久保建英の復帰は? レアル監督「今後数カ月の話し合いに」と言及も厳しい現実が待っている可能性

2023.05.02 18:40 Tue
Getty Images
レアル・マドリーのカルロ・アンチェロッティ監督が、レアル・ソシエダの日本代表MF久保建英(21)について言及した。
首位のバルセロナから遅れること勝ち点11。2位につけるマドリーは、10ポイント差の4位レアル・ソシエダと2日に対戦する。
優勝はかなり難しい状況のマドリーとしては、チャンピオンズリーグ(CL)とコパ・デル・レイの2冠を目指すシーズンとなる。

ソシエダにとっても大事な一戦。マドリーのアンチェロッティ監督は試合に向けた記者会見に出席すると、久保についてコメントを求められ言及した。

「彼は我々と共に歩んできたし、レアル・ソシエダでも上手くやっている」
「チーム内の競争を考えると、今後数カ月の間に話し合うことにはなるだろう」

「このチームで出場時間を得ることは簡単ではない」

バルセロナのカンテラ育ちの久保は、2019年7月にFC東京からマドリーへと完全移籍。しかし、外国人枠の問題などもあり、Bチームではなくレンタル移籍に出ることに。マジョルカ、ビジャレアル、ヘタフェ、マジョルカと3シーズンにわたって武者修行を続けた。

マドリーでは公式戦出場はないものの、すでにラ・リーガでは123試合に出場し13ゴールを記録。今シーズンからソシエダに完全移籍すると、チームの中心選手としてプレー。公式戦38試合に出場し7ゴール。自己ベストの成績を残すだけでなく、ラ・リーガの日本人最多ゴール記録を塗り替えることとなった。

当然マドリーも久保を注視しており、優先的に交渉権を持っていることから今夏の復帰も一部では報じられている。

とはいえ、マドリー復帰はあまり現実的ではない話。2027年夏まで契約を結ぶ久保の移籍金は6000万ユーロ(約90億3000万円)とも言われており、マドリーからソシエダ移籍時は650万ユーロ(約9億8000万円)。50%の移籍金を手にすることができるという条項があるため、3000万ユーロ(約45億1500万円)を手にすることとなり、他クラブよりもはるかに安価で獲得できる。

いずれにしても、マドリーでソシエダのような役割を任せられるようになるには、より結果を残す必要がありそうだ。


関連ニュース

「ピッチ外でも勝者だ」「めっちゃ美人」17歳の神童エンドリッキが堂々の交際宣言!お相手は3歳上のインフルエンサー

パウメイラスに所属するブラジル代表エンドリッキが、かねてより交際が報じられていた美女インフルエンサーとの交際を宣言した。 17歳ながらブラジルの新たな神童として大きな期待が寄せられているエンドリッキ。すでにレアル・マドリー移籍が内定しており、11月にはブラジル代表デビューも果たした。 今シーズンのカンピオナート・ブラジレイロ・セリエAでは31試合で11ゴールをマークし、クラブの連覇に戦力としても貢献したエンドリッキだが、この度ガブリエリ・ミランダさんとの交際を宣言した。 ガブリエリさんは、エンドリッキよりも3歳年上の20歳。『インスタグラム』で10万人を超えるインフルエンサーだという。 エンドリッキは、カンピオナート・ブラジレイロ・セリエAの各賞を表彰するボーラ・ジ・プラッタにガブリエリさんを同行させるとともに自身のSNSを更新。「2023/10/29~」と堂々と交際を宣言した。 交際宣言の投稿には、ファンから「ピッチ外でも勝者だ」、「めっちゃ美人」、「おめでとう」、「いいカップル」と多くの反響が寄せられている。 エンドリッキの活躍の一因には美人彼女の存在もあったようだ。 <span class="paragraph-title">【写真】エンドリッキとガブリエリさんの最新2ショット!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet" data-media-max-width="560"><p lang="es" dir="ltr">Desde de 29/10/2023 <a href="https://t.co/SkHdi0ErtD">pic.twitter.com/SkHdi0ErtD</a></p>&mdash; Endrick (@Endrick) <a href="https://twitter.com/Endrick/status/1732926546250252587?ref_src=twsrc%5Etfw">December 8, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2023.12.08 21:30 Fri

【ラ・リーガ第16節プレビュー】カタルーニャ勢による上位対決! 首位マドリーとソシエダも難敵と対峙

先週末に行われた第15節では、最注目カードとなったバルセロナvsアトレティコ・マドリーはホームチームに軍配。また、首位のレアル・マドリー、2位のジローナもきっちり勝ち点3を積み上げている。 ミッドウィークにコパ・デル・レイ2回戦が開催され、スーペル・コパ出場4クラブを除くほとんどのチームが連戦という形で臨む今節。最注目カードは、3位のバルセロナと2位のジローナが4ポイント差で戦うカタルーニャ自治州ダービーだ。 バルセロナは前節、ホームで好調アトレティコと対戦。下馬評では苦戦必至と思われたが、主役フェリックスの保有元への痛烈な恩返し弾を最後まで守り抜いて1-0の勝利を収めた。DFクンデの右サイドバック起用が機能したほか、守護神テア・シュテーゲンの代役を担うGKペーニャの好守、自慢の中盤の躍動と結果だけでなく内容面でもポジティブな要素が多く見られた。連勝を狙う2位チームとの一戦ではそのアトレティコ戦からの継続路線を意識するなか、中盤の支配力を活かしながら状態が上がり切らない主砲レヴァンドフスキの奮起に期待したいところだ。 対するジローナは前々節のアスレティック・ビルバオ戦のドローで連勝がストップしたなか、前節のバレンシア戦では後半序盤に先制を許す難しい展開に。それでも、後半終盤に途中出場のストゥアーニが決めた圧巻のドブレーテで一気に試合を引っくり返し、劇的な2-1の逆転勝利。こちらも勢いに乗る形での勝利で重要な敵地での一戦に臨むことになった。基本的には相手にボールを握られる展開が予想されるが、そこでの粘り強い守備で耐えながら対戦相手が獲得を狙っているとされるFWサヴィオらを起点としたカウンターでゴールをこじ開けたい。 ライバルの直接対決での取りこぼしに期待しつつ、4連勝での首位固めを目指すレアル・マドリーは、7位のベティスとのアウェイゲームに臨む。前節は新体制のグラナダ相手にMFクロースとMFブラヒム・ディアスの見事な連携による先制点、公式戦5試合連発となったFWロドリゴのダメ押しゴールによって2-0の快勝を収めた。引き続き負傷者の多さは懸念材料も、今週のトレーニングではMFモドリッチ、GKケパが状態を上げており、スタメン復帰も見込まれるところだ。現状のパフォーマンスを鑑みれば、敵地と言えども勝ち点3奪取の可能性は高いが、古巣対戦のMFイスコらを筆頭に2列目に多士済々なタレントを擁するベティスは難敵だ。負傷者の影響で負担増のセンターバック、ピボーテの奮闘が求められるところだ。 バルセロナに敗れて公式戦連勝が「4」でストップした4位のアトレティコは、今季未勝利の最下位アルメリア相手にバウンスバックの勝利を狙う。バルセロナ戦は相手のパフォーマンスを褒めるべき部分もあったが、やや腰の引けた前半の戦いやシメオネ監督の用兵の部分で課題も出ただけに、今回のホームゲームでは序盤から相手を圧倒する入りを見せたい。とりわけ、バルセロナ戦でほぼ見せ場を作れなかったFWモラタの奮起、後半投入で存在感を示したFWリーノらのプレーに注目したい。 MF久保建英を擁する5位のレアル・ソシエダは、12位のビジャレアルとのアウェイゲームでリーグ2戦ぶりの白星を狙う。前節はオサスナに先制を許すも、FWサディクのリーグ2試合連続ゴールで同点に追いつく。拮抗した後半は久保らに幾度か決定機が訪れたが、相手GKの好守などに阻まれて1-1のドローに終わり公式戦2試合連続ドロー。久保も途中出場したコパ・デル・レイでは人工芝と相手の堅守に手を焼くも、FWアンドレ・シウバの加入後初ゴールで4部のアンドラッチに1-0で勝利した。 対戦相手のビジャレアルはマルセリーノ新監督就任以降、公式戦4戦無敗と状態を上げている。古巣対戦が期待されたFWセルロートやFWピノら一部主力を欠いての試合となるが、早くも新指揮官の色が出始めている。その古巣相手に挑む久保はしばしゴールから遠ざかりつつある中でチームを勝利に導く恩返しゴールを決めたい。 その他では絶不調のセビージャや、上位浮上を目指すアスレティック・ビルバオ、バチバチの肉弾戦が期待されるヘタフェvsバレンシアといったカードにも注目だ。 《ラ・リーガ第16節》 ▽12/8(金) 《29:00》 ヘタフェ vs バレンシア ▽12/9(土) 《22:00》 アラベス vs ラス・パルマス 《24:15》 ベティス vs レアル・マドリー 《26:30》 ビジャレアル vs レアル・ソシエダ 《29:00》 セビージャ vs マジョルカ ▽12/10(日) 《22:00》 アトレティコ・マドリー vs アルメリア 《24:15》 グラナダ vs アスレティック・ビルバオ 《26:30》 カディス vs オサスナ 《29:00》 バルセロナ vs ジローナ ▽12/11(月) 《29:00》 ラージョ vs セルタ 2023.12.08 19:00 Fri

レアル行きも噂のデイビスがバイエルンに大幅な賃上げ要求… SD交代により契約延長交渉が一度白紙に

バイエルンのカナダ代表DFアルフォンソ・デイビス(23)の契約延長交渉が新たな展開を迎えているようだ。ドイツ『シュポルト・ビルト』が報じた。 2019年1月にバンクーバー・ホワイトキャップスからバイエルンに加わり、世界屈指の快速サイドバックとして活躍を続けているデイビス。現行契約は2025年6月までとなっているが、レアル・マドリーが来夏の獲得を画策中といった噂も流れている。 バイエルンのヘルベルト・ハイナー会長やスポーツ・ディレクター(SD)のクリストフ・フロイント氏は、デイビス放出の意思はないと明言しているが、代理人のネダル・フセオ氏はすでにマドリーと話を進め、双方ともに契約に魅力を感じているとも報じられている。 そんな中、現在デイビスはバイエルンに対して大幅な昇給を要求しているとのこと。両者の契約延長交渉は今年始めから行われ、約900万ユーロ(約14億円)から約1200万ユーロ(約18億8000万円)への年俸増額で合意に達していたが、当時SDを務めていたハサン・サリハミジッチ氏が5月に解任されたことを受け、交渉がストップしたという。 約6カ月の沈黙を経て新SDのフロイント氏が交渉を再開したところ、以前とは異なる条件で話が進んでいる模様。破談となれば一気にマドリー移籍が加速することになりそうだが、バイエルンはデイビス側の要求を受け入れるのだろうか。 2023.12.07 21:46 Thu

モドリッチが次節ベティス戦で復帰へ! チームトレーニングに参加

レアル・マドリーのクロアチア代表MFルカ・モドリッチは、次節のレアル・ベティス戦で戦列に復帰する見込みだ。スペイン『マルカ』が報じている。 モドリッチは、先月26日に行われたラ・リーガ第14節のカディス戦で後半半ばに太ももを痛めて負傷交代。 その後、過負荷との診断を受けたクロアチア代表は、直近のナポリ戦、グラナダ戦の2試合を欠場していた。 しかし、6日に行われたトレーニングセッションでは一部メニューでチームトレーニングに参加しており、9日に行われるベティス戦で復帰する可能性が非常に高いとのことだ。 また、グラナダ戦でベンチに復帰したスペイン代表GKケパ・アリサバラガに関しても状態を上げており、ウクライナ代表GKアンドリー・ルニンに代わってスタメンに復帰する可能性もあるようだ。 2023.12.07 08:00 Thu

レアル・マドリー次期監督候補のデ・ゼルビ、ブライトンとの契約延長に前向き「素晴らしい関係を築けている」

ブライトン・アンド・ホーヴ・アルビオンのロベルト・デ・ゼルビ監督(44)が5日、プレミアリーグ第15節ブレントフォード戦前日会見に臨み、契約延長について触れた。 レアル・マドリーの後任候補に挙がるなど、ブライトンでの手腕が高く評価されているデ・ゼルビ監督。昨季はプレミアリーグで6位となってヨーロッパリーグ出場権を獲得し、今季は主力を引き抜かれた中、プレミアリーグ8位と健闘している。 2026年6月までブライトンとの契約がある中、ステップアップが十分に可能な実績を積み上げているデ・ゼルビ監督だが、ブライトンとの契約延長交渉を開始したと明かした。 「私は常日頃、幸せになるため、楽しむために仕事をしている。ブライトンではそれが可能でとても負い気分なんだ。私は選手、会長、フロント、クラブで働く全ての人たちと素晴らしい関係を築けている。我々は新しい契約について話している。まだ話している段階で完了はしていないよ」 「ブライトンで働けることは光栄なこと。より高いレベルのクラブで指揮を執ろうとは思っていない。私にとって最も重要なことは良いチーム、良い選手たちと真剣に取り組むこと。重要な目標を定め、それに向かっていくことが何より重要なんだ」 2023.12.06 06:00 Wed
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly