先制ヘッドの東京NB・村松智子、後半課題もチームの守備意識向上を実感「球際で戦えていた」

2023.11.13 16:50 Mon
ヘディングで開幕戦ゴールの東京NBキャプテン・村松智子
©WE LEAGUE
ヘディングで開幕戦ゴールの東京NBキャプテン・村松智子
日テレ・東京ヴェルディベレーザのDF村松智子が、自らの得点と守備面について振り返った。東京NBは12日、2023-24 WEリーグ開幕節でAC長野パルセイロ・レディースを味の素フィールド西が丘に迎えた。
週半ばまでの温暖さと打って変わって寒気の中でキックオフを迎えた一戦は、菅野奏音のCKに村松が合わせて東京NBが10分に先制点を奪うと、出足の良い守備と見事なボール回しで前半は攻守で圧倒した。

後半にはAC長野の圧力を受けて我慢の時間もあったが、69分に北村菜々美が追加点を奪取。75分に伊藤めぐみに1点を返されたものの、84分には木下桃香のゴールで再びリードを広げ、3-1と勝利を収めた。

チームの今季リーグ戦ファーストゴールを挙げたキャプテンの村松は「(菅野)奏音のボールがすごく良くて、本当合わせるだけでした。あのフィーリングをずっと練習していたので、決まってよかったです」と、チームメイトに感謝。ニアへのストレート性クロスをファーへ、というのはイメージ通りだったと振り返る。
ゴール後には劇団四季の『ライオンキング』に由来するパフォーマンスを披露。「桃香と(宮川)麻都で(3人のうち誰かが点を取った時は)やろうと言っていたので、今日まさか二回もできるとは」と、相好を崩した。

「攻撃の選手にはタレントが多くいますが、(相手にゴール前を)固められてしまうと、(点が)取れない時間帯もあると思うので、セットプレーもベレーザの武器の1つになればと思います」

守備面でも前半は完璧ともいえる内容で、ボールを失った瞬間から、即座に奪い返す準備が整っていた。センターバックの相方、坂部幸菜を含めてAC長野のクサビのパスを九分九厘カットした。チームとしてただ前線から奪いにいくだけではなく、最終ラインとボランチでのサンド、奪った後のパスコースの確保など、村松なりの思慮がうかがえる。

「今日自分がより意識したのは、ボランチをどこまで行かせるかということ。練習試合などでは、前から(守備に)行くとボランチ(2人とも)行ってしまって、自分の前にあまり味方がいないという状況が多かった。なので、どちらか必ず一枚がいるようには意識しました。前のプレッシングも徹底しやすかったですし、球際の部分で戦えていたと思います」

14分には自陣での味方のボールロストから川船暁海にフィニッシュまで持ち込まれたが、村松が危機をいち早く察知し、スライディングでシュートブロック。事なきを得た。

「(チームメイトを)もちろん信頼はしているけれど、『この人ならできるだろう』って信じ切っていたら、カバーには絶対入らない。もしかしたら『この人がミスをするかも』という感覚を(頭の隅に)持っているから、すぐにカバーができると思うので、そういう小さなところからしっかりやっていきたいです」

一方で後半はAC長野のプレッシングを受け、奪った後のボールを動かせなくなり苦しんだ。失点はリードを広げた後で、致命傷にはならず。WEリーグカップ最終節のように失点が重ならなかったことをポジティブに捉えつつ、今後へ向けての課題として持ち帰ることとなった。

「後半は相手が前から来るだろうという予想はしていましたが、ちょっと相手に飲まれてしまう時間帯もあった。そこでどう戦うかは一回整理しないといけないなとは思うんですけど、そういうときでも早い時間帯で失点しなかったのは、カップ戦での大量失点を考えると、チームとして少しは前に進めたのかなと思います」

1 2
関連ニュース

「裏をもっと突けるんじゃないか」東京NB・松田紫野が狙い通りに攻撃活性化、同点弾演出は「運良くって感じです」

途中出場で同点ゴールに関与した日テレ・東京ヴェルディベレーザのDF松田紫野が、ノジマステラ神奈川相模原戦を振り返った。 東京NBは18日、2023-24WEリーグ第15節でN相模原と味の素フィールド西が丘で対戦。3-1と逆転勝ちを収めた。 ベンチスタートとなった松田は後半頭から出場し、3バックの左へ入った。ウインターブレイクが明けて以降、しばらく別メニューでの調整が続いていたが、再開後ようやく初出場。8試合ぶりのピッチに立った。 「休んでいた分、準備期間はあったのでそこでコンディションを上げて、フィジカル(トレーニング)やケアは入念にやってきたので、復帰戦でしたけどしっかりやれたと思います」と手応えを口にする。 74分にはクロスから同点ゴールを演出。「正直、クロスを上げた時にはやってしまったと思って…。もうちょっとニアを越して真ん中ぐらいへのボールを蹴りたいと思っていたんですけど、前に当たってしまって、運良くって感じです」と、狙いとは若干ずれていたことに照れながらも、結果に結び付いたことに顔を綻ばせた。 前半の戦いを見て「ウイングに(相手の)サイドバックが結構食い付くシーンがあったので、その裏をもうちょっと突けるんじゃないか」と分析。「コーチからもそこを意識して、もらったときには左でオープンで持って、(北村)菜々美さんの裏や足下の使い分けと、持った時に中のフォワードを見ることを意識して欲しいと言われました」との指示通り、サイドからの攻撃を活性化している。 「みんなも共通意識を持てている」との言葉にあるよう、新システムの中でクロスが増加傾向にある東京NB。これを元々のパスサッカーとどう組み合わせるかが、攻撃のバリエーションにもつながってくる。 クロスに至る過程でも、外外でまくる以外に、同点シーンのように中央へ人を集め、サイドのスペースを作るパターンもある。 一辺倒になるのではなく、「ベレーザの特徴でもあるパスサッカーで中央突破することも忘れずに、両方できるのが強みだと思うので、精度を上げるのはこれからの課題かなと思います」と両立や使い分けを目指しながら、次節以降へ向けても「まだまだ順位争いありますけど、まずは1つ1つの試合に集中して、みんなで戦って必ず勝利したいなと思います」と意気込みを語った。 <span class="paragraph-title">【動画】途中出場・松田紫野のクロスが同点ゴールに結び付く!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="z-82AU8q9-I";var video_start = 72;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.04.19 17:15 Fri

東京NB・山本柚月がチームトップの5得点目、成果結実のカットインゴールに「流れはイメージ通り」

日テレ・東京ヴェルディベレーザのFW山本柚月が自身の得点シーンを振り返った。。 東京NBは18日、2023-24WEリーグ第15節でN相模原と味の素フィールド西が丘で対戦。3-1と逆転勝ちを収めた。 この日は6試合ぶりにベンチからのスタートとなった山本は、ハーフタイム明けから途中出場。右のウイングバックとして幾度もキレのあるドリブルを披露し、プレスバックでも労を惜しまず。84分にはカットインからの一撃も沈めた。 ビハインドで折り返すこととなった前半の戦況は「ずっと課題でもあったゴール前の崩しや相手のサイドとのかみ合いが、あまりうまくいってないなとは思っていた」と分析。 第8節の前回対戦時、[3-4-2-1]で臨んだN相模原は、この日は4バックを採用。相手のシステムが異なっていた影響も若干感じつつ「相手のサイドハーフが自分たちのスリーバックのサイドに対してプレッシャーに来ていましたが、そこに来るってことは空くところもあるので、そのスペースをうまく使えたら」とも感じていたという。 ハーフタイムの3枚替えで、山本を含めた途中出場選手が攻撃を活性化。前半以上に深い位置まで押し込む時間が増えた。「ビハインドだったので、ゴール前の積極性や力強さを出せたらと。それを全員が意識してできた」ことが、後半の躍動、逆転に繋がった。 一対一の勝負では完勝といっていいだろう。キレが増す中、縦突破からのクロスだけでなく、「クロスが生きてきた中での次のステップだと思っていた」と話すカットインからのシュートは、これまでの試合でも度々披露。一方で、「今までもイメージはあったんですけど、なかなか入っていなかった」が、84分には成果が結実。右奥から中央へ切れ込み、2度の切り返しから抑えの効いた左足の一撃を左下隅へ流し込んだ。 チームトップとなる5試合ぶり今季リーグ戦5ゴール目については、「今日は3本くらい打って、ほかの2本は浮いてしまいましたし、利き足ではないので、コントロールショットはまだ難しいところがありますけど、得点したシーンでは結構中に入っていけて、流れの中ではイメージ通りでした」 東京NBは次節、中2日でセレッソ大阪ヤンマーレディースと対戦。この試合も、前半は相手のプレッシングに苦しみ、先制を許す展開だったが、山本のゴールで追い付き、1-1に終わった。 1カ月を経ての再戦へ向けては、「前回は思い通りに行かない試合で、今回も先制されてますし、先手を打っていけるように、先制点を取れるようにしっかり入って、3連戦のラストでもあるので、出し切ってチーム全員で勝ちたいなと思っています」と力強い言葉を残している。 <span class="paragraph-title">【動画】山本柚月がカットインからの見事な左足フィニッシュ!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="z-82AU8q9-I";var video_start = 120;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.04.19 16:45 Fri

成長感じるもN相模原は白星遠く…逆転負けで未勝利続く小笠原唯志監督「代表クラスはそこで決める」

ノジマステラ神奈川相模原の小笠原唯志監督が、敗れた日テレ・東京ヴェルディベレーザ戦を振り返った。 N相模原は18日、2023-24WEリーグ第15節で東京NBとアウェイで対戦。前半、ワンチャンスを生かして南野亜里沙の一撃で先制したが、後半3失点を喫しての逆転負けで4連敗となり、2分け13敗と未勝利が続いている。 小笠原監督は試合後の会見で「選手は本当に一生懸命頑張っています。そこは本当に認めてあげてほしいと思っています」と繰り返し述べた通り、今節は粘りの戦いを披露。中断明けは3バックが中心だったが、前節からは4バックへシフトし、今節は笹井一愛と南野亜里沙が縦関係を築く[4-4-1-1]を採用。前線の2人は東京NBのボランチに睨みを効かせ、前半はパスを引っ掛ける場面も多かった。 指揮官は「ベレーザさんのビルドアップが変則的な立ち位置なので、2トップで(相手の3バックを)追うと、ボランチに簡単に入れられて前を向かれ進まれてしまう。1トップ気味で南野がボランチを見る形で、サイドにボールが出たらサイドハーフが出ていくと、そこはうまくいったと思います。ただ、相手が付いていてもベレーザさんは全然(ボールを)取られないので、粘り強いディフェンスでなんとか相手にプレッシャーをかけて長いボールを蹴らせて、回収するようなプランで、そういう形にしました」と意図を明かす。 後半もサイドから押し込まれる回数が増えた中で「9割ぐらい、あのゴール以外は全部弾けていたと思いますし、そこは本当によく守れるようになったと思います」と、選手の成長を称えた。 一方で「あのゴール」となった74分、松田紫野のクロスに対する南里杏のクリアがオウンゴールとなり、試合は振り出しに。そこから80分、84分と立て続けの失点を喫したことで、天秤は大きく傾いた。 「ベレーザさんは力がありますが、前半本当に我慢して1点取れたのは本当に成長したと思っています。ただ、後半は45分あのまま受けて立つのか、うまくいっているのにもかかわらず、交代で何ができるのか、その辺は5枚にするか4枚にするか(も含めて)、本当に難しい交代のタイミングだったかなと思いました」と自身の采配にも目を向ける。 攻撃面では、守勢の中でも61分にカウンターから笹井に追加点のチャンスが、逆転された直後の83分にも榊原琴乃にボックス内での決定機が訪れた。 だが、いずれもシュートは枠を捉えられず。小笠原監督は「ミドルシュートの力は藤野選手も山本選手もありますし、グラウンダーのスリーピーなシュートを決めています。うちの笹井と榊原にもチャンスはあったんですけど、あのシュート力を見て、2人には成長して欲しいなと思います。やはり代表クラスはそういうところで決めている」と、個の差を認め、今節の経験を糧にさらなる成長に期待を込める。 次節の対戦相手も個の能力ではリーグ屈指のINAC神戸レオネッサ。中2日で迎えるホームゲームへ向けては「痛い目には遭いましたけど、そういうところをプラスにして次のINAC戦は胸を借りるつもりで頑張っていきたいと思います」と意気込みを語った。 <span class="paragraph-title">【ハイライト動画】南野亜里沙のゴールで先制も…逆転負けで初勝利はお預けに</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="z-82AU8q9-I";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.04.19 13:20 Fri

逆転勝ちの東京NB・松田岳夫監督、先発6人変更し交代選手も結果残す「限られた選手だけでは戦っていけない、全員の勝利」

日テレ・東京ヴェルディベレーザの松田岳夫監督が、勝利したノジマステラ神奈川相模原戦を振り返った。 東京NBは18日、2023-24 WEリーグ第15節でノジマステラ神奈川相模原を味の素フィールド西が丘に迎え、3-1と逆転勝ちを収めた。 前節は2位のINAC神戸レオネッサと引き分け、首位三菱重工浦和レッズレディースを追うのであればこれ以上足踏みは避けたい中で、37分に失点。追い掛ける展開となったが、ハーフタイムの3枚替えでスイッチを入れると、途中出場・松田紫野のクロスがオウンゴールを誘発し、74分に追い付く。 トップ下での先発から最前線にポジションを移した藤野あおばが80分に逆転ゴールを奪い、その4分後にはこちらも途中出場・山本柚月がカットインからの左足を沈め、リーグ戦では5戦5勝中のN相模原を寄り切った。 松田監督は、「なかなかゴールが遠く、リズムが作れない中で失点をしてしまいました。そういう意味では、前半はなんとなくふわっと入ってしまったなというイメージはあります。ただ、ゲーム全体を考えた時に、交代選手も含め、1試合しっかりと進めることができたという意味では、全員で戦った結果だと思いますし、負けている中でもゴールを目指しながら、しっかりと成果を出せたことは、色々な形で自信に繋がっていくと思います。連戦の中、限られた選手だけでは戦っていけないですから、普段出場機会の少ない選手も含め、全員の勝利だと思っています」と、90分のマネジメントを振り返る。 連戦を加味して前節からスタメンを6人変更。これまで全試合先発の坂部幸菜をベンチに置き、柏村菜那が8試合ぶり、岩﨑心南が7試合ぶり、岩清水梓が5試合ぶりの先発出場と、フレッシュな組み合わせとなったが、前半はやや最終局面での怖さを欠いた。 指揮官は、「ゲームへの意欲や積極性はしっかり出せたと思いますが、ボールに関わろうとして、逆に寄りすぎて落ちてきたりとか、ゴールを目指す上で相手の(背後ではなく)前でプレーしていた機会が多かったとは感じます」と評価した。 とはいえ、後半はアタッキングサード深くまでえぐる場面が増加。「相手の背後に入るよう、落ちてこないで、1つ前のポジションをイメージしてプレーするようにと伝え、機能していったと思います」と、選手交代とハーフタイムの指示で後半は粘るN相模原を力でねじ伏せた。 ポジションのイメージに関しては、なでしこジャパンの藤野であっても、囚われがちだと指摘する。 代表活動から戻り、2試合ぶりの先発出場は[3-4-1-2]のトップ下。だが、「トップ下と指摘をすると、前方向のプレーを持っている選手ですけど、後ろにも関われなければと、ボランチのところまで落ちたりと、どうしてもプレーエリアが低くなってしまう。そういう意味もあって、前半の途中から土方と変えてフォワードにしました。やはりゴールを目指すところで非常に力を発揮する選手ですから、ゴールから遠いプレーが増えてしまったこともあり、1番ゴールに近いところでプレーするようにと、ハーフタイムも含めて話をしました」と、試合途中から最前線へ。結果、見事な逆転弾を挙げた。 また、前々節までは3試合連続で途中出場選手がゴールを奪い、今節も3得点すべてに交代選手が絡んでいる。ウインターブレイク後は初出場となった松田紫野も果敢な攻撃参加を披露し、松永未夢も仕掛けから逆転ゴールの契機に。山本はチームトップとなる5得点目を挙げた。 「普段のトレーニングで彼女たちがしっかりと高めているので、どこかでその力を発揮する機会を与えてあげなければいけないですし、そういう意味ではこういう連戦はすごくチームにとってプラス、成長するいい機会だと感じています。リスクを恐れず、ミスは積極的なミスならオーケーと、選手たちにも話をしています。その中で積極性がうまく機能してゴールにも結び付いているし、それぞれのプレーの良さを引き出していると感じます」と、松田監督は連戦をポジティブに捉え、総合力が上がってきたことを実感しているようだ。 <span class="paragraph-title">【ハイライト動画】途中出場選手が絡み東京NBがN相模原に逆転勝ち!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="z-82AU8q9-I";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.04.18 23:57 Thu

途中出場選手の躍動で東京NBが未勝利続くN相模原に逆転勝ち!松田紫野が同点ゴール演出、山本柚月がダメ押し弾【WEリーグ】

18日、2023-24 WEリーグ第15節の日テレ・東京ヴェルディベレーザvsノジマステラ神奈川相模原が味の素フィールド西が丘で行われ、ホームの東京NBが3-1で勝利を収めた。 前節は2位のINAC神戸レオネッサと好ゲームを展開するも、ドローで上位追走へは足踏みとなった4位の東京NB。一方のN相模原も3試合連続無得点の3連敗で、未だ今季勝利なしと、苦しい戦いが続いている。 3連戦の中日へは両チームともに前節からスタメンをいじり、東京NBは6人、N相模原は4人を入れ替えた。 両者はウインターブレイク明け直後に対戦し、東京NBが2-0で勝利。リーグ戦では対N相模原戦5戦5勝、いずれも複数得点と好相性を誇る。 序盤は東京NBのボール保持が続き、3分には[3-4-1-2]のトップ下に入った藤野あおばが、切れ込んでの右足を見せる。[4-4-1-1]のN相模原も前2人、笹井一愛と南野亜里沙が、東京NBのボランチに睨みを効かせ、徐々にパスを引っ掛け始めるが、東京NBも切り替えが早く、奪ったボールをつなげない。 そのプレスにも慣れ始めた東京NBのポゼッションが再び増加するも、アタッキングサードでのアイデアを欠いてこう着状態が続くと、ワンチャンスを生かしたN相模原が37分に試合を動かす。 機を見て攻撃参加した大賀理紗子が持ち運び、浜田芽来、榊原琴乃を経由して再び右に開いた大賀へ。クロスに浜田が頭で触り、シュートにはならなかったが、クリアされたボールをゴール正面から南野が蹴り込み、ネットを揺らした。 追い掛ける展開となった東京NBはハーフタイムに3枚替えを決行。池上聖七、柏村菜那、土方麻椰に代わり、松田紫野、松永未夢、山本柚月がピッチに立つ。 48分には神谷千菜のボレーがGKを強襲し、53分には相手CKをしのいでカウンターから藤野のクロスに山本が飛び込む。鈴木陽も投入し、さらにクロス攻勢の圧力を高めると74分、松田のクロスが相手のオウンゴールを誘発し、ついに試合を振り出しに戻す。 さらにその6分後、松永がドリブルでのボックス侵入を図ると、これは阻まれるも、こぼれ球を拾った藤野がボックス手前で相手をかわし、右足を一閃。左隅へと逆転ゴールを突き刺した。 勢いの止まらないホームチームは84分、右サイド深い位置でボールを受けた山本がカットインからの技あり左足フィニッシュを流し込み、一気呵成にリードを広げてそのままタイムアップ。交代選手が役割を果たし、逆転勝ちで優勝へ望みをつなげた。 一方、急転の劣勢となったN相模原は育成組織ドゥーエ出身の木竜有姫がWEリーグデビューを果たしたものの、流れを変えることはできず。失意の逆転負けでまたもトンネルを抜け出せなかった。 日テレ・東京ヴェルディベレーザ 3-1 ノジマステラ神奈川相模原 【東京NB】 オウンゴール(74分) 藤野あおば(80分) 山本柚月(84分) 【N相模原】 南野亜里沙(37分) <span class="paragraph-title">【ハイライト動画】途中出場選手が絡み東京NBがN相模原に逆転勝ち!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="z-82AU8q9-I";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.04.18 20:05 Thu
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly