「ヘビー級とフライ級の試合」日本に5失点大敗のシリア、地元メディアは厳しい評価「色も味も匂いも感じさせなかった」

2023.11.22 10:12 Wed
日本相手に5失点惨敗のシリア代表クーペル監督
Getty Images
日本相手に5失点惨敗のシリア代表クーペル監督
日本代表に0-5で敗れたシリア代表。惨敗に地元メディアが辛辣な言葉を並べた。21日、2026年北中米ワールドカップ(W杯)アジア2次予選グループ第2節でシリアは日本と対戦。国内情勢の関係でホームゲームながらサウジアラビアでの開催となった。
初戦の北朝鮮代表戦で0-1と勝利していたシリア。しかし、日本戦では攻撃に出る回数は少なく、初戦でミャンマー代表相手に5点を取っている日本を警戒した。

前半はその作戦が成功したのか、日本の攻撃を許すもゴールは与えず。プラン通りかと思われたが、32分に久保建英の強烈なミドルシュートでこじ開けられると、上田綺世が立て続けに2点を記録し勝負あり。後半も菅原由勢細谷真大に代表初ゴールが生まれ、0-5と惨敗に終わった。

シリア『Al Watan』は日本戦についてリポート。チームのパフォーマンスについて言及している。
「シリア代表はW杯アジア2次予選第2戦で日本代表に対して大敗を喫したが、シリア代表は色も味も匂いも感じさせずに現れ、日本代表が簡単にトレーニングを行えるように助けた」

「GKのイブラヒム・アラマは5失点したにも関わらず、3ゴールを止めたため、崩壊したチームで最も優れていると考えられている」

また、エクトル・クーペル監督の選択についても言及しており、ゴールを奪われないことを優先して攻撃に出なかったと指摘した。

エクトル・クーペル監督は、日本の流れを止めることができず、弱気であるように見えた」

「シリアは最初からゴールを許さないことに熱心であり、日本のゴールを破ろうとする少しの努力もなかったので、90分間を通してチャンスはなかった」

「我々はヘビー級とフライ級のボクシングの試合を見ていることが明らかになった」

1 2
関連ニュース

PK戦を制した10人のイランが8大会連続の8強入り!準々決勝では日本と激突【アジアカップ2023】

アジアカップ2023・ラウンド16のイラン代表vsシリア代表が1月31日に行われ、1-1のスコアで120分が終了。その後に行われたPK戦の結果、5-3でイランが準々決勝進出を決めた。 グループCを首位で通過したイランとグループBを3位で通過したシリアによるラウンド16。 8大会連続のベスト8入りを目指すイランは、最前線にアズムンを据え、2列目にジャハンバフシュ、タレミ、ガエディを並べた[4-2-3-1]の布陣で試合に臨んだ。 史上初の決勝トーナメント進出を果たしたシリアに対し、立ち上がりからボールを保持するイランは8分に最初のチャンス。ジャハンバフシュのラストパスでゴール前に抜け出したアズムンがシュートを放ったが、これはオフサイドの判定となった。 膠着状態が続く中、イランは27分にセットプレーから再びチャンス。左CKのこぼれ球をペナルティアーク内のハジサフィが左足ボレーで合わせたが、これはGKマダニアの好セーブに防がれた。 それでもイランは32分、ジャハンバフシュのループパスに反応したタレミがボックス内で後方からオウスに倒されると、主審はPKを宣告。このPKをタレミがゴール右下に沈めた。 1-0で迎えた後半、先にチャンスを迎えたのはイラン。52分、ジャハンバフシュのパスでボックス内に侵入したアズムンに決定機が訪れたが、シュートは飛び出したGKがブロック。さらにこぼれ球をアズムンが詰めたが、これはオウスのブロックに弾かれた。 劣勢の展開が続いたシリアは59分、ワンチャンスをモノにする。クリビンのロングパスでDFの裏に抜け出したサババッグがボックス左から侵入すると、飛び出したGKに倒される。VARによるチェックの結果、GKベイランヴァンドのファウルが認められシリアがPKを獲得。このPKをクリビンが決め、試合を振り出しに戻した。 追いつかれたイランはすぐに反撃に出る。すると81分、ボックス内のタレミとのパス交換でゴールエリア右付近まで抜け出したゴリザデーが決定機を迎えたが、シュートはGKマダニアが右足でブロックした。 このまま後半終了かと思われたが、イランは91分にアクシデント。左サイドを強引にドリブルで持ち上がったダリをタレミが後方から倒してしまうと、2枚目のイエローカードで退場処分となった。 後半最終盤にかけては数的有利となったシリアが猛攻を仕掛けたが、最後まで勝ち越しゴール奪えず。1-1のまま90分が終了し、試合は延長戦に突入した。 延長戦は数的有利のシリアがポゼッションでイランを上回るが、なかなかシュートに持ち込むには至らない。結局、最後まで互いに決め手を欠き、試合は1-1でPK戦に突入。 そのPK戦では5人全員が成功したイランに対し、後攻のシリアは2人目のファフド・ユセフが失敗。PKスコア5-3でイランが準々決勝進出を決めた。 なお、激闘を制してベスト8進出を決めたイランは、準々決勝で日本代表と対戦する。 2024.02.01 04:03 Thu

オーストラリアが首位通過を決める! 引き分けたウズベキスタンが2位通過、3位のシリアは勝ち点4に伸ばし3位通過で優位に【アジアカップ2023】

23日、アジアカップ2023グループCの最終節が行われた。 すでにグループステージ突破を決めているオーストラリア代表は、2位のウズベキスタン代表と対戦。オーストラリアは敗れれば2位での通過となり、対戦相手を考えれば首位通過をしたいところ。負傷したFC町田ゼルビアのFWミッチェル・デュークはメンバー外に。ここまで出番のないアルビレックス新潟のDFトーマス・デンは、この試合もベンチスタートとなった。 対するウスベキスタンは引き分ければグループステージ突破。負けたとしても3位での通過の可能性が残る戦いとなった。この試合は日本の荒木友輔主審、三原純副審、聳城巧副審の日本人セットが務めた試合。勝利したい両チームは立ち上がりから攻め合う展開となる。 それでもペースはオーストラリア。すると25分、オーストラリアが攻め込んだ中、スルーパスにマーティン・ボイルが抜け出そうとした中で、ウマル・エシュムロドフが掴んで倒したものの荒木主審はイエローカード。VARチェックが入ったが、レッドカードは出されず。このFKをライリー・マクグリーが狙ったが枠を大きく外してしまう。 ウズベキスタンは鋭いカウンターで一発を狙うもオーストラリアが粘りを見せて得点を許さず。すると41分、左サイドをオーストラリアが仕掛けると、ボックス左を仕掛けたクシニ・イェンギが折り返すと、ライリー・マクグリーはボックス内中央でフリーもシュートミス。チャンスを逸してしまった。 しかし、このシーンでイェンギの折り返しをオジルジョン・ハムロベコフがハンド。VARチェック後にオン・フィールド・レビューをした結果、荒木主審はPKを支持。これをボイルが冷静に決め、オーストラリアが先制に成功する。 前半はオーストラリアが押し込んでリードで終えたが、後半は追いつきたいウズベキスタンが攻勢。すると60分、FKからウズベキスタンがゴール。離れた位置からのクロスをボックス内でウマル・エシュムロドフがヘッド。見事に合わせるが、これはオフサイドでゴールは認められなかった。 それでも79分についにウズベキスタンがやり返す。左サイドを仕掛けると、ボックス左からヤロルディン・マシャリポフがクロス。柔らかい浮き球のボールをアジズベク・トゥルグンボエフが打点の高いヘッドで叩き込み、ウズベキスタンが同点に追いつく。 途中出場2人の活躍で追いついたウズベキスタン。その後は互いに攻め合いながらも、ゴールは生まれず、1-1のドロー。勝ち点1を分け合い、両者共にグループステージ突破を決め、オーストラリアは1位での通過という目標を達成した。 もう1試合はシリア代表vsインド代表の一戦。エクトル・クーペル監督率いるシリアは史上初のグループステージ突破を目指す戦いに。勝利すればその可能性が高まる中で、1-0で勝利。インドも非常に粘っていた中、76分にカウンターからボックス内でパスを受けたオマール・クリビンがねじ込みゴール。シリアは1-0で勝利し勝ち点4に伸ばし、3位となった。 オーストラリア代表 1-1 ウズベキスタン代表 【オーストラリア】 マーティン・ボイル(45分+1) 【ウズベキスタン】 アジズベク・トゥルグンボエフ(78分) シリア代表 1-0 インド代表 【シリア】 オマール・クリビン(66分) 2024.01.23 22:47 Tue

「3-0や4-0の方が説得力あるだろうけど」オーストラリア代表守護神ライアン、2戦連続辛勝での決勝T進出に充実感

オーストラリア代表GKマシュー・ライアンがシリア代表戦を振り返った。オーストラリア『news.com.au』が伝えている。 オーストラリア代表の絶対的守護神ライアン。過去にレアル・ソシエダ、ブライトン&ホーヴ・アルビオン、アーセナルなどでもプレーしたキャプテンは、現在日本代表DF菅原由勢とともにAZで活躍するなか、アジアカップ2023に参戦し、ここまでグループ2試合にフル出場する。 チームはグループB第1節・インド代表戦で2-0と危なげなくもやや物足りない勝利となったなか、18日に行われた第2節・シリア代表戦。90分間を通じてライアンの守るゴールマウスを何度か脅かされるも、59分にMFジャクソン・アーバインが決めた一発を守り抜き、1-0の勝利で2連勝…ノックアウトステージ進出を決めた。 ライアンは試合後、「守備面でシリアを勝った結果。この勝利を誇りに思う」とし、残すグループ第3節・ウズベキスタン代表戦、そしてノックアウトステージへの決意を披露した。 「サッカーは簡単じゃない。2つのチームがそこにいて、どちらも相手を困難に陥れるべく最善を尽くす…勝ちたい気持ちに大きな差はなく、毎回うまくいくわけではない」 「今日の僕たちは探りを入れつつ、相手のファイナルサードに何度も侵入できた。けど、1〜2回のチャンスをモノにできなかった。これは『不運だった』とするべきだ。3-0や4-0といったスコアの方が説得力があるだろうけど、僕たちが仕事をやり遂げた(勝利)ことに変わりはない」 「その結果、次(ノックアウトステージ)へ進むことになったんだ。ウズベキスタン戦はチームを向上させるための重要な試合になるね。使命は今大会で優勝することだし、確信も持っているけど、とにかく今はウズベキスタンに意識を傾けているよ」 オーストラリアはウズベキスタン戦引き分け以上で首位通過となる。 グループB順位表(第2節終了時点) 1.オーストラリア「勝ち点6」 得失点差+3 2.ウズベキスタン「4」 +3 3.シリア「1」 -1 4.インド「0」 -5 2024.01.21 17:30 Sun

オーストラリアがシリアに苦しむもアーバインのゴールで連勝! GS突破でラウンド16進出決定【アジアカップ2023】

18日、アジアカップ2023グループB第2節のシリア代表vsオーストラリア代表がジャシム・ビン・ハマド・スタジアムで行われ、0-1でオーストラリアが勝利。ラウンド16進出を決めた。 第1節ではウズベキスタン代表と0-0の引き分けに終わったシリアと、インド代表との試合で2-0と勝利したオーストラリアの一戦となった。 オーストラリアはFC町田ゼルビアのFWミッチェル・デュークが先発出場。アルビレックス新潟のDFトーマス・デンはベンチスタートとなった。 試合は立ち上がりシリアが攻勢に。5分、シリアはカウンターから攻め込むと、浮き球のパスをイブラヒム・ヘサルがボックス内深くで収め、落としたボールをパブロ・サババッグがボックス内右からシュート。しかし、このシュートが右ポストを叩くことに。オーストラリアとしては助かったシーンとなった。 すると17分にはオーストラリアがチャンス。FKからコナー・メトカーフが左足で上げたクロスボールをファーサイドに飛び込んだジャクソン・アーバインがダイビングヘッドで合わせるが、枠を外れてしまった。 オーストラリアはペースを握りにいきたいが、シリアの策にハマっていく。激しいデュエルの中で、手が顔付近に触れると次々とシリアの選手が倒れ時間が経過していく展開に。流れを寸断され、難しい戦いを強いられる。 それでもオーストラリアペースで進むと、36分には左CKからのクロスをジェスィン・ジョーンズがニアでフリック。ファーサイドでアーバインが待っていたが、合わせられない。 シリアはカウンターで押し込んで行こうとすると、39分にはボックス内左でボールを受けたアマール・ラマダンがフリーでシュート。しかし、枠を外してしまう。 ゴールレスで迎えた後半だったが、先にゴールを奪ったのはオーストラリア。右サイドでボールを受けたマーティン・ボイルがドリブルでカットイン。ボックス内でシリアも対応しきれないと、こぼれ球が上手くアーバインの元へ。落ち着いて蹴り込み、苦しみながらもオーストラリアが先制に成功する。 先制を許したシリアだったが攻め手を緩めることはない。クリアボールを拾ったムーヤド・アジャンが右足でロングシュート。これをGKマシュー・ライアンがファンブル。ゴールに向かうが、なんとか自らリカバーする。 オーストラリアが攻め込みながらもシリアも粘っていく形で時間が済むことに。シリアは攻撃陣を入れ替えて同点を目指していく戦いにとなる。 シリアは粘り強く戦うが、オーストラリアも最後まで攻勢をやめずに押し込むことで試合を進めていく。結局最後までオースラリアはゴールを許さずに0-1で勝利し連勝を収めた。 なお、この結果オーストラリアはラウンド16進出が決定。グループAのカタールに続いての突破となった。 シリア代表 0-1 オーストラリア代表 【オーストラリア】 ジャクソン・アーバイン(後14) <span class="paragraph-title">【動画】苦しんだ末のアーバイン弾でオーストラリアがGS突破</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet" data-media-max-width="560"><p lang="ja" dir="ltr">/<br><a href="https://t.co/T0oidT4bom">pic.twitter.com/T0oidT4bom</a></p>&mdash; DAZN Japan (@DAZN_JPN) <a href="https://twitter.com/DAZN_JPN/status/1747967732409131123?ref_src=twsrc%5Etfw">January 18, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2024.01.18 22:42 Thu

南野拓実がアジアカップ第1節のベストイレブンに選出! 圧巻2発のイ・ガンインらも

アジアサッカー連盟(AFC)は17日、アジアカップ2023のグループステージ第1節のベストイレブンを発表した。 日本代表からはベトナム代表戦で2ゴール1アシストの活躍を見せたMF南野拓実(モナコ)が唯一選出されている。 16日にグループステージ第1節が終了したアジアカップ。日本や韓国代表、サウジアラビア代表と強豪国は揃って勝利したものの、いずれも苦戦が続いての勝利となった。 ベストイレブンには南野の他、バーレーン戦で圧巻の2ゴールを記録した韓国代表MFイ・ガンインや先制ゴールのMFファン・インボム、オーストラリア代表MFクレイグ・グッドウィン、開催国カタール代表のGKメシャール・バルシャム、FWアクラム・アフィフ、マレーシア代表戦で2ゴールのヨルダン代表FWマフムード・アル・マルディなどが選ばれている。 ◆アジアカップ2023 第1節ベストイレブン GK メシャール・バルシャム(カタール) DF アブドゥル・ラーマン・ワイス(シリア) アリ・アル・ブライヒ(サウジアラビア) アハメド・アル・ハミシ(オマーン) マフムード・アル・マルディ(ヨルダン) MF イ・ガンイン(韓国) ファン・インボム(韓国) 南野拓実(日本) クレイグ・グッドウィン(オーストラリア) FW アクラム・アフィム(カタール) スパチャイ・チャイデ(タイ) <span class="paragraph-title">【写真】南野拓実が第1節のベストイレブンに選出!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr"> Who impressed you the most?<a href="https://twitter.com/VisitSaudi?ref_src=twsrc%5Etfw">@VisitSaudi</a> | <a href="https://twitter.com/hashtag/AsianCup2023?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#AsianCup2023</a> | <a href="https://twitter.com/hashtag/TOTM?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#TOTM</a> <a href="https://t.co/J8eHGWwSYf">pic.twitter.com/J8eHGWwSYf</a></p>&mdash; #AsianCup2023 (@afcasiancup) <a href="https://twitter.com/afcasiancup/status/1747532442574168248?ref_src=twsrc%5Etfw">January 17, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2024.01.18 10:10 Thu
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly