下位相手に苦戦もアスレティックが劇的弾でドローに持ち込む【ラ・リーガ】

2024.05.12 06:10 Sun
Getty Images
アスレティック・ビルバオは11日、ラ・リーガ第35節でオサスナと対戦し2-2の引き分けに終わった。
PR
前節のヘタフェ戦でリーグ戦5試合ぶりの白星を飾った5位アスレティック(勝ち点61)は、その試合からスタメンを4人変更。最前線にイニャキ・ウィリアムズ、2列目にベレンゲル、ムニアイン、ニコ・ウィリアムズを並べた[4-2-3-1]で試合に臨んだ。
試合前、今季限りで現役引退を表明しているFWラウール・ガルシアの引退セレモニーが行われた一戦。残留争い中の15位セルタ(勝ち点34)に対し、アスレティックは開始早々の6分に最初のチャンスを創出する。

ユーリのロングパスでDFの裏に抜け出したイニャキ・ウィリアムズがボックス左から侵入し、ゴール右隅にシュートを流し込んだが、これはオフサイドの判定でゴールは認められず。

その後はボールの主導権を握るアスレティックが攻勢を続けるが、要所で集中した守りを見せるオサスナ守備陣を攻略できず、なかなか決定機まで至らない状況が続く。
それでもアスレティックは38分、ニコ・ウィリアムズのパスでボックス左深くまで侵入したベレンゲルがライン際でボールを残すと、折り返しをゴール前に走り込んだムニアインが流し込んだが、VARの末にニコ・ウィリアムズのパスに反応したベレンゲルのオフサイドを取られ、ゴールは取り消された。

ゴールレスで再開された中、直後にアスレティックは失点を許す。40分、ボックス右手前で受けたルベン・ガルシアがミドルシュートを放つと、相手選手のブロックで浮いたボールをボックス内のベスガがボックス左へ展開。これをモヒカがダイレクトで折り返すと、最後はゴール前のラウール・ガルシアがゴールに流し込んだ。

1点ビハインドで前半を終えたアスレティックは、ハーフタイムにベレンゲルを下げてビジャリブレを投入。しかし、再びスコアを動かしたのはオサスナだった。

47分、ヘスス・アレソのロングフィードに反応したルベン・ガルシアが中盤から一気にドリブルで中央を持ち上がると、そのままボックス内まで切り込みシュートをゴールに突き刺した。

2点を追う展開となったアスレティックは、58分に1点を返す。相手ボックス付近でモヒカのパスをエレーラがブロックすると、このこぼれ球に反応したイニャキ・ウィリアムズがボックス右から強烈なシュートをゴール左隅に突き刺した。

その後は互いに選手を入れ替えながらゴールを目指すなか、アスレティックは83分にバイタルエリア左でボールを受けたユーリの浮かせたパスからゴール前に抜け出したデ・マルコスが決定機を迎えたが、ハーフボレーで合わせたシュートは枠の上に外れた。

このままタイムアップかと思われたが、ドラマは試合終了間際に生まれる。96分、右サイド深くまで切り込んだデ・マルコスのクロスをGKセルヒオ・エレーラがファンブル。こぼれ球をビジャリブレが左足で流し込んだ。

結局、試合はそのまま2-2でタイムアップ。ビジャリブレの劇的弾で追いついたアスレティックがホームでなんとか勝ち点1を挙げた。

PR
関連ニュース

スペイン代表GKウナイ・シモンがアスレティックと2029年まで契約延長! 契約解除条項はなし「感謝する最善の方法」

アスレティック・ビルバオは24日、スペイン代表GKウナイ・シモン(26)との契約延長を発表した。 新たな契約は4年間となり、2029年夏までの契約に。契約解除条項はないという。 ウナイ・シモンは、アスレティックの下部組織育ち。2018年7月にファーストチームに昇格すると、現在は正守護神としてプレー。今シーズンもラ・リーガで35試合に出場し16試合でクリーンシートを達成。キャリア通算では公式戦194試合に出場している。 スペイン代表でも2020年11月からプレーし、すぐさま正守護神の座を奪うことに。これまで39試合に出場していた。 ウナイ・シモンはクラブを通じてコメントしている。 「世界最高のGKになりたいが、このクラブの一員にもなりたい。それはとても野心的なことだと思う」 「ここでタイトルを獲得することの難しさはわかっているけど、カップ戦で起こったように、一度達成すれば、それは僕たちだけでなく、ファンにとっても素晴らしくユニークなものであり、他のクラブでやるよりもそれだけの価値があると思う」 また、契約解除条項なしという契約についても言及。感謝を示したいとした。 「これは僕がこのレベルに到達するのを助けてくれた人々に感謝する方法だ。僕はアスレティックにとても満足しているし、彼らに感謝する最善の方法は、クラブが検討する時期までここにいるということだ」 「どこのクラブから来るかということが問題ではない。僕の考えは、ここにいるということだよ」 2024.05.24 23:25 Fri

アスレティック在籍6年のダニ・ガルシアが今季限りで退団…

アスレティック・ビルバオは16日、スペイン人MFダニ・ガルシア(33)の今シーズン限りでの退団を発表した。 レアル・ソシエダのカンテラ出身のダニ・ガルシアは、エイバルで主力として活躍後、2018年夏にアスレティックへ加入。その新天地では加入1年目から中盤の主力を担い、ここまで公式戦194試合に出場。この間にコパ・デル・レイ、スーペル・コパ・デ・エスパーニャの2つのタイトル獲得に貢献した。 在籍6シーズンで4シーズンは30試合以上に出場したが、今シーズンは2度の負傷離脱や序列の低下によって加入後最少の18試合の出場にとどまった。それでも、昨年10月のアルメリア戦では加入後初ゴールを挙げていた。 2024.05.23 21:39 Thu

クロップ監督の後任発表のリバプール、スロット監督以外に2名の指揮官もリストアップしていた?

アルネ・スロット監督の就任を発表したリバプールだが、他に2名の候補もリストアップしていたようだ。 9シーズンにわたって指揮を執ってきたユルゲン・クロップ監督が退任となったリバプール。当初はさまざまな後任候補の名前が取り沙汰されていたが、次第にスロット監督の噂が強まると、20日に就任が正式発表された。 新シーズンは、フェイエノールトをエールディビジやKNVBベーカーで優勝に導いた実績を持つ指揮官と歩むことになったリバプールだが、クラブは他に2人の指揮官も有力候補としてリストアップしていたようだ。 イギリス『The Athletic』によると、当初最有力候補だったレバークーゼンのシャビ・アロンソ監督招へいが難しいと悟ったクラブは後任のリストを作成。スロット監督のほかに、アスレティック・ビルバオのエルネスト・バルベルデ監督とイタリア代表のルチアーノ・スパレッティ監督も候補に加えていたという。 両監督はクラブが徹底したデータ分析を行った結果、クロップ監督の後任に適しているとの結果が出た模様。ただし、最優先はあくまでスロット監督だったとのことだ。 バルベルデ監督は、これまでビジャレアルやバレンシア、バルセロナの監督を歴任。2022年からキャリア3度目となるビルバオの指揮官就任を果たすと、今シーズンはコパ・デル・レイでチームを40年ぶり24度目の優勝に導いた。 スパレッティ監督はこれまでローマ、ゼニト、インテルで指揮を執り、2021年に就任したナポリでは昨シーズンに33年ぶりのスクデット獲得を達成。昨年9月からは母国の代表監督に就任していた。 いずれも経験豊富な指揮官たちだが、彼らより優先される形となったスロット監督がどのような手腕を発揮するか、新シーズンは大きく注目されることになりそうだ。 2024.05.21 10:40 Tue

アスレティック、40年ぶりのコパ・デル・レイ優勝に導いたバルベルデ監督と2025年まで契約延長

アスレティック・ビルバオは17日、エルネスト・バルベルデ監督(60)との契約更新を発表した。新たな在任期間は2025年6月30日までとなる。 2022年の夏にアスレティックの会長戦を制したジョン・ウリアルテ氏の公約が実る形で、3度目となるアスレティックの指揮官に就任したバルベルデ監督。 昨シーズンはラ・リーガを8位で終え、欧州カップ戦の出場権を逃したが、今季はここまでラ・リーガで5位に位置。チャンピオンズリーグ(CL)決勝進出を決めているレアル・マドリーの結果次第では2014-15シーズン以来のCL出場権を獲得することとなる。 また、コパ・デル・レイでは3年ぶりに臨んだ決勝戦でマジョルカをPK戦の末に下し、40年ぶり24度目の優勝にチームを導いた。 新たに1年間の契約延長にサインしたバルベルデ監督は「このクラブをもう少し大きくするために、もう一頑張りしてみよう。私に託されたすべての信頼に応えることは、大きな責任だ」とコメントしている。 2024.05.18 06:30 Sat

アトレティコに2試合のスタンド部分閉鎖措置…ニコ・ウィリアムズに対する人種差別虐待行為への処分

アトレティコ・マドリーが、アスレティック・ビルバオ戦でのスペイン代表FWニコ・ウィリアムズに対する人種差別虐待行為を受け、今後2試合のホームゲームで南スタンドの部分閉鎖処分を科された。 先月27日にシビタス・メトロポリターノで行われたラ・リーガ第33節のアトレティコvsアスレティック・ビルバオは、ホームのアトレティコが3-1で勝利した。 しかし、同試合ではガーナ人両親の元、バスクで生まれ育ったスペイン代表のニコ・ウィリアムズに対して、一部のホームサポーターから人種差別的侮辱が行われ、同選手からの訴えを聞いた主審のフアン・マルティネス・ムヌエラ氏が、ラ・リーガの規定に従って36分に試合を一時中断させた。 再開後の45分にゴールを決めたニコ・ウィリアムズは、自身の肌の色を強調すべく腕をたたきながら南スタンド前を走り、人種差別行為に抗議。同試合後のフラッシュインタビューでは「愚かな人々はどこにでもいるが、何も起こらない。この状況が少しずつ変わるように、僕らは戦い続けなければならない」と語っていた。 この一件を受け、スペインサッカー連盟(RFEF)は4月30日、「スタンド内の閉鎖エリアには、フットボールにおける暴力的、人種差別的、外国人排斥的、不寛容な行為を非難し、フェアプレーを支持する目に見えるメッセージを表示しなければならない」との声明と共に、前述の南スタンドの部分閉鎖処分を科したことを発表した。 さらに、アトレティコには2万ユーロ(約330万円)の罰金が科されている。なお、クラブは10日の間に異議申し立てを行う権利が与えられている。 2024.05.01 07:31 Wed
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly