チェルシーMFケネディがリーガ昇格組のバジャドリーへ! 27年までの契約

2022.09.02 10:25 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ラ・リーガ昇格組のバジャドリーは1日、チェルシーからブラジル人MFケネディ(26)の獲得を発表した。契約は2027年6月30日までとなる。

ケネディは2015年夏にフルミネンセからチェルシー入りしたが、定着に至らず、複数回にわたるレンタルを経験。昨季も母国クラブのフラメンゴに移ったが、DFベン・チルウェルの長期離脱を受けて今年1月に急きょチェルシー復帰を果たした。

だが、公式戦を通じても3試合の出場にとどまり、今季も出番なしが続くなか、このたびのバジャドリー移籍を機にチェルシーから完全に離れることを決断。かつてヘタフェやグラナダでもプレーしたケネディにとって、ラ・リーガ復帰となる。

関連ニュース
thumb

降格圏のバジャドリー、クラブ・ブルージュからカナダ代表FWをレンタルで獲得

レアル・バジャドリーは24日、クラブ・ブルージュに所属するカナダ代表FWサイル・ラリン(27)を買い取りオプション付きのレンタル移籍で獲得した。 2014年に母国カナダのシグマFCでプロデビューしたラリンは、MLSのオーランド・シティでのプレーを経て、2018年の冬にベシクタシュへ完全移籍し欧州初挑戦。加入当初はベシクタシュで出場機会に恵まれず、2019-20シーズンはズルテ・ワレヘムへ武者修行に。 ベシクタシュ復帰後は主力に定着し、2シーズンで公式戦87試合に出場し31ゴールを記録すると、昨夏にベルギー王者のクラブ・ブルージュへ完全移籍。しかし、今季はここまで公式戦13試合でわずか363分の出場に留まっていた。 また、カナダとジャマイカの二重国籍を有していたが、生まれ故郷のカナダ代表でのプレーを選択し、ここまで57試合25ゴールを記録。2022年のカタール・ワールドカップでもグループステージ全試合に出場していた。 2023.01.25 02:30 Wed
twitterfacebook
thumb

「チームで最も重要な選手」 リーグ戦3試合ぶり白星のシメオネ監督は1G1Aのグリーズマンを称賛

アトレティコ・マドリーのディエゴ・シメオネ監督がフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンを称賛した。スペイン『マルカ』が伝えている。 アトレティコ・マドリーは21日に行われたラ・リーガ第18節でバジャドリーをホームに迎えての一戦。立ち上がりから主導権を握り、シュートチャンスを多く作ると、18分にグリーズマンのラストパスで抜け出したスペイン代表FWアルバロ・モラタが先制ゴールを奪った。24分にはグリーズマンが追加点を決め、28分にはセットプレーからスペイン代表マリオ・エルモソがヘディングシュートで3ゴール目を記録。早々に大きなリードを奪い、後半には先日加入したオランダ代表FWメンフィス・デバイをデビューさせる余裕も生まれたが、3-0のままタイムアップを迎えた。 格下相手に完勝し、リーグ戦3試合ぶりの白星となったアトレティコ。シメオネ監督は試合後、1ゴール1アシストの活躍を見せたグリーズマンを称えた。 「チームにはすべての選手が必要だ。しかし、アントワーヌはアトレティコでの歴史や残しているゴール数を考えると、このレベルを維持する限り、チームにとって最も重要な選手であると言えるだろう」 また、試合を振り返り、クリーンシートを達成した守備陣についても言及。ベルギー代表MFアクセル・ヴィツェルとエルモソのセンターバックコンビを高く評価した。 「クリーンシートとDFラインの4人の大活躍は素晴らしい。アクセルはセンターバックとして成長を続けているし、マリオは在籍以来最高のコンディションだ」 「選手たちの要求に合わせてチームを編成するのが一番だと思う。今日はフォーメーションがうまくいかなかったが、それはここ数試合彼らがやってきたことにこだわったからだ」 2023.01.22 13:47 Sun
twitterfacebook
thumb

デパイがアトレティコデビュー!グリーズマンの1G1Aの活躍でリーグ戦3試合ぶりの白星《ラ・リーガ》

アトレティコ・マドリーは21日、ラ・リーガ第18節でバジャドリーと対戦し3-0で勝利した。 3日前に行われたコパ・デル・レイ4回戦でセグンダ(スペイン2部)のレバンテに完勝したアトレティコは、その試合からスタメンを4人変更。デ・パウルやコンドグビア、サビッチらに代えてアンヘル・コレア、コケ、レマルらをスタメンで起用。新加入のデパイはベンチスタートとなった。 公式戦4連敗中の17位バジャドリーに対し、アトレティコは3分に決定機。モリーナのパスでボックス右に侵入したコレアが縦への突破から折り返しを供給すると、最後はモラタがゴールを狙ったが、シュートはゴール右に外れた。 主導権を握ったアトレティコは18分、コケの鋭い縦パスをボックス左手前のグリーズマンがヒールフリックで繋ぐと、ボックス左に抜け出したモラタが、冷静にゴール左隅にシュートを流し込んだ。 先制したアトレティコは、24分にもマルコス・ジョレンテのパスでボックス右に抜け出したモリーナの折り返しをグリーズマンが流し込み、2点目。さらに28分には、セットプレーからグリーズマンのクロスをエルモソがヘディングシュート。一度は相手GKに弾かれるも再びエルモソがゴールに押し込んだ。 ハーフタイムにかけても優位に試合を進めたアトレティコだが、追加点を奪うことは出来ず、前半は3-0で終了した。 迎えた後半、立ち上がりからやや劣勢の時間が続くアトレティコは、56分にグリーズマンとM・ジョレンテを下げてカラスコとデ・パウルを、59分にレマルを下げてコンドグビアを投入。 すると66分、デ・パウルのスルーパスでボックス右に抜け出したアンヘル・コレアに決定機が訪れたが、シュートはポストに弾かれた。さらに68分にもボックス左から侵入したカラスコの落としを受けたコケのコントロールショットが枠をかすめた。 その後、アトレティコは75分にモラタを下げて新加入のデパイを投入。83分にはデパイのパスをボックス左で受けたカラスコがチャンスを迎えたが、シュートは相手GKの好セーブに防がれた。 追加点こそ奪えなかったアトレティコだが、相手の攻撃をシャットアウトし3-0のクリーンシート達成。リーグ戦3試合の勝利でデパイのアトレティコデビューを飾った。 2023.01.22 04:31 Sun
twitterfacebook
thumb

ベンゼマが復帰初戦でドブレーテ!マドリーが再開初戦を白星で飾る《ラ・リーガ》

レアル・マドリーは30日、ラ・リーガ第15節でバジャドリーと対戦し2-0で勝利した。 カタール・ワールドカップ中断前のカディス戦を勝利で締めくくり、2位で中断期間に入ったマドリー。約1カ月半ぶりとなるリーグ再開初戦では13位バジャドリーのホームに乗り込んだ。 アンチェロッティ監督は再開初戦に向けて、ヴィニシウスやアセンシオ、バルベルデ、リュディガー、GKクルトワらW杯帰りの主力を起用。また、負傷明けのベンゼマもスタメンに名を連ねた。 立ち上がりから主導権を握るマドリーは10分、右サイド高い位置でボールを受けたバルベルデがボックス手前にパスを送ると、ベンゼマの落としからアセンシオがミドルシュートを放ったが、これはGKマシプのセーブに阻まれた。 マドリーは17分にも、クロースのパスをボックス左で受けたヴィニシウスが縦に切り込みシュート。さらに相手GKの弾いたボールをゴール前のベンゼマが押し込むが、シュートは枠の上に外れた。 膠着状態が続く中、マドリーは36分にピンチ。ボックス右横でボールを受けたイバン・サンチェスがカットインからマイナスに折り返すと、ボックス右手前に走りこんだアグアドがコントロールショット。しかし、これはGKクルトワが横っ飛びの好セーブで弾き出した。 ゴールレスで迎えた後半も膠着状態が続く中、マドリーは60分にアセンシオとアラバを下げてロドリゴとルーカス・バスケスを投入。しかし、先に決定機を作ったのはホームチーム。 バジャドリーは68分、キケの左CKをセルヒオ・レオンがドンピシャのヘッドで合わせたが、ゴール右隅を捉えたシュートはクルトワが左手一本で弾き出した。 ピンチを凌いだマドリーは80分、クロースの右CKをファーサイドのリュディガーが頭で合わせると、これがDFハビ・サンチェスの左手に当たる。主審は一度プレーは流したが、オンフィールドレビューの結果、ハンドを認めてマドリーがPKを獲得。さらにこの判定に納得のいかないセルヒオ・レオンが第4審判へ侮辱的な言葉を吐くと、これに対してレッドカードが掲示された。 数的優位となったマドリーは、このPKをキッカーのベンゼマがゴール左隅に決め、待望の先制点を奪取。さらに89分にも、モドリッチとのパス交換で左サイドを突破したカマヴィンガがボックス左から折り返しを供給。最後は中央のベンゼマが冷静にDFをかわしゴール左にシュートを突き刺した。 結局、試合はそのまま2-0でタイムアップ。マドリーが再開初戦をベンゼマのドブレーテで飾った。 2022.12.31 07:35 Sat
twitterfacebook
thumb

争奪戦に? ドルトムントが18歳DFフレスネダに関心、アーセナルやユベントス行きも噂に

ドルトムントが、レアル・バジャドリーのU-19スペイン代表DFイバン・フレスネダ(18)に関心を寄せているようだ。 フレスネダは今季のラ・リーガ第5節でプロデビューを果たしたばかりという新進気鋭の右サイドバック。今年7月に下部組織から昇格し、中断期間までに公式戦7試合に出場している。 すでに複数のビッグクラブからの関心が取り沙汰されているなか、移籍市場に精通するジャーナリスト、ファブリツィオ・ロマーノ氏によれば、若手選手の登竜門として名高いドルトムントも18歳フレスネダへの興味をそそられているという。 フレスネダとバジャドリーの契約は2025年6月までで、イギリス『フットボール・ロンドン』は以前、2600万ポンド(約41億5000万円)のリリース条項が設定されていると紹介。現在はドルトムント以外に、アーセナルやニューカッスル、ユベントス行きも噂されている。 2022.12.26 16:17 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly