清水栞のPKストップで千葉Lが三上尚子体制WE初勝利、S広島Rは近賀ゆかりのヘッドなどでマイ仙台に逆転勝ち《WEリーグ》

2023.03.18 16:40 Sat
©WE LEAGUE
18日、2022-23 Yogibo WEリーグ第11節の3試合が各地で行われた。

フクダ電子アリーナでは10位のジェフユナイテッド市原・千葉レディースが、4位の大宮アルディージャVENTUSを迎え撃ち、7試合ぶりの勝利を収めた。
3連敗で6試合勝利から遠ざかっている千葉に対し、前節のサンフレッチェ広島レジーナ戦を5-0の大勝で飾った大宮。千葉はここまで全試合に先発出場していた田中真理子がメンバー外となり、右ウイングバックに城和怜奈を起用した。

早い時間に鴨川実歩のヘッドでゴールに迫った千葉は16分、その鴨川の右CKが先制点を演出。今季オルカ鴨川から千葉に復帰した鶴見綾香がニアで合わせ、WEリーグ初ゴールを挙げる。さらには、2試合連続スタメン起用となった新加入の小川由姫の左足が左ポストを叩くなど、主導権を握ったまま45分を終えた。

だが、後半は前節同様一転。押し込まれる展開が続くと、井上綾香のシュートはクロスバーに助けられたが、63分にはPKを献上してしまう。
だが、ここで立ちはだかったのがGK清水栞。左を狙った髙橋美夕紀のキックをストップすると、以降も守勢が続いたものの、最後までゴールを死守。千葉が虎の子の1点を守り抜き、三上尚子監督体制後、初勝利を手にしている。

8位・サンフレッチェ広島レジーナvs5位・マイナビ仙台レディースの一戦は、元なでしこジャパン勢がネットを揺らした。

3分にカウンターから中島依美がヘディングを決めて仙台が先制すると、広島は25分に小川愛のFKから近賀ゆかりが頭で合わせてリーグ戦初ゴールとなる同点弾を奪取。再び試合が動いたのは58分、ボックス右から柳瀬楓菜、こぼれ球に大内梨央と、続けざまにクロスバーを叩くと、最後は上野真美がプッシュしてゴールラインを割った。

これが決勝点となり、広島は4試合ぶりの勝利で前節の大敗を払拭。仙台は5試合未勝利となった。

9位のAC長野パルセイロ・レディースは、7位・ちふれASエルフェン埼玉と敵地で対戦し、3-0で快勝。常葉大学付属橘高校からの新加入選手、榊原琴乃が左ハイサイドでの仕掛けから巻いた一撃をファーへ流し込んで9分に先手を取ると、前半終了間際にはセットプレーから大久保舞が追加点を奪取。78分には小澤寛が加点と、3選手がWEリーグ初ゴールをマークし、5試合ぶり今季2勝目を手にしている。

▽3月18日
ジェフユナイテッド市原・千葉レディース 1-0 大宮アルディージャVENTUS
ちふれASエルフェン埼玉 0-3 AC長野パルセイロ・レディース
サンフレッチェ広島レジーナ 2-1 マイナビ仙台レディース

▽3月19日
日テレ・東京ヴェルディベレーザ vs INAC神戸レオネッサ
ノジマステラ神奈川相模原 vs 三菱重工浦和レッズレディース

WE ACTION DAY(今節試合なし)
アルビレックス新潟レディース

関連ニュース

3トップの一角で存在感発揮のなでしこ猶本光、ポスト直撃のFKは「入るかなという感じだったんですけど…」

なでしこジャパンのMF猶本光(三菱重工浦和レッズレディース)も思わず苦笑いだ。 23日、なでしこジャパンは国際親善試合でアルゼンチン女子代表と北九州スタジアムで対戦。これまでの[3-4-2-1]とは異なる新たな布陣、[4-3-3]を採用し、8-0と大勝を収めた。 開始2分に田中美南(INAC神戸レオネッサ)が口火を切ると、10分には長谷川唯(マンチェスター・シティ/イングランド)がPKを沈めてリードを広げる。25分にはCKの二次攻撃から高橋はな(三菱重工浦和レッズレディース)、39分には再び長谷川がネットを揺らし、前半だけで4ゴールを奪取。後半には清家貴子(三菱重工浦和レッズレディース)、杉田妃和(ポートランド・ソーンズFC/アメリカ)、植木理子(ウェストハム/イングランド)と得点を重ねると、終了間際に清家が芸術的なループを沈め、ゲームを締めくくった。 猶本はこれまでのような中盤ではなく、3トップの右で先発。果敢にポケットを陥れるなど幾度も危険なエリアに顔をだし、ポスト直撃のFKを含めたチーム最多タイとなる4本のシュートを放つなど、前半のみのプレーながらも存在感を示した。 「新しいことにチャレンジしつつ、結果もしっかり出せたのは、チームとして良かった」と、手応えを口にした猶本。28分には前日に「取りにいくのも大事」と話していた、ゴール前でのFKを迎えるも、狙いすました右足のキックは惜しくもポストに嫌われることに。「説明しにくいですけど…ポストに当たってキーパーの背中に当たって入るかなという感じだったんですけど…」と、苦笑するしかなかった。 2023.09.24 17:47 Sun

「何か違いを見せないと」なでしこ清家貴子、途中出場で圧巻ループ含む2G1Aの猛アピール!

なでしこジャパンのMF清家貴子(三菱重工浦和レッズレディース)が、印象的な結果を残した。 23日、なでしこジャパンは国際親善試合でアルゼンチン女子代表と北九州スタジアムで対戦。これまでの[3-4-2-1]とは異なる新たな布陣、[4-3-3]を採用し、8-0と大勝を収めた。 開始2分に田中美南(INAC神戸レオネッサ)が口火を切ると、10分には長谷川唯(マンチェスター・シティ/イングランド)がPKを沈めてリードを広げる。25分にはCKの二次攻撃から高橋はな(三菱重工浦和レッズレディース)、39分には再び長谷川がネットを揺らし、前半だけで4ゴールを奪取。後半には杉田妃和(ポートランド・ソーンズFC/アメリカ)、植木理子(ウェストハム/イングランド)らが得点を重ね、大量点かつクリーンシートでゲームを締めくくった。 60分から出場した清家は投入直後のゴールを含む2得点1アシストの大活躍。杉田へは絶妙なロングフィードを配給し、終了間際には圧巻の芸術的なループを沈めた。 「出場するなら何か違いを見せないといけないとは思っていました」と残した清家。言葉には喜びや安堵の中に、ポジション争いに対する危機感もにじませる。 「出場するなら何か違いを見せないといけないとは思っていました。そうでないと、これから先このチームで生き残っていくのは難しいと考えていたので。入る前はドリブルとかで切り崩していけたらいいなと思っていたんですけれど、思った以上に相手が引いていたので、あぁいうロングシュートやカウンターで仕留められたのはよかったなと思います」 「自分のできることをもっともっと増やしていかないといけないと思いますし、今日のように色々な形でゴールが取れるんだぞってところを見せられたのは、アピールとしてはよかったと思います、ゴールに直接的なプレーが自分の持ち味だと思うので。もちろんそれだけでもダメですし、色々なことができる必要がありますけど、今日はそれが出せたので、もっともっと磨きをかけていきたいと思います」 今回の[4-3-3] では、前線ワイドの選手が比較的内側に立ち位置を取った。サイドで仕掛けが売りの清家も、この一戦では「自分が中にっていう形が今日はベストだと思った」と判断。チームとしての最適解を模索し、その上で自らの特徴を還元できれば、さらなる相乗効果を生み出せるのではないかと、丁寧に言葉を紡いだ。 「もっともっとサイドで持って仕掛けられたら、さらに自分の良さは出せたのかなって思いますし、そうしたい気持ちもありましたけど、思ったよりも相手が引いていて、(味方の)センターバックにプレッシャーが来ない中で自分たちのサイドバックが高い位置を取れたので、そこは素直に(任せて)自分は中にっていう形が今日はベストだと思いました。そういう時間が長かったですけれど、相手によっては自分がワイドに開いてそこから勝負、っていうのができたら、チームとしてもバリエーションが増えるのかなと思います」 2023.09.23 22:35 Sat

「まだまだやることはある」なでしこ高橋はな、無失点大勝にも謙虚さ 得点については「常に狙っているので」

なでしこジャパンのDF高橋はな(三菱重工浦和レッズレディース)が新システムへの手応えを口にした。 23日、なでしこジャパンは国際親善試合でアルゼンチン女子代表と北九州スタジアムで対戦。これまでの[3-4-2-1]とは異なる新たな布陣、[4-3-3]を採用し、8-0と大勝を収めた。 開始2分に田中美南(INAC神戸レオネッサ)が口火を切ると、10分には長谷川唯(マンチェスター・シティ/イングランド)がPKを沈めてリードを広げる。25分にはCKの二次攻撃から高橋、39分には再び長谷川がネットを揺らし、前半だけで4ゴールを奪取。後半には清家貴子(三菱重工浦和レッズレディース)、杉田妃和(ポートランド・ソーンズFC/アメリカ)、植木理子(ウェストハム/イングランド)と得点を重ねると、追加タイム2分には清家が芸術的なループを沈め、ゲームを締めくくった。 新システムで臨んだ初陣で、高橋はセンターバックの一角としてフル出場。一昨シーズンまでコンビを組んでいた南萌華(ローマ/イタリア)と肩を並べた。熊谷をアンカーで起用した場合、最終ラインでは筆頭候補となりそうだが、「まだ決まった席ではないので、まだまだずっとたくさんやることはありますし、自分に常に矢印を向けて謙虚にやり続けたいなと思います」と、謙虚な言葉を口にした。 「(4-3-3は)今までも少し練習でやったことがあるので、こういうオプションは前からありましたけど、実戦でやるのは初めてでした。(熊谷)紗希さんは守備的に働ける選手なので、今までは2人プラスワンで後ろにいるイメージでしたが、1つ前にいてくれる場合は、相手のくさびのパスを消す役割だったり、逆に自分が前にチャレンジした時に落ちてくれる。3バックのときとはまた違うけれど、(アンカーと2枚のセンターバックの関係性を考えれば)3バックにも戻せると思うので、やり始めたばかりですけれど、今日の試合に関しては声をかけながらやれたのかなと思います」 一方で、得点については「常に狙っているのでよかったです」と破顔。「遠藤選手から本当に素晴らしいボールが来ました」と、クロスを上げた遠藤純(エンジェル・シティFC)を称えつつ、自身にとっての代表2得点目を喜んだ。 2023.09.23 21:15 Sat

正守護神が別メニュー調整で出番の可能性、なでしこGK平尾知佳はおよそ1年ぶりの出場へ「楽しみ」

なでしこジャパンのGK平尾知佳(アルビレックス新潟レディース)が、アルゼンチン女子代表戦に向けて意気込みを語った。 オーストラリア&ニュージーランド女子ワールドカップ(W杯)でベスト8の成績を残したなでしこジャパン。W杯後初の試合は、日本での凱旋試合となる。 同様にW杯に出場していたアルゼンチンとの対戦となる中、平尾が試合に向けてメディア取材に応対した。 なでしこジャパンに招集されていながら、あまり出番がない平尾。正守護神のGK山下杏也加(INAC神戸レオネッサ)がトレーニングで別メニューとなっており、起用される可能性が高い。 久々の出場となれば気になるのは守備陣の連携だが、「試合は出ていないですけど、W杯でやってきたメンバーなので、連係という部分は信頼していますし、信頼もしてくれていると思うので、そこは心配していません」とコメント。十分にチームメイトと繋がれていると語った。 新たなシステムでの戦いとなる可能性が高いが、「ビルドアップのところでGKが関わったり、動かすところでは話し合いました」と対応しているとコメント。「守備では誰が行くかというところもハッキリさせることができたので楽しみです」と語り、試合に向けて意気込みを語った。 またビルドアップについては「後ろから見ていて、結構ロングボールだと前で取られてしまう部分がありますが、背後からどう繋げていくかが大事です」と語り、しっかりと攻撃面でも役割を果たせるか注目だ。 なでしこジャパンは23日(土)の12時から、北九州スタジアムでアルゼンチンと対戦する。 2023.09.22 22:40 Fri

五輪予選前唯一の強化試合、責任感増すなでしこ石川璃音「積み上げてきたものを見せられるように」

アルゼンチン女子代表戦を控えるなでしこジャパンのDF石川璃音(三菱重工浦和レッズレディース)が22日、前日練習を終えてメディアの取材に応じた。 オーストラリア&ニュージーランド女子ワールドカップ(W杯)では印象に残る戦いを披露し、ベスト8という成績を残したなでしこジャパン。大会後初となる対外試合として23日、北九州スタジアムにアルゼンチンを迎える。 10月下旬に予定されているパリ・オリンピックアジア2次予選前では唯一となる強化試合。チームにとっても、各選手にとっても貴重な実践の場となる。 20歳でW杯の舞台を経験し、将来的にはなでしこの主軸を担うことが期待される石川は「ワールドカップを終えて、自分自身で取り組んでいることをそのまま代表でも出せたらいい」と、ヘディングやフィードにさらに磨きをかけつつも、試合に向けては自然体だ。 一方で、大会を通じてさらなる責任感も芽生えた様子。女子W杯を受けての盛り上がりを継続するためにも、続くパリ・オリンピックでの結果も求める。 「女子サッカーを盛り上げるためには、なでしこジャパンが勝たないといけないと、強く思った大会でした。予選を勝ち抜けば、来年またオリンピックに出ることができるので、ベスト8以上の結果を出せるように、積み上げてきたものをまたさらにオリンピックで見せられるようにみんなで頑張りたいと思います」 件のW杯では、初戦のザンビア女子代表戦で3バックの右を務めたが、以降は三宅史織(INAC神戸レオネッサ)、高橋はな(三菱重工浦和レッズレディース)と、先輩の姿を見届けることに。チームが新たに4バックを採用するとなれば、競争はさらに激化する。 その中でも「個人としては、選手としてやっている以上、出場したいという思いはあります。そのためにチームのみんなに信頼されるよう、チームプレーを出し、自分の(武器である)対人の強さも見せられたらいい」と、意欲を燃やした。 2023.09.22 20:05 Fri
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly