名門復活を期する東京NBがキャプテン村松智子のヘディング弾などで開幕白星!新規参入のC大阪も歴史刻む1勝【WEリーグ】

2023.11.12 15:56 Sun
開幕戦で豪快ヘッドの東京NB・村松智子
©WE LEAGUE
開幕戦で豪快ヘッドの東京NB・村松智子
12日、2023-24 WEリーグ開幕節の2試合が各地で行われた。

◆ホーム開幕の東京NBが3ゴール快勝【東京NBvsAC長野】
©️WE LEAGUE

味の素フィールド西が丘では日テレ・東京ヴェルディベレーザvsAC長野パルセイロ・レディースが行われた。両チームはWEリーグカップの開幕戦でも対戦しており、2点を先行した東京NBが、AC長野の反撃を1点に抑え、勝利を収めていた。
この日も東京NBが自慢のポゼッションを生かして序盤から主導権を握ると、10分に試合を動かす。一度失ったボールを高い位置で奪い返して右CKを獲得すると、菅野奏音のキックをニアで村松智子が頭で合わせた。

キャプテンの今季初ゴールで先制した東京NBに対し、AC長野は19分、アーリークロスにトップ下起用の菊池まりあが飛び込むが、ホームチームは直後に藤野あおばが強烈なミドルを放ち、流れを渡さない。

東京NBは失った直後の切り替えが早く、球際の勝負やセカンドボール争いでも優位に。以降も山本柚月に多くのチャンスが訪れたが、追加点はお預けのまま前半を終えた。
後半はAC長野の勢いを若干受けた東京NBだったが、69分に待望の追加点を奪取。山本が絶妙なスルーパスを通すと、抜け出した北村菜々美が一対一を制した。

ただ、AC長野も反撃に転じ、波状攻撃から途中出場の伊藤めぐみが前回対戦に続くゴールを決めて75分に1点を返す。

それでも東京NBは84分、後半途中からボランチにボジションを移した宮川麻都が鮮やかな浮き球パスを裏へ送り、抜け出した木下桃香がネットを揺らして再びリードを広げると、このままタイムアップを迎えて3-1で勝利。開幕戦を白星で飾っている。

矢形海優のゴールで新規参入のC大阪が初勝利【C大阪vs千葉L】
©️WE LEAGUE

今シーズンからWEリーグに新規参入したセレッソ大阪ヤンマーレディースは、ヨドコウ桜スタジアムにジェフユナイテッド市原・千葉レディースを迎えた。

今季のWEリーグカップ第3節でも顔を合わせた両者。当時は2-0でC大阪が勝利していた。

攻守の切り替えや球際の攻防といった互いの特徴を出し合いながらも、前半は両者無得点で折り返したが、60分にC大阪が試合を動かす。

中に絞った百濃実結香が中盤で奪い切り、自ら持ち上がって右サイドから折り返すと、矢形海優がワントラップから右足の一振りを突き刺した。

今季マイナビ仙台レディースから復帰した11番が、クラブのWEリーグ初ゴールをマークしたC大阪。このまま逃げ切り、記念すべき初勝利を手にした。

◆2023-24WEリーグ第1節
▽11/12(日)
セレッソ大阪ヤンマーレディース 1-0 ジェフユナイテッド市原・千葉レディース
【C大阪】
矢形海優(60分)

日テレ・東京ヴェルディベレーザ 3-1 AC長野パルセイロ・レディース
【東京NB】
村松智子(10分)
北村菜々美(69分)
木下桃香(84分)
【AC長野】
伊藤めぐみ(75分)

▽11/11(土)
ちふれASエルフェン埼玉 1-3 マイナビ仙台レディース
ノジマステラ神奈川相模原 0-1 大宮アルディージャVENTUS
INAC神戸レオネッサ 1-0 アルビレックス新潟レディース

関連ニュース

「前日に言われた」久々出場が大一番での先発起用、先制点にも絡んだ上野真実はイメージ通りのプレーに一定の手応え「やりやすさを感じた」

なでしこジャパンのFW上野真実(サンフレッチェ広島レジーナ)が、大一番での先発起用を振り返った。 28日、パリ・オリンピック アジア最終予選の第2戦が国立競技場で行われ、なでしこジャパンは北朝鮮女子代表と対戦した。 第1戦はゴールレスで終わっており、勝った方が五輪行きを決めるという試合に。高橋はな(三菱重工浦和レッズレディース)のゴールで先制すると、後半2位は藤野あおば(日テレ・東京ヴェルディベレーザ)がヘディングでゴールを奪い追加点。その後1点を返されるが、2-1でなでしこジャパンが勝利し、パリ・オリンピックの切符を手にした。 2022年7月のEAFF E-1サッカー選手権以来のなでしこジャパン招集となった上野。第1戦は出番がなかったが、先発起用された。 試合後のメディア取材に応じた上野は先発起用について「前日に言われました」とコメント。「1試合目はベンチで見ていて、自分が出たらこういう位置でボールを受けようとイメージしていました」と、ピッチ外からイメージを膨らましており、実際の試合では「自分はやりやすさは感じましたし、もっとよりゴールに近い位置でボールを受ける動きはしたかったです」と、一定の手応えを感じたようだ。 しっかりと勝利にも貢献し、1点目ではヘディングで折り返してゴールにつなげた。しっかりと出場権を獲得したが「チームとして今日の試合に勝ち切れたことは良かったと思いますし、個人としてももっともっとゴールに向かう姿勢、高い位置でボールを受けられれば良かったと思います」と、結果は良かったものの、自身のパフォーマナスには満足していないようだ。 周りとの連携については「北川選手とだけじゃなく、田中選手との絡みであったり、自分が真ん中で抜けることでスペースが空くこともわかっていたので、そこで絡むことの連携は練習でよく出ていたので、そこを出せたと思います」と、トレーニングでイメージできていたことが、しっかりと出せていたようだ。 自身の特徴であるライン間でのボールを受けることもできていた上野。「後ろの選手が選択肢をいくつか持てるようにということをイメージしていて、外にいても出せるし、中にもつけられる立ち位置を意識しました」とコメント。ビルドアップをスムーズにするパフォーマンスも、久々の出場で見事だった。 <span class="paragraph-title">【動画】上野真実の折り返しが見事な先制ゴールに繋がる!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="LaY9huyAHiw";var video_start = 122;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.02.29 21:35 Thu

カタールW杯で日本vsクロアチアを担当した審判団3名がJリーグなどを担当! アメリカとイングランドから6名の審判員が「審判員交流研修プログラム」で来日

日本サッカー協会(JFA)は29日、アメリカサッカー連盟および PGMOL(プレミアリーグのプロ審判協会)との「審判員交流研修プログラム」として、6名の審判員を招へいしたことを発表した。 2008年から、JAFは各国の審判員を招へいし、審判員やインストラクターの国際経験を積むための「審判員交流研修プログラム」をスタート。日本からも海外に行くことがある一方で、海外から招へいした審判員が、JリーグやWEリーグ、国際試合を担当するものだ。 今回はアメリカとイングランドから3名ずつが来日。アメリカからはエルファス・イスマイル氏、パーカー・コーリー・マイケル氏、アトキンス・カイル・トーマス氏が2月28日(水)から3月11日(月)にかけて来日する。 また、イングランドからはスミス・ルイス・ディーン氏、フィニー・ウィリアム・ジェームス氏に加え、FA女子スーパーリーグを担当する女性審判員のインペイ・ローレン・エリザベス氏も3月6日(水)から3月26日(火)まで来日する。 アメリカのトリオは、2022年のカタール・ワールドカップにも参加しており、ラウンド16の日本代表vsクロアチア代表も担当。また、決勝のアルゼンチン代表vsフランス代表ではイスマイル氏が第4審を務めていた。 6名は明治安田J1リーグ第2節から4節、明治安田J2リーグ第3節から5節、U-23日本代表の国際親善試合、WEリーグの第9節から12節、YBCルヴァンカップ1回戦で割り当てられる予定となっている。 なお、5月15日(水)から6月11日(火)にはドイツから1名、5月22日(水)から6月17日(月)にはポーランドから3名、6月12日(水)から7月1日(月)にhあイングランドから1名、9月11日(水)から9月30日(月)にメキシコから1名。現時点で時期は未定だが、カタールからも招へいが予定されている。 2024.02.29 18:35 Thu

“狙い通り”の貴重な先制点を生んだFK、遠回りしながらも大一番で先発起用された北川ひかる「学びながら成長してきた」…被災した地元へも「元気を届けられていれば」

なでしこジャパンのDF北川ひかる(INAC神戸レオネッサ)が、パリ・オリンピック行きを喜んだ。 28日、パリ・オリンピック アジア最終予選の第2戦が国立競技場で行われ、なでしこジャパンは北朝鮮女子代表と対戦した。 第1戦はゴールレスで終わっており、勝った方が五輪行きを決めるという試合に。高橋はな(三菱重工浦和レッズレディース)のゴールで先制すると、後半2位は藤野あおば(日テレ・東京ヴェルディベレーザ)がヘディングでゴールを奪い追加点。その後1点を返されるが、2-1でなでしこジャパンが勝利し、パリ・オリンピックの切符を手にした。 遠藤純(エンジェル・シティ)の負傷による不参加で、急遽追加招集された北川。第1戦は出番がなかった中、システムを変えた第2戦では先発起用。左ウイングバックとして終盤までプレーした。 先制ゴールに繋がった場面では、ボックス手前でFKを獲得すると、長谷川唯(マンチェスター・シティ)とボールサイドに立ち相談。ボックス内の熊谷紗希(ローマ)らとも連係をとり左足でクロスを入れると、熊谷の折り返しをファーサイドで上野真実(サンフレッチェ広島レジーナ)がヘッドでさらに折り返し、ニアで田中美南(INAC神戸レオネッサ)がヘッド。これはポストに嫌われたが、こぼれ球を高橋が詰めた。 試合後のメディア取材に応じた北川は1点目のFKについて「あの角度では自分が蹴るというのは決まっていて、どこに蹴るということは直前にみんなで話して、折り返し、折り返しという形になりました」と振り返り、「良いボールが蹴られて良かったです」とキックについて語った。 かなり選手同士でコミュニケーションを取っていたが「FKになった時にどうするかというところで紗希さんとかと話して、直接狙うのじゃなく、折り返してからセカンドでとなりました」と狙いについて語り、「相手も食いついてくる感じがあったので、それが狙いでした」と、想定通りの結果がゴールとなった。 北川は2022年7月以来のなでしこジャパンとしての試合に参加。予てから期待は高かった中で、2度の移籍を経験し、再びこの舞台に戻ってきた。 大事なオリンピック出場を決める戦いで出番をもらえたことについては「まずは使ってくれた監督に感謝したいですし、長い道のりですけど、ある意味計画的にできている現状もあったので、これからがより勝負になるかなと思います」とコメント。「遠回りしたかもしれないですけど、アルビ(アルビレックス新潟レディース)にいた時、INACに移籍して自分がやるべきことを学びながら成長してきたので、それが発揮できていると思います」と、着実に成長してきた結果だと振り返った。 北川はJFAアカデミー福島出身で、浦和レッズレディースに加入。新潟Lを経て、今シーズンからINAC神戸レオネッサに加入した。ジョルディ・フェロン監督の下、左ウイングバックに定着すると、皇后杯でも見事に優勝。自信をつけてのなでしこ参戦となり、結果を残した。 ジョルディ監督については「選手の特徴を活かしてくれる監督で、それぞれの長所を活かしながらサッカーを作っていくという感じで、チームを1つにまとめてくれる監督です」とコメント。「結構細かく選手1人1人に言ってくれますし、何よりも全員同じ立場として接してくれるというのは、外国人監督としての良さだと思います」と、細かな指導をしっかりされていると振り返り、「より攻撃面に自信を持たせてくれた」と感謝した。 そして、石川県出身の北川にとっては特別な思いもあった。「今日勝てたことで、被災地に良い影響を与えられたらと思いますし、元気を届けられていればと思います」と、元日に発生した能登半島地震で被災した地元について言及。「JFAでも凄く復興に向けて頑張ろうと取り組んでくれていて、本当に感謝しています。石川県民として、もっと活躍したいと思います」と、さらなる活躍で、地元に元気を与えたいとした。 <span class="paragraph-title">【動画】北川ひかるのFKから、狙い通りの先制ゴール!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="LaY9huyAHiw";var video_start = 122;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.02.29 18:15 Thu

「出所は見えてなかった」渾身のビッグセーブを見せたなでしこGK山下杏也加、“1ミリ”と騒がれることには「何かで注目されるのは嬉しい」も複雑

なでしこジャパンの守護神を務めるGK山下杏也加(INAC神戸レオネッサ)が、パリ・オリンピック行きを喜び、ビッグセーブを振り返った。 28日、パリ・オリンピック アジア最終予選の第2戦が国立競技場で行われ、なでしこジャパンは北朝鮮女子代表と対戦した。 第1戦はゴールレスで終わっており、勝った方が五輪行きを決めるという試合に。この試合でもゴールマウスを守った山下は、多くのピンチがない中、前半終了間際にビッグセーブ。スローインの流れからボックス内でシュートをされると、ボールはゴールに転がって行ったが、山下がラインギリギリで掻き出し失点を免れた。 後半、藤野あおばがヘディングでゴールを奪い追加点。その後1点を返されるが、2-1でなでしこジャパンが勝利し、パリ・オリンピックの切符を手にした。 大ピンチを救うビッグセーブを見せた山下。試合後のメディア取材でそのシーンを振り返り、「抜け出たときに、このボールスピードなら大丈夫かなと思っていて、ファーポストに流れて行ったのが良かったです」とコメント。冷静な判断ができていたことを明かした。 相手はDFを背負いながらヒールで流し込みに行ったが、山下は「見えていなかったですね」とボールの出所は見えていなかったという。それでも、足を運んで飛びつきセーブ。「良い体勢だったからこそ、足が運べました」と振り返り、「1戦目も難しかったですし、コンディションの面でも最後にあげられたのはホームだったからかなと思います」と、自身のコンディションも整えられていたからこそのセーブだと振り返った。 実際の感触としては「3分の2は内側に入っていたんですけど問題ないかなと」と、ギリギリだったとしながら、「副審が変にゴールと上げないようにアピールしていました」とコメント。この試合にはVARが採用されていないため、ピッチ上の審判の判定が全てであり、ゴールと判定されないように振る舞っていたという。実際には「セカンドボールの方が怖かったです」と、セーブした後を警戒していたとした。 SNSなどではカタール・ワールドカップ(W杯)のスペイン代表戦でMF三笘薫(ブライトン&ホーヴ・アルビオン)が折り返した“三笘の1ミリ”に準え、“山下の1ミリ”と話題に。「何かでなでしこが注目されるのは嬉しいですが、そうならないようにしたいです」と、自身のセーブで注目を集めるのは良しとしながらも、そうではない形でも注目されたいとした。 この試合では[4-3-3]から[3-4-2-1]にシステムを変えて臨んだなでしこジャパン。第1戦は相手と噛み合わせない形をとった中で、今回は噛み合わせに行き、プレーが改善された。 山下は「相手もアウェイゲームはマンツーマンでやってきましたけど、蹴ってくる相手に行けていないことを後ろから見ていた思っていたので、逆に立ち位置というか、目の前に人がいるフォーメーションの方が人に行きやすいなと思っています」と、チームとしての守り方も改善されていたと感じたようだ。 いよいよオリンピックの出場権を確保し、あとは本大会で活躍するだけ。WEリーグの残りシーズンもある中、改めて意気込みを語った。 「メンバー発表までまだ時間はありますし、ライバルで争っている方がチームにも良い影響があると思うので、ケガをせず、コンディションを維持して、WEリーグを通して続けながら、INACは失点が少ないので、失点しないように、そして(なでしこジャパンが)5バックをやること想定してやれればと思います」 <span class="paragraph-title">【動画】なでしこの守護神が渾身のスーパーセーブ!山下の1ミリ!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="LaY9huyAHiw";var video_start = 242;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.02.29 12:55 Thu

猶本光に安藤梢、先制ゴールの高橋はなが左の手首に記した想い「今日も一緒に戦っていた」

殊勲の先制ゴールを挙げたなでしこジャパンのDF高橋はなが、試合を終えての想いを口にした。 なでしこジャパン(サッカー日本女子代表)は28日、パリ・オリンピックアジア最終予選第2戦となる北朝鮮女子代表戦を国立競技場で行い、2-1で勝利。2戦合計スコアを2-1とし、2大会連続6度目のオリンピック出場権を獲得した。 3バックの一角で先発フル出場した高橋は、26分にセットプレーから先制点をマーク。敵陣中央でのFKを北川ひかるが対角へ放り込むと、クリアされたボールを左ポケットから上野真実が頭で押し返し、ニアで田中美南がフリック。ヘディングシュートがクロスバーを叩き、こぼれ球をプッシュしてチームに勢いを与えた。 試合後のフラッシュインタビューに応じた高橋は、チームメイトや応援してくれたファンへの感謝を述べた。 「本当にこのチームのみんなのおかげで、会場に駆けつけてくださったみなさん、テレビで応援してくださったみなさんのおかげなので、感謝の気持ちでいっぱいです、ありがとうございます!」 得点シーンは「いいところにこぼれてきただけなので押し込むだけでした」と謙遜するも、FWの経験も生かした嗅覚を発揮し、誰よりも早く左足を伸ばした。 1月の皇后杯準決勝では、浦和のチームメイトである安藤梢や猶本光が負傷。さらに、メンバー発表直前には、これまでなでしこで戦ってきた遠藤純(エンジェル・シティFC)も離脱を余儀なくされた。 皇后杯決勝でも左手首のテーピングに猶本、安藤の名前を記してピッチに立つことを決めた高橋は、この日も様々な想いを背負って試合に臨み、得点、オリンピック出場権獲得という最高の結果で応えて見せた。 「今日もここに(手首のテーピングを示して)梢さんと光さんの名前を書いて試合に臨んだので、一緒に戦っていました。光さんも頑張っているので、私たちも負けられないですし、遠藤純も今回ケガで来られなくなってしまったので、いろいろな人の想いを背負ってチーム全員で戦いました」 「感謝の気持ちを忘れずに、パリに向かって成長していくだけなのでもっともっと頑張りますこれからもよろしくお願いします」 <span class="paragraph-title">【動画】セットプレーからなでしこDF高橋はなが先制点を奪う!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">/<br>日本に待望の先制点<br>\<br><br>セットプレーの流れから大きなゴール!<br><br>田中美南のヘッドはGKに防がれたが<br>いち早く反応した高橋はなが押し込んだ<br><br>AFC女子サッカー パリ五輪最終予選<br>日本×北朝鮮<br><a href="https://twitter.com/hashtag/DAZN?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#DAZN</a> ライブ配信中 <a href="https://t.co/LjZf7wKOnQ">pic.twitter.com/LjZf7wKOnQ</a></p>&mdash; DAZN Japan (@DAZN_JPN) <a href="https://twitter.com/DAZN_JPN/status/1762781478021124216?ref_src=twsrc%5Etfw">February 28, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2024.02.29 08:30 Thu
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly