「加工されたであろう写真を見た」スペイン代表指揮官が日本の逆転ゴールの疑惑について言及、見解は「このプレーはVARが正しい」

2022.12.02 13:08 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
スペイン代表のルイス・エンリケ監督が、日本代表の逆転ゴールについて言及した。1日、カタール・ワールドカップ(W杯)グループE最終節でスペインは日本と対戦した。

勝ち点4で首位に立つスペインと、勝ち点3で2位につける日本。スペインは引き分け以上でグループステージ突破が確定。一方で、負ければ敗退の可能性も残していた。
試合は立ち上がりからスペインが支配すると、12分にアルバロ・モラタがヘディングを決めて先制する。先制後は完全に試合を支配。しかし、日本の粘り強い守りの前に、ゴールを奪えない。

すると後半立ち上がりに堂安律のミドルシュートで追いつかれると、VARの判定によりゴールラインを割っていないとして、田中碧のゴールが認められ逆転を許す。

スペインはその後も前半同様に支配。日本に何度カウンターを仕掛けられそうになった中、最後まで攻めたがゴールを奪えず2-1で敗戦。2位でグループステージを通過することとなった。

試合後、ルイス・エンリケ監督は「パニックに陥っていた」と後半早々の2失点について言及したが、記者会見では田中の逆転ゴールの前にラインを割っていたかどうかについ言及。「加工されたものを見た」とし、VARの判断が正しいと見解を述べた。

「私は間違いなく加工されたであろう写真を見た。または操作されているものをだ。見させてもらったが、そんなはずはない」

「これ以上、何も言うことはない。最大限の敬意を表し、VARに時間がかかった時点で、何か奇妙なことがことが起きていることはもうわかっていた」

「これらの画像では、ボールがミリ単位で出ていないことを確認している」

「そして、スペイン戦での日本のゴールは有効だ。このプレーはVARが正しい」

1 2

関連ニュース
thumb

財政難バレンシア、1月全資金をサウール獲得に捧ぐ? 18カ月レンタルを画策

バレンシアが、アトレティコ・マドリーの元スペイン代表MFサウール・ニゲス(28)獲得を模索しているようだ。スペイン『Relevo』が伝えている。 アトレティコ通算361試合出場を誇るサウール。下部組織から在籍し、若手時代の武者修行を除けばクラブ一筋で歩んできたが、一昨季に出場機会が減り、昨季はチェルシーにレンタル移籍していた。 チェルシーでもさほどプレーできず、復帰した今季も途中出場がメイン。そんなサウールに対して今冬、ジェンナーロ・ガットゥーゾ監督率いるバレンシアが獲得を模索し続けているという。 バレンシアは当初、アトレティコに半年レンタルを提案も却下され、今度は来季までの18カ月レンタルを用意し、サウールの年俸700万ユーロ(約9億8000万円)を全て負担する姿勢を示しているとのことだ。 さらに、サウール獲得のために他の補強を諦める覚悟があるとされ、今冬まだ1人も獲得していないバレンシアが、1月に準備した資金を全てサウールに捧ぐことすらあり得ると考えられている。 気になるのはその実現性だが、バレンシア、アトレティコ、サウールの三者は27日に会談予定。ここでは買い取りオプションの有無についても話し合われるとされ、サウール本人はバレンシア行きを希望しているとのことだ。 2023.01.27 21:14 Fri
twitterfacebook
thumb

マドリーがダニ・オルモを注視! 契約延長交渉の行方次第で今夏に動く?

レアル・マドリーが、RBライプツィヒのスペイン代表MFダニ・オルモ(24)を注視しているようだ。スペイン『Fichajes』が伝えている。 ダニ・オルモはバルセロナの下部組織育ちだが、飛躍のきっかけは16歳で加入したクロアチアの名門ディナモ・ザグレブ。スペイン人ながらも東欧経由でブンデスリーガ行きを掴んだという異色の経歴の持ち主だ。 ライプツィヒでは主力として活躍し、今季の公式戦16試合で4得点6アシスト。年明けには「この先もずっとバルサは僕の家で、スペインは僕の国。契約延長は代理人に任せっきりさ」と、近い将来のバルセロナもしくは母国への復帰を示唆していた。 気になる契約は2024年6月までで、つい先日にはライプツィヒ幹部がダニ・オルモとの契約延長に全力を注ぐ意志を表明。その行方をマドリーが注目しているとのことだ。 また、ライプツィヒは契約延長にて7000万〜7500万ユーロ(約99億〜106億円)のリリース条項を念頭に置いているといい、選手の希望を考慮してか、スペインクラブ向けには6000万ユーロ(約85億円)を適用するプランだという。 マドリーはダニ・オルモとライプツィヒの交渉が不調と見れば、即座に今夏の獲得へ動く用意があると考えられている。 2023.01.26 20:37 Thu
twitterfacebook
thumb

準決勝はオランダvsクロアチア、スペインvsイタリアに決定! UEFAネーションズリーグファイナルズは6月開催

欧州サッカー連盟(UEFA)は25日、UEFAネーションズリーグ(UNL)ファイナルズの組み合わせ抽選会を実施した。 今年6月にオランダで開催されるUNLの決勝ラウンド。すでにベスト4が決定しており、オランダ代表、クロアチア代表、スペイン代表、イタリア代表の4チームが勝ち残っていた。 抽選の結果、準決勝ではオランダvsクロアチア(6/14)、スペインvsイタリア(6/15)のカードが決定した。 イタリア以外の3カ国は昨年のカタール・ワールドカップ(W杯)に出場しており、クロアチアは3位、オランダはベスト8、スペインはベスト16入り。イタリアはユーロ2020を制したものの、W杯の出場を逃していた。 クロアチアとスペインは日本代表も対戦しており、記憶に新しいところ。3カ国目の優勝国に輝くのはどこになるだろうか。 2023.01.25 22:50 Wed
twitterfacebook
thumb

マドリー功労者2人の去就は… クロースやはり引退? 在籍23年目ナチョも退団決意か

レアル・マドリーに長く貢献してきた元ドイツ代表MFトニ・クロース(33)、元スペイン代表DFナチョ・フェルナンデス(33)の去就が不確定だ。スペイン『Relevo』が伝える。 クロースはマドリー在籍9年目、11歳から在籍するワンクラブマンのナチョは23年目を迎えた。2選手は揃って今月で33歳を迎え、今シーズン限りで契約が満了となる。 主軸のクロースは数年前に「33歳での現役引退がベスト」と発言。今夏の引退が噂されており、実際にクラブから契約の1年延長をオファーされて数カ月経つものの、シーズン終了まで回答を保留。1年延長か引退の二択で、マドリー以外のユニフォームを着る可能性は皆無だという。 一方、出場機会が少ないナチョには延長オファーがない模様。だが、こちらの去就も選手自身の意志が最優先されているようで、クラブとしては現行と同じ金銭条件で単年契約を更新し続けていくというプランがあるようだ。すなわち、ナチョはマドリー退団を決意したものと考えられている。 2023.01.25 14:38 Wed
twitterfacebook
thumb

トッテナム、ペドロ・ポロの1月獲得諦めず… 交渉成立ならスペンス売却も

トッテナムが、スポルティングCPに所属するスペイン代表DFペドロ・ポロ(23)の獲得交渉を続けているようだ。 ポロは元マンチェスター・シティの右サイドバックで、2020年夏にシティから2年レンタルでスポルティング入りし、昨夏には完全移籍に移行。2025年6月までの契約を結んでいる。 身長は173cmと小柄だが、豊富な運動量と良質なクロス、スピードなどが魅力。スポルティングでは右ウィングバックを本職とし、今季の公式戦24試合で3得点、そして驚異の11アシストを記録している。 移籍市場に精通するジャーナリスト、ファブリツィオ・ロマーノ氏の最新情報では、スポルティングは4000万ポンド(約64億1000万円)のリリース条項の満額支払い以外では首を縦に振らない姿勢を崩していないという。 一方、イギリス『Football Insider』によると、ポロ獲得に成功なら既存戦力を1枚削る考えとのことで、ポロと定位置が被るアイルランド代表DFマット・ドハーティ(31)、ブラジル代表DFエメルソン・ロイヤル(24)、U-21イングランド代表DFジェド・スペンス(22)のいずれかだと考えられている。 なお、スペンスにはレバークーゼンやクリスタル・パレス、ウォルバーハンプトン、サウサンプトンから関心が寄せられているとのことだ。 2023.01.24 20:18 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly