セビージャがトッテナムから20歳FWアレホ・ベリスをレンタル! 12月に初ゴールも現在は負傷中

2024.02.02 12:17 Fri
セビージャで修行となったアレホ・ベリス
Getty Images
セビージャで修行となったアレホ・ベリス
セビージャは1日、トッテナムのU-20アルゼンチン代表FWアレホ・ベリス(20)のレンタル加入を発表した。期間は今シーズン終了までで、買い取りオプションは付帯していない。
PR
ベリスはロサリオ・セントラル出身の大型ストライカーで、昨年5月にはU-20ワールドカップ(W杯)で3ゴールの活躍を披露。その後、夏の移籍市場でトッテナムへと完全移籍した。
新天地では昨年9月のプレミアリーグ第7節リバプール戦で終盤にピッチに立ち、トッテナムデビュー。先発の機会はまだないものの、ここまでプレミアリーグの8試合で途中出場し、12月の第19節ブライトン&ホーヴ・アルビオン戦では初ゴールを決めていた。

しかし、続く第20節ボーンマス戦でヒザを負傷し、しばしの離脱に。韓国代表FWソン・フンミンのアジアカップ参加なども重なったクラブは、冬の移籍市場でドイツ代表FWティモ・ヴェルナーをRBライプツィヒからレンタルした。

PR
関連ニュース

セビージャ退団のヘスス・ナバス、愛するクラブとの不本意な別れに苦言「何の連絡もなかった」

スペイン代表DFヘスス・ナバスがセビージャ退団への想いを明かしている。 セビージャの下部組織出身で、2003年11月にファーストチームデビューを飾ったナバス。2013年7月からは一度マンチェスター・シティへ移ったが、2017年8月には古巣へ戻り、セビージャでの通算出場数はクラブ最多の688試合を誇る。 そんなクラブレジェンドのナバスだが、6月には現行契約が満了。16日には今シーズン限りでの退団がクラブから発表された。 25日に行われるラ・リーガ最終節のバルセロナ戦がセビージャでのラストマッチとなるキャプテンは、X(旧ツイッター)にて今回の退団の経緯を説明。不本意な結果であることを明かした。 「悲しい1日だった。こんな日が来るとは思ってもみなかった。自分が下した決断を踏まえれば、正直に言わなければならない。自分でも信じられないが、実際に起こったたことだ。ずっと前から(退団が)決まっていたと言われているのを読んだが、失礼を承知の上で明かすと、そんなことはなかった」 「僕にとって退団を考えるのがどれだけ難しいことかは、親しい友人しか知らない。セビージャは僕にとっての心のクラブだが、僕に契約延長を提案すべき人たちからは何の連絡もなかったからだ」 「僕がこの決断を伝えた後、(クラブが)しばらく様子を見ることもなかったという事実に直面するのは、さらに辛いことだ」 「望む限り好きなだけここにいていいと言われ続けていたが、シーズン終了後に残留の可否を問う電話があるのかどうかという不安を晴らしてくれる人は誰もいなかった」 また、ナバスはクラブ愛ゆえにキャリアの多くの時間をセビージャで過ごしたとのこと。直近の3月の代表ウィークでもスペイン代表の一員としてプレーしていた38歳は、ユーロ2024を目前に控えることもあり、まだ新たな所属先を定めていないようだ。 「最後に辛い話をする。より良いオファーがあるから退団するのだとも言われたが、もしそれが理由だとしたら、キャリア全体を通してこの心のチームと共にあることはなかっただろう」 「今は所属するチームはない。なぜなら、セビージャで名誉ある仕事をしてきたように、将来的にもサポートしていきたいと考えている国のため心身を集中させたいからだ」 2024.05.18 12:28 Sat

セビージャが今夏監督交代へ…来季も契約残すキケ・フローレス監督は退任濃厚

セビージャは来シーズンに向けて監督交代に踏み切るようだ。スペイン『エスタディオ・デポルティボ』が報じている。 セビージャは混迷を極めた今シーズン、ホセ・ルイス・メンディリバル、ディエゴ・アロンソと2人の指揮官を解任。その後、昨年12月中旬にキケ・サンチェス・フローレス監督(59)を招へいした。 16位でチームを引き継いだ同監督の下、ここまでのリーグ戦は8勝4分け8敗の戦績を残し、チームは12位に浮上。最低限のノルマであるプリメーラ残留を決めている。 ただ、セビージャの首脳陣は2025年まで契約を残すキケ・フローレス監督に来シーズンの指揮を任せる考えはないようで、今季終了のタイミングで袂を分かつことになるようだ。 『エスタディオ・デポルティボ』によると、すでに後任候補は決定しており、ラス・パルマスのガルシア・ピミエンタ監督の招へいに動く構えだという。 バルセロナ出身でバルセロナのカンテラで指導者キャリアをスタートしたピミエンタ監督は、昨シーズンにラス・パルマスを昇格に導く手腕を発揮。昇格1年目の今シーズンは後半戦に失速も、チームは現状14位の残留圏内に位置している。 2024.05.17 18:30 Fri

クラブ最多出場誇るセビージャの主将ヘスス・ナバス、今季限りでの退団決定

セビージャは16日、スペイン代表DFヘスス・ナバス(38)の今シーズン限りでの退団を発表した。 セビージャのキャプテンを務めるナバスはクラブの下部組織出身で、当時18歳の2003年11月にファーストチームデビュー。マンチェスター・シティへ移籍する2013年7月までに公式戦393試合に出場し、2度のUEFAカップ(現ヨーロッパリーグ/EL)制覇を含む6つのタイトルを獲得した。 シティでもプレミアリーグ制覇などを経験すると、2017年8月には古巣セビージャへ4年ぶりに復帰。そこからの7シーズンでクラブ通算出場数を最多となる688試合まで伸ばし、ELではさらに2度頂点に立った。 契約最終年となる今シーズンは、ここまで公式戦35試合でプレーし2ゴール7アシストを記録。25日に行われるラ・リーガ第38節のバルセロナ戦がセビージャでのラストゲームとなる。 2024.05.16 21:53 Thu

セルヒオ・ラモスがMLS行きを検討か? 2025年新規参入クラブと交渉中

セビージャの元スペイン代表DFセルヒオ・ラモス(38)が、メジャーリーグサッカー(MLS)行きを検討しているようだ。スペイン『エスタディオ・デポルティボ』が報じている。 長らくレアル・マドリーのディフェンスラインを牽引し、パリ・サンジェルマン(PSG)での国外初挑戦後、昨年9月に古巣セビージャへ18年ぶりの帰還を果たしたセルヒオ・ラモス。 1年契約で加入したその古巣ではここまで公式戦34試合7ゴール1アシストを記録。しかし、来シーズンに向けて監督人事を含め不透明な状況が続くセビージャにおいて契約延長の可能性は微妙な状況にあり、代理人を務めるレネ・ラモス氏は退団に備えて動きを見せているという。 報道によると、現在レネ・ラモス氏は2025シーズンからMLSへ新規参入するサンディエゴFCと交渉を行っており、現時点で合意に至ってはいないものの、マドリーやPSG時代に受け取っていたとされる年俸に近い好条件のオファーを受け取っているようだ。 同じくセビージャとも初期段階の交渉を進めているものの、現状で合意に達する可能性は微妙なようで、元スペイン代表DFはアメリカに新天地を求める可能性は十分にある模様だ。 2024.05.15 07:20 Wed

ユベントスの売却候補…コスティッチやミリクら市場に投下か

夏が近づくにつれ、ユベントスの売却候補が鮮明になってきたようだ。イタリア『カルチョメルカート』が伝えている。 セリエA第35節を終え、来季のチャンピオンズリーグ(CL)復帰が濃厚となる3位も、どうしても停滞感が拭えぬユベントス。2月初旬にインテルとの首位攻防戦を落として以降、リーグ戦の連勝が1度もない。 クラブの財政状況を考えれば、CL権を確保するだけでも御の字といったところだが、今季ここまでパフォーマンスが振るわない選手らの売却によって、資金を増やしたい思惑も。 ここ最近、恩師オリバー・グラスナー監督率いるクリスタル・パレスから関心が寄せられるセルビア代表MFフィリップ・コスティッチ(31)。加入から一貫して左サイドの1番手に君臨も、売りに出されているのは間違いないという。 ゴールに直結した貢献が乏しいフォワード2枚も市場へ投下。ポーランド代表FWアルカディウシュ・ミリク(30)と、イタリア代表FWモイゼ・ケアン(24)だ。 ミリクはレンタル加入の昨季こそ序盤戦で絶大なインパクトも、その後はゴール数が伸びず。公式戦41試合9得点の1年を終えて完全移籍に切り替わると、今季は途中出場メインで32試合7得点…クリスティアーノ・ジュントリSDの一任で売却したいようだが、選手側がそれを望まず、買い手が付くかも微妙とされる。 ケアンについては安売りも辞さず。今季公式戦19試合出場でノーゴールノーアシストの現役イタリア代表について、1000万ユーロ(約16億8000万円)での売却も視野に。こちらはセビージャおよびスタッド・レンヌと水面下で協議しているようで、放出の可能性は低くないものとみられている。 2024.05.11 18:30 Sat
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly