3カ月前まで横浜FCにいたヴィゼウがC・ロナウドと2ショット!ELで同じピッチに立つ

2022.09.16 12:15 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
モルドバのシェリフに所属するブラジル人FWフェリペ・ヴィゼウが大物との2ショットを披露した。フラメンゴの下部組織出身のヴィゼウは、2018年7月にウディネーゼへと完全移籍。複数クラブへのレンタルを経て、2021年7月に横浜FCへレンタル移籍で加入した。横浜FCでは、2021シーズンに明治安田生命J1リーグで13試合に出場。チームが降格した今季もチームとともに戦うことを決めたが、J2リーグ8試合の出場にとどまり、7月1日に横浜FCを退団していた。

8月にシェリフへの加入が決まったヴィゼウは、15日にシェリフ・スタジアムで行われたヨーロッパリーグ(EL)のグループE第2節マンチェスター・ユナイテッド戦に73分から途中出場を果たしていた。
そのヴィゼウは試合後にインスタグラムのストーリーズを更新。ユナイテッドのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドとブラジル代表FWアントニーとの2ショットを投稿しており、アントニーには「兄弟!君の成功を願い常に神のご加護があらんことを」のコメントも添えている。

シェリフは10月6日に行われる第3節でレアル・ソシエダと対戦。次は日本代表MF久保建英との共演も見られるかもしれない。

1 2

関連ニュース
thumb

14カ国のクラブが出場するプレーオフ、ラツィオはクルージュ、フィオレンティーナはブラガと対戦《ECL》

7日、ヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)のノックアウトラウンドのプレーオフ組み合わせ抽選会が行われた。 カタール・ワールドカップ(W杯)がシーズン中に開催されることで、通常よりも過密日程で行われた今シーズンのECL。グループ首位がラウンド16に、2位はヨーロッパリーグ(EL)のグループ3位チームとのプレーオフを戦い、ラウンド16に進む。 ELからはラツィオやトラブゾンスポルなどがプレーオフに回ってきた。一方で、フィオレンティーナ、アンデルレヒトなどがECLからプレーオフに回っている。 なお、ウェストハムやビジャレアル、DF菅原由勢のAZなどは首位でラウンド16に進出している。 ELから回ってきたラツィオは、ルーマニアのクルージュと対戦。一方ECLで勝ち上がったフィオレンティーナは、ポルトガルのブラガとの対戦が決まった。 ◆2022-23シーズン ECLプレーオフ組み合わせ カラバフ(ELグループG・3位) vs ヘント(ECLグループF・3位) トラブゾンスポル(ELグループH・3位) vs バーゼル(ECLグループH・3位) ラツィオ(ELグループF・3位) vs クルージュ(ECLグループG・3位) ボデ/グリムト(ELグループA・3位) vs レフ・ポズナン(ECLグループC・3位) ブラガ(ELグループD・3位) vs フィオレンティーナ(ECLグループA・3位) AEKラルナカ(ELグループB・3位) vs ドニプロ-1(ECLグループE・3位) シェリフ・ティラスポリ(ELグループE・3位) vs パルチザン・ベオグラード(ECLグループD・3位) ルドゴレツ(ELグループC・3位) vs アンデルレヒト(ECLグループB・3位) 2022.11.07 22:25 Mon
twitterfacebook
thumb

“魅せプレー”で批判浴びるアントニー、「止めるつもりない」と反論

マンチェスター・ユナイテッドのブラジル代表FWアントニーが、周囲からの批判に反論した。 ボーナス含め1億ユーロ(約139億1000万円)もの移籍金でアヤックスから加入したアントニー。高額な移籍金額に懐疑的な意見も少なくないなか、ここまで公式戦11試合に出場して3ゴール2アシストの成績を残している。 27日に行われたヨーロッパリーグ(EL)グループE第5節のシェリフ戦では、そんなアントニーのプレーが物議を醸した。 0-0で迎えた38分、右サイドでボールを受けたアントニーは、相手のプレッシャーがないこともあり、左足でボールをコントロールしながら2回転するテクニックを披露。しかし、その直後のパスは通らず相手のゴールキックになっていた。 “魅せるプレー”とも言えるこの行為を糾弾したのはユナイテッドのレジェンドであり、イギリス『BT Sport』で試合の解説を務めていた元イングランド代表MFポール・スコールズ氏。「一体何を考えているんだ? 誰かを抜き去ったわけではなく、誰かを楽しませたわけでもない。0-0でボールを蹴り出してしまった。ただ、それが彼のやり方で、アヤックスでも何度も見てきた。だが、今すぐやめるべきだ」と厳しいコメントを残した。 こうした批判の声を受けて、アントニーは自身のインスタグラムを通じて、自身のプレースタイルを変えることはないという意思を示した。 「僕らのスキルは芸術として認められている。僕が今の地位を築くために続けてきたことを止めるつもりはない」 レジェンドからの忠告にも関わらず、自分のスタイルを貫く姿勢を示したアントニー。今後は結果でもファンを楽しませてもらいたいところだ。 2022.10.29 18:44 Sat
twitterfacebook
thumb

ラッシュフォードが意気込み 「逆転での首位突破を目指して頑張る」

マンチェスター・ユナイテッドのイングランド代表FWマーカス・ラッシュフォードがコメントした。 27日のヨーロッパリーグ(EL)グループE第5節でシェリフをホームに迎え撃ったユナイテッド。先制点、そして追加点を奪うのに時間がかかったが、3-0の勝利で勝ち点を「12」に上積み、グループ突破圏内の2位以内が決まった。 後半からトップ下で出場して追加点を決め、勝利を大きく手繰り寄せたラシュフォードは『UEFA.com』で自身の仕事ぶりとともに、「勝てて良かったし、嬉しいね。圧倒的なパフォーマンスだった」と試合を振り返っている。 「かなりのチャンスを作りながら、先制点まで時間がかかったね。(先制シーンは)セットプレーだったけど、もっとその形からゴールを決める必要がある僕らにとって素晴らしいことだった。後半は引き続きチャンスを作りつつ、もう少し冷静になるだけだったんだ」 「どんな試合でもゴールを決めるのは良いことだけど、今日はとにかく仕事をすることだった。あのチームのようにコンパクトなブロックを敷いてくる相手に対してはチャンスを作り、押し込み続けていく必要がある。そして、チャンスが巡ったらモノにするんだ」 また、首位突破をかけた直接対決となるレアル・ソシエダとの最終節に向け、「グループ首位になるために2点差での勝利が必要なのはわかっているし、それを目指して頑張る。首位になるのはこの大会が始まってからの目標だし、それは今も変わらずだ」と続けた。 そして、今季のここまでチームトップの公式戦6ゴールを記録するユナイテッドの10番は10月2日のプレミアリーグで宿敵のマンチェスター・シティに3-6の大敗を喫してから、7戦負けなし(5勝2分け)のチーム状況にも言及している。 「マン・シティ戦のような試合の後はリアクションを探さなければならない。それは次の試合だけというわけじゃなく、これからの試合、そして今季の残り試合もそう。ハードワークを続け、監督やコーチの話を聞き、今日のようなパフォーマンスを続けるんだ。そうすれば、勝っていけるはずだ」 2022.10.28 10:05 Fri
twitterfacebook
thumb

テン・ハグ監督「試合を支配した」 初先発ガルナチョにゴールのラッシュフォード&C・ロナウドにも言及

マンチェスター・ユナイテッドのエリク・テン・ハグ監督が試合後に『UEFA.com』でコメントした。 ユナイテッドは27日のヨーロッパリーグ(EL)グループE第5節でシェリフをホームに迎え撃ち、3-0で勝利。2位以内を確定させ、突破を決めた。 総じて試合の主導権を握りながら、先制点、そして追加点を奪うのに時間がかかったが、しっかりと勝ったオランダ人指揮官も満足感を示した。 「試合を支配した。敵陣でプレーし、多くのチャンスを作って、3つのゴールを決めたね。ゴールはどれも素晴らしかったし、満足している」 また、「もっとバリエーションを持たないとね」と崩しの形を増やす必要性も説くと、初先発した18歳の逸材FWアレハンドロ・ガルナチョに言及した。 「彼はかなり良いプレーをしてくれたと思う。背後を突けるだけじゃなく、狭いでのドリブルや、コンビネーションでの崩しもある。現在のフットボールではそれが大きな脅威になる。シェリフのようなコンパクトな相手なら、なおさらね」 そして、途中出場で2点目を記録したFWマーカス・ラッシュフォード、フル出場で3点目をマークしたFWクリスティアーノ・ロナウドも評価している。 「後半から近い位置でプレーしたクリスティアーノとマーカス・ラッシュフォードが揃ってゴールを決めたのは良いこと。良いシグナルで、良いメッセージだし、それをもとに我々も発展していける」 なお、ユナイテッドは11月3日の最終節、首位に立つソシエダとの敵地戦に。2点差以上の勝利で決勝トーナメントにストレートインできる首位通過が決まる。 2022.10.28 09:15 Fri
twitterfacebook
thumb

復帰のC・ロナウドが禊弾! ユナイテッドがシェリフに3発圧勝!《EL》

ヨーロッパリーグ(EL)グループE第5節、マンチェスター・ユナイテッドvsシェリフが27日にオールド・トラッフォードで行われ、ホームのユナイテッドが3-0で勝利した。 レアル・ソシエダとの初戦以降、3連勝でグループ2位を維持するユナイテッド(勝ち点9)。最終節での直接対決に向けて少なくとも勝ち点差を維持したいテン・ハグのチームは、前回対戦で苦戦した3位のシェリフ(勝ち点3)を相手に勝利を目指した。 1-1のドローに終わった直近のチェルシー戦からは先発4人を変更。負傷のヴァランに代えてリンデロフ、ショーとサンチョ、ラッシュフォードに代えてマラシア、トップチーム初先発のガルナチョ、トッテナム戦での交代拒否でチェルシー戦のメンバーから外されていたクリスティアーノ・ロナウドが起用された。 ここ最近のELでの試合を踏襲するように立ち上がりから相手陣内でハーフコートゲームを展開するユナイテッド。カゼミロ、アントニーとシュートを重ねていく中、13分にはセットプレーから渦中のロナウドに最初の見せ場が訪れるが、ヘディングシュートはクロスバーを越える。 以降も早い時間帯のゴールを目指して押し込むユナイテッドは、左サイドに入った初先発のガルナチョも臆せずに果敢な仕掛けでチャンスシーンに絡んでいく。28分にはブルーノ・フェルナンデスのヘディングパスに反応したロナウドがゴール至近距離で決定機を迎えるが、ここは相手守備陣の寄せが気になったか、決め切れず。 相手にアタッキングサードへの侵入を許さない圧倒的な戦いぶりもゴールが遠いホームチームだったが、ハーフタイム直前にゴールをこじ開ける。44分、左CKの場面でエリクセンの正確なクロスをダロトがドンピシャのヘッドで合わせ、初ゴールを挙げたFAカップのトランメア戦以来、2年9カ月ぶりのゴールとした。 伏兵ダロトのゴールによって1点リードで試合を折り返したテン・ハグのチームは、マルティネスとアントニーを下げてハーフタイム明けにマグワイア、ラッシュフォードを同時投入。引き続きがっちりと主導権を握る中、59分にはボックス手前からロナウドが右足を振り抜くが、このシュートはわずかに枠を捉え切れず。 その後、60分過ぎには殊勲のダロト、カゼミロを下げてショー、マクトミネイを投入すると、この交代策が追加点をもたらす。65分、左サイド深くでボールを受けたショーが正確なクロスを上げると、タイミング良くゴール前に入ってきたラッシュフォードがゴール左隅へヘディングで流し込んだ。 これで勝利を決定づけたユナイテッドは、ガルナチョを下げて負傷明けのファン・デ・ベークを最後の交代カードとして投入。危なげなくゲームをコントロールしていく。 試合終了までにもう一つ見せ場を作りたいと思われた中、ここまで幾つかの決定機を逃していた背番号7がようやく決定的な仕事を果たす。81分、ボックス手前左でB・フェルナンデスが上げたクロスに反応したロナウドのヘディングシュートはGKの好守に遭うが、このこぼれ球にいち早く反応した37歳FWは冷静に左足で蹴り込んで復帰初戦での禊のゴールとした。 これでアウェイチームの息の根を完全に止めたユナイテッドは、結局90分を通じて1本のシュートも許さない3-0の圧勝で公式戦2試合ぶりの白星。今節勝利したソシエダとの勝ち点3差を維持して逆転を目指す最終節での直接対決に挑むことになった。 2022.10.28 06:07 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly