最年長ゴールのジルーをデシャンも喝采 「彼はW杯に出ようと全力」

2022.09.23 08:50 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
フランス代表のディディエ・デシャン監督がコメントした。フランス『レキップ』が報じている。

22日にホームでUFFAネーションズリーグ(UNL)のグループA・グループ1第5節のオーストリア代表戦に臨んだフランス。FWキリアン・ムバッペとFWオリヴィエ・ジルーのゴールで2-0と勝利した。

ここまで2分け2敗で最下位に沈み、すでにグループリーグ敗退。グループAからの降格回避とともに、今年11月のカタール・ワールドカップ(W杯)に向けたチーム作りを進めるなかでの勝利だった。
今活動ではケガ人が相次ぎ、代役を立ててもその代役が必要になるなどしたが、しっかりと勝利したデシャン監督。試合後、4試合を戦って未勝利に終わった6月を引き合いに出し、結果を喜んだ。

「勝利に勝るものはない。6月は勝てなかったしね。複雑な時期だったが、今夜の選手たちは報われた。彼らもそれぞれがライバルで、フランスチームにも義務と責務がある。カレンダーにある最後のホーム戦が素晴らしい雰囲気だったのは幸運だった。6月はうまくいかなかったし、非常に良い夜になったよ」

また、フランス代表最年長得点となる35歳357日でのゴールを記録したジルーについては「観衆の彼に対する拍手の意図を解釈するのは私の仕事ではない」としつつ、称賛している。

「オリヴィエはあれをされるにふさわしく、私も嬉しく思う。彼はクラブレベルで難しい時期もあったが、我々とは良い関係であり続けた。私が彼を呼ぶなら、彼にゴールを決めてもらうため。そして、コンビネーションも豊富だ」

「W杯にジルーを? 彼はこれからも良いプレーをし続けないとね。でも、私の発言をうのみにしないでほしい。彼はメンバーに入ろうと全力を尽くしている。あらゆるポジションで競争があって、26人を連れていけるが、考える時間もある」

関連ニュース
thumb

ヴァランの仏代表キャリアすべてを見届けたデシャン監督が感動的なメッセージ…「彼のコーチであることに大きな喜びを感じていた」

フランス代表を率いるディディエ・デシャン監督が、29歳での代表引退を決断したマンチェスター・ユナイテッドのDFラファエル・ヴァランへエモーショナルなメッセージを送った。フランス『レキップ』が伝えている。 ヴァランは2日、自身のインスタグラムを通じて、2013年3月のジョージア代表戦から直近のカタール・ワールドカップまで通算93キャップを刻んだレ・ブルーからの引退を発表した。 これを受け、2012年7月からレ・ブルーを指揮し、ヴァランのデビューから引退まで、そのすべてを共にしてきたデシャン監督は、エモーショナルなメッセージを送った。 「ラファエルは数日前に私に電話をかけてきて、代表キャリアを終わらせたいと説明した。彼は知的な青年であり、時間をかけて熟考し、決定する前に長所と短所を比較検討する方法を知っていた。我々のやり取りの詳細は省くが、ラファエルはフランス代表での冒険が終わったと信じている」 「私は彼と似たような状況を経験した。彼の主張は理解できるし、決断を尊重するが、ワールドカップまでの間、彼は最初から最後まで、我々が知っているリーダーのように振る舞っていた」 「もちろん、2012年8月から築いた絆を考えると、ある種の感情なしにこのページをめくることはできない」 「ウーゴ・ロリスと同じように、彼はケガをしない限り、私のすべてのチームシートに名を連ねていたことだろう。当時、レアル・マドリーで若き才能を開花させていたラファエルは、ル・アーブルで行われたウルグアイとの親善試合で私のトップチームの一員となった。彼はすぐにスタメンに定着した」 「特に覚えているのは、2013年のウクライナとのカムバックプレーオフでの彼の貢献だ。最初のハイレベルなパフォーマンス。長いリストの最初の一人だ。私が21歳の彼に腕章を託すことに躊躇しなかったとすれば、それは彼がすでに、彼なりに、そして他のプレーヤーとともに、グループに対するリーダーシップを発揮していたからだ。ラファはグループとその価値の保証してくれる一人であり、効果的な中継役でもあった」 「ブレーズ・マテュイディ、スティーブ・マンダンダ、ウーゴ・ロリスに続き、ラファエルは代表を引退する4人目の2018年ワールドチャンピオンだ。我々の道が分かれるとき、私は彼の誠実さ、青いジャージへの揺るぎないコミットメントに敬意を表したいと思った」 「ラファエルは過去10年間、ピッチ内外で極めて重要な役割を担ってきた。私は彼のコーチであることに大きな喜びを感じていたし、それは私のスタッフ全員にとっても同じことだと思う。彼の発展と最高の幸せを願っている」 2023.02.02 23:48 Thu
twitterfacebook
thumb

ヴァランがフランス代表引退!「子供の頃にフランス98の選手たちを追いかけていた」

マンチェスター・ユナイテッドのDFラファエル・ヴァラン(29)が2日、フランス代表からの引退を表明した。インスタグラムを通じて、溢れる想いを伝えている。 「10年間、この美しい国の代表を務めたことは、僕の人生において最も名誉なことの一つだ。その特別な青いユニフォームを着るたびに計り知れない誇りを感じていたんだ。すべてを出し切り、心をこめてプレーし、フィールドに立つたびに勝利することが義務だった。数カ月前から考えていたんだけど、国際サッカー界から引退するのに今が適切な時期だと判断した結果だ」 「子供の頃、フランス98というチーム、何とも言えない感動を与えてくれる選手たちを追いかけた記憶がある。そして20年後、僕は自分の人生の中で最も美しい体験、本当に誇りに思える体験をした。トロフィーを持ち帰ることができたことは絶対に忘れない。2018年7月15日、あの日感じたすべての感情を、今でも覚えている。人生で最も素晴らしく、最も印象的な瞬間の一つだった」 「みんなで勝ち取ったこの勝利は、ディディエ・デシャン監督をはじめ、この数年間の監督やスタッフの一人ひとり、そして毎試合ユニフォームを守ってくれたチームメイトのサポートなしにはあり得なかったと思う」 「だけど何よりも、この勝利はスタンドの皆さん一人ひとりの支えがあってこそ。皆さんの熱意、お祝いの言葉、そしてフランスに戻った時の思い出は、僕の心に永遠に残ることだろう。昨年の決勝で敗れた後も、僕をヒーローとして迎えてくれたね。皆さん一人ひとりに、心から感謝しています」 「でも、もう新しい世代に引き継がれる時期なんだ。僕たちには才能ある若い選手たちがいる。彼らはチャンスに値し、あなた方を必要としている」 「心を込めて、ありがとうございました。ラファ」 同選手の代表デビューは2013年3月のジョージア代表戦。2014年のブラジル・ワールドカップの頃からレギュラーに定着し、先のカタール大会を含めてW杯は3大会に出場。2018年のロシア大会では全試合にフル出場し、優勝に貢献した。一方、ユーロに関しては2016年大会はケガで不参加だったため、2020年の1大会のみの出場に。それでも、通算では93試合に出場し、レ・ブルーの歴史に名を刻んだ。 フランス代表では、カタールW杯を最後にGKウーゴ・ロリスとGKスティーブ・マンダンダも引退を発表している。ヴァランはロリス同様、アルゼンチン代表との決勝戦がラストマッチとなった。 2023.02.02 21:30 Thu
twitterfacebook
thumb

バイエルン退団希望のパヴァール、カンセロ加入でバルサ移籍に一歩前進?

バイエルンのフランス代表DFバンジャマン・パヴァール(26)はバルセロナ移籍に一歩近づいたようだ。 パヴァールは今季のブンデスリーガで15試合、チャンピオンズリーグ(CL)でグループステージの全6試合に出場するバイエルンの主力DF。だが、右サイドバック起用が中心の現状に不満を抱き、契約延長を拒否しているとされる。 契約は2024年6月までで、今夏のバルセロナ移籍が取り沙汰されている状況。そんななか、バイエルンはマンチェスター・シティからポルトガル代表DFジョアン・カンセロ(28)のレンタル獲得が目前になったと伝えられ、これがパヴァール退団を後押しするようだ。 スペイン『ムンド・デポルティボ』は「カンセロの到着がバヴァールを隅に追いやる」と表現。今冬の移籍市場閉幕が迫るなか、カンセロは駆け込みでバイエルンへ加入するとされ、その裏では今夏の移籍を念頭に置いたパヴァールとバルセロナの話し合いが進む。 バルセロナはすでにパヴァール獲得に本腰。代理店を通じてカンセロのバイエルン行きを事前に察知していたことも大きな理由とされる。 2023.01.31 16:35 Tue
twitterfacebook
thumb

リヨン会長が決意表明! 生え抜き19歳シェルキをPSGから守り抜く覚悟「行かせるつもりはない」

リヨンの会長は、下部組織育ちの逸材であるU-21フランス代表FWラヤン・シェルキ(19)のパリ・サンジェルマン(PSG)移籍を認めない方針だ。 シェルキはアルジェリアにルーツを持つリヨン生え抜きのアタッカーで、2020年1月のトップチーム昇格後、今季は大幅にプレータイムが増加。メインは途中出場だが、公式戦18試合出場で1得点3アシストを記録している。 そんな19歳の逸材に目をつけたのがPSGというわけだが、この動きに対してリヨンのジャン・ミシェル・オラス会長は毅然とした態度で立ち向かう模様。自身のツイッターに、ライバルクラブから生え抜きタレントを守り抜く決意を綴った。 「クラブ、サポーター、スタッフ、選手… 誰もが同意することがたった1つあるとするなら、それはラヤン(・シェルキ)のように才能豊かな者をリヨンが守り抜くということだ」 「家(リヨン)でのように己を表現することはできないだろう。そんなクラブのベンチに彼を送り込むつもりはない!」 念頭にあるのはもちろんPSGからの触手だが、「移籍したところでベンチが定位置になる」といった意味合いだろう。 この投稿にはサポーターから「早くも心配いらないな」というホッとしたコメントが寄せられる一方、「どうせそのうち…」など、いずれ根負けするだろうという神経質な反応も寄せられている。 2023.01.26 21:29 Thu
twitterfacebook
thumb

今季出場ゼロ… ミラン構想外のバカヨコ、トルコ行き了承も金銭面で不満?

ミランの元フランス代表MFティエムエ・バカヨコ(28)は、トルコ行きが破談に終わる可能性もあるようだ。イタリア『カルチョメルカート』が伝えている。 2021年夏にチェルシーからのレンタルでミランへと復帰したバカヨコ。前回の在籍時は主力としてプレーしたが、2度目の加入後はパッとせず、今季に至っては一度もプレーしていない。 完全な構想外と見なされるなか、ミランとしては今夏に買い取り義務が発生するため、放出を躊躇する理由がなく、昨年末以降はスュぺル・リグ(トルコ1部)のアダナ・デミルスポルへの売却交渉に取り組んできた。 代理人も当該クラブとの話し合いを続け、25日にバカヨコ本人がトルコ行きを了承。現年俸250万ユーロを上回る300万ユーロ(約4億2000万円)の3年契約という条件を提示されているようだ。 トルコ行きが差し迫った状況とも考えられるが、どうやら金銭面で合意していない模様。このためか、アダナ・デミルスポルがバカヨコから撤退するそぶりを見せているとのことだ。 『カルチョメルカート』は、「バカヨコがミランを不安にさせている」と締めくくっている。 2023.01.26 18:51 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly