FC刈谷、wyvern、ブランデュー弘前、福山シティ…地域CL1次ラウンドB組をざっくり展望【Road to JFL】

2023.11.07 19:30 Tue
目指すはJFL昇格! 地域CL開幕は11月10日
©超ワールドサッカー
目指すはJFL昇格! 地域CL開幕は11月10日
日本フットボールリーグ(JFL)昇格を目指す12チームが集う全国地域サッカーチャンピオンズリーグ2023(地域CL)。今年は11月10日に1次ラウンドが開幕する。今年の地域CLは全国各地域(北海道・東北・関東・北信越・東海・関西・中国・四国・九州)の最上位リーグで優勝した9チーム、第59回全国社会人サッカー選手権大会(全社)でベスト4以上の成績を収めて“全社枠”を勝ち取った2チーム、Jリーグ百年構想枠から1チームの計12チームが参加する。
12チームは4チームずつの3グループに分けられ、各組1位の3チーム、各組2位の中から成績最上位の1チーム、計4チームが決勝ラウンド(11月22・24・26日)へ進出。決勝ラウンド1位はJFLへの自動昇格となり、2位はJFL最下位(15位)との入替戦へ進むこととなる。

◆Bグループをざっくり展望!

▽Bグループ4チーム
FC刈谷(愛知県/東海1部2位/全社枠1)
ブランデュー弘前FC(青森県/東北1部1位)
福山シティFC(広島県/中国1位)
wyvern(愛知県/東海1部1位)
▽会場
みやぎ生協めぐみ野サッカー場(宮城会場)

▽第1節
[11月10日10:45] 刈谷 vs 弘前
[11月10日13:30] 福山 vs wyvern
▽第2節
[11月11日10:45] 刈谷 vs 福山
[11月11日13:30] 弘前 vs wyvern
▽第3節
[11月12日10:45] 刈谷 vs wyvern
[11月12日13:30] 弘前 vs 福山

〜愛知県から2チーム〜

東海1部から愛知県の両雄、wyvernと刈谷が同居するBグループ。wyvernは昨季の東海2部を制し、東海1部1年目の今季は昇格即初優勝を成し遂げている。Jリーグでリーグ通算68得点のFW津田知宏(37)がスーパーサブに控える2015年創設の新興勢力だ。

先の全社では、1回戦で関西1部4位の守山侍2000をPK戦の末に下し、2回戦で九州リーグ王者のヴェロスクロノス都農に0-2と敗戦。同県の刈谷やFCマルヤス岡崎(JFL)に所属歴のある選手も多いwyvernだが、初の地域CL出場を控え、4日にはJ1・名古屋グランパスとのトレーニングマッチ(0●3)を実施している。ダークホース的存在の彼らはどこまで躍進するだろうか。

一方の刈谷は全社王者として地域CLへ。所属28選手の平均年齢24.0歳(11月7日現在)というヤング集団は、全社1回戦〜決勝戦までの5日間5試合でスタメンをほぼいじらず戦い抜いたタフネス集団でもあり、昨年から所属の選手は地域CL決勝ラウンドを経験済みだ。

全社でのハイライトは2回戦の東京23FC戦。負ければ今季終了というなか、80分(全社は40分ハーフ)まで0-1とビハインドも、80+1分にロングボール攻勢から同点とし、80+3分にCKから逆転。2-1の大逆転勝利を収め、翌日の準々決勝を5-0と難なく制して地域CLを手繰り寄せた。

東海1部でwyvernに優勝を譲り、全社から地域CLを掴まねばならない…修羅場をくぐって逞しさまで身につけた、若くてタフでバイタリティ溢れて地域CL1次ラウンド突破経験もある刈谷。昨年は全社優勝のブリオベッカ浦安が地域CLも制してJFLへ...刈谷は初戦で弘前と対戦する。

〜東北1部18試合で「92」得点〜

その弘前は東北1部優勝で地域CL出場権を獲得も、前哨戦の全社は出場できず。ただ、[4-1-2-3]をベースとするこの攻撃的チームにもBグループ突破のチャンスがありそうだ。

チーム全体で縦への意識が非常に強い弘前。主に右ウインガーを担うMF平尾泰雅(23)はタッチライン際で快足を飛ばして最終ライン背後を狙うのみならず、左足クロスも良質で、カットインも大きな武器。身長170cmと小柄だが、クロスにも臆することなく飛び込んでいく。

また、主にMF浅利航大(27)、MF八田壮一郎(24)の担うインサイドハーフ2枚も積極性が光り、ゲームメイクの役割と、自らバイタルエリアまで侵入する役割の両方を兼務。クロスが上がれば必ずと言ってよいほどゴール前に「3人」が顔を出す“攻撃的弘前”の生命線と言える2人だ。

東北1部18試合で「92」得点という数字は、これらの積み重ねとみてよいだろう。

〜地域リーグとのギャップ〜

ただ、弘前だけでなく、中国リーグで18試合全勝優勝&「69」得点「6」失点の福山シティ、そしてもちろん東海勢2チームにも言えることだが、地域CLを勝ち抜くポイントの1つは「地域リーグでの戦いとのギャップを埋めれるか否か」となる。

昨年は浦安が全社&地域CLの2冠を達成も、彼らは地域リーグNo.1の厳しさと言われる関東1部で6位(5勝6分け7敗/降格圏9位と勝ち点3差)と残留争いをしていたチーム。関東1部で1チームが年間60得点をマークした前例はなく、今やJFLで優勝争いに加わる浦安でさえ、上位フィニッシュが当たり前ではないリーグなのだ。

勿論、このような厳しさが他地域にはない、とは思わない。しかし、JFL昇格の有力候補とされた昨年の福山は、浦安戦の黒星(0●1)が命取りとなり、2勝1敗で地域CL1次ラウンド敗退。今年は全社にて、関東1部4位の東邦チタニウム(0●1)に敗れて1回戦敗退。「相手が関東1部勢だから」ではないが、全国の舞台の厳しさを噛み締め、今回の地域CLに臨んでくることだろう。

若さと地域CL経験に全社を通じて勝負強さまで覚えた刈谷。不気味な新興勢力wyvern。東北1部での爆発的な攻撃力を披露できるなら弘前。全国での厳しさを知りながらも、華麗なムービングフットボールは地域リーグで唯一無二の存在感を放つ美しき福山…

まさに、ワクワクドキドキのBグループだ。
関連ニュース

JFL鈴鹿が三浦泰年監督の辞任を発表「続投は相応しくないと判断」

日本フットボールリーグ(JFL)のアトレチコ鈴鹿クラブは21日、三浦泰年監督(58)の17日付での辞任を発表した。 三浦監督は2021シーズンの途中から鈴鹿を指揮。2022シーズンは弟のFW三浦知良(現:UDオリヴェイレンセ)を期限付き移籍獲得するなどして話題を呼んだが、同年末、一部の選手・スタッフからパワハラの告発があり、昨季開幕数試合はベンチ入り禁止処分を科されていた。 クラブは今季より名称を鈴鹿ポイントゲッターズからアトレチコ鈴鹿に変更。心機一転、新体制となったが、JFL開幕まで1カ月を切ったなかでの指揮官辞任となった。 三浦監督はクラブ公式サイトを通じ、コメントを発表している。 「この度、一身上の都合によりアトレチコ鈴鹿クラブの監督を辞任することになりました」 「昨年より自らの指導方法を振り返り、外からサッカーを見つめ直すべきか悩んでおりました。そのような時期、友人である斉藤氏がチームのオーナーとなり、一旦は監督を続けるべきと思いましたが、話し合いを重ねて行く中で、このチームの成長には自分が監督を続投することは相応しくないと判断し、シーズンが始まる前に辞意を伝えた次第です」 「約2年半、鈴鹿で指揮を取らせてもらったことはかけがいのない素晴らしい経験でした。いつも応援してくださった地域の皆さま、ファンやスポンサーの方々とお別れすることは辛いですが、これからは一ファンとしてアトレチコ鈴鹿クラブを応援したいと思っております。ありがとうございました。三浦泰年」 2024.02.21 18:43 Wed

JFL高知、元豪代表GKタンドゥ・ベラフィの引退 & 西村昭宏GMの退任を発表「あの光景を高知県のサッカーの未来に」

日本フットボールリーグ(JFL)の高知ユナイテッドSCは9日、元オーストラリア代表GKタンドゥ・ベラフィ(36)の現役引退および西村昭宏GM(65)の契約解除を発表した。 ベラフィは湘南ベルマーレでJ1通算5試合、母国オーストラリアではメルボルン・シティ、メルボルン・ビクトリーなどでAリーグ・メン通算88試合に出場した経験を持つ。AFCチャンピオンズリーグ(ACL)でもプレーした。 世代別の豪代表としてプレー歴もあり、出場こそなかったがA代表歴も。JFL高知には2022シーズンから加入し、1年目こそリーグ戦全30試合にフルタイム出場も、昨季は4月30日の第7節・ミネベアミツミFC戦で右ヒザ靭帯を痛めて負傷交代し、これが現役ラストゲームとなった。 2024シーズンに向けても選手登録、体制発表時に名を連ねていたが、昨春からケガの治療に専念していたこともあり、キャリアに踏ん切りを付けたとも考えられる。引退に伴う選手本人からのコメントは、整い次第発表されるとのことだ。 ゼネラル・マネージャー(GM)の西村氏は、クラブを四国サッカーリーグのアイゴッソ高知時代から長年支えた功労者。現役時代は日本代表選手で、引退後はガンバ大阪、U-20日本代表、古巣セレッソ大阪、京都パープルサンガ(現:京都サンガF.C.)を指導し、JFA入りを経て、2014年に南国高知へとやってきた。 高知ではGMとしてだけでなく、2016年、2020〜21年に指揮官としても辣腕。2度目の退任後はGMに専念した。退任に伴い、高知のサポーターらへ感謝を綴っている。 ◆西村昭宏GM 「高知に来てから10年間、あたたかく迎えてくださり、本当にありがとうございます。このチームの立ち上げから関われたことを幸せに思います」   「"高知からJリーグを目指す" 掲げる目標の道半ばではありますが、自分の中で、10年を一つの節目にとずっと考えていたこと、また、組織も一新され、新たなスタートを切ることから、私もまた、新たな道に進むことを決めました」 「まず、いつも応援してくださるサポーターの皆様、本当にありがとうございます。サポーターの声援がいつもチームに力を与えてくれました。そして、スポンサー企業様、クラブをサポートしてくださる全ての方に感謝申し上げます」 「高知から本気で、Jリーグ入りを目指してきました。それだけに、監督・GMという要職にありながら、その目標を達成できなかったことは本当に申し訳ないです。一方でこの10年を振り返れば、チームの練習環境は格段に向上しました。春野では毎日素晴らしい芝生のピッチで練習できるようになり、市内の室内練習場に、いつの間にかサッカーゴールを置いてもらえるようになりました」 「春野地区をはじめ、郡部で後援会を立ち上げ、応援してくれる人たちもいました」 「2023シーズン、リーグ戦チーム最高の7位・天皇杯でJ1クラブを連破・県勢国体初優勝を達成することができたのは、そうやってクラブにかかわってくださった皆様一人一人のエネルギーがあったこそです」 「J1川崎と戦った天皇杯4回戦。7000人を超える観客の声援のもと、日本最高峰を相手に熱戦を繰り広げ、おそらく高知中がサッカーに熱狂したであろうあの夜は、私のサッカー人生の中でも忘れられない試合の一つになりました」 「攻守にアグレッシブなサッカー」をテーマに、吉本監督の指揮のもと厳しい練習に励みピッチで体現してくれた選手たち、彼らを支えるコーチ・メディカルスタッフ・マネージャー・クラブの全スタッフを誇りに思います」 「あの日の光景が、高知県のサッカーの未来につながっていけば、これ以上幸せなことはありません。今後の高知ユナイテッドSCの発展、J3昇格を心から応援しています。10年間ほんとうにありがとうございました」 2024.02.10 13:00 Sat

2024シーズンJFLの全日程発表! 新宿が6月7日に“ホーム”国立競技場で金曜ナイトゲーム、昨季準優勝の浦安は今季も千葉県内を転々

9日、日本フットボールリーグ(JFL)が2024シーズンの全日程を発表した。 現行のリーグ制度となって25年目を迎えたJFL。昨シーズンはJへの門番として名高い“盟主”Honda FCが通算10度目の優勝を成し遂げた一方、昇格組のブリオベッカ浦安が準優勝…同じく昇格組の沖縄SVは最下位フィニッシュも入替戦を制して見事に残留を勝ち取った。 今シーズンの昇格組は、昨季関東サッカーリーグ2位および全国地域サッカーチャンピオンズリーグ(地域CL)優勝の栃木シティ。2017年まで前身の栃木ウーヴァがJFLに在籍した彼らは、クラブ所有の本拠地・CITY FOOTBALL STATIONでホームゲーム全15試合を戦う。 本拠地に関する賛否両論がありながらも2024シーズンJ3ライセンスを交付されていたクリアソン新宿は、一昨季と昨季に続いて今季も新宿区・国立競技場でホームゲーム1試合。6月7日(金)の第11節・FCティアモ枚方戦が、19時00分キックオフの国立フライデーナイトゲームとなる。 その他は、味の素フィールド西が丘(北区)が9試合、AGFフィールド(調布市)が3試合、駒沢オリンピック公園総合運動公園陸上競技場(世田谷区)が2試合となっている。 また、舞浜は“ディズニー真横"の本拠地「ブリオベッカ浦安競技場」が人工芝でJFL利用できない浦安は、今季も千葉県内各地を渡り歩くことに。現状で、フクダ電子アリーナ(千葉市)、第一カッターフィールド“秋津”(習志野市)、ゼットエーオリプリスタジアム(市原市)、柏の葉公園総合競技場(柏市)、重兵衛スポーツフィールド中台陸上競技場(成田市)での開催が予定されている。 J3ライセンス継続審議のラインメール青森は、ホーム開幕戦が4月14日(日)の第6節・ヴィアティン三重戦。会場については未定とされている。 2024.02.09 20:30 Fri

川崎F退団のMF原田虹輝がJFLの青森に完全移籍「昇格のために全力で戦います」

ラインメール青森は8日、川崎フロンターレのMF原田虹輝(23)が完全移籍で加入することを発表した。背番号は「16」をつける。 原田は埼玉県さいたま市出身で、昌平高校から2019年に川崎Fへ加入しプロキャリアをスタート。出番が得られないまま2年間を過ごすと、2021年にはガイナーレ鳥取に、2022年にはAC長野パルセイロへと2年間武者修行に出ていた。 川崎Fでは出番がなく、鳥取ではJ3で16試合、天皇杯で2試合に出場。長野では2年間でJ3通算25試合1得点、天皇杯で2試合に出場していた。 Jリーグ参入を目指す青森での挑戦が決まった原田は両クラブを通じてコメントしている。 ◆ラインメール青森 「今シーズンからラインメール青森でプレーすることになりました、原田虹輝です。昇格のために全力で戦います。応援よろしくお願いします!」 ◆川崎フロンターレ 「このたび、ラインメール青森FCに移籍することになりました。活躍している姿を見せられるように頑張ります。応援よろしくお願いします!」 2024.02.08 15:15 Thu

東京Vの育成組織出身、滋賀のMF中野雅臣が現役引退…今季から大宮の普及担当コーチに

日本フットボールリーグ(JFL)のレイラック滋賀FCは1日、MF中野雅臣(27)が2023シーズンをもって現役を引退することを発表。同時に、大宮アルディージャの普及担当コーチに就任することを発表した。 ジュニアユース時代から東京ヴェルディの育成組織でプレーしてきた中野は、2015年にトップチーム昇格。2017年7月から約2年半はFC今治へ期限付き移籍を決行し、2020年に復帰した。 同年8月にいわてグルージャ盛岡へ期限付き移籍し、翌年には完全移籍。2023年には滋賀へ加入したが、同シーズン限りでの退団が発表されていた。 J2では通算38試合1得点、J3では通算29試合2得点という記録を残している。 スパイクを脱ぎ、出身地である埼玉で新たなキャリアをスタートさせる中野は、滋賀の公式サイトを通じて次のようにコメントしている。 「この度現役を引退し、大宮アルディージャの普及担当コーチに就任させていただく事になりました」 「小学生から所属したNEOS FC、東京ヴェルディ、FC今治、いわてグルージャ盛岡、レイラック滋賀FCでは、素晴らしい方々と出会い、恵まれた環境の中でサッカーさせてもらいました」 「特にプロになってからは多くの試練があり、乗り越えられたこと、乗り越えられなかったことがありましたが、その試練と常に向き合い、皆さんの支えのおかげで、人として選手として大きく成長させてもらいました。どんな時もどこに移籍しても変わらず応援してくださったファンサポーターの皆さんには感謝しかありません」 「大宮アルディージャで新しい生活が始まり勉強の毎日ですが、今まで教わってきたことを大切に、子どもたちに伝えていきたいと思います。本当にありがとうございました」 2024.02.02 18:30 Fri
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly