バルサ、マルコス・アロンソとの契約延長が認められず? ラ・リーガがサラリーキャップ問題で拒否

2023.01.31 13:40 Tue
Getty Images
バルセロナは27日にスペイン代表DFマルコス・アロンソ(32)との契約を1年間延長したことを発表したが、ラ・リーガに認められないことになるようだ。
チェルシーから今シーズン加入したマルコス・アロンソ。フリートランスファーで加入し、ここまで公式戦20試合に出場し、2ゴールを記録している。
左サイドバックとして加入したマルコス・アロンソだが、アレハンドロ・バルデの台頭、ジェラール・ピケの引退などもあり、現在はセンターバックでもプレーしている。

そのマルコス・アロンソは1年間の契約延長で合意。契約解除金は5000万ユーロ(約70億6000万円)に設定されたことも発表されたが、ラ・リーガが待ったをかけた。

バルセロナは慢性的な財政難で、選手の契約について問題を抱えている。
先日は、ファーストチームの選手としてスペイン代表MFガビ、ウルグアイ代表DFロナルド・アラウホを正式に登録しようとしたが、サラリーキャップの問題でラ・リーガに拒否される事態に。そして、マルコス・アロンソとの契約も認められないという。

スペイン『スポルト』によれば、ラ・リーガが拒否した理由は今シーズンのサラリーキャップの問題。マルコス・アロンソとの契約を延長した場合、その制限を超えていくことになる。

これにより、マルコス・アロンソとの契約延長は、夏まで待つことになると見られており、ガビロナルド・アラウホと共に半年先になりそうだ。





関連ニュース

ポルト戦で負傷交代カンセロは大事に至らず…「アトレティ戦でプレーするのに問題ない」

ポルト戦で負傷交代したバルセロナのポルトガル代表DFジョアン・カンセロだが、大事には至らなかったようだ。スペイン『ムンド・デポルティボ』が報じている。 カンセロは28日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループH第5節のポルト戦に先発出場。左サイドバックのポジションで攻撃の起点を担い、1ゴール1アシストを記録。チームの2-1の逆転勝利、3シーズンぶりの決勝トーナメント進出に大きく貢献した。 ただ、同試合の後半終盤にはふくらはぎを痛めてスペイン代表DFアレハンドロ・バルデとの交代でピッチを後にしていた。 バルセロナは次節にアトレティコ・マドリー戦、その次にジローナ戦とラ・リーガでの上位連戦を控えており、右サイドバックの主力の状態が懸念されるところ。 しかし、今回の負傷に関しては深刻なものではなく、違和感や過負荷といった類のものであったという。カンセロ自身も試合後のフラッシュインタビューで「僕のケガは深刻なものではなく、多少の痛みは感じたけど、アトレティ戦でプレーするのに問題ないはずだ」と、自身の状態を説明している。 カンセロは今シーズンここまで公式戦16試合に出場し、3ゴール2アシストの数字を残している。 2023.11.29 23:01 Wed

バルサにレンタル中のフェリックス、ゴール直後の感情剥き出しの行動が波紋…SNSのプロフィール画像も変更

バルセロナのポルトガル代表FWジョアン・フェリックスが感情を剥き出しにしている。 2019年に鳴り物入りでベンフィカからアトレティコ・マドリーへと移籍したフェリックスだが、期待には応えられず。夏にアトレティコとの契約を2029年夏まで延長した上で、バルセロナへと買い取りオプションなしのレンタル移籍を果たした。 移籍できた喜びを隠さなかったバルセロナでは、直近の12試合でゴールから離れていたものの、チャビ・エルナンデス監督のもとで継続的にスターティングメンバーとして起用されている状況だ。 そのフェリックスは、28日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループH第5節のポルト戦にも先発出場。チームはホームで先制を許す苦しい展開となったが、同点に追いついて迎えた後半の57分、フェリックスが上手くジョアン・カンセロのクロスに合わせて逆転ゴール。2-1の勝利に導き、バルセロナは決勝トーナメント進出を決めた。 その逆転ゴールを決めた場面で、フェリックスは感情を爆発させて左胸のエンブレムを鷲掴み。ホームの観客たちを大いに沸かせることとなった。さらに、その時の写真がお気に入りだったのかインスタグラムでも投稿すると、新しいプロフィール画像にも設定している。 ただ、アトレティコのファンにはこのフェリックスの行いを受け入れられない人も。「この人レンタルだよね?」、「絶対自分がローンってこと忘れてる」、「チェルシー時代もやってたよね」、「戻ってくる気ないだろ」と反響が寄せられている。 バルセロナへの思いを隠さないフェリックス。12月3日にはラ・リーガ第15節でアトレティコとの一戦が控えている。 <span class="paragraph-title">【SNS】フェリックスがバルセロナのエンブレムを掴んだ写真を投稿</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/C0NUy-RCNbv/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/C0NUy-RCNbv/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/C0NUy-RCNbv/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">João Félix(@joaofelix79)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2023.11.29 18:10 Wed

「突破できたことを喜びたい」3シーズンぶりのGS突破のバルセロナ、チャビ監督も素直に喜ぶ「これは成功と言える」

バルセロナのチャビ・エルナンデス監督が、ポルト戦を振り返った。スペイン『アス』が伝えた。 28日、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)グループH 第5節でバルセロナはホームにポルトを迎えた。 ここまで3勝1敗で首位に立つバルセロナと、勝ち点で並ぶ2位のポルトの対戦。勝った方が決勝トーナメント進出を決めるという状況で迎えた。 このところ調子が上がらないバルセロナは30分に失点。ビハインドスタートとなるが、直後にジョアン・カンセロのゴールで同点に追いつく。 1-1で迎えた後半にはジョアン・フェリックスがゴールを奪い逆転に成功。そのまま逃げ切り2-1で勝利し、3シーズンぶりのグループステージ突破を決めた。 試合後チャビ監督は難しいゲームを振り返り、同点ゴールをすぐ奪えたことを評価した。 「我々はとても良い試合をしたし、反応も良かった。我々は勝利へのメンタリティを持ってきた。0-1となったあと、全てが暗転したかと思ったが、追い付いたことは我々にとって、とても良いことだった」 また、これで決勝トーナメント進出が決定。このところは手腕が疑問視されることもあったが、最終節を残しての突破を喜び、次の相手が待ち遠しいと語った。 「2月にまた尋ねられるのだろう。とりあえず、突破できたことを喜びたいと思う」 「まだ予選を通過していないチームがあるのだから、これは成功と言える。抽選を待とうと思う」 2023.11.29 09:40 Wed

カンセロ&フェリックス弾のバルセロナが3季ぶりの決勝T進出!【CL】

チャンピオンズリーグ(CL)グループH第5節、バルセロナvsポルトが28日にエスタディ・オリンピック・リュイス・コンパニスで行われ、ホームのバルセロナが2-1で勝利した。 前節、シャフタールに競り負け今シーズンのCL初黒星を喫し2節を残しての決勝トーナメント進出を逃した首位のバルセロナ(勝ち点9)。以降のリーグ戦ではアラベスに辛勝も、直近のラージョ戦を辛くも1-1のドローに終わるなどパフォーマンス低下が顕著ななかで突破を懸けた難敵ポルト(勝ち点9)との大一番に臨んだ。 チャビ監督は首位攻防のホームゲームに向けてラージョ戦から先発5人を変更。クリステンセンとバルデに代えてクンデ、アラウホを、ロメウに代えてギュンドアン、ヤマルとフェラン・トーレスの両翼をハフィーニャ、フェリックスに入れ替えた。 左サイドバックのカンセロに高い位置を取らせる可変式の布陣で臨んだバルセロナ。立ち上がりはポルトにカウンターからフィニッシュまで持ち込まれるが、8分にはハフィーニャの強烈なミドルシュートで最初の枠内シュートを記録する。 以降はピッチの幅を使った攻撃で相手を広げながらシンプルなサイドアタックに加え、内よりのフェリックスや中盤の選手の飛び出しを使いながらチャンスを窺う。 手数をかけて攻めるホームチーム、縦に速いカウンターで攻めるアウェイチームと互いに狙いを持った緊迫感のある攻防を繰り広げるなか、前半半ばを過ぎて試合が大きく動く。 まずは30分、ポルトが自陣でボールを奪ったロングカウンターで左サイドから崩すと、ペナルティアーク付近でタレミが放ったミドルシュートのこぼれをボックス内のガレーノがシュート。これはGKペーニャの好守に遭うが、ゴール右でこぼれに反応したペペーが冷静に流し込んだ。 ホームで先制を許す厳しい入りとなったバルセロナだが、直後の32分にはペドリの冷静な左への展開から果敢に仕掛けたカンセロがそのままボックス左に切り込んで右足を一閃。鋭いグラウンダーシュートを右下隅に突き刺し、瞬く間に同点に追いついた。 元ベンフィカDFのゴラッソによって1-1のイーブンに戻したバルセロナは、勢いづいて逆転を狙う。右サイドで幾度も背後を取ったハフィーニャを起点にチャンスを作ると、40分過ぎにはGKジオゴ・コスタのビルドアップのミスからボックス内のペドリ、ハフィーニャが続けてシュートを狙うが、ここで仕留め切れない。 一方、このピンチを凌いだポルトは43分にビッグチャンス。波状攻撃からボックス中央でこぼれに反応したバレラがうまくタイミングを外して左足のコントロールシュートを枠の左隅へ飛ばすが、これはGKペーニャの見事なワンハンドセーブにはじき出された。 ボール支配率、シュート数でもほぼ互角の展開のまま試合は1-1で後半に折り返す。キックオフ直後にはフェリックスがペナルティアーク付近から強烈なミドルシュートを放つが、これは惜しくもクロスバーを叩く。 それでも、後半は良い形で押し込む時間帯が続くバルセロナは、再びポルトガル代表が突破口を開いた。57分、相手陣内左サイドでロングボールに競り勝ったカンセロが内側のフェリックスに預けてボックス左でリターンパスを受け直して正確なグラウンダークロスを供給。これをゴール前に走り込んだフェリックスが右足ダイレクトで右隅へ流し込んだ。 これで逆転に成功したチャビのチームは、よりゲームコントロールを意識した戦い方にシフト。前に出てきたポルトをいなしながら、カウンターを起点にトドメの3点目を狙っていく。その流れでレヴァンドフスキに幾度かチャンスが訪れるが、スムーズにフィニッシュまで持ち込めず。 その後は互いに交代カードを切っていくなか、全体的にパワーダウンが否めないポルトに対して、バルセロナは途中投入のフェラン・トーレスらが決定機に絡んでいく。だが、ボックス付近での再三のシュートは枠を捉え切れず、ハフィーニャの見事なオーバーヘッドシュートもGKのビッグセーブに阻まれる。 結局、最後までトドメの3点目を奪えなかったものの、ポルトの反撃をGKペーニャを中心に粘りの対応で凌ぎ切ったバルセロナが2-1で逆転勝利。苦しみながらも最終節を前に決勝トーナメント進出を決めた。一方、敗れたポルトは勝ち点9で並んだシャフタールとの最終節の直接対決で突破を目指すことになった。 2023.11.29 07:18 Wed

バルサMFプテジャスがヒザの負傷でスペイン女子代表離脱…昨年は前十字じん帯損傷

バルセロナのスペイン女子代表MFアレクシア・プテジャスが再びヒザを負傷してしまったようだ。 2度女子バロンドールを受賞しているプテジャス。UEFA女子ネーションズリーグ(UWNL)に向けたスペイン女子代表に選出されていた。 スペインサッカー連盟(RFEF)によれば、プテジャスはメディカルチームの検査の結果、スペイン女子代表を離れることが決定。治療を終えて、バルセロナに戻るという。 プテジャスは、UEFA女子チャンピオンズリーグ(UWCL)のベンフィカ戦で左ヒザを負傷していた。 プテジャスは2022年の女子ユーロを左ヒザの前十字じん帯の損傷で欠場。そこから復帰し、今夏は女子ワールドカップ(W杯)で見事優勝に貢献していた。 2023.11.28 23:15 Tue
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly