PSGがラッシュフォードに関心! 会長が認める…ユナイテッドとの契約は現時点で今季限り

2022.12.09 14:00 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
パリ・サンジェルマン(PSG)のナセル・アル・ケライフィ会長がマンチェスター・ユナイテッドのイングランド代表FWマーカス・ラッシュフォード(25)に対する関心を認めた。

昨季こそユナイテッドのアカデミーから昇格して以降、ワーストの公式戦5ゴールに終わったが、今季はすでに8ゴールと復調を印象づけるラッシュフォード。イングランド代表に滑り込み選出されてのカタール・ワールドカップ(W杯)でも出場4試合で3ゴールと輝く。

その活躍も上乗せされ、ユナイテッドと今季限りの契約状況がより注目の的に。ユナイテッドが契約に付随している1年延長オプションを行使するかどうかによるが、選手は現時点で来る1月のタイミングから、国外クラブとの交渉が自由にできるようになる状況だ。
そんな赤い悪魔の10番を巡ってはまことしやかにレアル・マドリーの関心が囁かれ始めてもいるが、こちらも以前からにわかに興味が噂されるPSGも状況次第で獲得に乗り出しうるようだ。アル=ケライフィ会長がイギリス『スカイ・スポーツ』で明言している。

「彼は本当にアメージングな選手の1人だ。ラッシュフォードがタダで、フリーエージェントで獲得できるなら、どのクラブも追いかけるだろう」

また、以前の獲得報道についても「我々はその件を隠しているわけではない。以前に話をしたが、その当時は双方にとって良いタイミングではなかった」と振り返り、交渉に発展しうる可能性を口にしている。

「来夏に(獲得に)動くかもね。当たり前だろ? 彼がフリーエージェントであれば、ダイレクトに話し合うが、今は話をするつもりがない。W杯に集中してもらいたいしね。1月になったら、彼と話をしてみたい」

関連ニュース
thumb

アンデル・エレーラがアスレティックに完全移籍! PSGから買取OPを行使

アスレティック・クラブは1日、パリ・サンジェルマンからレンタル加入している元スペイン代表MFアンデル・エレーラ(33)の買い取りオプションを行使したことを発表した。新たに2024年6月30日までの契約を結んでいる。 サラゴサでプロデビューしたエレーラは、2011年夏にアスレティックに加入し、当時は在籍3年間で139試合11ゴール20アシストの成績を残した。その後はマンチェスター・ユナイテッドとPSGのビッグクラブで活躍し、数々のトロフィー獲得に貢献。今季からレンタルで古巣に復帰していた。 8年ぶりのアスレティックでは、ベテランとして主にバックアッパーに徹することに。ここまで公式戦11試合の出場のうち、先発は4試合のみという状況だったが、バスククラブは買い取りを決断したようだ。 2023.02.01 22:15 Wed
twitterfacebook
thumb

リーグ・アンが控訴を却下…チェルシーMFツィエクのPSG移籍の可能性がついに潰える

チェルシーのモロッコ代表MFハキム・ツィエクのパリ・サンジェルマン移籍は完全に御破産となってしまったようだ。 今冬の移籍市場最終日にPSG移籍に迫っていたツィエク。メディカルチェックも済ませ、残すは正式発表を待つばかりとなっていた。 だが、チェルシーが送った書類に再三に渡って不備が見つかり、最後の一押しができない状態に。そのうちに締め切りを迎え、結局移籍は実現しなかった。 PSGはチェルシー側に全面的に非があるとしてフランスプロサッカーリーグ連盟(LFP)に控訴。まだ微かに移籍の可能性が残されていた。 しかし、LFPの法務委員会は最終的に却下。これにより、一連のオペレーションは完全に終了。移籍を強く望んでいたツィエクは大きな失望を味わうことになってしまった。 2023.02.01 21:30 Wed
twitterfacebook
thumb

チェルシーの書類不備でPSG移籍不成立のツィエク、諦めるにはまだ早い?

成立寸前でパリ・サンジェルマン行きが決まらなかったチェルシーのモロッコ代表MFハキム・ツィエクだが、まだその可能性は残っているようだ。 今冬の移籍市場最終日にPSG移籍に迫っていたツィエク。メディカルチェックも済ませ、残すは正式発表を待つばかりとなっていた。 しかし、締め切りを過ぎても発表はされず。その原因はチェルシー側の書類不備にあったという。 フランス『レキップ』によれば、チェルシーは3度に渡って誤った書類を送り、そのうちに期限切れとなってしまったようだ。 PSGも怒り心頭で、特に移籍を望んでいたツィエクにとっては大きな失望を味わうことに。しかし、『レキップ』はまだ移籍が受理される可能性があると主張。現在、フランスプロサッカーリーグ連盟(LFP)がPSGの異議申し立てを検討しているとのことで、LFPの法務委員会からゴーサインが出れば、晴れて移籍が認められるとのことだ。 なお、今回の移籍形態は買い取りオプションなしのレンタルのようだ。 2023.02.01 20:20 Wed
twitterfacebook
thumb

ツィエクの獲得に失敗したPSG、原因はチェルシーによる書類ミス…3度も誤った書類を送ったと報道

チェルシーからパリ・サンジェルマン(PSG)への移籍が確実視されていたモロッコ代表MFハキム・ツィエク(29)だが、移籍が成立せず。その理由は書類の不備だったようだ。 冬の移籍市場の最終期限が迫る中、PSGへの移籍が報じられたツィエク。時間がない中で話をまとめ、レンタル移籍に近づいていた。 クラブ間の合意があり、移籍が成立したかと思われたが、なんとタイムリミットを迎えることに。メディカルチェックも合格していた中で移籍が成立しなかった理由は、書類に問題があったからだという。 フランス『レキップ』によれば、チェルシーからの書類の到着が遅れたとのこと。3度も誤った書類を送りつけたとし、PSG側は怒りを示しているという。 書類の手続きの問題、さらにチェルシー側の不備ということもあり、PSGはリーグ・アンに苦情を申し入れたが、承認されなかったという。 買い取りオプションはなく、レンタルでの加入となることが30日の段階で決定的に。ただ、書類が遅れていたために不安視されていたが、現実のものとなってしまった。 2023.02.01 13:35 Wed
twitterfacebook
thumb

フォレストが百戦錬磨のベテラン2選手を補強! ケイロル・ナバス&シェルヴェイが加入

ノッティンガム・フォレストは31日、パリ・サンジェルマン(PSG)からコスタリカ代表GKケイロル・ナバス(36)を今シーズン終了までのレンタル移籍で獲得したことを発表した。 レアル・マドリー時代にチャンピオンズリーグ3連覇などに貢献したケイロル・ナバス。しかし、ベルギー代表GKティボー・クルトワの加入に伴い、2019年夏にパリへ新天地を求めた。 その新天地ではここまで公式戦108試合に出場。だが、今シーズンは加入2年目で守護神の座を確立したイタリア代表GKジャンルイジ・ドンナルンマのバックアップに甘んじ、ここまではクープ・ドゥ・フランス2試合の出場にとどまっていた。 この現状を受け、以前にはマドリー時代の元同僚クリスティアーノ・ロナウドが加入したサウジアラビアのアル・ナスルからオファーが届いていた模様だが、ヨーロッパでのプレー継続を求めるコスタリカ代表GKはこのオファーを固辞。 そういった中、イングランド代表GKディーン・ヘンダーソンの負傷離脱によって経験豊富なGKを探していたフォレストからのオファーを受け、百戦錬磨のベテランGKは自身初のプレミアリーグ挑戦を決断した。 また、フォレストは同日、ニューカッスルから元イングランド代表MFジョンジョ・シェルヴェイ(30)を完全移籍で獲得したことを発表した。背番号は「6」となり、契約期間は2025年6月30日までの2年半となる。 かつてリバプールでもプレーしていたシェルヴェイはニューカッスル在籍8シーズン目のセントラルハーフで、プレミアリーグ通算出場数は270試合。長らく主力としてクラブを支えてきたが、今季は序盤戦で長期離脱を余儀なくされ、復帰後も公式戦5試合出場にとどまっていた。 現在、エディ・ハウ監督の下ではショーン・ロングスタッフ、ジョー・ウィロック、ブルーノ・ギマランイス、ジョエリントンらが中盤の鉄板カルテットとなっており、今後もその争いに割って入るのが、困難なことから30歳のベテランMFはフォレストに新天地を求める形となった。 2023.02.01 09:01 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly