2部降格決定の最下位にホームで勝てずも…ユベントスが財政に救い CL権とともに最低75億円を確保

2024.05.13 15:15 Mon
ラビオが起死回生の同点弾も、笑顔なきCL出場権確保
Getty Images
ラビオが起死回生の同点弾も、笑顔なきCL出場権確保
ユベントスが最低限の目標に到達した。イタリア『カルチョメルカート』が伝えている。
PR
ユベントスは12日、セリエA第36節でサレルニターナと対戦し、1-1ドローで勝ち点1を積み上げ。これにより、他会場の試合結果も合わさり、5位以内と来季のチャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得が決定した。
2月以降リーグ戦での連勝が1度もなく、この日も最下位での2部降格が決まっている相手にホームで勝利できず(※1)…さらにボローニャに抜かれて4位後退と、なんともモヤモヤするなかで勝ち取った「CL権」。

(※1)試合経過としては、0-1ビハインドの90+2分にアドリアン・ラビオがセットプレーから同点ゴール。かろうじて勝ち点1を死守

それでも、アンドレア・アニェッリ前体制のブラック経営が残した“負の遺産”に今なお苦しめられるユベントスにとって、形はどうあれ「CL権」こそ最低限の目標に据えてきたものだ。
2季ぶりCL参戦によってもたらされる放映権収益の配分は最低4500万〜5000万ユーロ(約75億5000万〜83億9000万円)。セリエAから24-25シーズンのCLに参戦するチームが「5」か「6」かで変わってくるもので、この額は「6」の場合のものだ。

仮にヨーロッパリーグ(EL)決勝戦でアタランタが敗れ、セリエAからのCL参戦が「5」にとどまった場合、配分は6000万ユーロ(約100億7000万円)に到達するものとみられている。

何はともあれ、ひとまず安堵のユベントス。

しかし、チーム編成を含めた今夏の動きは他チーム以上に重要か。クリスティアーノ・ジュントリSDはマッシミリアーノ・アッレグリ監督(56)の解任を水面下で検討中とも伝えられている。

PR
関連ニュース

アレックス・サンドロの惜別弾でユベントスが最終戦を勝利で飾る【セリエA】

ユベントスは25日、セリエA最終節でモンツァをホームに迎え、2-0で勝利した。 モンテーロ暫定監督が指揮した前節ボローニャ戦を3-3の引き分けに持ち込んだ4位ユベントスは、賭博行為により長期出場停止を受け、前節途中出場で復帰したファジョーリが先発となった。 12位モンツァに対し、[3-4-2-1]で臨んだユベントスは最前線にミリク、2シャドーにキエーザとユルドゥズを据えた。 そのユベントスがボールを持つ入りとなった中、9分にピンチ。FKからダンブロージオのヘディングシュート、イッツォのボレーと立て続けに枠を捉えられたが、GKペリンが凌いだ。 その後もボールを持つユベントスは17分、ファジョーリがバー直撃のミドルシュートを浴びせて攻勢をかけ続けると、26分に押し切る。ボックス左に侵入したキエーザが縦に仕掛けて左足でシュートを蹴り込んだ。 さらに2分後、一気にリードを広げる。ファジョーリの右CKからアレックス・サンドロのヘディングシュートが決まった。 今季で退団することが濃厚なアレックス・サンドロのゴールで2点目を挙げたユベントスはハーフタイムにかけては自陣に引いてモンツァの攻撃を受け止め、2-0で前半を終えた。 迎えた後半、52分にビリンデッリにゴールに迫られたユベントスだったが、後半から投入されたGKピンソーリオが好守で凌ぐ。 すると53分、キエーザがボックス手前左から放ったミドルシュートが枠の右角に直撃。さらに61分にもファジョーリの浮き球パスに抜け出したキエーザが決定的なシュートを浴びせたが、GKソレンティーノのセーブに阻まれた。 さらに71分、ロングカウンターからボックス左まで持ち上がったユルドゥズがGK強襲のシュートを浴びせたユベントスは、アレックス・サンドロを見送った中、76分のジュリッチのゴール至近距離からのヘディングシュートをGKピンソーリオが再びファインセーブで救う。 終盤にかけては試合をコントロールしたユベントスは、ゼルビンが2枚のイエローカードをもらって退場となったモンツァにシャットアウト勝利。最終節を白星で飾り、暫定3位に浮上している。 2024.05.26 03:04 Sun

ユベントス、控えDFルガーニとの契約を2026年まで延長

ユベントスは24日、元イタリア代表DFダニエレ・ルガーニ(29)との契約を2026年6月30日まで延長したことを発表した。 エンポリの下部組織出身のルガーニは、2012年にユベントスU-19にレンタル移籍。2013年にエンポリでトップチーム昇格をするも、2015年2月にユベントスへ完全移籍。 2020-21シーズンは出場機会を求めてスタッド・レンヌとカリアリへレンタル移籍したが、それ以外は8年間ユベントス一筋を貫いており、ここまで公式戦147試合で11ゴール1アシストを記録。 これまでは準主力として安定したプレータイムを得ていたが、ここ数年はそれも減少し、今季はここまで公式戦17試合(1186分)の出場にとどまっていた。 2024.05.25 07:30 Sat

インテルの主将ラウタロ・マルティネスがセリエAのシーズンMVPに輝く! ここまで24得点で得点王も確実に

レガ・セリエAは24日、インテルに所属するアルゼンチン代表FWラウタロ・マルティネス(26)を2023-24シーズンのセリエA最優秀選手賞に選出した。 2018年7月にアルゼンチンのラシン・クラブから加入したラウタロは、加入から6シーズンで公式戦282試合129ゴール43アシストをマーク。 サミル・ハンダノビッチからキャプテンを引き継いだ今季は、ここまで公式戦44試合に出場し27ゴール7アシストをマーク。33試合に出場したセリエAでは24ゴール6アシストを記録し3年ぶり20度目のスクデット獲得に大きく貢献していた。 また、最優秀監督賞にはインテルのシモーネ・インザーギ監督(48)が選ばれた。2022-23シーズンはチャンピオンズリーグ(CL)決勝までチームを導くも、マンチェスター・シティの前に敗れていたインザーギ監督。今シーズンはセリエAで他を寄せ付けず、29勝6分け2敗で20度目の優勝を果たしていた。 そのほか、最優秀若手選手賞にボローニャのオランダ代表FWジョシュア・ザークツィー(23)、最優秀GKにモンツァのイタリア人GKミケーレ・ディ・グレゴリオ(26)、最優秀DFにインテルのイタリア代表DFアレッサンドロ・バストーニ(25)、最優秀MFにインテルのトルコ代表MFハカン・チャルハノール(30)、最優秀FWにユベントスのセルビア代表FWドゥシャン・ヴラホビッチ(24)が選ばれた。 2024.05.25 07:00 Sat

ユベントス、イタリア代表DFカンビアーゾとの契約を2029年まで延長

ユベントスは24日、イタリア代表DFアンドレア・カンビアーゾ(24)との契約延長を発表した。新契約は2029年6月30日までとなる。 2022年夏にユベントス加入。初年度はボローニャへレンタル移籍で出されるも、今シーズンからチームに復帰すると完全に主力へと定着して、ここまでセリエAで34試合2ゴール3アシスト、コッパ・イタリアで5試合1ゴール3アシストの成績を残している。 また、今年3月にイタリア代表へ初選出されると、同月21日のベネズエラ代表との国際親善試合で代表デビュー。ここまで2試合に出場しており、先日発表されたユーロ2024に向けたイタリア代表候補メンバーにも選出されていた。 なお、カンビアーゾには戦力増強を目指すアストン・ビラが、今夏の獲得に向けて4000万ユーロ(約67億8000万円)のオファーを提示していたが、ユベントスはこれを拒否。選手本人もユベントスでのキャリア継続を希望しており、今回の契約延長によって来季以降も残留することが濃厚となった。 2024.05.25 06:30 Sat

シュチェスニーの控え兼後継者探すユベントス、モンツァのディ・グレゴリオ獲得を推進

ユベントスがモンツァのイタリア人GKミケーレ・ディ・グレゴリオ(26)の獲得に本腰のようだ。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が報じた。 2025年夏に契約満了が迫るポーランド代表GKヴォイチェフ・シュチェスニー(34)の後継者探しに動いているユベントス。来シーズンはバックアッパーを任せながらチームに順応させ、シュチェスニーが去る2025-26シーズンから正守護神に登用するというプランを立てている。 足元もうまいGKを探しているというユベントスは、アタランタのイタリア代表GKマルコ・カルネセッキ(23)も候補に挙がるなか、プランにも合致する理想の選手としてディ・グレゴリオを選択。すでに接触を図るなどといった最初の段階は過ぎており、同時に元イタリア代表GKマッティア・ペリン(31)のローマ行きの話も進めているようだ。 一方のモンツァはディ・グレゴリオの売却に2000万ユーロ(約34億1000万円)を要求。ユベントスはモンツァのニーズに合う若手選手を複数抱えていることから、今回の取引に絡めての値下げも考えられている。 インテルの下部組織出身で、当時セリエBの2020-21シーズンからモンツァの正守護神として活躍を続けるディ・グレゴリオ。残念ながら、ユーロ2024に臨むイタリア代表候補メンバーの30名には入らなかったが、今夏ユベントスへのステップアップを遂げるのだろうか。 2024.05.24 22:26 Fri
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly