「日本を大いに評価したい」敗戦を受け入れるアメリカ代表監督、日本代表戦をどう見た?

2022.09.24 16:25 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アメリカ代表のグレッグ・バーホルター監督が、日本代表戦を振り返った。『ESPN』が伝えた。23日、キリンチャレンジカップ2022で日本はアメリカと対戦。ともにカタール・ワールドカップ(W杯)に出場する国同士の対戦となった。

アメリカはキャプテンでエースのクリスチャン・プリシッチ(チェルシー)が負傷のためにメンバー外。スターティングメンバーの平均年齢は24歳143日ということで、非常に若いメンバー構成となった。
立ち上がりは勢いを持って日本陣内に攻めていったアメリカだったが、強度の高い中盤のプレスと、攻撃面での精度の低さから徐々に日本のペースに。すると鎌田大地がネットを揺らして先制を許す。

後半メンバーを変えて徐々にペースを取り戻しにいき、何度かゴールに迫るも奪えず。終盤に三笘薫にネットを揺らされ、2-0で敗れることとなった。

試合後、バーホルター監督は日本戦を振り返り、日本を評価すべきだとした。

「やらなければならないことはある。明らかに改善をする必要があるが、全体としてこのチームにとっては良い経験になった」

「日本を大いに評価したいと思う。彼らは良いゲームをしたと思うし、我々に苦労をかけた」

「時折我々は試合に入ることができ、良いパフォーマンスを見せた。ただ、90分間を通してみれば、もっと上手くやれたはずだ。十分ではなかった」

また、選手のフィジカル面が出せていないことを指摘。ミスから日本にペースを渡してしまったと振り返った。

「ワールドカップが近いことと関係があるかはわからないが、選手たちはフレッシュには見えなかった。フィジカルのアウトプットで、我々は一歩遅れているように見えた」

「そうなってしまうと難しい。日本のようなチームが相手では罰を受けることとなる」

「後半は調整し、試合をよりコントロールできるようになり、ライン間のパスも多くなった。ただ、前半は、ボールに対する落ち着きのなさ、愚かなギブアウェイが目立ってしまった」

「まずまずの立ち上がりを見せ、相手を立て直すことができた。ただ、その後、続け様にボールを与えてしまい、思い描いていた展開にはならなかった」

アメリカはこの後スペインへと移動し、27日にサウジアラビア代表と対戦する。


1 2

関連ニュース
thumb

プリシッチはニューカッスルへGO! 元イングランド代表GKが提案「エディ・ハウなら…」

元イングランド代表GKポール・ロビンソン氏が、アメリカ代表FWクリスチャン・プリシッチ(24)にニューカッスル行きをオススメした。 プリシッチは現在、カタール・ワールドカップ(W杯)に参戦中。アメリカ代表は3日の決勝トーナメント1回戦でオランダ代表に敗れて敗退となってしまったが、自身はグループステージでチームを勝利に導くゴールを挙げるなど、改めてその能力を世界にアピールした。 一方、所属するチェルシーでは加入以来、なかなか定位置を確保できず、今夏も退団が噂に。来年1月に向けてはマンチェスター・ユナイテッドやアーセナル、ニューカッスルなどが獲得に動いているとされ、その去就に小さくない注目が集まっている。 そんななか、現役時代に2006年のドイツW杯を経験したP・ロビンソン氏は、イギリス『Football Insider』でプリシッチに最適なクラブとしてニューカッスルを提案。理由として指揮官の存在を挙げた。 「W杯のプリシッチには感銘を受けた。やはり、少しばかり遊びの心を持たせた方が輝くタイプだね。チェルシーでは上手くいかない日々が続くが、活かす戦術プランがありさえすれば、どこにいてもトッププレーヤーとして君臨する」 「ニューカッスルがベストな選択肢のはず。エディ・ハウ(監督)ならプレーヤーの最大限の能力を引き出してくれるよ。 彼は個々へのマネジメントが素晴らしいんだ。プリシッチにはピッタリだと思うよ」 2022.12.04 17:07 Sun
twitterfacebook
thumb

「批判が追い風になった」1G2Aと大暴れのオランダ代表DFダンフリースが喜び語る「両WBがアシストし合うことなんてあった?」

インテルのオランダ代表DFデンゼル・ダンフリーズがアメリカ代表戦を振り返った。オランダ『デ・テレグラーフ』が伝えている。 カタール・ワールドカップ(W杯)ラウンド16でアメリカと相まみえたオランダ。立ち上がりから両チームがチャンスを作る展開となった中で、10分に右サイドに抜け出したダンフリースの折り返しに、中央に走りこんだFWメンフィス・デバイが合わせて先制に成功する。 前半アディショナルタイムにも再びダンフリースのグラウンダーのクロスからDFデイリー・ブリントが追加点を記録すると、76分に1点を返されたが、81分にはダンフリースが左足のボレーシュートを叩き込んで再び2点差に。3-1のまま試合終了を迎え、ベスト8進出を決めた。 1ゴール2アシストと、全得点に絡んだダンフリース。逆サイドのウイングバックを務めるブリントとともにグループステージのパフォーマンスについて批判を受けていたと振り返りつつも、この一戦での活躍を喜んだ。 「この試合に向けて集中していた。チームの力になれたことをうれしく思うよ。もちろん、最近は批判を受けたこともあった。だけど、それは僕にとって追い風になったし、ウイングバックの相方であるブリントにとっても同じだと思う」 「ブリントとはともにポジティブな結果が出せた。今日はゲームプランがとてもうまくいったんだ。両ウイングバックが互いにアシストし合うなんて、今まであったかな?僕たちはとてもコンパクトに戦えていた。相手のセンターバックは、とても苦労していたように見えたよ」 また、次戦はアルゼンチン代表との準々決勝が控える中、「あと3試合、この大会で戦い続けたいと考えている。そうすれば、とても素敵な経験になると思うよ」ともコメント。さらなる飛躍に向けて意気込んだ。 2022.12.04 11:20 Sun
twitterfacebook
thumb

完勝のアメリカ戦を振り返るファン・ハール監督「ハーフタイムにとても厳しい言葉を口にした」

オランダ代表のルイス・ファン・ハール監督が、アメリカ代表戦を振り返った。 オランダは3日、カタール・ワールドカップ(W杯)ラウンド16でオランダ代表と対戦。10分にデパイのゴールで先制したオランダは、前半終了間際にもブリントが追加点を奪った。 その後、後半に1点を返されたオランダだったが、81分にダンフリースがゴールネットを揺らし、3-1で勝利しベスト8進出を決めた。 試合後に会見に臨んだファン・ハール監督は、勝利を喜びながらも、2点を奪った前半の試合内容には納得いってなかったと語った。 「ハーフタイムにとても厳しい言葉を口にしたんだ。我々は前半に2つの素晴らしいゴールを決めて、2-0とリードしていたが、前半はボールを奪われることが多く苦戦していた。ワールドカップでそのようなプレーは許されない。強豪チーム相手にそんなプレーをしたら、通用するわけないからね。後半は見違えるほどボールを持つことができた。失点しても強気のパフォーマンスを見せてくれていた」 「私は1年前から我々は世界チャンピオンになれると言ってきた。今大会で絶対そうなるとは言えないが、可能性は十分にあるだろう。以上だ」 2022.12.04 06:55 Sun
twitterfacebook
thumb

敗戦を悔いるバーホルター監督「なかなかチャンスが巡ってこない厳しい内容だった」

アメリカ代表のグレッグ・バーホルター監督が、オランダ代表戦を振り返った。 アメリカは3日、カタール・ワールドカップ(W杯)ラウンド16でオランダ代表と対戦。前半で2失点を喫したアメリカは、76分にライトのゴールで1点差に詰め寄るが、81分にダンフリースにネットを揺らされ、1-3でが敗戦した。 試合後に『beIN SPORTS』のインタビューを受けたバーホルター監督は、選手を賞賛する一方で、結果を悔しがっている。 「今日の試合はなかなかチャンスが巡ってこない厳しい内容だった。本当に残念だよ。若い選手たちの間には絆が生まれた。しかし、今夜は負けてしまった。辛い瞬間だった。このメンバーをとても誇りに思っているが、結果には落胆しているよ」 2022.12.04 06:35 Sun
twitterfacebook
thumb

ダンフリースが圧巻の1G2A! オランダがアメリカを下してベスト8進出を決める!《カタールW杯》

カタール・ワールドカップ(W杯)ラウンド16のオランダ代表vsアメリカ代表が3日に行われ、3-1でオランダが勝利した。 2大会ぶりのW杯でグループAを首位で通過したオランダは、4日前に行われたカタール代表戦と同じ先発メンバーを採用。ガクポとデパイを2トップに据えた[3-4-1-2]で試合に臨んだ。 一方、グループBをイングランド代表に次ぐ2位で通過したアメリカは、4日前に行われたイラン代表戦から先発を2人変更。サージェントとカーター=ヴィッカーズに代わりヘスス・フェレイラとジマーマンが先発に名を連ねた。 試合は開始早々にアメリカがチャンスを迎える。3分、右クロスのこぼれ球をボックス手前のアダムスがワンタッチでゴール前に繋ぐと、抜け出したプリシッチにチャンスが訪れたが、シュートはGKノペルトの好セーブに阻まれた。 対するオランダは10分、ガクポのパスで右サイドを抜け出したダンフリースがマイナスに折り返すと、中央に走りこんだデパイがゴール左にシュートを突き刺した。 先制点を許したアメリカは、徐々にボールを保持して両サイドを起点に攻撃を組み立てるが、オランダの守備網を突破することができず。決定機のないまま時間が経過する。 ハーフタイムにかけてもアメリカの押し込む時間が続いたが、再びスコアを動かしたのはオランダだった。前半アディショナルタイム1分、右サイドのスローインの流れからクラーセンの縦パスに反応したダンフリースがボックス右深くからマイナスの折り返すと、逆サイドから走りこんだブリントがゴール左下に流し込んだ。 迎えた後半、2点を追うアメリカは、ヘスス・フェレイラを下げてレイナを投入。一方のオランダはクラーセンとデ・ローンを下げてベルフワインとコープマイネルスをピッチに送り出した。 するとオランダは50分、右サイドを突破したダンフリースがクロス供給すると、ニアサイドでブロックに入ったリームにディフレクトしたボールが枠を捉えたが、これはGKターナーの好セーブに阻まれた。 さらにオランダは、71分にもペナルティアーク手前でパスを受けたコープマイネルスがミドルシュートでゴールを狙うと、相手GKの弾いたボールに反応したデパイがダイビングヘッドで合わせたが、これもGKターナーのファインセーブに防がれた。 ピンチを凌いだアメリカは、75分にデストを下げてイェドリンを投入すると、直後に右CKの二次攻撃から1点を返す。76分、相手DFのクリアをバイタルエリア手前で拾ったイェドリンのパスからプリシッチが右クロスを供給すると、ニアで合わせたライトのシュートが絶妙なループでゴール左に吸い込まれた。 1点差とされたオランダだが、81分に再びリードを広げる。F・デ・ヨングのパスをボックス左横で受けたブリントがクロスを入れると、ファーサイドから走りこんだダンフリースが左足ボレーでゴールに流し込んだ。 その後、アメリカが決死の猛攻を見せるもオランダがきっちり攻撃をはね返し続け、試合はタイムアップ。ダンフリースの全ゴールに絡む活躍でアメリカを下したオランダがベスト8進出を決めた。 オランダ 3-1 アメリカ 【オランダ】 デパイ(前10) ブリント(前46) ダンフリース(後36) 【アメリカ】 ライト(後31) 2022.12.04 01:58 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly