韓国がW杯用ユニフォームを発表、誇り高き国家の激しさを示すレッド+タイガーストライプ 元J戦士もモデルに

2022.09.23 21:25 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
韓国サッカー協会(KFA)は、カタール・ワールドカップ(W杯)で着用するユニフォームのデザインを発表した。

パウロ・ベント監督のもと、10大会連続11回目のW杯出場を決めた韓国。ホームキットは朝鮮半島に神霊的な存在、「トッケビ」をモチーフとしたエネルギッシュなデザインとなった。

サプライヤーのナイキによれば、誇り高き国家の激しい精神を表しており、基調である鮮やかなグローバルレッドと、強さと力を表す袖のタイガーストライプによって一層強調されているとのこと。
アウェイキットは、韓国の国旗に見られる太極に焦点を当て、国家の誇りと天(青)と地(赤)のバランスを表している。いずれのキットにも襟の後ろにハングルで国名を綴っている。

22日にKFAが更新したインスタグラムには多数の選手がモデルとして登場し、エースのFWソン・フンミン(トッテナム)はもちろん、今夏に柏レイソルからサウジアラビアのアル・シャバブへ移籍したGKキム・スンギュも新ユニフォームを着用している。

韓国はグループDに振り分けられ、ウルグアイ代表、ガーナ代表、ポルトガル代表と同居する。23日にコスタリカ代表と、27日にカメルーン代表と国際親善試合を行う予定だ。



1 2

関連ニュース
thumb

韓国にゴールレスのウルグアイ、ディエゴ・アロンソ監督「最初の20分は苦労した」

ウルグアイ代表は24日、カタール・ワールドカップ(W杯)グループH第1節で韓国代表と対戦。苦戦しつつも0-0の引き分けで終えた。 この試合を振り返ったウルグアイ代表を率いるディエゴ・アロンソ監督は以下のように述べた。 「最初の20分、ボールの取り所に苦労した。どの位置でプレスに行くか定まらずプレー精度を欠いてしまった。しかし後半は修正ができてよりアグレッシブになり、試合に集中することができた。連動性やインスピレーションに少し欠けたが、闘う姿勢は見せられた。全体的には選手たちのパフォーマンスには満足しているよ」 ウルグアイは28日、ポルトガル代表と2戦目を戦う。 2022.11.25 02:55 Fri
twitterfacebook
thumb

ウルグアイ相手に優勢ドローの韓国、ベント監督は「素晴らしいパフォーマンス」と満足

韓国代表は24日、カタール・ワールドカップ(W杯)グループH第1節でウルグアイ代表と対戦。優勢の末、0-0の引き分けに終わった。 この試合を振り返った韓国代表を率いるパウロ・ベント監督は以下のように述べた。 「試合を支配する時間もあった。ただ、ウルグアイには優れた選手が揃っており、フィジカルが落ちてしまった。それでも選手たちはよく団結し、組織的にプレーできた。素晴らしいパフォーマンスだったよ。ポジティブな面は攻撃的に戦えたこと。ウルグアイが苦戦しているのはわかった。ボールを持つことを恐れることなく戦っていきたい。今後、益々難しい試合になるが、アグレッシブな姿勢を貫きたいね」 韓国は28日に2戦目のガーナ代表戦を戦う。 2022.11.25 02:20 Fri
twitterfacebook
thumb

韓国優勢もウルグアイ譲らずゴールレスドロー《カタールW杯》

カタール・ワールドカップ(W杯)グループH第1節、ウルグアイ代表vs韓国代表が24日に行われ、0-0で引き分けた。 ポルトガル代表とガーナ代表が同居しているグループH。 4大会連続14度目の出場となるウルグアイは、スアレスとヌニェスが前線を形成。中盤にはバルベルデとベンタンクール、最終ラインにはゴディンとヒメネスが名を連ねた。 一方、10大会連続11度目の出場となる韓国は顔面骨折で大会出場が危ぶまれたソン・フンミンが先発した他、キム・ミンジェや元Jリーガー勢のファン・ウィジョ、チョン・ウヨン、ナ・サンホ、キム・ヨングォン、キム・ジンス、GKキム・スンギュらがスタメンとなった。 スアレスを最前線とする[4-3-3]で臨んだウルグアイに対し、韓国がアグレッシブな入りを見せていく。しかしシュートには持ち込めずにいた中、劣勢の入りとなったウルグアイが最初に好機。19分、バルベルデがディフェンスライン裏への飛び出しから決定的なシュートを浴びせた。 ここからウルグアイが盛り返し、試合は互角の攻防へ。そんな中、34分に韓国に先制のビッグチャンス。だが、ゴール前でフリーのファン・ウィジョが右クロスに合わせたシュートは枠の上に外してしまう。 ハーフタイムにかけては再び韓国が押し込む流れが続いたが、43分にウルグアイに絶好機。右CKからゴディンのヘディングシュートが左ポストに直撃した。 韓国優勢の前半を終えてゴールレスで迎えた後半、一進一退の展開で推移した中、ウルグアイは64分にスアレスに代えてカバーニを投入。 そのウルグアイが徐々に押し込む流れとしていった中、韓国は74分にイ・ガンインらを投入する3枚替えを敢行。 互いに勝負をかけた中、81分にウルグアイはヌニェスがカットインから際どいシュートを浴びせると、89分にはバルベルデがトレードマークのミドルで左ポスト直撃のシュートを放った。 対する韓国も直後、ソン・フンミンの左足ミドルでゴールに迫った中、互いに譲らずゴールレスドロー。勝ち点1を分け合った。 2022.11.25 00:00 Fri
twitterfacebook
thumb

「アジアの誇り」「アジアの奇跡」W杯公式がアルゼンチン&ドイツ撃破の立役者を並べ称賛! 韓国ファン「韓国も続け!」

カタール・ワールドカップ(W杯)において、アジア勢が強さを示している。 20日に開幕したカタールW杯。オープニングゲームでは開催国のカタール代表がエクアドル代表に完敗を喫し、21日にはFIFAランキングでアジア最上位のイラン代表がイングランド代表相手に2-6で大敗した。 FIFAランキングが強さに直結するわけではないが、アジア勢の連敗は少なからず衝撃を与えていた。 その中でまずサプライズを起こしたのはサウジアラビア代表。リオネル・メッシ擁するアルゼンチン代表相手に先制を許しながらも、ディフェンスラインを高めに設定する攻めの姿勢を貫くと、後半の2ゴールで逆転。35試合無敗という強さを誇っていたアルゼンチンを沈めてみせた。 オーストラリア代表はフランス代表に敗れたものの、サウジアラビアに続いたのが日本代表だ。23日にカタール・W杯グループE第1節でドイツ代表と対戦すると、前半は試合を支配される展開に。幾度もチャンスを作られるとPKから失点を許し0-1で試合を折り返した。 イランの大敗も頭をよぎった中、日本の森保一監督はセンターバックを三枚にし、高い位置からドイツにプレスをかけてボールを奪うことを目指す攻撃的な戦術を採用。捨て身とも言えるやり方を選んだ。 すると、この選択が見事にハマり日本は流れを手中に収める。75分に堂安律のゴールで同点に追い付くと、同点では満足せずに浅野拓磨のゴールで逆転勝利を呼び込んだ。 日本だけでなく世界で伝えられたこの勝利だが、FIFA(国際サッカー連盟)のW杯用の公式SNSが早速その流れに乗じ、サウジアラビアの決勝点を決めたサレム・アル・ドサリと浅野が肩を組んでいるように見える2ショットを投稿した。 「W杯の歴史に刻まれる」というコメントとともに添えられたこの投稿には、多くのファンが反応。「アジアの誇りだ」、「韓国も続け!」、「最高の日だ」など様々な反響が寄せられている。 残すアジア勢は韓国代表。24日にウルグアイ代表との初戦を迎える。 <span class="paragraph-title">【写真】「アジアの誇りだ」W杯公式が投稿したサウジアラビアと日本の立役者</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/ClVFd0GNK-5/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/ClVFd0GNK-5/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/ClVFd0GNK-5/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">FIFA World Cup(@fifaworldcup)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.11.24 18:10 Thu
twitterfacebook
thumb

【カタールW杯グループH展望】ポルトガル本命でウルグアイ対抗、ガーナ&韓国がかき乱せるか

24日から戦いが始まるグループHは素直に戦力値で評価すれば、出場国でもトップクラスのポルトガル代表が軸。国の顔である重鎮勢にヤングスターが頭角を現すウルグアイが対抗で、攻守の要にビッグクラブの主軸を擁する韓国代表と、FIFAランキングで出場国最下位のガーナ代表が2強の予定調和を乱せるかが注目どころだ。 ◆編集部予想 ◎本命:ポルトガル ○対抗:ウルグアイ △連下:ガーナ ☆大穴:韓国 ◆スカッド力で抜けた存在〜ポルトガル代表〜 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/WC2022_Portugal_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">Getty Images<hr></div>本命はポルトガル。フェルナンド・サントス監督という保守的な指揮官が故に、攻撃面にタレントを生かし切れていない感もややあるが、他3カ国と比べても単純なスカッド力でも抜けた存在だ。所属先で良いシーズンを過ごせておらず、年齢面からゴール感覚の鈍化も隠せないC・ロナウドが懸念材料だが、ブルーノ・フェルナンデスやベルナルド・シウバをはじめ、脇を固める選手もスター揃いであり、突破本命と言って良い。 ◆ポルトガルの対抗馬〜ウルグアイ代表〜 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/WC2022_Uruguay_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">Getty Images<hr></div>ポルトガルの対抗馬はウルグアイ。ルイス・スアレスを筆頭に長らく中心を担う選手が年齢的に絶頂期を過ぎた感もあるが、今季のレアル・マドリーでさらにスケールの大きな存在となるフェデリコ・バルベルデや、リバプールで徐々に本領を発揮しつつあるダルウィン・ヌニェスをはじめ、気鋭のタレントもいる。ちなみに、前回大会の16強ではポルトガルを撃破。第2節でそのポルトガルを再び叩ければ、首位突破もありうる。 ◆2強に割って入れるか〜ガーナ代表〜 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/WC2022_Ghana_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">Getty Images<hr></div>ポルトガルとウルグアイの2強中心で回りそうなグループだが、トーマス・パルティらタレントを擁するガーナ代表も侮れない。アフリカ予選では1番乗りでW杯行きの切符を手に。今大会に向け、イニャキ・ウィリアムズらの“代表転向”に成功して、スカッド力を高めた。このグループの突破争いにおいて、韓国と同じく下馬評の低いスタートになるが、2強のいずれかをひと泡吹かせられれば、勢いに乗って台風の目にもなりうる。 ◆エース気がかりも力あり〜韓国代表〜 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/WC2022_SouthKorea_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">Getty Images<hr></div>欧州の強豪でプレーするソン・フンミンとキム・ミンジェを攻守の要に擁する韓国はまず2位予想のウルグアイを崩せるかどうか。顔面骨折で手術を受け、時間との戦いに直面するエースのソン・フンミンは100%の状態で入れるか不透明さを極めるが、ほかの欧州組をはじめ、力のある選手がいる。突破にはガーナ戦での勝利マストに残り2試合のいずれかで前回大会のドイツ代表戦で披露した番狂わせの再現が求められる。 ◆グループステージ日程 第1節 ▽11/24 《22:00》 ウルグアイ vs 韓国 《25:00》 ポルトガル vs ガーナ ◆第2節 ▽11/28 《22:00》 韓国 vs ガーナ 《28:00》 ポルトガル vs ウルグアイ ◆最終節 ▽12/2 《24:00》 ガーナ vs ウルグアイ 韓国 vs ポルトガル 2022.11.24 18:00 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly