「地域CLはもう二度と…(笑)」栃木シティがついにJFL復帰! 選手ら安堵「やっといい報告ができます」

2023.11.26 21:36 Sun
栃木シティFCが地域CL優勝! JFL昇格へ
©超ワールドサッカー
栃木シティFCが地域CL優勝! JFL昇格へ
26日、全国地域サッカーチャンピオンズリーグ2023(地域CL)決勝ラウンド最終節の2試合が栃木県グリーンスタジアムで行われ、栃木シティFCが優勝を決めた。

JFL昇格を目指す社会人の強豪が日本全国から集う地域CL。今年は“栃木ウーヴァFC”時代の2017シーズン以来となるJFL返り咲きを目指した栃木シティ(以下:栃木C)が頂点に輝き、見事、昇格の権利(※1)を掴み取った。
(※1)12月5日のJFL理事会にて正式決定

栃木Cは関東サッカーリーグ1部の王者に輝いた昨季、地域CL決勝ラウンド最終節のブリオベッカ浦安戦にて、引き分け以上でJFL昇格というなか、長年しのぎを削るライバルに1-3と敗れ、夢破れていた。

そして、JFLまであと勝ち点「1」だった昨季を経た今季も、決して一筋縄ではいかなかった。
関東1部優勝をVONDS市原FCに譲り、“全社枠”での地域CL出場を目指して挑んだ全国社会人サッカー選手権大会も1回戦敗退…もし全社枠(ベスト4)が3つ全て埋まっていれば、栃木Cは百年構想枠適用の申請ができなかった形だ。

それでも、実質的に12チーム中12番目として臨んだ地域CLは、1次ラウンドA組を3連勝で首位突破。決勝ラウンドは第1節こそ福山シティFCに敗れたが、第2節でVONDS市原、26日の第3節でジョイフル本田つくばFCと、関東1部のライバルに2連勝し、頂点まで駆け上がった。

つくばFC戦後、主将のDF野田卓宏が「地域CLはもう二度と戦いたくないです(笑) やっと抜けれたという安堵の気持ちが強いですね」と胸を撫でおろせば、関東1部降格1年目の2018シーズンから6年間所属するFW山村佑樹も「やっといい報告ができます。クラブに関わる全ての方々に『お待たせしました』という思いです」と感慨深げだ。

「今年は“運”もあって地域CLまで来ました。本来ならこの舞台には立てなかった(百年構想枠)わけなので。待たせすぎて申し訳ないという気持ちもありましたし、嬉しいよりもホッとしている、という感じですね」

その他の選手たちもSNSを通じてサポーターに悲願達成を報告する。

今季いわきFCから加入し、キャリア初の地域CLを経験したGK田中勘太は「日本一過酷な大会なんじゃないかと本当に思いました」と、泣き笑いの絵文字付きで回想。1次ラウンドは3日間で3試合、決勝ラウンドも1日おきに3試合を戦うというハードスケジュールがしばしば議論を呼ぶ。

何はともあれ、田中勘太の言葉を借りれば、他力ながらも出場権を掴んだ“日本一過酷な大会”地域CLを制し、見事、地域リーグの頂点に輝いた栃木C。行く先のJFLには関東1部でしのぎを削った浦安、クリアソン新宿も待ち構えている。

早くも2024年の栃木シティFCが楽しみだ。

◆地域CL決勝ラウンド 順位表
1.栃木シティFC | 6 | +4
---JFL昇格権利獲得---
2.VONDS市原FC | 6 | +2
—入替戦進出---
3.ジョイフル本田つくばFC | 3 | -3
4.福山シティFC | 3 | -3
関連ニュース

2024シーズンJFLの全日程発表! 新宿が6月7日に“ホーム”国立競技場で金曜ナイトゲーム、昨季準優勝の浦安は今季も千葉県内を転々

9日、日本フットボールリーグ(JFL)が2024シーズンの全日程を発表した。 現行のリーグ制度となって25年目を迎えたJFL。昨シーズンはJへの門番として名高い“盟主”Honda FCが通算10度目の優勝を成し遂げた一方、昇格組のブリオベッカ浦安が準優勝…同じく昇格組の沖縄SVは最下位フィニッシュも入替戦を制して見事に残留を勝ち取った。 今シーズンの昇格組は、昨季関東サッカーリーグ2位および全国地域サッカーチャンピオンズリーグ(地域CL)優勝の栃木シティ。2017年まで前身の栃木ウーヴァがJFLに在籍した彼らは、クラブ所有の本拠地・CITY FOOTBALL STATIONでホームゲーム全15試合を戦う。 本拠地に関する賛否両論がありながらも2024シーズンJ3ライセンスを交付されていたクリアソン新宿は、一昨季と昨季に続いて今季も新宿区・国立競技場でホームゲーム1試合。6月7日(金)の第11節・FCティアモ枚方戦が、19時00分キックオフの国立フライデーナイトゲームとなる。 その他は、味の素フィールド西が丘(北区)が9試合、AGFフィールド(調布市)が3試合、駒沢オリンピック公園総合運動公園陸上競技場(世田谷区)が2試合となっている。 また、舞浜は“ディズニー真横"の本拠地「ブリオベッカ浦安競技場」が人工芝でJFL利用できない浦安は、今季も千葉県内各地を渡り歩くことに。現状で、フクダ電子アリーナ(千葉市)、第一カッターフィールド“秋津”(習志野市)、ゼットエーオリプリスタジアム(市原市)、柏の葉公園総合競技場(柏市)、重兵衛スポーツフィールド中台陸上競技場(成田市)での開催が予定されている。 J3ライセンス継続審議のラインメール青森は、ホーム開幕戦が4月14日(日)の第6節・ヴィアティン三重戦。会場については未定とされている。 2024.02.09 20:30 Fri

八戸MF丹羽一陽がJFLに昇格した栃木シティFCへ完全移籍「JFL優勝、J3昇格の為に全てを賭けて戦います」

栃木シティFCは6日、ヴァンラーレ八戸のMF丹羽一陽(25)を完全移籍で獲得したことを発表した。 丹羽は名古屋グランパスのU-15から藤枝明誠高校、新潟経営大学へと進学。2021年に八戸に加入した。 八戸では3年間プレーし、J3通算72試合に出場。天皇杯でも4試合に出場していた。 丹羽は2024シーズンから日本フットボールリーグ(JFL)に昇格する栃木シティでプレー。両クラブを通じてコメントしている。 ◆栃木シティFC 「栃木シティに関わる皆様、このたびヴァンラーレ八戸から移籍して来ました丹羽一陽です。栃木シティのJFL優勝、J3昇格の為に全てを賭けて戦います!熱い応援よろしくお願いします! 」 ◆ヴァンラーレ八戸 「リリースの通り、栃木シティFCへ完全移籍する事になりました。大学を卒業してから3年間、本当に沢山の事を経験する事が出来ました」 「日頃より支えて頂いてるスポンサー、パートナー企業の皆様。ボランティアスタッフや裏方の皆様。毎日お昼を作ってくれた食堂のおばちゃん達。どんな時も常に後押ししてくださったファン、サポーターのみんな。社会人としての一歩を踏み出させて頂いた鳳明学園の皆様。そこで出会った沢山の子供達。八戸で出会った全ての皆様に本当に感謝をしています」 「今回の移籍は自分のこれからのサッカー人生を考えて沢山悩んで決断しました。直接皆さんに挨拶出来ずに寂しいですが、僕は選んだ道を必ず成功に繋げるのでこれからも応援して頂けたら嬉しいです!3年間、本当にありがとうございました!また会いましょう!」 2024.01.06 23:05 Sat

栃木シティFCが宮崎退団のFW山崎亮平を完全移籍で獲得「目標を達成する為に必死にやっていきます」

栃木シティFCは5日、テゲバジャーロ宮崎を退団していたFW山崎亮平(34)が完全移籍で加入することを発表した。 山崎は2007年に八千代高校からジュビロ磐田に加入し、2014年まで在籍。その後はアルビレックス新潟、柏レイソル、V・ファーレン長崎を渡り歩き、2023シーズンから宮崎へ加入した。 明治安田生命J1リーグやJ2リーグで279試合に出場してきた山崎は、初のJ3でのプレーながら34試合に出場し4得点を記録していたが1年での退団が決まっていた。 2024シーズンから日本フットボールリーグ(JFL)に昇格する栃木シティを通じてコメントしている。 「栃木シティに関わる皆様、テゲバジャーロ宮崎から移籍してきました山崎亮平です。まずチームに加入するにあたって色々な人の助けや力添えがあってプレーする機会を頂きありがたく思います。チームの目標を達成する為に必死にやっていきますので、応援よろしくお願いします」 2024.01.05 18:32 Fri

JFL昇格の栃木シティ、J3松本からFW鈴木国友を完全移籍獲得「持てる力を全て出します」

来シーズンからJFL昇格の栃木シティFCは29日、松本山雅FCからFW鈴木国友(28)の完全移籍加入を発表した。 鈴木は神奈川県出身で、2018年に湘南ベルマーレへ入団後、ガイナーレ鳥取とギラヴァンツ北九州へのレンタル移籍を経て、2021年に松本へ完全移籍。同年のJ2リーグ37試合で6ゴールを記録する。 ただ、昨季前半戦はモンテディオ山形、後半戦はザスパクサツ群馬へと期限付き移籍し、2クラブ合わせて年間1ゴールのみ。今季はJ3降格2年目の松本に復帰も、J3リーグ24試合で2ゴールにとどまった。 新天地は今年の全国地域サッカーチャンピオンズリーグ(地域CL)を制し、栃木ウーヴァFC時代以来7年ぶりにJFLへ返り咲く栃木Cに。完全移籍にあたり、双方のクラブからコメントを発表している。 ◆松本山雅FC 「松本山雅FCのファン、サポーター、スポンサー企業の方々、2年間ありがとうございました」 「この2年間で松本の街、人、アルウィン、あげたらキリがないくらいこの街を大好きになりました。今年は山雅の力になるため、J2昇格を達成するために戻ってきましたが、その目標を達成できずチームとしても、個人としても、松本の街にとっても悔しいシーズン、不甲斐ない思いが残るシーズンでした」 「そんな中でも変わらないご支援、ご声援ありがとうございました。チームは変わりますが、松本山雅FCで得た学び、経験を活かし次のチームでも頑張ってきます」 ◆栃木シティFC 「栃木シティに関わる皆様、松本山雅FCから移籍してきました、鈴木国友です。昇格というチームの目標を達成する為に、僕の持てる力を全て出します。その上で、応援される選手になれるように頑張ります。よろしくお願いします」 2023.12.29 19:20 Fri

“オシムチルドレン”のMF工藤浩平が39歳で現役引退を決断、今季まで栃木シティFCでプレー…過去には千葉や京都、広島、松本にも在籍「本当に指導者に恵まれていた」

栃木シティFCは24日、MF工藤浩平(39)の現役引退を発表した。 工藤は、ジェフユナイテッド市原(現:ジェフユナイテッド千葉)の下部組織育ちで、ジュニア、ジュニアユース、ユースと昇格。2003年にトップチームに昇格した。 アンダー世代では代表に招集され続け、2001年には田嶋幸三監督(現:日本サッカー協会会長)率いるU-17日本代表の一員としてU-17世界選手権(現:U-17ワールドカップ)にも出場していた。 2003年に千葉でトップチームに昇格すると、イビチャ・オシム監督に育てられた“オシムチルドレン”の1人。千葉の中心選手となると、2008年には岡田武史監督率いる日本代表にも招集された。 2011年には京都サンガF.C.へ完全移籍すると、2015年にサンフレッチェ広島へ完全移籍。しかし、出番が限られ、半年で松本山雅FCへと完全移籍。2018年月に千葉に完全移籍で復帰すると、2021年から栃木シティFCでプレーしていた。 今シーズンは関東サッカーリーグ1部で12試合に出場。チームは全国地域サッカーチャンピオンズリーグ2023で見事に優勝しJFL昇格を掴んだが、現役引退を決断した。 J1通算161試合11得点、J2通算302試合31得点、リーグカップ通算40試合5得点、天皇杯で29試合6得点、関東サッカーリーグ1部で51試合4得点を記録した。 40歳を前に現役引退を決断した工藤は、クラブを通じてコメントしている。 「今シーズンをもって引退します。この歳まで大好きなサッカーを続けられた事、夢中で楽しくボールを蹴り続けれたのは、丈夫な体に産んでくれた両親のおかげです。本当にありがとうございました」 「離れて暮らすことが多かった子供達にも感謝してます。いつも応援してくれていて、試合や練習を頑張る気持ちにさせてくれてありがとう」 「これまでお世話になった、ジェフ市原・千葉、京都サンガ、サンフレッチェ広島、松本山雅、栃木シティ、どのクラブでもたくさんの素晴らしい人たちとの出会いをさせてもらいました。そこで出会った選手、スタッフ、監督コーチ、ファン、サポーター、スポンサー、本当に数えても数えきれないくらいの人に支えられたからこそ、ここまでやってこれたと思ってます。本当にありがとうございました」 「自分は本当に指導者に恵まれていたと思います。サッカーを始めた頃から、今までのすべての指導者の方々にも感謝してます。本当にありがとうございました」 「今後は選手としてもうピッチに立つ事は無いですが、大好きなサッカーを、選手ではない違う形で自分らしく楽しみながらサッカー界に恩返ししていけたらいいなと思ってます。みなさん本当にありがとうございました!!byくどう」 2023.12.24 18:42 Sun
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly