古橋のゴラッソで“オールドファーム”を制したセルティック、年内最終戦を白星で飾る!【スコティッシュ・プレミアシップ】

2023.12.30 23:35 Sat
Getty Images
セルティックは30日、スコティッシュ・プレミアシップ第21節でレンジャーズとの“オールドファーム”に臨み、2-1で勝利した。
PR
リーグ戦連勝中の首位セルティックが、公式戦15試合無敗の2位レンジャーズをホームに迎えた“オールドファーム”。2023年最後の大一番に向け、セルティックはFW古橋亨梧とFW前田大然がスタメンに入り、負傷明けのMF旗手怜央はベンチスタート。負傷のDF岩田智輝は、DF小林友希と共にメンバー外となった。
立ち上がりから攻勢に出るセルティックは23分、ボックス左手前でパスを受けたベルナルドがカットインから右足を振り抜いたが、このシュートはわずかに枠の左に逸れる。

それでもセルティックは、25分にセットプレーから先制する。パルマが右CKからクロスを供給すると、アブダラー・シマの中途半端なクリアに反応したベルナルドがボックス中央手前からダイレクトシュートをゴールに突き刺した。

先制したセルティックは、35分にウェルシュが左腕を負傷負傷するアクシデントに見舞われ、ナヴロツキを緊急投入。すると42分に、ボックス右から侵入したマッコースランドに決定機を許したが、このシュートはGKハートの好セーブに救われた。
迎えた後半、セルティックは開始早々に日本人エースのゴラッソでリードを広げる。47分、オライリーのパスをペナルティアーク手前で受けた古橋がフェイントで相手DFをかわして左足一閃。これがゴール右上隅の完璧なコースに突き刺さった。

古橋の今季8点目でリードを広げたセルティックは、71分にハイプレスから中盤でボールを奪った古橋のスルーパスに反応した前田がレオン・バログンに倒されると、ニック・ウォルシュ主審は決定機阻止と判断し、迷わずレッドカードを掲示。

数的優位となったセルティックは、83分に古橋前田、パルマを下げてオ・ヒョンギュ、ジョンストン、アバダを投入し、前からの守備を担う攻撃陣をリフレッシュする。

その後、セルティックは89分にタヴァーニアの直接FKで1点を返されたが、2-1で逃げ切り、年内最終戦の大一番を勝利で飾った。

セルティック 2-1 レンジャーズ
【セルティック】
ベルナルド(前25)
古橋享梧(後2)
【レンジャーズ】
タヴァーニア(後44)

PR
関連ニュース

旗手と古橋が共にゴール! 後半躍動セルティックが快勝で首位キープ【スコティッシュ・プレミアシップ】

セルティックは13日、セルティック・パークで行われたスコティッシュ・プレミアシップ第33節でセント・ミレンと対戦し、3-0で勝利した。 前節、レンジャーズとのオールドファームを3-3のドローで終えたセルティックは勝ち切れなかったものの、暫定首位をキープ。2戦ぶりの白星を目指した5位チーム相手のホームゲームではFW古橋享梧、MF岩田智輝、MF旗手怜央がスタメンも、負傷のFW前田大然はDF小林友希と共にベンチ外となった。 立ち上がりからボールを保持するものの、相手のコンパクトな守備を前に攻め切れない状況が続くセルティック。古橋ら前線の選手も効果的にボールに関与できず。 前半半ばを過ぎると、左CKの流れからペナルティアーク付近の旗手にシュートチャンスが訪れるが、抑えの利いたシュートはゴール前のDFにはじき出される。このファーストシュートをきっかけにギアを上げたいところだったが、アタッキングサードでの苦戦を改善できぬままゴールレスで前半を終えた。 迎えた後半、ヤン・ヒョンジュンの右クロスに飛び込んだ古橋に際どい場面が訪れるなど悪くない入りを見せたホームチームは、早い時間帯にゴールをこじ開ける。 52分、右サイドでの崩しからボックス中央でボールを受けた旗手がDFに寄せられながらも素早いひざ下の振り抜きから右足アウトで押し出す形の技ありシュートをゴール左上隅に突き刺し、6カ月ぶりとなる今季3点目を挙げた。 旗手のゴールによって完全に流れを掴んだホームチームは攻勢を強めると、エースが決定的な仕事を果たす。60分、右サイドでフリーのジョンストンが正確なクロスを上げると、タイミング良くゴール前に走り込んだ古橋がドンピシャのヘディングシュートを突き刺した。 古橋の3試合ぶりとなるリーグ11ゴール目で相手を突き放したセルティックは、以降もボックス内に侵入した旗手に自身2点目のチャンスが訪れるなどきっちりゲームをコントロールする。 70分過ぎには旗手と古橋のゴールスコアラーに加え、アンカーでゲームをオーガナイズしていた岩田がお役御免に。フレッシュな選手の投入で逃げ切り態勢に入った。 その後、チームは86分のイダーのゴールでダメ押しに成功し、このままクリーンシートで試合をクローズ。この結果、旗手と古橋の活躍によって2試合ぶりの白星を挙げたセルティックが首位キープに成功した。 セルティック 3-0 セント・ミレン 【セルティック】 旗手怜央(後7) 古橋享梧(後15) イダー(後41) 2024.04.14 01:06 Sun

オールドファーム・ダービーでゴールの前田大然がハムストリング負傷で離脱

セルティックの日本代表FW前田大然がハムストリングを痛め、数週間の離脱を強いられる可能性があるようだ。ブレンダン・ロジャーズ監督が明かしている。 前田は7日に行われたレンジャーズとのオールドファーム・ダービーに先発。たった21秒で先制ゴールを挙げる活躍を見せ、フル出場していたが、この試合で負傷していたようだ。 首位に立つセルティックは今後、第33節セント・ミレン戦を消化した後、上位6チームによる総当たりの優勝決定リーグ戦に臨むが、前田を欠くことになるかもしれない。 前田は今季、スコティッシュ・プレミアリーグ25試合に出場して5ゴール2アシストを記録していた。 <span class="paragraph-title">【動画】時間も早いが足はもっと速い!前田大然がスピード生かして21秒先制点</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="YCaw2Z9ecIk";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.04.13 06:30 Sat

日本人多数所属のセルティックなどスコットランドクラブがCL自動出場権を失う…チェコに抜かれ王者でもPOからの参加に

今シーズンも日本人選手が5名所属しているスコットランドの名門・セルティックにとっては、悲しい事実が確定してしまったようだ。 今シーズンはセルティックとレンジャーズが熾烈な優勝争いをしているスコティッシュ・プレミアシップ。王者は翌シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)に自動的に出場できるレギュレーションとなっている。 しかし、2025-26シーズンのCLからは自動的に本大会出場の権利が無くなってしまったという。 このレギュレーションは欧州サッカー連盟(UEFA)が定めるUEFA係数ランキングによって決定。イギリス『ガーディアン』によれば、チェコがトップ10に入り、スコットランドが追い抜かれてしまったため、2024-25シーズンのスコティッシュ・プレミシップ王者はCLのプレーオフに回ることになることが決まったという。 最新のランキングでは、首位がイングランド、2位にスペイン、3位にイタリアと続き、ドイツ、フランス、オランダ、ポルトガル、ベルギー、トルコと並んでいる。10位にはチェコが入り、スコットランドは11位。スイス、オーストリア、ノルウェー、デンマークと続いている。 11日に行われたヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)準々決勝1stレグで、チェコのビクトリア・プルゼニがフィオレンティーナとドロー。この結果、ランキングが変化したという。 なお、スコットランドのクラブは今シーズンのヨーロッパの大会から全て敗退。順位の変動が起こらないため、自動出場枠を失うこととなった。 2024.04.12 17:15 Fri

今夏のセルティックが最優先で補強したいポジションとは

今夏のセルティックが最優先で補強したいポジションとは。 前田大然や旗手怜央ら日本人選手5人が所属するセルティック。今季からブレンダン・ロジャーズ監督率いるスコットランドの雄は、9日時点でリーグ首位に立つも、勝ち点1差の2位レンジャーズより1試合消化が多く、昨季よりも不安定な戦いが続く。 イギリス『フットボール・インサイダー』によると、夏はGKとセンターバックを最優先で獲りにいくとのこと。 現在の守護神はイングランド代表通算75キャップを誇るGKジョー・ハート(36)。2021-22シーズンの加入から一貫して1番手を担ってきたが、今季限りでの現役引退を発表している。 年明けから獲得候補に挙がるはリバプールのアイルランド代表GKクィービーン・ケレハー(25)。アイリッシュクラブのセルティックにとって理想的な人材だが、本来リバプールの2番手GKながらも評価がすこぶる高く、獲得へのハードルも高そうだ。リバプールも安売りする気はないとされる。 センターバックについては、「アメリカ代表DFキャメロン・カーター=ヴィッカーズの新相棒」がテーマ。現相棒のアイルランド代表DFリアム・スケールズは今季アバディーンからレンタルバックも、首脳陣を満足させられていないという。 このようにGKとセンターバックを最優先で獲りにいくという今夏のセルティックだが、果たして。 2024.04.09 19:45 Tue

「これ、、、誰や?」銀髪に変化した前田大然が既に違和感? 3カ月前の自分の写真に突っ込んでファンが沸く「前の大然」「これだから推せる」「これが本物の大然」

セルティックの日本代表FW前田大然が写真にツッコミを入れている。 韋駄天ストライカーとして日本代表、そしてセルティックでも活躍する前田。7日に行われたレンジャーズとの“オールド・ファーム”では、開始21秒でスピードを活かしたゴールを決めて話題となっていた。 その前田は8日に自身のX(旧ツイッター/@M_daizen_1020)を更新。写真にツッコミを入れて話題を呼んでいる。 前田が投稿したのは日本代表の自身の写真。アジアカップ2023に臨んだ際のプロフィール写真だが、「これ、、、誰や??」とコメントを寄せていた。 前田は、スキンヘッドがトレードマークでもあった中、アジアカップ後に髪を伸ばし始めて話題に。「娘が嫌がる」という理由で髪を伸ばしていることを、3月の日本代表活動の際に明かしていた。 北朝鮮代表戦は髪が生えた前田が登場したが、試合前日に黒髪から金髪に変更。大きな話題を呼ぶと、先日はシルバーヘアにイメージチェンジし、再び話題をさらった。 前田のツッコミともボケとも取れる投稿にファンは「前の大然」、「お前田!」、「だから嫌いになれない」、「本人が言ってんのマジで面白い」、「どこのお坊さんかと」、「前大然」、「これだから大然推せる」、「これが本物の大然」、「もう恋しい」、「やっぱり大型アプデされてた」とコメントが寄せられている。 なお、娘のリクエストは日本代表の同僚でもある南野拓実。まだまだ先は長そうだが、どこまで髪を伸ばしていくのかも注目が集まる。 <span class="paragraph-title">【写真】前田大然がツッコミを入れた前田大然</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">これ、、、誰や?? <a href="https://t.co/NChKeX9ZnN">pic.twitter.com/NChKeX9ZnN</a></p>&mdash; 前田 大然 Daizen Maeda (@M_daizen_1020) <a href="https://twitter.com/M_daizen_1020/status/1777094498264179126?ref_src=twsrc%5Etfw">April 7, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2024.04.08 13:20 Mon
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly