チェルシー、期待の若手FWブロヤと2028年まで契約延長!

2022.09.03 06:10 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
チェルシーは2日、アルバニア代表FWアルマンド・ブロヤ(20)との新契約を発表した。新契約は2028年6月30日までとなる。

6年の長期契約にサインしたブロヤは、公式サイトで以下のように喜びを語っている。

「本当に考えただけで言葉を失うよ。チェルシーは僕がずっとプレーすることを夢見てきたクラブであり、僕が応援するクラブであり、僕が愛してやまないクラブなんだ。子供の頃からずっとここにいるので、自分にとっても家族にとっても特別な気持ちだよ」
「トップチームで青いシャツを着ることができるなんて、夢が叶ったようなものだ。ここは世界でも有数のビッグクラブだから、ピッチでプレーできることは毎分素晴らしいことなんだ。常に競争があり、誰もがプレーしたいと思っているので、その一員になれることは幸せなことだよ。多くの試合に出場して、チームの成功のために貢献したいね」

アルバニアとイングランドにルーツに持つブロヤはチェルシーのアカデミー出身であり、これまでフィテッセ、サウサンプトンへのレンタル移籍を経験。昨シーズンはサウサンプトンでプレミアリーグ32試合に出場して、6ゴール1アシストを記録。

今夏にはレアル・マドリーやエバートン、ニューカッスル、イタリアの複数クラブから関心が示されたが、ベルギー代表FWロメル・ルカクやドイツ代表FWティモ・ヴェルナーがクラブを離れたことから、選手層を維持を考えるトーマス・トゥヘル監督の要請を受けたクラブは売却を拒んでいた。

関連ニュース
thumb

【プレミアリーグ第22節プレビュー】各新戦力らの活躍に注目! シティは指揮官不在のスパーズと激突

EFLカップやFAカップを挟んで2週間ぶりの開催となるプレミアリーグ。この間に移籍市場が閉幕し、大小様々な取引が行われた。とりわけチェルシーは欧州全体で市場の主役に。総額510億円を費やしてムドリクやエンソ・フェルナンデスを獲得した。 要注目のチェルシーの試合は金曜日開催。相手は戦力では大きく劣るフルアムだが、順位では10位のチェルシーに対して7位と3つ上。プレミアリーグでの通算成績でもわずか2勝だが、現在のブルーズにとっては丁度良い相手だろう。新戦力たちの活躍も楽しみだが、ポッター監督によると負傷離脱していたベン・チルウェル、リース・ジェームス、ラヒーム・スターリング、ルーベン・ロフタス=チークのイングランド人たちが復帰する予定。上位浮上の追い風にしたいところだ。 そのチェルシーから大黒柱のジョルジーニョを獲得したアーセナルはアウェイでエバートンと対戦する。トロサールやキヴィオルに続く今冬3人目の補強はロンドンの宿敵からとなった。優勝に向けて強力な援護射撃となったが、FAカップ4回戦ではリーグ戦でもライバルのマンチェスター・シティに敗戦。これで調子が崩れなければいいが…。 アーセナルを5ポイント差で追うシティはアウェイでトッテナム戦。5ポイント差だが消化試合は1試合多く、これ以上の取りこぼしは許されない状況だ。上述のようにFAカップでアーセナルを下しているため、15日に行われる第12節分のアーセナル戦に向けて良い感触を掴んだに違いない。もちろんトッテナムは手強い相手だが、ここで躓いてはいられない。 前回対戦からわずか3週間での対戦となる両者。先月19日に行われた第7節分の一戦では4-2で敗れたトッテナムは、その後のフルアム戦、FAカップのプレストン戦の連勝で挽回して見せた。だが、先日にコンテ監督が胆嚢摘出のための緊急手術を受け、しばらくマネジメントから離れることに。サイドラインの闘将の不在はどのように影響するのだろうか。一方で、ダンジュマとペドロ・ポロの新戦力のデビューは楽しみなところだ。 4位のマンチェスター・ユナイテッドはクリスタル・パレスをホームに迎え撃つ。前節はアーセナルに敗れ公式戦11試合ぶりの黒星がついたが、その後、EFLカップとFAカップでぞれぞれノッティンガム・フォレストとレディングを退け次のステージへ。EFLカップでは決勝でニューカッスルと対戦する。その勢いをリーグに持ち込みたいところだが、主力のエリクセンが足首のケガで3カ月の離脱を強いられることに。代わりにバイエルンからレンタルしたザビツァーに期待したい。 リバプールはアウェイでウルブスと対戦する。前節は共に不調同士のチェルシーと0-0の引き分けを演じ、痛み分けとなった。ただ、次のFAカップ4回戦のブライトン戦では三笘薫にゴールを奪われるなどして敗戦。公式戦ここ6試合でわずか1勝と体たらくが続いている。移籍市場でもガクポに続く援護射撃は受けられず。加えて、コナテがハムストリングを負傷で3週間の離脱に直面しており、厳しい状況が続いている。 ◆プレミアリーグ第22節 ▽2/3(金) 《29:00》 チェルシーvsフルアム ▽2/4(土) 《21:30》 エバートンvsアーセナル 《24:00》 アストン・ビラvsレスター ブレントフォードvsサウサンプトン ブライトンvsボーンマス マンチェスター・ユナイテッドvsクリスタル・パレス ウォルバーハンプトンvsリバプール 《26:30》 ニューカッスルvsウェストハム ▽2/5(日) 《23:00》 ノッティンガム・フォレストvsリーズ 《25:30》 トッテナムvsマンチェスター・シティ 2023.02.03 17:00 Fri
twitterfacebook
thumb

PSG行きがとん挫のツィエク、チェルシーに再合流…フルアム戦のメンバー入りも?

チェルシーのモロッコ代表MFハキム・ツィエクがトレーニングに復帰した。 今冬、巨額を投じて派手に動いたチェルシー。FWミハイロ・ムドリクやMFエンソ・フェルナンデスに至ってはかたやイギリス史上最高額の移籍金を記録したりと、両選手ともに1億ユーロを上回る取引となった。 その一方で、チームに加入した選手がいれば、当然ながら溢れる選手も。MFジョルジーニョがアーセナル移籍を決めたなか、ツィエクもパリ・サンジェルマン(PSG)行きが濃厚視されたが、書類不備でとん挫した。 そんな29歳のアタッカーは今後、チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメントの登録メンバーを外れる筆頭と目されたりと苦しい立場に追いやられる様相を呈すが、今週末のゲームに向けた練習に戻ったようだ。 イギリス『スカイ・スポーツ』によると、チェルシーのグレアム・ポッター監督がツィエクのチーム再合流を明かして、フルアム戦の出場も示唆した。 「彼は国に戻ってきた。今朝もトレーニングをしたよ。こうした話は今に始まったことじゃなく、最後にもならないだろう。彼はプロフェッショナルな選手で、状況を理解している。我々にコミットしてくれているし、フルアム戦のメンバーにも入っていける。残りシーズンも我々にとって重要な選手になるだろう」 2023.02.03 16:40 Fri
twitterfacebook
thumb

チェルシー移籍のエンソ・フェルナンデスをベンフィカ会長が斬る 「うちのシャツを着たくないと言う選手のために泣いたりしない」

ベンフィカのルイ・コスタ会長がチェルシー移籍のアルゼンチン代表MFエンソ・フェルナンデスに苦言した。イギリス『メトロ』が報じている。 先のカタール・ワールドカップで最優秀若手選手に輝き、チェルシーの強い関心話が絶えなかった今冬のエンソ・フェルナンデス。当初こそベンフィカも徹底的に抵抗したが、デッドラインデイにプレミアリーグ史上最高額の総額1億2100万ユーロ(約169億5000万円)でチェルシー移籍が決定した。 ロジャー・シュミット監督は先日、「ベンフィカは選手よりも遥かに大きな存在。ベンフィカでのプレーを喜び、情熱的な選手だけが必要だ」とバッサリ。そして、ルイ・コスタ会長も2日の会見で「エンソはベンフィカに残りたがらなかった。我々にチャンスすらくれなかった」と吐き捨てた。 「私はベストを尽くした。悲しいが、残りたくない選手のために泣くつもりなどない。チェルシーが来て、彼の気持ちを変えるのは無理だった」 「デッドラインデイにエンソを夏に売るとの合意点を見いだしたのだが、彼が残りたがらなかったんだ。エンソは(チェルシーが払うであろう)条項の価値を理解した瞬間から、容赦なかった。選手はベンフィカ残留にオープンな姿勢じゃなかったんだ」 「私はチェルシーにもっと低額で良いから、夏まで残してほしいと提案したのだが、選手がベンフィカにい続けるのを望まず、そのときからすべてが変わった。それで、私は『彼がもうベンフィカでプレーすることなどない。絶対にだ!』と言ったんだ」 「私はうちのシャツを着たくないと言う選手のために泣いたりしない。エンソに我々と一緒に優勝を目指したいという思いがあると期待したのだがね。それを望んでいないのがわかってからは私も彼にベンフィカのシャツを二度と着てもらいたくなかった」 「ヨーロッパを失わず、どのみちチェルシーとの契約ができるにもかかわらず、ベンフィカにいたくないという選手は残しておけない。そういう選手はもうロッカールームに入るのもできなかった」 2023.02.03 09:40 Fri
twitterfacebook
thumb

チェルシー、ツィエクの他にも移籍寸前で白紙となった選手が…

モロッコ代表MFハキム・ツィエクのパリ・サンジェルマン行きが書類不備で成立しなかった件で非難にさらされているチェルシーだが、移籍市場締め切り寸前で移籍が破断になっていた選手がもう一人いたようだ。 今冬の移籍市場でミハイロ・ムドリクとエンソ・フェルナンデスの獲得で1億ユーロ超えの移籍を2件も実現させてしまったチェルシー。エンソ・フェルナンデス獲得に支払った1億2100万ユーロは、ジャック・グリーリッシュを凌ぐ英国史上最高額の移籍金となった。 その一方で余剰戦力の整理は上手く進められなかった。ツィエクはPSG移籍に向けてメディカルチェックまで済ませている状況だったが、チェルシーによる再三の書類不備が原因で締め切りに間に合わず、移籍は認められなかった。 これにはPSGから怒りの声が上がっているが、チェルシーでは19歳のオマリ・ハッチンソンも移籍寸前でキャンセルという失意を味わっている。昨年7月にアーセナルの下部組織から加入したハッチンソンは将来有望のセントラルMF。チェルシーのファーストチームでは2試合に出場しているものの、さらなる出場機会のため、今冬に修行先を探していた。 その中で、チャンピオンシップのウェスト・ブロム行きが迫っていたが、同クラブは突如、レスターのマーク・オルブライトンに舵を切り、ハッチンソンのレンタル移籍は白紙に。これはチェルシーに非があるわけではないが、出場機会を求めていた19歳もまた、ツィエクと同じようにメンタル面に負担がかかってしまう結果となった。 2023.02.02 18:15 Thu
twitterfacebook
thumb

スーパーコンピューターがプレミアリーグの最終順位を予想…今冬510億円投下のチェルシーは8位

あるイギリス企業が開発したスーパーコンピューターが、今季のプレミアリーグの最終順位を予測した。イギリス『サン』が伝えている。 冬の移籍市場が閉幕し、泣いても笑っても現スカッドで戦うのみとなった欧州リーグ。プレミアリーグでは例年通り、他国を圧倒する資金力で数多の移籍が成立した。 その中で今冬の主役となったのは間違いなくチェルシーだ。総額3億6360万ユーロ(約510億円)もの大金を投下し、ミハイロ・ムドリクやエンソ・フェルナンデスなど多くのビッグクラブが注目したタレントを次々と獲得。エンソ・フェルナンデスは英国史上最高額となる1億2100万ユーロの移籍金を記録した。 この移籍市場を踏まえてプレミアリーグの今後の順位変動は気になるところだが、イギリスのベッティング企業『bettingexpert』の専門家チームが、プレミアの最終順位表を予測するスーパーコンピューター『BETSiE』を開発した。 その『BETSiE』の予想では、優勝は現在トップのアーセナル。演算の結果、88.5ポイントの勝ち点でこのまま逃げ切るという。2位はマンチェスター・シティで82.9ポイント。3位にはマンチェスター・ユナイテッドがニューカッスルを抜いて割って入るとみられ、それぞれ勝ち点は71.4、70.9と僅差となっている。 5位と6位にはトッテナムとリバプールが予想されている。極度の不振に喘ぐ現在9位のリバプールだが、最終的にはなんとか欧州カップ戦の出場権を手にするようだ。 そして、気になるチェルシーはというと8位と結果振るわず。前半戦のような戦いを繰り返すと見込まれ、グレアム・ポッター監督の古巣であるブライトンにも及ばずという予測がなされている。 一方で、下位に目を向けると、最下位はエバートン。現在19位の同クラブはフランク・ランパード監督を解任し、後半戦の巻き返しに向けてショーン・ダイチ監督を招聘した。しかしながら最下位予想。現在降格圏に沈んでいるボーンマスとサウサンプトンと共に2部降格の可能性が高いようだ。 ◆スーパーコンピューター予想の最終順位表 (勝/引/負/勝ち点) 1. アーセナル(27.6/5.6/4.1/88.5pt) 2. マンチェスター・シティ(25.4/6.6/6.0/82.9pt) 3. マンチェスター・ユナイテッド(21.5/7.1/9.1/71.4pt) 4. ニューカッスル(19.3/12.9/5.0/70.9pt) 5, トッテナム(18.6/7.3/12.6/63.2pt) 6. リバプール(17.9/9.2/12.2/63.0pt) 7. ブライトン(18.0/8.5/11.7/62.5pt) 8. チェルシー(15.4/10.0/14.7/56.2pt) 9. ブレントフォード(13.8/12.9/10.2/54.4pt) 10. フルアム(14.6/7.8/16.1/51.5pt) 11. アストン・ビラ(14.1/8.8/15.9/51.1pt) 12. クリスタル・パレス(10.9/10.7/16.8/43.5pt) 13. ウェストハム(11.5/7.5/18.2/41.9pt) 14. リーズ(10.3/10.1/16.6/41.1pt) 15. レスター(10.4/7.7/20.9/39.0pt) 16. ノッティンガム・フォレスト(9.2/10.0/18.1/37.7pt) 17. ウォルバーハンプトン(8.8/9.5/19.8/36.0pt) 18. サウサンプトン(8.8/7.4/20.7/33.9pt) 19. ボーンマス(7.3/9.3/21.6/31.1pt) 20. エバートン(7.0/9.8/20.4/30.9pt) 2023.02.02 17:05 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly