イングランドで歴史的快挙! 史上初の兄妹代表選手が誕生…共にチェルシーでプレー

2022.09.06 14:40 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
イングランド代表で新たな歴史が刻まれた。3日、イングランド女子代表vsオーストリア女子代表の一戦が行われ、イングランドは勝利。2023年の女子ワールドカップ(W杯)の出場権を獲得した。

この試合でライオネス(イングランド女子代表)としてデビューを果たしたのは、チェルシーのFWローレン・ジェームズ。20歳でのデビューとなった。
新たな歴史とは、兄妹揃っての初のイングランド代表選手になったということ。兄は、チェルシーに所属するDFリース・ジェームズ(28)。ともにチェルシーに所属しているジェームズ兄弟が、揃ってイングランド代表となった。

ローレンは、アーセナル、マンチェスター・ユナイテッドでプレー。2021年からチェルシーに所属し、兄と同じクラブに所属することとなった。

U-17、U-19とイングランド女子代表に選ばれていた中、2020年からは体調不良に悩まされ、チェルシーでは満足いくプレーができなかった。

しかし、その才能は高く評価され、今月の代表活動に招集。オーストリア女子代表戦の79分から途中出場していた。

兄のリースは、チェルシーの下部組織出身で、ウィガンへのレンタル移籍を経験し、2019年7月にファーストチームに昇格。右サイドバックやウイングバックでプレーし、チェルシーでは128試合に出場し10ゴール20アシストを記録。5日に2027年夏までの契約延長を果たしていた。妹と同様に世代別のイングランド代表を経験し、2020年10月からA代表入り。13試合に出場している。

この偉大な記録に、兄のリースはツイッターで「歴史を作っていること、とても誇りに思っている」と綴り、妹とイングランド代表のユニフォームを着ている画像で祝った。

1 2

関連ニュース
thumb

ルーク・ショーの不在理由は? 指揮官はケガ否定も明言回避「ちょっとした風邪…」

マンチェスター・ユナイテッドのイングランド代表DFルーク・ショーに対し、ケガの懸念が広がっているようだ。イギリス『サン』が伝える。 中断期間明けからうなぎ上りに安定感を取り戻したユナイテッドにおいて、最終ラインに欠かせぬピースとして活躍するショー。本職の左サイドバックのみならず、センターバックでも及第点以上のパフォーマンスを披露している。 だが、25日に行われたカラバオ・カップ(EFLカップ)準決勝第1戦のノッティンガム・フォレスト戦では、当初スタメン入りが予想されていたものの、遠征自体に帯同しなかった。 チームは3-0で完勝を収め、決勝戦進出へと大きく前進したが、ショーが負傷したとの懸念が広がっている模様。エリク・テン・ハグ監督が試合後にショーの不在理由を問われ、うやむやな回答をしている。 「ケガ? ちょっとした風邪だよ… どのような経過を辿るか展望するのは難しい。何時間、いや、何日もかけて様子を見る必要がある」 ショーは2014年夏のユナイテッド加入以降、幾度か長期離脱を経験。ショー=ケガのイメージはどうしても拭えないことから、今回も懸念が広がっているようだ。 2023.01.26 17:27 Thu
twitterfacebook
thumb

ビエルサ氏は消極的? エバートン次期指揮官、元バーンリーのショーン・ダイク氏が筆頭か

元バーンリー指揮官のショーン・ダイク氏(51)が、次期エバートン指揮官の筆頭候補に躍り出たようだ。イギリス『ミラー』が伝えている。 エバートンは23日にフランク・ランパード監督を解任。今季のプレミアリーグで3勝6分け11敗の19位に低迷し、昨年10月以降は白星なしと混迷を極めるなか、ようやく監督交代を決断。次期指揮官は元リーズ・ユナイテッド指揮官のマルセロ・ビエルサ氏(67)が濃厚とされていた。 一方、バーンリーを昨年4月まで10年間率い、限られた予算と戦力の中でプレミアリーグに確かな爪痕を残した経験を持つダイク氏は候補の1人に過ぎず。だが、ここに来てビエルサ氏よりもダイク氏が優勢との見方が強まっている。 ダイク氏は26日にエバートンのオーナー、ファルハド・モシリ氏と会談する予定。モシリ氏の第1希望はビエルサ氏とのことだが、現在フリーの67歳ビエルサ氏は、現場復帰にさほど強い意欲を見せていないと考えられている。 なお、移籍市場においてはU-21イングランド代表FWアンソニー・ゴードン(21)が2日連続で練習を欠席した模様。同選手は今冬のニューカッスル移籍が取り沙汰されており、移籍金4000万ポンド(約64億1000万円)での交渉成立が有力視されている。 主軸のゴードン退団は致命的な戦力ダウンをもたらすが、誰が混迷エバートンの手綱を握ることになるのだろうか。 2023.01.26 14:52 Thu
twitterfacebook
thumb

いきなり離脱へ… イングスが新天地デビュー戦でヒザを負傷、過去に両ヒザ手術

ウェストハムの元イングランド代表FWダニー・イングスが、新天地デビュー戦でケガを負ってしまったようだ。イギリス『サン』が伝えている。 20日にアストン・ビラからの加入が発表されたばかりのイングス。低迷するウェストハムの救世主と期待され、2025年夏までの契約を締結。移籍金は推定1500万ポンド(約24億1000万円)となった。 その翌21日にさっそく新天地デビュー。第21節エバートン戦の72分に投入され、自身にゴールは生まれなかったが、チームは2-0で勝利と、幸先の良いロンドン生活をスタートさせたかに思われた。 だが、20分ほどのプレーの中でヒザを負傷。イギリス『ガーディアン』は離脱を数週間と見込んでおり、少なくとも2月11日に行われるプレミアリーグ第23節のチェルシー戦までは欠場するという。 イングスはリバプール時代の2015年に左ヒザ前十字じん帯断裂を経験し、翌年には右ヒザも手術。ここ数年は幸いにも大きなケガに見舞われていなかったが、今回もヒザのケガとあって少し心配なニュースだ。 2023.01.24 16:21 Tue
twitterfacebook
thumb

オファー準備完了? ニューカッスル、混迷エバートンから21歳ゴードンの引き抜き画策

ニューカッスルが、エバートンのU-21イングランド代表FWアンソニー・ゴードン(21)獲得に本腰を入れているようだ。 昨夏にチェルシーやトッテナム、ニューカッスルなどへの移籍が噂されていたゴードン。ひとまずはエバートン残留に落ち着き、今季のプレミアリーグで16試合3得点を記録している。 エバートンは現在19位に低迷しており、23日にとうとうフランク・ランパード監督を解任。新たにマルセロ・ビエルサ監督の招へいの噂もある中、イギリス『90min』によると、ゴードンは今冬ないし夏に移籍する可能性が高いという。 最も熱心なのがニューカッスルで、引き続き目を光らせているチェルシーをはじめ、アストン・ビラやレスター・シティなど可能性のある他の入札者を出し抜いてオファーの準備を整えた模様。早速今冬にオファーを出すと見られている。 一方でエバートンもゴードン売却を前向きに検討。2025年に満了を迎える契約の延長交渉で選手と合意できなかったとされ、新戦力獲得の資金調達のためにも、オファーに耳を傾ける方針が固まったとのことだ。 一方、ゴードンの新天地として有力視されるニューカッスルとチェルシーは、別のエバートン選手を巡ってもバトルを繰り広げる可能性が。両者は昨夏にリールから加入したベルギー代表MFアマドゥ・オナナ(21)に関心を寄せているという。 2023.01.24 13:50 Tue
twitterfacebook
thumb

リンガードがユナイテッド時代の不満を明かす… レンタル打診却下され「腹が立った」

ノッティンガム・フォレストのイングランド代表MFジェシー・リンガードが、昨年1月にニューカッスル行きを希望していたと明かした。イギリス『90min』が伝えている。 下部組織時代から22年間在籍したマンチェスター・ユナイテッドを昨夏に離れ、フォレストに完全移籍したリンガード。現在は負傷離脱中だが、新天地1年目はここまで公式戦16試合に出場している。 イギリス『The Diary of a CEO』のインタビューでは、ユナイテッド時代の昨年1月を回想。当時はほとんど出場機会がなかったにもかかわらず、ニューカッスルから届いた半年レンタルの打診を却下され、「腹が立った」と振り返った。 「去年の1月はローンを組んで貰うつもりだった。全くプレーする機会がなかったし、ニューカッスルの話が手元にあったからね」 「ユナイテッドは何人かをローンに出したが、ジョン・マータフ(テクニカル・ディレクター)が電話してきて、『君はローンに出さない』と言われたよ」 「僕が『プレーしたい。行かせてくれ』と頼んだら、今度は『休みの日は何日欲しい?』とさ。結局、ローンは叶わず腹が立った。そしたら、僕がクラブに2日間の休暇を求めたなんて報道されたから、ツイッターに事実を載せたよ」 1年前の不満を打ち明けた格好のリンガード。また、2013年にサー・アレックス・ファーガソン元監督が勇退して以降のクラブ運営について「うまくコントロールできていない」とも批判している。 2023.01.20 21:47 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly