「6番でプレーするほうが好き…」、ヴィツェルがアトレティコでのCB起用に言及

2022.09.23 07:00 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ベルギー代表MFアクセル・ヴィツェルが、アトレティコ・マドリーでのセンターバック起用について自身の見解を示している。

今夏、ドルトムントを離れてアトレティコにフリートランスファーで加入。その新天地ではDFホセ・マリア・ヒメネスやMFステファン・サビッチという主力DFの離脱もあり、開幕からセンターバックの一角での起用が続いている。

ドルトムント時代にもチーム事情でプレーした経験もあり、ここまで安定したパフォーマンスを継続するベテランMFだが、やはり本音は本来の中盤でプレーしたいようだ。
ヴィツェルは22日に行われるUEFAネーションズリーグのウェールズ戦に向けた公式会見の場でアトレティコでの起用法に言及した。スペイン『アス』が会見コメントを伝えている。

「センターバックとしてプレーするのに十分なフィジカルが残っていると思っているよ。そこでより自然にプレーできる」

「守備ではよりアラートでなければならないし、より走り止まる動きが求められる。それはより困難だけど、自分のキャリアを伸ばすことができるとも考えているよ」

「ただ、個人的には6番(守備的MF)でプレーするほうが好きだね。ロベルト・マルティネスは、代表チームでの僕のポジションを明確にしてくれているけど、もしセンターバックとしてプレーしなければならないのならば、僕はそこでプレーするよ」

33歳というキャリア晩年に差し掛かっていることもあり、フィジカル的な負担が少ないセンターバックのプレーはキャリアを伸ばすことに繋がるが、直近のレアル・マドリー戦の後半途中からのプレーで示したように、本人的には中盤でのプレーがやはりしっくりとくるようだ。

関連ニュース
thumb

アトレティコでくすぶるマテウス・クーニャ、冬にウルブス移籍か

アトレティコ・マドリーのブラジル代表FWマテウス・クーニャ(23)が、ウォルバーハンプトン移籍に近づいているようだ。 ライプツィヒとヘルタ・ベルリンに所属していたドイツで評価を高め、2021年夏にアトレティコに加入したクーニャ。当時開催された東京五輪で5試合3ゴールの活躍を披露し、大きな期待の中でスペインへ降り立った。 昨季はリーグ戦29試合に出場したが、先発は7回のみ。その中で6ゴール6アシストと可もなく不可もなくという結果に。今季は中断まで公式戦17試合に出場していたが2アシストのみ。冬の移籍市場での退団が噂されているところだ。 すると移籍に精通するファブリツィオ・ロマーノ氏がウルブス移籍に迫っていることを報道。両クラブ間では順調に交渉が進んでいるようで、個人間合意も障壁はないと見られている。ただ、クーニャにはマンチェスター・ユナイテッドやアストン・ビラからも関心が伝えられており、その点は去就に影響するかもしれない。 2022.12.05 15:50 Mon
twitterfacebook
thumb

フォルランがフェリックスに移籍を推奨?「環境が変われば良くなることもある」

アトレティコ・マドリーでなかなか活躍できないポルトガル代表FWジョアン・フェリックスについて、OBのディエゴ・フォルラン氏は移籍も選択肢の一つとして勧めている。 2019年夏にベンフィカから加入したフェリックス。当時多くのビッグクラブが獲得に動いていた中で、アトレティコはクラブ史上最高額となる1億2600万ユーロもの移籍金を投下し、争奪戦を制した。 だが、アトレティコではうだつが上がらない日々が続いており、在籍4年目の今季も出場した18試合のうち、先発出場は半分の9試合と、ディエゴ・シメオネ監督から絶対的な信頼は得られていない。 そんな23歳に、かつて2007年から2011年にかけてアトレティコに在籍し、公式戦198試合で96ゴール31アシストを記録したフォルラン氏が提言。移籍も視野に入れるべきとのアドバイスを送った。 「ジョアン・フェリックスはとても良い選手で、若く、豊富なクオリティーを持っている。大金に見合うプレーはできていないようだが、まだ若い。アトレティコ退団の可能性が報道されているが、退団すれば、さらにパフォーマンスを上げる可能性もある」 「よくあることだ。例えばフィリペ・コウチーニョのようにインテルではほとんどプレーできずとも、リバプールで大きく成長した事例があるだろう」 2022.12.01 15:00 Thu
twitterfacebook
thumb

来夏移籍金ゼロも… 1月にフランス代表FWテュラム争奪戦?

ボルシアMGのフランス代表FWマルクス・テュラム(25)を巡り、争奪戦が繰り広げられる可能性があるようだ。 フランス代表としてカタール・ワールドカップ(W杯)に参戦中のテュラム。ここまで2試合の途中出場で得点はないが、チームはグループ最終節を残して決勝トーナメント進出を決めたため、来月1日のチュニジア代表戦ではスタメン起用も考えられる。 所属するボルシアMGでは今季の公式戦19試合で13得点4アシストと大ブレイクを果たし、たちまちビッグクラブ注目の的に。契約は2023年6月までのため、フリーとなる来夏の争奪戦が予想されるが、現在では来年1月の移籍市場でステップアップするとの見方も強まりつつある。 候補に挙がるのはバイエルンやアトレティコ・マドリー、インテル、ドルトムント、ニューカッスル、アストン・ビラなど。中でもドイツ『ビルト』が特に熱心だと主張するのが、ラ・リーガで降格圏に低迷するセビージャだ。 セビージャはホルヘ・サンパオリ監督がストライカーの獲得を要望。ボルシアMGは想定外の活躍を披露したテュラムの慰留をすでに断念しており、来年1月にオファーが来た場合は移籍金3000万ユーロ(約42億9000万円)を要求するとされている。 財政状況が苦しいセビージャは、チーム内で重要な戦力と見なされない選手の譲渡を考慮。アルゼンチン代表MFパプ・ゴメス(34)や、同代表MFマルコス・アクーニャ(31)が候補に挙げられている。 2022.11.29 20:16 Tue
twitterfacebook
thumb

元アトレティコFWのゲルハルト・ロダックス氏、57歳で逝去

17日、元オーストリア代表FWで、アトレティコ・マドリーなどでもプレーしたゲルハルト・ロダックス氏が57歳で逝去した。各国のメディアが伝えている。 ロダックス氏は現役時代、アドミラ・ヴァッカーやラピド・ウィーンなど、キャリアのほとんどを母国で過ごし、オーストリア1部通算246試合97得点を記録。アドミラ・ヴァッカー在籍時の1989-90シーズンには得点王となり、翌季から1シーズン半のみだがアトレティコでもプレーした。 オーストリア代表としては1990年のイタリアW杯に出場するなど、通算20試合3得点という経歴を持ち、母国では“金髪のロケット”という異名でよく知られた選手だった。 1996年の引退後はアドミラ・ヴァッカーのセカンドチームで2度にわたってコーチを務めるも、近年は重い病気と闘っていたとされ、17日、オーストリアの首都ウィーンから20kmほどの場所で電車にはねられて亡くなったという。 訃報を受け、現役時代の所属クラブなどが相次いで追悼コメントを発表。ロダックス氏のプロデビューと引退を見守ったアドミラ・ヴァッカーは「ロダックスのご家族の皆様に心よりお悔やみとお見舞いを申しあげます。私たちの思いは、あなたとともにあります」と声明を出している。 2022.11.18 19:52 Fri
twitterfacebook
thumb

シメオネ長期政権もついに終焉? アトレティコ次期指揮官の最有力はトゥヘルか

前チェルシー指揮官のトーマス・トゥヘル氏(49)が、アトレティコ・マドリー次期指揮官の最有力候補に挙がっているようだ。ドイツ『ビルト』などが伝えている。 9月にチェルシー指揮官の座を解かれたトゥヘル氏。新天地の候補としていくつかのクラブが挙がり、カタールW杯後にイングランド代表を率いるのではとも報じられたが、現在もフリーの状態が続いている。 ここ数日はアトレティコ行きが有力視されている模様。アトレティコは一昨季に7年ぶりのラ・リーガ優勝を達成も、今季はチャンピオンズリーグ(CL)でグループステージ敗退を喫し、ディエゴ・シメオネ監督(52)の長期政権に終止符を打つべき時が来たと叫ばれている。 首脳陣は6日のエスパニョール戦のドロー、続くマジョルカ戦の黒星を受け、シメオネ監督解任を本格議論。W杯後のスペイン代表退任が濃厚とされるルイス・エンリケ監督(52)が有力とも報じられたが、現在はトゥヘル氏が最有力とみて間違いないとのことだ。 2022.11.15 17:57 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly