スタッド・レンヌがジェネジオ監督に退任を発表…後任には前監督のステファン氏を招へい

2023.11.20 07:30 Mon
退任したジェネジオ監督(左)と後任のステファン氏(右)
Getty Images
退任したジェネジオ監督(左)と後任のステファン氏(右)
スタッド・レンヌは19日、ブルーノ・ジェネジオ監督(57)の退任及び、ジュリアン・ステファン氏(43)の新監督就任を発表した。
PR
クラブはジェネジオ監督の退任理由について、個人的な理由とだけ発表している。
これまでリヨン、北京国安で実績を残してきたジェネジオ監督は、ジュリアン・ステファン前監督の解任に伴い、2021年3月にレンヌの新指揮官に就任。チームをヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)出場圏内の6位フィニッシュに導いた。

さらに、2021-22シーズン、2022-23シーズンはチャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得はならなかったものの、魅力的なアタッキングスタイルでヨーロッパリーグ(EL)出場圏内の4位でシーズンを終えていた。

今季も開幕からリーグ・アン7試合無敗と好スタートを切ったが、第8節のパリ・サンジェルマン戦で初黒星を喫すると、以降の4試合は1分け3敗と未勝利が続いていた。
その後任に就任したステファン氏は、2012年にレンヌの下部組織で指導者キャリアをスタートすると、2018年12月にトップチームの監督に就任。2018-19シーズンにはクープ・ドゥ・フランス優勝を果たし、2019-20シーズンにはレンヌをクラブ史上初めてチャンピオンズリーグ出場に導いていたが、2021年3月に成績不振を受けて辞任。

同年5月からストラスブールの指揮官に就任すると、2021-22シーズンは終盤までヨーロッパリーグ出場権争いを繰り広げると、クラブ史上最高となる6位でシーズンをフィニッシュ。しかし、昨シーズンは開幕から大不振に陥り、今年1月に解任されていた。

PR
関連ニュース

「キリアン抜きの戦いに慣れないと」 PSG監督がリード許す展開のムバッペ途中交代を説明

パリ・サンジェルマン(PSG)のルイス・エンリケ監督が追いかける展開でフランス代表FWキリアン・ムバッペに交代を命じた。 PSGは25日のリーグ・アン第23節でスタッド・レンヌとホームで対戦。33分に先制を許すと、途中から出場したゴンサロ・ラモスがPKを決めた90+7分に追いつくのやっとで、3連勝がストップした。 そんな試合ではムバッペが65分にピッチを後に。チームは1点ビハインドのシチュエーションとあって、話題のひと幕だった。 フランス『Le Parisien』によると、スペイン人指揮官は試合後の会見でその件についても言及。今季終了後の移籍話が加熱するエースの途中交代に述べたようだ。 「ムバッペに関しては遅かれ早かれ、あのような状況がまた起こるだろう。キリアン抜きの戦いに慣れていかないといけない。いかなるコーチが選手にそうするように、私が正しいと判断したとき、彼がプレーするか否かが決まる」 また、試合自体に関しては苦戦を認めつつ、引き分けという結果にも納得の様子をうかがわせた。 「序盤から複雑な試合だったし、いつもより正確さを欠き、インスピレーションも足りなかった。チームの姿勢とプレッシャーは良かったよ。ゴールの場面を除けば相手にほとんど突破させなかった」 「おそらくボールを持っていないときの機動力が欠けたのかもしれないが、大事なこと。後半はチャンスを作るのに苦労したが、引き分けという結果は最終的に妥当だ」 2024.02.26 15:35 Mon

PSG、レンヌ相手に苦戦もG・ラモスのラストプレーPK弾でドロー【リーグ・アン】

リーグ・アン第23節、パリ・サンジェルマン(PSG)vsスタッド・レンヌが25日にパルク・デ・プランスで行われ、1-1のドローに終わった。 リーグ3連勝で首位を快走するPSGは、7位のレンヌを相手に4連勝を狙った。ルイス・エンリケ監督は2-0で勝利したナント戦から先発5人を変更。マルキーニョスやザイール=エメリがスタメンを外れた一方、ムバッペやデンベレが復帰した。 試合はホームのPSGがボールを握って押し込む展開に。アタッキングサードでデンベレやムバッペの仕掛けで局面の打開を図るなか、序盤はミドルレンジからの強引なシュートが目立つ。20分にはデンベレとのパス交換でペナルティアーク付近でボールを受けたヴィティーニャがゴール左隅へ決定的なシュートを飛ばすが、これはGKマンダンダの好守に遭う。 一方、ヨーロッパリーグの疲労が見受けられるレンヌだったが、鮮やかな個人技からワンチャンスを活かして先制点を奪う。33分、相手陣内中央でデジレ・ドゥエから足元にパスを受けたグイリが強引に中央突破を仕掛けてDFダニーロを裏街道で抜き去ると、最後はGKとDFに寄せられる寸前で右足アウトにかけた見事なシュートをゴールネットに突き刺した。 失点後にすぐさま反撃の姿勢を見せたものの、なかなか攻撃のリズムを掴めずに1点ビハインドで試合を折り返したPSG。後半はイ・ガンインを下げてアセンシオを投入し、早い時間帯のゴールを目指すが、前半同様に苦戦が続く。59分にはデンベレが見事な左足のシュートでゴールに迫るが、GKマンダンダの好守に遭う。 この苦しい展開を受け、ルイス・エンリケ監督はムバッペやデンベレ、バルコラと主力アタッカーを下げてコロ・ムアニ、ゴンサロ・ラモスらを投入。さらに、長期離脱明けの攻撃的な左サイドバックのヌーノ・メンデスもピッチに送り込んだ。 後半終盤を迎えて専守防衛の構えを見せるアウェイチーム相手に決死の猛攻を仕掛けていくと、87分にはボックス内でドゥエと交錯したゴンサロ・ラモスがPKを獲得。だが、オンフィールド・レビューの結果、接触なしとの判定でゴンサロ・ラモスにイエローカードが出る。 これで万事休したかに思われたが、後半アディショナルタイムにボックス内でゴンサロ・ラモスがGKマンダンダと交錯すると、オンフィールド・レビューの結果、今度はPSGにPKが与えられた。そして、これをゴンサロ・ラモス自らきっちり決め切り、苦しんだレンヌ戦を劇的ドローで終えた。 2024.02.26 03:17 Mon

「満足感をもってミラノに戻る」 2ndレグ落とすも16強入りのミラン、指揮官がレオン&禊ぎ弾ヨビッチにも賛辞

ミランがヨーロッパリーグ(EL)16強入りを果たした。 ミランは22日のプレーオフ2ndレグでスタッド・レンヌのホームに乗り込み、2-3の敗北。2度にわたって追いついたが、そこから突き放されてしまった。 敵地に乗り込んでのリターンレグではやり返されたミランだったが、3-0で快勝した1stレグが物を言い、トータルスコアで次のラウンドに進出した。 ステファノ・ピオリ監督はイタリア『スカイ』で「1stレグで簡単に感じた難敵を破ったという満足感をもってミラノに戻る」と話し、守備を課題とした。 「今夜の試合では攻撃のポテンシャルを示した。我々は相手がスペースを空ければ危険な存在だが、より堅実に失点を減らす必要もある。そうでなければ、しばしば複雑にさせる」 そんなスタッド・レンヌ戦ではラファエル・レオンとともに、直近のセリエAでレッドカードを受けたルカ・ヨビッチが禊ぎのゴール。指揮官は2人に賛辞の言葉を送っている。 「私にとって、レオンは決定的な選手であり、ゴールを決められずとも重要だ。彼が作り出したチャンスを考えると、無得点で終えるのは残念なことだっただろう」 「ヨビッチは残念ながら、日曜日に重大な愚行をおかした。それでも、チャンスがあったし、それは然るべきだ。彼には素晴らしい素質があると今でも思う」 「彼はエリア内で時間を作る術を知っているし、チームをうまくプレーさせる方法もだ。(オリヴィエ・)ジルーとも一緒にプレーできるし、美しいコンビになるはずだ」 2024.02.23 10:25 Fri

ミランがベスト16進出…ブリジョーにハット許して敗戦も初戦のアドバンテージ活かす【EL】

ヨーロッパリーグ(EL)のプレーオフ2ndレグ、スタッド・レンヌvsミランが22日にロアゾン・パルクで行われ、ホームのレンヌが3-2で勝利した。だが、2戦合計3-5のミランがラウンド16進出を決めた。 チャンピオンズリーグ(CL)のグループステージ3位敗退に伴い、プレーオフからのEL参戦となったミラン。リーグ・アンの強豪レンヌとのホーム開催の初戦ではロフタス=チークのドッピエッタにレオンのゴールによって3-0の先勝。優勝候補に相応しいパフォーマンスを見せた。 ただ、直近のセリエAでは格下モンツァに2-4で敗れる失態を演じ、敵地で行われる今回の2ndレグへ若干の不安を抱えて臨む形となった。ピオリ監督はリーグ戦のバウンスバックと共にベスト16進出を懸けた一戦に向けて先発5人を変更。ロフタス=チーク、チャウに代えてラインデルスやケアーが起用され、チュクウェゼとオカフォーに代わってプリシック、レオンが復帰した。 試合は開始早々にミランに決定機。2分、ベナセルのスルーパスに抜け出したレオンがスピードに乗ってボックス左に持ち込んで左足シュートを枠に飛ばすが、ここはGKマンダンダの好守に阻まれる。 一方、冷や汗をかく立ち上がりのピンチを凌いだレンヌは早い時間帯のゴールを目指して攻勢を仕掛けていく。そして、幾つか際どいシーンを作って押し込むと、11分にはペナルティアーク右でサンタマリアの横パスを受けたブリジョーが見事な右足の低弾道シュートをゴール左隅に突き刺し、先制点を挙げた。 このファインゴールによってスタジアムのボルテージが一気に高まってホームチーム優勢の時間帯が続く。だが、我慢の戦いで追加点を許さないミランが、見事な崩しから同点ゴールを奪う。 22分、ラインデルスが複数DFを引き寄せる中央突破から左サイドの高い位置に侵入したテオ・エルナンデスに展開。テオから高精度の左足ダイレクトクロスが供給されると、ファーでドフリーのヨビッチがヘディングで合わせた。 モンツァ戦愚行退場のヨビッチの禊のゴールで1-1のスコアとなったが、レンヌも気落ちすることなくアグレッシブにゴールを目指す。失点直後にはブリジョーの強烈な直接FK、ゴール前の混戦からのカリムエンドのボレーシュートでGKメニャンにファインセーブを強いる。 前半半ばから終盤にかけては一進一退の攻防に。レンヌがより相手陣内深くでプレーしたが、ミランの集中した守備を前に2点目が遠かった。 1-1のイーブンで折り返した後半は前半の流れを完全に踏襲する展開に。立ち上がりにレオンの決定機をGKマンダンダの好守で凌いだレンヌは、52分にテリエとDFケアーの微妙な接触からPKを獲得。これをキッカーのブリジョーが冷静に決めてレンヌが勝ち越しに成功する。 だが、ミランも58分に相手ディフェンスラインの連携ミスからボールを奪ったレオンが左サイドを持ち上がってボックス内に侵入。GKと交錯しながらもこぼれ球を足元に収めて無人のゴールへ流し込み、瞬く間に追いついた。 この直後にミランはレオン、ベナセル、プリシックを下げてロフタス=チーク、オカフォー、チュクウェゼを一気に投入。フレッシュな選手の投入で試合を落ち着かせにかかる。 一方、同じくフレッシュな選手の投入で前がかるレンヌは68分、ボックス内でのヨビッチのハンドによってこの試合2つ目のPKを獲得。これをキッカーのブリジョーが右隅に決めてハットトリックと共に3度目のリードを手にした。 ここから畳みかけたいレンヌだったが、守備的な交代カードを切ってうまく試合をコントロールするミランを前になかなか決定機まで持ち込めない。 そして、試合はこのまま3-2でタイムアップを迎え、ブリジョーのハットトリックでレンヌが意地を見せたものの、初戦の大きなアドバンテージを活かして逃げ切ったミランが順当にベスト16進出を決めた。 2024.02.23 04:49 Fri

緊張感を保つミラン指揮官「まだ終わったわけじゃない」 EL16強に大きく前進の先勝も

ミランがヨーロッパリーグ(EL)ラウンド16進出に前進した。 チャンピオンズリーグのグループステージ敗退により、ELに回ったミラン。15日のプレーオフ1stレグでスタッド・レンヌをホームに迎え撃ち、ルベン・ロフタス=チークの2発とラファエル・レオンのダメ押しゴールで3-0と先勝した。 イタリア『スカイ』によると、22日に行われる敵地でのリターンレグに大きなアドバンテージを手にしたステファノ・ピオリ監督はこう振り返っている。 「CLの話をするのはもう無駄だが、あの悔しさからELでベストを尽くすという目標を掲げた。試合は簡単じゃなく、狙ったとおりにリードしたが、まだ終わったわけじゃない」 「今は良い状態だが、気を緩めるわけにいかない。新年を迎えて好調だが、困難が必ずやってくる。特に、精神面で良い状態だが、勝ちしたいという気持ちを持ち続けないとね」 また、殊勲のロフタス=チークにも「彼は年始から体調不良に見舞われ、しばらく練習を休んだが、ようやく調子が上がってきてくれた」と語った。 「クオリティのある選手だし、エリア内に入っていったときのフィジカルの強さは本当に決定的だ。かつてCLで対戦した際はそう思わなかったが、思った以上に攻撃的で、質が高かった」 「彼はファンタスティックだ。ラツィオ時代にセルゲイ・ミリンコビッチ=サビッチを指導したが、クオリティやフィジカルの強さ、まとまりという点において、彼とよく似ている」 そして、レオンにも「彼は得点に絡めなかったときも、攻撃の中心にいるし、常に穏やか。もちろん、エリア内でもっとプレーしてほしいが、いつだって勝利に貢献してくれている」と評した。 2024.02.16 08:55 Fri
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly