アウェイでまたも勝てず、ローマのモウリーニョ監督が選手の態度に言及「チャンスを逃した選手もいた」

2023.12.01 11:01 Fri
アウェイでドローのモウリーニョ監督
Getty Images
アウェイでドローのモウリーニョ監督
ローマのジョゼ・モウリーニョ監督が、セルヴェット戦を振り返った。
PR
11月30日、UEFAヨーロッパリーグ(EL)グループG 第5節でローマはアウェイでセルヴェットと対戦した。
グループステージ3連勝となった中、前節のスラビア・プラハ戦は敗戦。迎えたセルヴェット戦では21分にロメル・ルカクのゴールで先制するも、後半早々に追いつかれて1-1のドロー。アウェイでまたも勝てず、2位で最終節を迎えることとなった。

モウリーニョ監督は、アウェイゲームでの選手たちの態度に言及した。

「重要なチャンスだったが、後半の始まりも重要だった。よくあることだ。ハーフタイムにロッカールーム内に余裕がなかったことは少し残念だった」
「1-0で負けているチームに対し、ホームでプレーしながら、自分たちのファンの前のゴールに攻撃していくというシチュエーションには、いつも打ちのめされる」

「後半の初めに相手がこの種の態度を取るのは論理的であり、試合のこの瞬間を我々は表面的に解釈している。またしてもチャンスを逃した選手もいた」

パフォーマンスが上がり切らない状況はメンタル面も影響していると語るモウリーニョ監督。これまでの多くの経験から、名指しはしなかったが足りていない選手がいることを口にした。

「実際のところは分からない。これまでチャンピオンズリーグで150試合を指揮してきたが、それらはこの試合よりも遥かに重要であり、そうした試合に対するモチベーションは非常に高い」

「ヨーロッパリーグにはそれほど歴史がなく、私にとっては少し表面的にとらえてプレーしている選手がいるようだ」

「90分間集中力を維持し続けるのはいつも同じ選手であり、名前を挙げる必要はない。そして、こうした試合を表面的に解釈する選手もいるということだ」

PR
関連ニュース

空中戦で無類の強さ!北朝鮮のロングボールを跳ね返し続けたなでしこ南萌華「自信を持って競りに行けた」

オリンピック出場権獲得に貢献したなでしこジャパンのDF南萌華(ローマ)が、試合の手ごたえを口にした。 なでしこジャパン(サッカー日本女子代表)は28日、パリ・オリンピックアジア最終予選第2戦となる北朝鮮女子代表戦を国立競技場で行い、2-1で勝利。2戦合計スコアを2-1とし、2大会連続6度目のオリンピック出場権を獲得した。 試合を終えての率直な想いを尋ねられた南は、「ほっとしましたね、パリに行けるか行けないかは、今後の私自身のサッカー人生にも関わりますし、今後の女子サッカーの未来が変わるとも思っていたので」と安堵の表情を浮かべた。 第1戦では[4-3-3]を採用したなでしこだが、第2戦ではワールドカップ(W杯)で軸となっていた3バックでスタートした。 3バックの採用については選手からも提言があり、指揮官へも共有したとのこと。個々の役割もさらにはっきりさせたことで、最終ラインも下がり過ぎることがなくなった。 また、「自信を持って競りに行けた」と、南は空中戦でも無類の強さを発揮。北朝鮮のロングボールをことごとく跳ね返した。 「(第1戦は)センターバックが(ボールに対して)強くいけなかったので、終わってからすぐに『3枚の方がはまるよね』と選手間で話し、それを太さんにも共有しました」 「(第2戦は)3枚にしたことで、私も(高橋)はなも(熊谷)紗希さんも強くいけました。高いボールが来たら自分かはなかではっきりさせ、今回は紗希さんが背後をケアしてくれたので、守備の面ではうまくはまったと思います」 「初戦も高さでは勝てていましたし、周りの選手はセカンドを拾う意識で準備してくれていたので、自分もはなを含めてアジアの中では強さを持っているので、自信を持って競りに行くことができました」 「距離感は手ごたえがある中、1つのオプションとして(3バックも)持てているので、3枚でも4枚でも自分たちの強みは出せる。(システム)が切り替わったとしてもみんな即座に対応できたし、そこは今のチームの強みかなと思います」 2024.02.29 15:55 Thu

セリエA帰還の可能性もあるジョルジーニョ、代理人は「ラツィオやユベントスが彼に合うと思うが…」

アーセナルのイタリア代表MFジョルジーニョ(32)の代理人であるジョアン・サントス氏は、選手がセリエA復帰に向かっていることを示唆した。『フットボール・イタリア』が伝えている。 ナポリやチェルシーで活躍してきたジョルジーニョは、2023年1月にアーセナルへ完全移籍で加入。チームの絶対的な主軸とまではならずとも、要所要所で存在感を示しており、今シーズンも公式戦25試合に出場している。 一方で、アーセナルとの契約は2024年6月で満了となり、クラブは延長オプションを保有するも行使するかは不透明に。こうした事情もあり、セリエA復帰の可能性もあるとこれまで複数メディアで報じられてきた。 そんな中で、『TvPlay』のインタビューに応じたジョアン・サントス氏は、セリエAのローマを除くビッグクラブに移籍する可能性はあると明言しており、今後そのいずれかと交渉を進めることを示唆している。 「彼の特徴を熟知しているサッリ監督の存在を考えると、ラツィオはより合うクラブになるだろう。だが、ナポリで何年も一緒に過ごしたクリスティアーノ・ジュントーリのような偉大なディレクターがいるユベントスも合うと思う」 「私としては、以前サッリ監督の下で働いていたカルツォーナ新監督のいるナポリに戻る選択肢も排除したくない。一方で、ローマはないと思う。彼らとこれまで接触したことはないからね。そして彼らの強さや伝統を考えれば、ミランやインテルでプレーしたくない人はいないだろう」 2024.02.29 12:40 Thu

「正直ほっとしている」なでしこ熊谷紗希がパリ五輪出場権獲得に安堵、最高のチームでさらなる高みへ「パリでは金メダルを目指して」

なでしこジャパンのキャプテンDF熊谷紗希(ローマ)が、パリ・オリンピック出場を決めての率直な想いを言葉にした。 なでしこジャパン(サッカー日本女子代表)は28日、パリ・オリンピックアジア最終予選第2戦となる北朝鮮女子代表戦を国立競技場で行い、2-1で勝利。2戦合計スコアを2-1とし、2大会連続6度目となるオリンピック出場権を獲得した。 試合後のフラッシュインタビュー直前には、戦友の岩清水梓(日テレ・東京ヴェルディベレーザ)とも抱擁をかわしていた熊谷。率直な胸の内を聞かれると、「本当に正直ほっとしています、嬉しいです」と安堵の表情を見せた。 第1戦では[4-3-3]を採用したなでしこジャパンだが、この試合では[3-4-3]へ回帰し、熊谷は3バックの中央でプレー。サウジアラビアでの試合と比較して攻守に滑らかさが生まれ、流れのいい時間で点を取ることもできたと、狙い通りの戦いができたと振り返る。 「初戦は相手との立ち位置の関係でなかなか上手くいかなった分、第2戦ではチームとして修正できたと思います。最後押し込まれてしまいましたけど、勝ち切れたことは次につながる試合になりました」 「前半から全員の距離感がよく、攻撃も前に進めたので、相手が修正してくる前にゴールに迎えたかなと。そういうシーンが第1戦に比べて多く作れたと思うので、その中で点が取れて、すごいいい試合ができました」 熊谷は2011年にドイツ女子ワールドカップ(W杯)優勝を経験し、2012年にロンドン・オリンピックで銀メダルを獲得している。となれば、パリ五輪で目指す場所は必然だ。 「最高のチームでもっともっと長くやりたいとチームには伝えていて、それがパリで実現できることになりました。出場権を勝ち取りましたけど、まだまだパリまで時間があるし、そこへ向けて成長できるチームだと思っているので、パリでは金メダルを目指して全員で頑張っていきたいと思います。これからもなでしこジャパンをよろしくお願いします」 <span class="paragraph-title">【動画】試合後に岩清水梓と抱擁し、言葉をかわす熊谷紗希</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">/<br>熱い抱擁<br>\<br><br>キャプテン・熊谷紗希と<br>解説を務めた岩清水梓さんのグッと来るシーン<br><br>AFC女子サッカー パリ五輪最終予選<br>日本×北朝鮮<br><a href="https://twitter.com/hashtag/DAZN?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#DAZN</a> 見逃し配信中 <a href="https://t.co/yMf9oLuvhJ">pic.twitter.com/yMf9oLuvhJ</a></p>&mdash; DAZN Japan (@DAZN_JPN) <a href="https://twitter.com/DAZN_JPN/status/1762809413478342748?ref_src=twsrc%5Etfw">February 28, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2024.02.29 06:30 Thu

“ローマでCL出場”を望むディバラの将来やいかに…契約延長交渉は夏まで持ち越し

ローマは新たなスポーツ・ディレクター(SD)が着任するまで、アルゼンチン代表FWパウロ・ディバラ(30)を含む全選手との契約延長交渉を延期する。 今冬の移籍市場を最後にティアゴ・ピントGMが退任したローマ。イタリア『コリエレ・デッロ・スポルト』によると、今季終了後に新たなリクルート部門のトップを置くまで、手元の選手に関する契約交渉を行わないという。 27日のトリノ戦でハットトリックを達成したディバラももちろんその1人。ローマでのチャンピオンズリーグ(CL)出場を目標とするクラックは、契約が2025年6月までとなっている。 今冬はサウジアラビアの2クラブがイタリア国外クラブにのみ適用されるディバラの契約解除条項1200万ユーロ(約19億5000万円)を満たしたオファーを出したが、選手本人がこれにお断り。ディバラの意志はローマとの契約延長だ。 それでも、夏に再び「1200万ユーロ」を提示する国外クラブが現れるのは確実と考えられており、引き続きサウジ勢、イングランド勢、スペイン勢がディバラをマークしているとされる。 ディバラはトリノ戦後、「未来は僕自身もわからない」とコメントしている。 2024.02.28 19:40 Wed

夫婦でローマが辛かった? ベロッティ妻の苦悩投稿…夏帰還予定も市内の自宅から退去済み

元イタリア代表FWアンドレア・ベロッティの奥さまが、1年半の苦悩を振り返った。イタリア『カルチョメルカート』が伝えている。 セリエA通算110ゴールを誇るイタリア人屈指のストライカー・ベロッティ。トリノ時代に幾度となくメガクラブ移籍が噂された点取り屋は、2022年夏、とうとう”脱出”に成功し、首都ローマへとやって来た。 しかし、2022-23シーズンはセリエA31試合出場でノーゴール、公式戦全体でも46試合4ゴール…大半が途中出場となった結果、トリノ時代なら考えられないほどのゴール欠乏症に陥った。 今季は開幕戦2ゴールの活躍からスタートするも、継続できずに今冬レンタル移籍でフィオレンティーナへ向かうこととなった。 奥さまのジョルジアさんは、夫のフィオレンティーナ行きが決まってからほどなくして、自身のSNSを更新。ローマでの日々が苦悩に満ちていたと告白していた。 「ローマに来た時から、私は空虚感に苛まれ、まるで方向感覚を失ったような日々が続きました。1年半経ってもそれは変わっていません」 「埋めてきたはずの溝が埋まらなくなったんです。ここローマでは様々な人たちを家に迎え入れ、彼らに別れを告げるのは辛いことです…しかし、新しい土地へ行き、新たな出会いに巡り会うことを神からの贈り物と捉え、この機会を最大級に歓迎します」 「ローマで私たち夫婦に関わってくれた全ての方々に感謝します。私の心の一部をここに置いていきます」 ベロッティは2025年6月までローマとの契約を残し、夏に帰還する予定にもかかわらず、ローマ市内に夫婦で住んでいた自宅から退去。首都に戻る意志がないことの表れと考えられている。 現在はレンタル移籍中だが、今後はフィレンツェが定住の地となるのだろうか。 2024.02.27 20:40 Tue
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly