「リーグのレベルは関係ない」日本代表から落選した古橋亨梧&旗手怜央をポステコグルー監督が語る「W杯のような失望はないはず」

2023.03.18 22:40 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
セルティックのアンジェ・ポステコグルー監督が、日本代表から落選した2選手について言及した。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えた。

15日、国際親善試合に臨む日本代表メンバーが発表された。

カタール・ワールドカップ(W杯)をベスト16で終えた日本代表。森保一監督が続投した中での初陣を迎えるにあたり、26名が選出。ベテラン勢が外れた一方で、パリ五輪世代の選手も入るなど、入れ替わりが起こった。
その中で話題を呼んだのは2名の選手が招集外となったこと。それがセルティックのFW古橋亨梧とMF旗手怜央だ。

古橋は今シーズンのスコティッシュ・プレミアシップで20ゴールを決めて得点ランキングトップ。シーズンでは26ゴールを記録している。また、旗手はクラブのMFの中で最もプレータイムが長く、現地での評価もうなぎ登りだ。

しかし、その2名はカタールW杯でも落選していたが、今回のメンバーにも入らず。森保監督は「彼らは選ばれていても全くチームの戦力として問題なく活躍してくれると思う」とパフォーマンスを評価した一方で「リーグのレベル、置かれている状況もそれぞれ違うというのは各国違うこともあり、それを考えての招集」とも語っており、それぞれの置かれた状況を踏まえての招集でもあるとしていた。

この件を受けてポステコグルー監督がコメント。2人を改めて評価するとともに、リーグのレベルはあまり関係ないだろうとの見解を示した。

「2人とも本当に良いプレーをしているし、彼らが選ばれなかったということは残念だが、それが国際サッカーの性質だ。代表チームの決定にかかっている」

「(リーグレベルの発言は)無礼かという点では、あくまでも一個人の意見だ。あまり遠回りした結論を下すべきなのか、私にはわからない」

「来週ここに来れば、トレーニングしている選手があまりいないことがわかるだろう。その理由は、彼らが代表の活動でいないからだ」

「ワールドカップには5人の選手がいたが、大丈夫だった。大丈夫ということよりも、良かった。ヨシプ・ユラノビッチ、モリツ・イェンツがチームを去り、5大リーグのブンデスリーガで定期的にプレーしている」

「そのクラブに入れば、魔法のようにサッカーが上手くなるというのでなければ、個々の選手の選出にはリーグのレベルは関係ないだろう」

「1人の人の意見は、間違っているという意味ではない。ただ、そうであるという意味でもない」

また、今回落選したことを受けた2人の状態にも言及。2人なら問題ないだろうと語った。

「W杯の出場を逃すことほど失望することはないだろうし、2人の選手がどう反応したかを見ると、彼らは今まで以上に良いサッカーを見せている」

「彼らはどちらもとても意志が強く、何らかの方法でゲームのトップに立つはずだ」

「彼らが目の前にどんな困難を抱えていても、私は彼らが克服してくれると確信しており、私の役割は彼らがそれを達成することを助けることだ」


関連ニュース
thumb

セルティック古橋亨梧が得点王に輝く! これで個人4冠

セルティックの日本代表FW古橋亨梧がスコティッシュ・プレミアシップの得点王に輝いた。 セルティック移籍2年目の今季、27ゴールをマークした古橋。マザーウェルのオランダ人FWケビン・ファン・フェーンが24得点で追ったが、28日の最終節で1ゴールを決めるにとどまり、古橋が見事に戴冠を果たした。 今季の古橋はリーグとスコットランドプロサッカー選手協会(SPFA)の年間最優秀選手に輝き、クラブの年間MVPも受賞。今回の得点王で個人4冠を達成した格好で、来たる6月に久々の招集を受けた日本代表に合流する。 最終節のアバディーン戦では2ゴールを決めたが、負傷交代しており、容体が気がかりだが、充実した形で昨年9月以来の代表活動に参加となりそうだ。 <span class="paragraph-title">【動画】古橋亨梧が圧巻2ゴール!1点目の美しさにファンも驚き</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="CFkL12Xfnlc";var video_start = 21;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2023.05.29 10:30 Mon
twitterfacebook
thumb

「とても美しい」「忘れられない選手」日本代表復帰の古橋亨梧が圧巻2ゴールで得点王に接近!ファンも美しさに驚き「メガスターだ」

セルティックの日本代表FW古橋亨梧が圧巻のパフォーマンスを見せた。 スコティッシュ・プレミアシップの最終節。すでに優勝を決めているセルティックは、ホームニアバディーンを迎えた。 直近の3試合は、スコティッシュFAカップ決勝に向けてメンバーを入れ替えていたこともあり、勝利から遠ざかっていたセルティック。しかし、最終戦はしっかりと結果を残した。 古橋のほか、MF旗手怜央、DF岩田智輝が先発出場した試合。古橋がいきなり見せつける。 まずは27分、グレッグ・テイラーの斜めのパスを受けた古橋は、ボックス内で鋭い切り返しを見せて相手DFを振り切り、ボックス内から左足シュート。これが決まり、リーグ戦26ゴール目を記録する。 さらに32分にはカラム・マクレガーがボックス手前から左足でミドルシュート。相手GKがセーブするが、こぼれ球に素早く反応した古橋が詰めてリードを2点とする。 リーグ最終戦に華を添えた古橋のゴールにはファンも「とても美しい」、「素晴らしいゴールだった」、「美しいラストマッチだった」、「メガスターだ」、「もう忘れられない選手」、「本当に素晴らしい選手だ」とコメント。また、2ゴールのオ・ヒョンギュにも大きな賛辞が送られ、アンジェ・ポステコグルー監督や他の日本人を含め、アジアへの敬意が伝えられた。 なお、試合は5-0でセルティックが圧勝。古橋はケガも心配されたが、大事には至っていないようだ。 古橋は36試合で27ゴールを記録。マザーウェルのケビン・ファン・フェーンと3点差をつけた中、マザーウェルは28日に最終戦と迎え、得点王の行方も気になるところ。また、来週は国内3冠を目指してスコティッシュFAカップでインヴァネスとの決勝を迎える。 <span class="paragraph-title">【動画】古橋亨梧が圧巻2ゴール!1点目の美しさにファンも驚き</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="CFkL12Xfnlc";var video_start = 21;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2023.05.28 16:40 Sun
twitterfacebook
thumb

古橋が得点王ほぼ確定の今季リーグ27ゴール締め! 右足負傷でカップ戦決勝懸念もセルティックは5発快勝《スコティッシュ・プレミアシップ》

セルティックは27日、ホームで行われたスコティッシュ・プレミアシップ最終節でアバディーンと対戦し、5-0で圧勝した。 すでにリーグ優勝を決めているセルティック。スコティッシュFAカップ決勝に向けて調整を進める中、今季のリーグ戦ホーム最終戦ではMF岩田智輝、MF旗手怜央、FW古橋亨梧が先発出場。なお、FW前田大然は前節の退場で出場停止となり、DF小林友希と共にベンチ外となった。 超満員のセルティック・パークで4試合ぶりの白星を狙う王者は、開始早々に日本人エースに見せ場。背後を狙ったフィードに抜け出した古橋はボックス右からシュートを放つが、これは惜しくも枠の左に外れる。 以降も相手を自陣に押し込める戦いを継続するホームチームは、旗手やジョタを起点に幾つか際どい場面を創出。さらに、20分には右CKから古橋がヘディングシュートに持ち込むが、これを枠に飛ばせない。 それでも、2度のシュートチャンスで感覚を掴んだ日本人エースは自身に訪れた3度目のチャンスは逃さない。27分、ペナルティアーク付近で中央左のテイラーから斜めのパスを足元に受けた古橋はボックス内での冷静な切り返しでDF2枚を外して左足を振り抜くと、これがゴール右隅に決まった。 2試合ぶりのゴールで今季リーグ戦26ゴール目を奪った古橋の勢いは止まらない。直後の32分にはマクレガーがボックス手前で放ったミドルシュートをGKが前に弾いたところを冷静に左足でタップイン。立て続けての連続ゴールで得点王争いのライバルであるハーツFWシャンクランド、マザーウェルFWファン・フェーンに3点差を付ける。 この後にはボックス内でDFを引き付けた旗手のお膳立てからハットトリックのチャンスも訪れたが、角度のないところから放った左足シュートは枠を捉え切れず。それでも、王者に相応しい圧倒ぶりを見せたセルティックが2点リードで試合を折り返した。 後半にハットトリックも期待された古橋だが、立ち上がりにアクシデントが発生。相手GKとの交錯プレーで右足を痛めると、一度はプレーに復帰したものの、直後に自らピッチに倒れ込んでプレー続行不可能に。そして、50分にオ・ヒョンギュとの交代でピッチを後に。来週のスコティッシュFAカップ決勝に加え、来月の日本代表への影響が懸念される状況に。 それでも、セルティックは後半も80%近いボール支配率でハーフコートゲームを展開。オライリーの右ポスト直撃のシュートや、旗手もボックス内で枠のわずか左に外れる際どいシーンを創出する。 すると、78分には右CKの場面でオライリーが入れた正確なクロスをゴール前のスターフェルトがドンピシャのヘディングで合わせ、トドメの3点目を奪取。これで勝利を確信したポステコグルー監督は79分、殊勲のオライリーと旗手をベンチに下げて試合をクローズに入る。 だが、貪欲にゴールを目指すホームチームは82分、左サイド深くでジョタが上げた正確なクロスをオ・ヒョンギュが頭で合わせて4点目を奪う。さらに、試合終了間際の90分にはジョタのクロスバー直撃の直接FKのこぼれ球を再びオ・ヒョンギュが押し込んで、最終節でのゴールショーを締めくくった。 そして、今季リーグ最終戦を5-0の圧勝で飾ったセルティックは、6月3日に行われるスコティッシュFAカップ決勝でインヴァネスを相手にシーズン3冠達成を狙う。 セルティック 5-0 アバディーン 【セルティック】 古橋亨梧(27分) 古橋亨梧(32分) スターフェルト(78分) オ・ヒョンギュ(82分) オ・ヒョンギュ(90分) 2023.05.27 22:24 Sat
twitterfacebook
thumb

セルティック指揮官ポステコグルー、スパーズの関心話も「大事なのはここ、そして今だ」

セルティックのアンジェ・ポステコグルー監督(57)が去就に言及した。 横浜F・マリノスからセルティックに舞台を移してからというもの、スコティッシュ・プレミアシップ連覇を成し遂げたポステコグルー監督。国内3冠に王手をかけるなか、監督探しに奔走するトッテナムのリストアップ話が浮上している。 ポステコグルー監督からすれば、スコットランドでの手腕が買われての興味だが、今の関心事は自チームの国内3冠にあるようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』によると、本人はそうした噂話に揺れる様子なく、今に重きを置いている。 「そのようなことは何度も聞かれているが、私からすると、大事なのはここ、そして今だ。私のフットボールキャリアにおいて、何かを計画したことなど一度たりともない。今の野望は明日を楽しみ、良い試合をして、カップ戦に勝って特別なシーズンにするということだけ。3冠達成のチャンスなんてそうそうないし、それ以外のことで頭のなかを巡らせていると思う人がいるとするなら、それは私のことをわかっていない」 2023.05.27 08:55 Sat
twitterfacebook
thumb

「貴重な時間だった」古橋亨梧、神戸で過ごしたイニエスタとの時間を回想「本当に大好き」「僕の中では大きかった」

セルティックの日本代表FW古橋亨梧が、ヴィッセル神戸からの退団を発表した元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタについて語った。 現在はセルティックでプレーし、エースとしてチームを牽引。2シーズン目を迎えた今シーズンは、スコティッシュ・プレミアシップで25ゴールを挙げる活躍を見せてMVPを受賞。チームも連覇を達成するとともに、自身も得点王獲得が濃厚となっている。 その古橋は、2018年夏から2021年夏まで神戸に所属。その間、イニエスタと共にプレーし、多くのゴールを決め、日本代表、そしてヨーロッパへの移籍を掴み取っていた。 神戸時代からホットラインが開通し、ピッチ内外で関係を築いてきた古橋。セルティックは古橋に、退団を表明したイニエスタについてインタビューを行った。 イニエスタとの出会いが今に生きているかという質問に古橋は、「本当に多くのものを頂いたと思っているんですけど、ピッチ内では一緒にプレーすることで僕の良さをたくさん伸ばしてもらいましたし、どんな時でも自分らしくプレーするというのを声かけてもらったので、貴重な時間だったと思います」とコメント。「ピッチ外では1人の人として、本当に尊敬しかなくて、言葉では表せられないほど1人の人としてアンドレスが好きなので、一緒にプレーできて本当に良かったですし、神戸という日本のクラブで一緒にプレーできて良かったです」とコメント。世界的なスター選手から多くを学び、今の自分があると語った。 古橋はイニエスタのみならず、元スペイン代表FWダビド・ビジャ、元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキとも共演。世界的な選手から多くを吸収し、認められる存在となっていった。 イニエスタと出会っていなかったらという質問には「難しい質問ですね」と語り、「出会って一緒にプレーした経験があるので、出会ってなかったらという想像ができないというか、それぐらいその数年は僕の中で大きかったので、一緒にできて良かったです」とコメント。イニエスタなしのキャリアは考えられないと語った。 プロ2年目で出会った世界最高峰のプレーメーカーとの共演。改めてイニエスタにメッセージを送り、最後まで愛を示した。 「本当に大好きです。一緒にプレーできて、ここまで成長できたこと、アンドレスとプレーできた時間が貴重でした」 「これからもどんな形であれ、現役を続けるのか引退するのかわからないですけど、少しでも長くアンドレスらしくサッカーをしてほしいですし、僕は僕で違う場所で1つでも多くのゴールをとって、少しでも僕の名前が届くように頑張るので、お互いに頑張れればと思います」 イニエスタのラストマッチは7月1日の北海道コンサドーレ札幌戦。残り1カ月でお別れとなる。 <span class="paragraph-title">【動画】古橋亨梧が愛するイニエスタについて語る</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr"><a href="https://t.co/BTxn01uiNx">pic.twitter.com/BTxn01uiNx</a></p>&mdash; Celtic Football Club (@CelticFC) <a href="https://twitter.com/CelticFC/status/1662050852708728834?ref_src=twsrc%5Etfw">May 26, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2023.05.26 20:25 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly