37歳になったモドリッチ、そっくりな娘ら家族で誕生日を祝う「みんなの幸せを願う」

2022.09.10 10:25 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
レアル・マドリーのクロアチア代表MFルカ・モドリッチが誕生日を祝った。クロアチアの心臓であり、所属のマドリーでも重要な役割を担うベテランMF。その年齢も9月9日で37歳になった。

2012年8月にトッテナムからマドリーに加入して以降、公式戦では442試合に出場し33ゴール73アシストを記録。5度のチャンピオンズリーグ制覇、3度のラ・リーガ制覇など数多くのタイトルを獲得した。
クロアチア代表としても2018年のロシア・ワールドカップで準優勝の成績を収め、2018年のバロンドールを受賞するなど、輝かしいキャリアを歩んでいる。

モドリッチは誕生日を受けてインスタグラムを更新。ファンから祝福のメッセージに感謝し、妻や子供たちとの家族ショットを投稿した。

「最高の仲間と誕生日を祝う。お祝いの言葉をありがとう。メッセージもありがとう」

「みんなの幸せを願います」

1 2

関連ニュース
thumb

「社会の恥だ」アトレティコファンがレアルFWヴィニシウスを“首吊り人形”に…ヴィニシウスはお返しのゴール

アトレティコ・マドリーのファンが過激な行為に及んだ。 26日にコパ・デル・レイ準々決勝でレアル・マドリーと対戦したアトレティコ。前半に先制したものの同点に追い付かれると、延長戦の末に1-3で敗れた。 今季2度目のマドリード・ダービーは、普段以上に対立構造が明確に。試合前、アトレティコの不届きなサポーターが、マドリード市内の橋にレアル・マドリーのブラジル代表FWヴィニシウス・ジュニオールのユニフォームを着せた人形を吊るすという愚行を働いたのだ。橋には「マドリードはレアルを憎んでいる」と記されたバナーも掲げられていた。 この件についてはアトレティコも声明を発表。強く非難している。 「このような行為は反吐が出るし、許されないことであり、社会の恥だ。我々は、個人や組織の尊厳を傷つけるいかなる行為も断固として非難する」 「2つのクラブ間のライバル関係は最高だが、尊敬の念もまた同じだ。いかなる個人も、その意図や色がどうであれ、異なるサポーター間の共存を汚すことはできない。そうならないようにするのは、すべての人の責任だ」 「我々はこの卑劣な行為の犯人や加害者を知らないが、彼らの匿名性はその責任を回避するものではない。我々は、当局が何が起こったのかを明らかにすることに成功し、正義がこの種の行為を追放するのに役立つことを望んでいます」 なお、ヴィニシウスは試合にフル出場すると、試合終了間際にトドメの3点目。結果で見返している。 <span class="paragraph-title">【写真】これはひどい!ヴィニシウスのユニを着させた“首吊り人形”</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Atletico Madrid fans have hung a Viní Jr doll with a poster saying: “Madrid hates Real.” <a href="https://t.co/Ju763ryJnZ">pic.twitter.com/Ju763ryJnZ</a></p>&mdash; Madrid Xtra (@MadridXtra) <a href="https://twitter.com/MadridXtra/status/1618555650748850177?ref_src=twsrc%5Etfw">January 26, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2023.01.27 12:10 Fri
twitterfacebook
thumb

「とても良いゲーム」ダービー敗戦もシメオネ監督は選手を称える、微妙な判定には「誰も気にしていない」

アトレティコ・マドリーのディエゴ・シメオネ監督が、レアル・マドリー戦を振り返った。スペイン『アス』が伝えた。 26日、コパ・デル・レイ準々決勝が行われ、アトレティコはアウェイでマドリーと対戦した。 前半から主導権を握ったのはアトレティコ。19分にアルバロ・モラタの恩返し弾で先制。その後もコレクティブなプレーを見せ続ける。 しかし、後半に入ってマドリーが盛り返すと79分にロドリゴ・ゴエスに個人技からゴールを許し失点。延長戦にもつれ込むと、ステファン・サビッチが連続イエローで延長前半に退場し数的不利となる。 耐えていきたいアトレティコだったが、カリム・ベンゼマ、ヴィニシウス・ジュニオールにゴールを許し、3-1で敗戦。ベスト8で姿を消すこととなった。 試合後シメオネ監督が振り返り、失点する前までは良いプレーを見せていたと言及。退場者を出したことで苦しくなったとした。 「私にとっては70分まではとても良いゲームをプレーしていた。セバージョスのファウルで彼が2枚目のカードをもらわなくても誰も気にしていなかった。ただ、サビッチが退場となり、1人少なくなった」 「ロドリゴのゴールまでは、素晴らしい個人のプレー、チームとしても素晴らしいものを生み出していた。そして試合が進むにつれては、1人少ない状態で持ち堪えることが難しくなった。その後は引き分けを目指していたが、ゴールが生まれてしまった。選手の努力とチームが見せた印象にはとても満足している」 主審の微妙な判定などがあったなか、結果についても言及。仕方ないことだとした。 「とても良かった。とてもよく戦ったチームを見ることができた。賛否両論生まれる内容だった。ただ、それも全て条件だ。誰も気にしていないが、現実はそうだ」 <span class="paragraph-title">【動画】コパで実現したマドリード・ダービー!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="GlPnxmoGnns";var video_start = 19;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2023.01.27 10:55 Fri
twitterfacebook
thumb

「クレイジーなゴールだ」「奇跡の子」レアルFWロドリゴの衝撃ゴール、ファンから称賛の嵐「怪物ロナウドを思い出させる」

レアル・マドリーのブラジル代表FWロドリゴ・ゴエスのゴールが話題を呼んでいる。 26日、コパ・デル・レイ準々決勝でマドリーはホームにアトレティコを迎えた。 カップ戦で実現したマドリード・ダービー。試合前から両サポーターの対立構造が浮き彫りになるなか、試合はアトレティコがアルバロ・モラタのゴールデ早々に先制する。 古巣への恩返し弾でアトレティコが先制。マドリーはパフォーマンスが上がらずに苦しんだが、後半に入って形勢逆転。押し込み続けると、89分にロドリゴが圧巻のゴールを決めた。 バイタルエリアでルカ・モドリッチのパスを受けると、ドリブルを仕掛け、ファーストタッチで1人をかわすと、そのままボックス内に侵入。2人、3人、4人とかわし、最後は右足アウトサイドでタイミングを外したシュートを放ち、ニアサイドを抜いた。 敗戦間際での劇的な同点ゴール。その後チームは延長戦で2点を追加して勝利したが、ファンも驚いたようだ。 「なんてクレイジーなゴールだ」 「奇跡の子だ」 「若い頃のロナウドのよう」 「怪物ロナウドを思い出させる」 「驚異的なプレー」 「スペクタクルだ」 <span class="paragraph-title">【動画】ロドリゴが圧巻の4人抜きから同点ゴール</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="GlPnxmoGnns";var video_start = 19;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2023.01.27 09:53 Fri
twitterfacebook
thumb

「説明するのも難しい」前半の低調ぶりから逆転勝利のレアル、アンチェロッティ監督の見解は「精神的な変化」

レアル・マドリーのカルロ・アンチェロッティ監督が、アトレティコ・マドリー戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。 26日、コパ・デル・レイ準々決勝でマドリーはホームにアトレティコを迎えた。 カップ戦で実現したマドリード・ダービー。試合前から両サポーターの対立構造が浮き彫りになるなか、試合はアトレティコがアルバロ・モラタのゴールデ早々に先制する。 古巣への恩返し弾でアトレティコが先制。マドリーはパフォーマンスが上がらずに苦しんだが、後半に入って形勢逆転。マドリーが押し込み続けると、89分にロドリゴ・ゴエスが圧巻のゴールを決めて同点とし延長戦にもつれ込む。 すると延長戦ではカリム・ベンゼマ、ヴィニシウス・ジュニオールがネットを揺らして勝負あり。3-1でマドリーが勝利し、準決勝に駒を進めた。 アンチェロッティ監督は試合を振り返り、選手たちを讃えると共に、後半からはチームが良くなったとコメント。ラウンド16のビジャレアル戦同様に逆転勝利を掴めた理由はメンタル面だとした。 「重要なのは、全員がより多くのコミットメントを示したことだ。ベンチは我々を大いに助けてくれるし、シーズンのこの時期には、誰もが貢献できるベンチのメンバーが必要だ。試合が多すぎる」 「今日はとてもタフな試合で、とても強い相手と戦った。彼らは前半の方が良く、後半は我々の方が非常に良かったので、できる限りエネルギーを注いだ。個々のクオリティの高いプレーにより、同点に追いつき、ファンの応援で延長戦に突入できた」 「ビジャレアル戦のハーフタイムではとても怒ったが、今日はそうではなかった。チームは前半うまくプレーできなかったが、改善する方法はあった。ルカ(・モドリッチ)のポジションを上げて変更してみたが、作戦の変更というよりは、ハーフタイム後の精神的な変化だったと思う。これにより、前線のエネルギーとクオリティが上がった」 「チームのプレーが前半とても悪く、後半でとても優れていくというのを理解するのはとても難しい。説明するのも難しい」 <span class="paragraph-title">【動画】ロドリゴが圧巻の4人抜きから同点ゴール</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="GlPnxmoGnns";var video_start = 19;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2023.01.27 09:43 Fri
twitterfacebook
thumb

レアルが延長戦の末にダービー制して4強進出! ロドリゴ4人抜きゴラッソに両エース弾で逆転《コパ・デル・レイ》

コパ・デル・レイ準々決勝のレアル・マドリーvsアトレティコ・マドリーが26日にサンティアゴ・ベルナベウで行われ、延長戦までもつれ込んだ一戦を3-1で制したレアルが準決勝進出を決めた。 1週間前に行われた前ラウンドでビジャレアルを相手に2点差を撥ね返す逆転劇を見せてベスト8進出を決めたレアル。先週末に行われたアスレティック・ビルバオとのラ・リーガの戦いも、ベンゼマとクロースのゴラッソによって2-0の勝利を収めて、公式戦連勝を飾った。 週末に3位のレアル・ソシエダとの重要な上位対決を控える中、コパ準決勝進出を懸けた今季2度目のマドリード・ダービーに向けては先発2人を変更。セバージョスとアセンシオに代えてモドリッチとクロースの重鎮2人を復帰させた。 一方、セグンダのレバンテを退けて8強入りのアトレティコは、リーグ前節のバジャドリー戦をグリーズマンの1ゴール1アシストの活躍で3-0の完勝。リーグ3戦ぶりの白星を手にした。1-2で敗れたラ・リーガでの前回対戦のリベンジを期すシメオネのチームは、バジャドリー戦から先発2人を変更。ヴィツェルとマルコス・ジョレンテに代えてサビッチとデ・パウルを起用した。 戦前に、アトレティコの不届きなサポーターがマドリード市内の橋にヴィニシウスのユニフォームを着せたマネキンを吊るすという愚行を働いたことで、普段以上に対立構造が明確な中でスタートした今季2度目のマドリード・ダービー。 互いにやや慎重な入りを見せた中、開始8分にはベンゼマとの連携でゴール前にタイミング良く入り込んだヴィニシウスにビッグチャンスが訪れるが、ここはタッチが大きくなったところをDFヘイニウドの好対応に阻まれる。 その後は徐々にアウェイチームが盛り返していくと、鮮やかな連携から先制点が生まれる。19分、バイタルエリアでボールを持ったコケがボックス右に走り込むモリーナへ絶妙な浮き球パスを通すと、アルゼンチン代表DFの丁寧な折り返しをファーに走り込んだモラタが右足ワンタッチで流し込んだ。 好調モラタの古巣恩返し弾によって早くも均衡が破られた試合は、ここから球際のバトルが激化。互いに強度の高い守備で相手時自由を与えず、中盤での潰し合いが目立つ。 何とか前半の内に追いつきたいレアルは、後方からボールを動かしながらチャンスを窺うが、中盤のモドリッチやクロースが効果的な配球を見せられず。攻撃のリズムを作れない。その中でフィニッシュはバルベルデのミドルシュートやセットプレーに限られる。 さらに、前半終盤には負傷したメンディがプレー続行不可能となり、44分にセバージョスをスクランブル投入。これに伴い、カマヴィンガが先のカタール・ワールドカップでもプレーした左サイドバックに回ることに。 停滞感が漂う中、1点ビハインドで試合を折り返したレアルだったが、後半はキックオフ直後から猛攻を仕掛けていく。 70%を優に超えるボール支配率でハーフコートゲームを展開。その流れで高い位置を取る両サイドバックも積極的に攻撃に絡む。53分にはボックス右でナチョが放ったミドルシュートを中央のバルベルデがワンタッチでコースを変えたところに、両エースが詰めるがわずかに届かない。 続く57分にはペナルティアーク付近のベンゼマが左足に持ち替えて枠の左に飛ばすが、これはGKオブラクのビッグセーブに遭う。さらに、こぼれ球にヴィニシウスが詰めたが、今度はDFサビッチのカバーに阻まれた。 一方、防戦一方の状況が続くアトレティコは64分、先制点を挙げたものの、ふくらはぎを痛めていたモラタを下げてヴィツェルを投入。中盤の守備を強化する。この交代と相手の攻め疲れによって、徐々にカウンターで相手を引っくり返す場面を増やす。そして、73分にはペナルティアーク付近で得た直接FKでグリーズマンが強烈なシュートを、直後のCKではヴィツェルの豪快なオーバーヘッドで追加点に迫るが、GKクルトワのビッグセーブなどに阻まれた。 70分を過ぎてレアルはバルベルデ、クロースを下げてロドリゴ、アセンシオと攻撃的なカードを切って前がかる。対してアトレティコはレマルとアンヘル・コレアに代えてカラスコ、デパイと交代カードを切っていく。 すると、ここ数試合交代選手が決定的な仕事を果たすという采配の妙が光るイタリア人指揮官の交代策がこの試合でも見事に嵌った。 79分、バイタルエリア中央でモドリッチのショートパスに反応したロドリゴがヴィツェルのスライディングを寸前で交わすと、続けてエルモソをダブルタッチで交わす。ヴィニシウスのクロスオーバーを生かしつつ、そのまま左に流れて2人のDFを振り切ると、最後は右足アウトを使った巧みなシュートをニア下へ突き刺した。 ロドリゴの圧巻4人抜きのスーペルゴラッソで追いついたレアルは、大興奮のホームサポーターの一際大きな声援を後押しに畳みかける。82分にはそのロドリゴが今度はミドルシュートで見せ場を作るが、これはわずかに枠の右へ外れる。 その後はアトレティコも盛り返し、後半アディショナルタイムにはデパイに2度の決定機が訪れたが、GKクルトワの牙城を再び破ることは叶わず。今季2度目のダービーは延長戦に突入した。 この延長ではホームチームが序盤から優勢に試合を進めると、アトレティコは前回対戦のエルモソに続き退場者を出してしまう。直前にヴィニシウスとの小競り合いでイエローカードをもらったばかりのサビッチがカマヴィンガへのファウルで2枚目をもらい、99分の退場となった。 優勢の展開の中で数的優位を手にしたレアルは、PK戦を強く意識するアウェイチームの思惑を潰すべくここから猛攻を見せる。そして、頼れるエースがやはり決定的な仕事を果たした。 延長前半終盤の104分、右サイドでナチョとパス交換したアセンシオがボックス右からグラウンダーで折り返すと、中央のロドリゴ、ヴィニシウスは合わせ切れずも、ファーで待ち構えていたベンゼマが右足のシュートをゴール左下隅へ流し込んだ。 エースの一撃で逆転に成功したレアルはここから逃げ切り態勢に。延長後半終盤にはロドリゴとナチョを下げてオドリオソラと共に、トップチームデビューの18歳MFマリオ・マルティンを投入。 試合終了間際には人種差別問題で相手サポーターの標的となったヴィニシウスがカウンターからトドメの3点目を決め切り、溜飲を下げた。そして、今季2度目のダービーを逆転で勝ち切ったレアルがベスト4進出を決めた。 また、同日行われたバレンシアvsアスレティック・ビルバオは、1-3で勝利したアスレティックが準決勝進出を決めた。 昨季ファイナリストのバレンシアのホームに乗り込んだアスレティックは、ニコとイニャキのウィリアムズ兄弟が躍動。 前半の35分に兄イニャキのボックス内での丁寧な落としからカピトンのムニアインが見事な右足ボレーを叩き込んで先制に成功。その後、デ・マルコスのオウンゴールで追いつかれるが、失点直後の45分に兄イニャキのボックス内でのマイナスの落としを弟ニコが右足ダイレクトで蹴り込み、すぐさま勝ち越した。 後半は拮抗した展開が続いたが、70分過ぎにボックス内でニコが倒されてPKを獲得。これをキッカーのベスガが冷静に決め切った。その後、ホームチームの猛攻を撥ね返し続けたバスクの雄が4強進出を決めた。なお、準決勝の組み合わせ抽選会は30日に行われる予定だ。 ◆コパ・デル・レイ準々決勝・結果 ▽1/26(木) レアル・マドリー 3-1 アトレティコ・マドリー バレンシア 1-3 アスレティック・ビルバオ ▽1/25(水) バルセロナ 1-0 レアル・ソシエダ オサスナ 2-1 セビージャ 2023.01.27 07:41 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly