなボール。クリアとかが多くなっていたからこそ相手に押し込まれたし、そういう展開になったというのが前回の反省であったので、そのハイボールの質とか、セカンドボールの予測で、試合展開が変わってくると思うので、そこが大きなキーになると感じています」 「より守備の強度、インテンシティのところは再確認して、強度を高めてやれていると思うので、入りから集中して戦うことができれば勝てると思っています」 その攻防を制する上では「前線がプレスに行っているのであれば、後ろもストロングラインというか、高いハイラインを形成する。ただ、行けない状況であれば、前線も行かないで、後ろに合わせたコンパクトを作るというのは確認しました」と、前回対戦では後ろに重くなりすぎて押し込まれたことを教訓にすべく、コンパクトな戦い方を重要視。 前半終盤に数的不利を背負い1-1のドローに終わった前節のセレッソ大阪戦は別として、ここ数試合では自分たちでボールを保持できず、押し込まれる展開が続くだけに、町田の強烈なプレッシングに対しても、ロングボール一辺倒の戦いだけでは難しい戦いも想定されるところだ。 しかし、齋藤は「試合展開を見ながら状況に応じて繋げるのであれば、繋いだ方がいいですけど、正直最近の自分たちの戦い方的には繋ぐというよりかは、背後を意識してという戦い方が多い。できれば間が空いているのであれば、しっかり繋ぎたいですけど、チームの戦い方としてはセカンドボールのところがキーポイントになる」と、チームの現状や相手のスタイルを踏まえた上で、ある程度割り切った戦い方も必要であるとも語っている。 前回対戦の結果だけでなくここ1年での幾つかの因縁もあり、エモーショナルな戦いが予想される中で背番号8は「自分たちの方が勝ちに飢えている。もちろん向こうもそうだと思いますけど、前回のリベンジを果たしたいという気持ちが、自分たちにはプラスアルファである」と、より強い気持ちを持ってのリベンジを誓った。 2024.07.13 20:15 Sat
2

町田とともにJ1初挑戦の稲葉修土、J2鹿児島に期限付き移籍 「持っている力を全て注ぎます」

鹿児島ユナイテッドFCは16日、FC町田ゼルビアからMF稲葉修土(31)の期限付き移籍加入を発表した。加入期間は2025年1月31日までで、町田との公式戦は出場不可。背番号「19」をつける。 立正大学淞南高校から福岡大学に進み、アルビレックス新潟シンガポールでプレーした稲葉。2018年のカターレ富山入りでJリーグ挑戦を果たすと、ブラウブリッツ秋田でのプレーを挟み、2023年から町田に活躍の場を移した。 その1年目からJ2リーグ23試合に出場し、チームも優勝によるJ1リーグ初昇格が決定。町田とともに個人としてもJ1リーグ初挑戦の今季だが、ここまで首位を走るチーム状況のなかで、天皇杯1試合の出場にとどまっていた。 J2リーグの鹿児島行き決定を受け、その新天地を通じて「鹿児島ユナイテッドFCに関わる全ての皆様。この度、FC町田ゼルビアより加入することになりました」とし、決意を語った。 「このタイミングでお声がけいただいた事に、心から感謝しています。鹿児島ユナイテッドFC、鹿児島の力になれるように持っている力を全て注ぎます。応援よろしくお願いします」 一方の町田では「FC町田ゼルビアに関わる全ての皆様。この度、鹿児島ユナイテッドFCに移籍することになりました」と移籍の報告とともに、これまでに感謝した。 「昨年から加入し、本当に温かく迎え入れて応援して下さりありがとうございました。J2優勝パレードで見た景色は今も鮮明に覚えていますし、僕の財産として心に残っています」 「そして、共に戦ってくれた選手の皆さん。日々喜怒哀楽を感じ、特に今年は苦しい時間もありましたがみんなが居てくれたからこそ、心が折れそうな時期も頑張ることができました」 「常に手を差し伸べて、向き合ってくれた三田光コーチ・山中真コーチにも感謝の気持ちでいっぱいです。鹿児島ユナイテッドFCでこれまでの経験を全て発揮し、チームの力になれるように頑張ります。皆さんまた会いましょう!」 2024.07.16 09:40 Tue
3

宿敵にダブル喫するも確かな成長示す…東京Vの綱島悠斗「J1首位に自分たちのサッカーができたのは少しプラスに捉えるべき」

宿敵相手にシーズンダブルを喫した東京ヴェルディだが、スコア、内容ともに約2カ月前の前回対戦から確かな成長を示した。 14日、味の素スタジアムで行われた明治安田J1リーグ第23節の東京ヴェルディvsFC町田ゼルビアは、アウェイの町田の0-1の勝利に終わった。 東京Vはリベンジ、町田はシーズンダブルを懸けて臨んだ激戦必至の東京クラシックは、前回対戦同様に開始6分という早い時間帯にFW藤尾翔太が誘発したオウンゴールによって町田が先制した。 その町田が0-5で圧勝した前回対戦では以降も強烈なプレッシングと球際の勝負、セットプレーのアイデア・精度でことごとく上回り、東京Vにほぼ何もさせないままゴールを重ね、歴然たる差を示した。 展開を考えれば、今回のリターンマッチもそういったワンサイドゲームになってもおかしくなかったが、失点直後に続けて決定機を創出するなど素早いリアクションを示したホームチームは、前半をほぼイーブンの内容で粘った。 ビハインドを追う後半はボールの主導権を握り、前半にはなかなか見られなかった両ウイングバックの攻撃参加や中央のボランチ脇も使いながら前進。再三のビッグセーブを見せたGK谷晃生を中心とする、リーグ最少タイの首位チームの堅守攻略はならずも、盤石のウノゼロとは言えないぐらいに相手を苦しめた。 前回対戦の大敗後に「今シーズンはこの歴然とした差をどう埋めていくか」と語った城福浩監督の下、システム変更や各ポジションの序列の変化を含め、同じ昇格組ながら首位を走るライバルとの溝を埋めるべく、この2カ月間を通じて一段階の上のレベルの取り組みを行ってきた。 そのなかで「プロで一番の悔しさだった」と前回対戦の惨敗を振り返ったMF綱島悠斗は、同じ敗戦という結果に終わった今回のリターンマッチで目に見える進化を示した選手の筆頭だった。 前回対戦ではFWオ・セフンとの空中戦の競り合いでの劣勢に加え、相手のロングボールによってディフェンスラインが押し下げられた中盤で攻守に圧倒された。 しかし、この試合では夏の暑さに高湿度の過酷な環境、開始早々のリードによって町田の圧力が前回対戦に比べて緩かったという部分はあったものの、持ち味の球際のバトルで互角以上に渡り合い、相手の圧力を受けながらも冷静にボールをピックアップし、ボックス・トゥ・ボックスの役割を高いレベルでこなした。 前回対戦同様の結果に悔しさをにじませた綱島だが、「J1首位を相手に自分たちのサッカーができたというのは、少しプラスに捉えるべきだなと思いますし、後半のようなサッカーを続ければ、それを前半からできれば、自分たちが勝てないなと思う相手はひとつもないと思う」と敗戦の中でもチームとしての確かな手応えを口に。 元々定評がある188cmの長身とリーチの長さを活かしたボール奪取能力に加え、この試合では課題である繋ぎ、展開力の部分でも成長を感じさせるプレーを随所に見せた。 その点について23歳MFは「前回対戦で負けてからの自分の取り組みというのは、たぶん誰よりもやってきたつもり。そこは前回の自分とは全然違うわけで、そこで自信を持ってボールを受けられるというのは、ある意味で当然」と日々の研鑽を自負。 本職の守備的MFに加え、センターバック、ゲームプランによっては前線でもプレー可能なポリバレントな能力を有する23番は、「以前であれば、ああいう動きはなかなか出せなかったですけど、そこを意図的に自分から出せたというのはすごくプラス。再現性あるものなので、これからもっとあそこのゾーンに入っていって、決定的な仕事ができるかなという自信はあります」と、3列目からの飛び出しで相手ボックス内に侵入するなど、効果的なオフ・ザ・ボールの動きを駆使したチャンスメイクへの手応えも語った。 惜しむらくはチームが優勢な状況での66分の交代。当初、MF見木友哉を投入する際に交代するのはDF千田海人だったが、綱島が足を攣ったことで急遽交代選手が代わっていた。 「前半のスプリント量というのが、いつもより3倍ということを伝えられていて、そこに対するアプローチが今までできていなかったというのはプロフェッショナルとして反省するべき点」とペース配分という部分でのマネジメントを悔いたが、「逆に、そこのスプリント量を増やして、あれがアベレージになれば、もっと怖い選手になれる」とポジティブな考えも忘れない。 「結果的に負けているということは最後の勝負強さという部分で、若干の差はある。ワンチャンスで決め切る力は自分たちも見習わなければいけない」と真摯に結果を受け止めたが、「そこが自分たちに付いたら、より強いチームになれる。そういう自信もあるので、もう一個日常の基準というのを上げていきたい」と、2カ月前からより近づきながらも敗れたこの敗戦をさらなる成長に繋げたいと語った。 個人としては「今日の試合に出たなかで、いろいろな課題も見つかりましたし、もっと自分が上手くなる、相手にとって怖い存在になるために、もっとできることはたくさんあるので、次はチームを勝たせられる方向により近づけていきたい」と、昨季加入時から期待を集める大型ボランチは“勝敗を左右する選手”への進化を誓った。 2024.07.15 08:00 Mon
4

「グッとイメージ変えてきた!」J1を戦う町田が新ユニフォームを発表!青と濃紺のストライプには既視感を覚える人も「ガンバっぽい」「インテル感」

FC町田ゼルビアは4日、2024シーズンのユニフォームを発表した。 2023シーズンは黒田剛監督を招へいして迎えた町田。序盤から結果を残すと、その後も安定した戦いを続け、J2優勝とJ1昇格を果たした。 その町田は2023シーズンからアディダスとオフィシャルキットパートナー契約を結んでおり、J1を戦う2024シーズンもアディダスのユニフォームを着ることとなる。 そのユニフォームのデザインには、クラブカラーのゼルビアブルーとJ1定着への強い覚悟を表したネイビーのストライプデザインを採用。縦に速いスピード感のある攻撃と、柵や格子のような敵を寄せ付けない守備力をストライプ柄で表現。攻守共にアグレッシブなサッカーをデザインに落とし込んでいる。 また、フィールドプレーヤーの2ndユニフォームは、ホワイトをベースにゴールドをアクセントカラーとして配色。初のゴールドカラーとなるアディダスのロゴを使用し、クラブとしての新たな始まりをホワイトで、挑戦者としての輝きをゴールドで表現している。 GKユニフォームについては、2023シーズンのものを引き継ぎ、カラーを一新。1stには鮮やかなチームセミソーラーグリーンを採用し、クラブの新たな可能性を表現。2ndには勝利への強い執着心や闘争心を掻き立てる、カレッジレッドをベースカラーにした2023シーズンのGK1stユニフォームと同様のモデルを採用している。 さらに、2024シーズンより、クラブのオリジナルフォントを採用。シンプルなデザインの中に、「Z」の力強さと鋭さを表現したフォントに仕上げたほか、初のエンブレム入りナンバーを使用し、クラブオリジナル感をより一層引き立てている。 新デザインには「想像していたのと全然違った」、「グッとイメージ変えてきた!!!」、「ガンバっぽい」、「インテル感を出した印象」、「アタランタっぽい」とファンもコメント。青と黒のストライプにも見えるデザインには、他クラブを思い起こす人も多いようだ。 <span class="paragraph-title">【動画】青と濃紺のストライプ!町田が新ユニフォームも発表</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="S60Cc6uLRnM";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.01.05 11:45 Fri
5

東京クラシックで意地を見せた城福監督/六川亨の日本サッカーの歩み

J1リーグの第23節は、神戸が最下位の札幌と1-1で引分け、鹿島も横浜FMに1-4と大敗する一方で、首位の町田は“東京クラシック”で東京Vに1-0ながら勝利を収めた。この結果、勝点49の首位・町田と3位・神戸、4位・鹿島は勝点41で並んでいるため、その差は勝点8に広がった。 神戸と鹿島が町田に追いつくためには町田の3連敗を期待するしかないが、今シーズンは一度も連敗がなく、手堅く勝点を拾っているだけに期待は望み薄というところ。辛うじて連勝で勝点を44に伸ばした2位・G大阪が町田を追いかけているが、すでに今シーズンは直接対決(1-1、1-3)を終えているだけに自力での逆転は不可能だ。 町田とG大阪、神戸に共通しているのは失点の少なさである(町田とG大阪は17、神戸は18)。町田のクリーンシートは23試合を終えて12試合もある。5割の確率で無失点というのは驚異的と言うしかない。労を惜しまぬ献身的で強度の高い守備は誰もが認めるところ。しかし、それ以外にも町田の堅守には別の理由があることが、14日の東京V戦後の黒田剛監督の会見で知ることができた。 試合は東京Vがキャプテンの森田晃樹と見木友哉がベンチスタート。対する町田も柴戸海とエリキ、オ・セフンが控えに回ったが、こちらは潤沢な戦力を誇っているからだろう。城福浩監督にすれば、まずは前半を0-0で折り返し、後半勝負というゲームプランだったのではないだろうか。 ところが前半6分、192センチの長身SB望月ヘンリー海輝に変わって右SBに入った鈴木準弥のアーリークロスが東京VのOGを誘って早々と町田が先制する。「前回の試合から右サイドバックに鈴木を入れて功を奏した。今日もあの1点が大きかった」と黒田監督も認める先制点だった。 ところが後半は選手交代により東京Vが町田に襲いかかった。とりわけ大きかったのが44分の攻撃で、右スルーパスに抜け出た松橋優安のアーリークロスを左サイドでフリーになった山見大登が確実にミート。しかしGK谷晃生がとびっきりの反応で弾いて左CKに逃れた。 GK谷は東京五輪の正GKで、A代表にも選出されたがG大阪では出番に恵まれなかった。しかし町田では正守護神として快進撃を支えている。そんな谷について黒田監督は「サッカー選手としてのセンスは頼もしい。誠実だし模範となる選手。充実しているからこその今日のセーブだと思う」と最大級の賛辞を送った。 さらに「クロスでのキャッチはリーグトップ。彼が思いきって(キャッチに)行けるようDF陣を配置している」とまで言い切った。セットプレーやカウンターなど緻密な戦略を練る黒田監督だが、GKとDF陣の配置まで「気を遣っている」というか「細部に目配り」している、“チーム黒田”の充実度に驚かされた東京V戦でもあった。 ただ、単純な戦力比較で町田が東京Vを圧倒しているのは登録メンバーを見れば一目瞭然。それでも東京Vは粘りに粘った。城福監督のゲームプランは面白かったし、試合後の拳による黒田監督との握手も一切、目を合わせようとしなかった。J1昇格後の連敗にプライドが許さなかったのだろう。2人の“名将”の激突は、J1リーグの名物になるかもしれない。 <hr>【文・六川亨】<br/><div id="cws_ad">1957年9月25日生まれ。当時、月刊だった「サッカーダイジェスト」の編集者としてこの世界に入り、隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長や、「CALCIO2002」、「プレミアシップマガジン」、「サッカーズ」の編集長を歴任。現在はフリーランスとして、Jリーグや日本代表をはじめ、W杯やユーロ、コパ・アメリカな 2024.07.15 20:00 Mon

NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly