マルセロ獲得のオリンピアコスがハメス・ロドリゲスに関心か

2022.09.14 23:20 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ギリシャのオリンピアコスが、コロンビア代表MFハメス・ロドリゲス(31)の獲得に動いているようだ。

ワールドカップ出場を目指していたハメス・ロドリゲスは、出場機会を失っていたエバートンを離れて、開催地であるカタールのアル・ラーヤンに移籍した。新天地で上々の成績を収めていた中で、同年11月に1年ぶりにコロンビア代表に復帰し、思惑通りの展開となっていた。

ところが、コロンビア代表は南米予選で6位となり、大陸間プレーオフのチャンスもないまま同選手の夢は消滅。目標がなくなった31歳は、3月5日以降試合に出ておらず、今年5月には「エリートフットボールへの復帰」と称し、欧州復帰を望んでいることを明らかにしていた。
今夏にトルコやオランダからの関心が噂された中、フランス『フットメルカート』によれば、今夏にレアル・マドリー時代の同僚である元ブラジル代表DFマルセロを獲得したオリンピアコスが関心を示しているとのこと。

同紙によれば、オリンピアコスはアル・ラーヤンに対して、同選手の年俸50%である300万ドル(約4億3000万円)を支払う形でのレンタル移籍での獲得を望んでいるようだ。なお、ギリシャの移籍市場は現地時間15日に閉幕する。

関連ニュース
thumb

マルセロ、ガラタサライに移籍か…太り過ぎが原因で新天地で輝けず

今夏にオリンピアコスに移籍した元レアル・マドリーのマルセロに、早くも移籍の噂が浮上している。 マルセロは今夏、15年半過ごしたマドリーを退団し、オリンピアコスに移籍した。マドリーでクラブ最多となる25個ものタイトルを手にしたサッカー界のレジェンドの新天地での活躍に期待があふれた。 しかし、蓋を開けると、ここまで出場したのは5試合のみで、どれも30分以下という数字に。その原因はまさかの太り過ぎで、満足にプレーできない体型となってしまっているようだ。 そのうえ、本人にフォームを取り戻そうとする意欲が見られないとのこと。また、チーム内でも屈指の高額年俸となっており、今夏にハメス・ロドリゲスも獲得したクラブにとって大きな負担となっているという。 そのため現地では移籍の噂が浮上しており、トルコやアメリカが候補として挙げられている。 その中でトルコ『FOTOSPOR』によると、ガラタサライのオカン・ブルク監督が、ここ最近ベンチ外が多くなっているパトリック・ファン・アーンホルトの代役として、元ブラジル代表DFに興味を持っているという。 かつてマドリーで栄華を極めた選手とは思えない体たらくぶりのマルセロだが、移籍するにせよしないにせよ、再びフットボールへの闘志を燃やすことはできるだろうか。 2022.11.20 19:35 Sun
twitterfacebook
thumb

元マドリーDFマルセロがオリンピアコスでお荷物状態? 太り過ぎでプレーできず

今夏にオリンピアコスに移籍した元ブラジル代表DFマルセロだが、戦力になっていないようだ。フランス『フットメルカート』が伝えている。 レアル・マドリーで数々の栄光を手にし、数え切れないほどのトロフィーを掲げてきたマルセロ。昨季限りで契約満了を迎え、15年半過ごしたクラブに涙ながらに別れを告げると、様々な選択肢の中からギリシャを新天地に選んだ。 サッカー界を代表するレジェンドの次なる活躍に注目したいところだったが、ここまで出場したのは5試合のみで、どれも30分以下となっている。その原因はまさかの太り過ぎ。30分以上プレーができない体になってしまっているようだ。 その上、本人にフォームを取り戻そうとする意欲が見られないとのこと。また、チーム内でも屈指の高額年俸となっており、今夏にハメス・ロドリゲスも獲得したクラブにとって大きな負担となっているという。 そのため、今冬の売却も検討されており、売却先としてはベシクタシュやMLSが候補に挙がっている。 2022.11.18 22:00 Fri
twitterfacebook
thumb

首位でEL勝ち上がりのフライブルク、指揮官はチームを称える「なんでもやってくれそうな雰囲気」

フライブルクのクリスティアン・シュトライヒ監督が、オリンピアコス戦後にチームを称えた。ドイツ『FAZ』が伝えた。 フライブルクは27日、ヨーロッパリーグ(EL)グループG第5節でオリンピアコスをホームに迎えた。 ブンデスリーガでは3位につける好スタートを切り、ELでも4連勝で首位に立っていた。 日本代表MF堂安律も先発した試合だったが、17分に失点する。 その後、反撃に出るもゴールが遠く、このまま0-1で敗戦かと思われたが、後半アディショナルタイム3分にルーカス・キューブラーが値千金の同点ゴール。1-1の引き分けに終わり、もう1試合のナントvsカラバフが2-1でナントが勝利したことで、フライブルクの1位通過が決定した。 試合後、シュトライヒ監督はチームのメンタリティを称え、今のチームを率いられていることを喜んだ。 「メンタルがとても重要だ」 「チームはとても緊密で、なんでもやってくれそうな雰囲気だ。彼らは批判に対してもとてもポジティブに捉える」 「コーチ陣の仲間とともにこのチームをトレーニングできるのは、私にとっては大きな喜びだ」 2022.10.28 13:40 Fri
twitterfacebook
thumb

マノラスのシャールジャ移籍が完了! ピャニッチと久々の再会に

UAEのシャールジャFCは23日、オリンピアコスからギリシャ代表DFコスタス・マノラス(31)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2024年6月30日までの2年となるが、1年の延長オプションが付帯している。 ローマとナポリでセリエA通算216試合に出場した実績を持つマノラスは、2021年12月に2012年から2014年まで在籍していた古巣オリンピアコスに7年半ぶりの帰還を果たした。復帰後はここまで公式戦22試合に出場していた。 ただ、今夏に積極補強を敢行して人件費が高騰しているオリンピアコスは、マノラスの高額なサラリーを節約するため、シャールジャからのオファーを承諾。また、マノラス自身も新たな挑戦を求めたことで自身初の中東行きが実現した。 なお、シャールジャは今夏の移籍市場でマノラスのローマ時代の元同僚であるボスニア・ヘルツェゴビナ代表MFミラレム・ピャニッチをバルセロナからフリートランスファーで獲得しており、UAEの地で久々の再会となった。 2022.09.24 08:00 Sat
twitterfacebook
thumb

マノラスがローマ時代の元同僚ピャニッチ在籍のシャールジャに移籍へ

オリンピアコスのギリシャ代表DFコスタス・マノラス(31)が、UAEのシャールジャFCに移籍することが決定的となった。移籍市場に精通するジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏が報じている。 ロマーノ氏によると、今夏に積極補強を敢行して人件費が高騰しているオリンピアコスは、マノラスの高額なサラリーを節約するため、シャールジャからのオファーを受け入れたという。また、マノラスは1年の延長オプションを含む、2024年までの契約ですでに合意。近日中に移籍が完了する見込みだ。 シャールジャは今夏の移籍市場でボスニア・ヘルツェゴビナ代表MFミラレム・ピャニッチ、元スペイン代表FWパコ・アルカセルの2選手を獲得しており、マノラスの加入で強力なセンターラインを構築することになる。 なお、マノラスとピャニッチは2014年から2016年までローマで共にプレーしており、UAEの地で久々の共演を果たすことになる。 ローマとナポリでセリエA通算216試合に出場した実績を持つマノラスは、2021年12月に2012年から2014年まで在籍していた古巣オリンピアコスに7年半ぶりの帰還を果たした。復帰後はここまで公式戦22試合に出場していた。 2022.09.22 22:38 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly