「胸熱!」「懐かしすぎます!」10年前のFC東京の主軸と監督が肩を並べた懐かしショット「大好きなメンバー」

2022.08.21 21:10 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
元FC東京のメンバーが勢揃いした1枚が話題となっている。FC東京は21日、J2のFC町田ゼルビアとの練習試合を実施した。

FC東京は今節の試合がAFCチャンピオンズリーグ(ACL)に出場しているヴィッセル神戸とのカードが組まれていたため、試合がなく、21日に練習試合を行った。
一方の町田は20日にアウェイで大宮アルディージャと対戦。2-0で勝利を収め、昇格争いに残っている。

その両チームが練習試合を行った中、町田にはFC東京に所属したことのある選手が多数在籍している。

ランコ・ポポヴィッチ監督をはじめ、DF太田宏介、MF長谷川アーリア ジャスールらが所属。FC東京は、SNSで懐かしのショットを投稿した。

投稿された写真では、ポポヴィッチ監督の他、長谷川と太田に加え、FC東京の森重真人東慶悟が写っている。

この投稿には「これはいい」、「胸熱!」、「懐かしすぎます!」、「ただただいい写真は!」、「大好きなメンバー」と、ファンが胸を熱くしている。

ポポヴィッチ監督がFC東京を率いていたのは、2012年、2013年。当時はクラブ史上初のACL出場を果たしていた。当時在籍していた主軸が肩を並べた10年前を思い起こさせる1枚には胸も熱くなるだろう。

1 2

関連ニュース
thumb

セルティックも狙う? スコットランドで注目される5人のJリーグの宝石

現在6人の日本人選手が所属するセルティック。アンジェ・ポステコグルー監督は、すでに夏の移籍市場に目を向けているようだ。『フットボール・スコットランド』が伝えた。 セルティックは2021年夏にポステコグルー監督が就任。同時にヴィッセル神戸からFW古橋亨梧を獲得。その古橋がチームを牽引すると、2022年冬にはFW前田大然、MF旗手怜央、MF井手口陽介を獲得し、チームは見事にリーグ優勝を果たした。 今シーズンに向けては日本人選手は獲得せず。それでも古橋はゴールを重ねて現在リーグ得点ランキングトップ。2023年1月には神戸からDF小林友希、横浜F・マリノスからMF岩田智輝を獲得し6人に増加。チームは首位を走っている。 今冬には小林と岩田に加え、カナダ代表DFアリスター・ジョンストン、韓国代表FWオ・ヒョンギュを獲得していた。 一方で、ギリシャ代表FWギオルゴス・ギアクマキスが退団するとされており、来夏にはイスラエル代表FWリエル・アバダや前田にはプレミアリーグのサウサンプトンが興味。その他にも興味を持たれている選手がいる。また井手口も今冬のJリーグ復帰が噂されている。 ポステコグルー監督は既にチームに必要な人材をピックアップ。また、ハート・オブ・ミドロシアンには神戸からFW小田裕太郎、マザーウェルにはMF檀崎竜孔が今冬に加入しており、スコットランドのクラブにとってJリーグが1つのマーケットとなっている。 『フットボール・スコットランド』は、Jリーグに詳しいサム・ロブソン記者がピックアップした5選手を紹介。今後数年間で注目すべき若手について触れている。 <span class="paragraph-subtitle">◆MF松木玖生(19/FC東京)</span> 3枚の中盤の左でプレーするボックス・トゥ・ボックスの選手。2022年は彼にとって最初のプロのシーズンであり、ほぼ主力としてプレーした。 素晴らしいクオリティ、優れたスピードと強さ、そして若さからくる自信。1、2年は成長が必要かもしれないが、注目に値する。 <span class="paragraph-title">◆MF満田誠(23/サンフレッチェ広島)</span> <span data-other-div="page2"></span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2023/jleague20230207_mitsuta.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">©️J.LEAGUE<hr></div> 昨年の最大のサプライズ。大学を卒業後1年目でリーグを席巻。ミヒャエル・スキッベ監督からの信頼を得て、左ウイングバックとして1試合プレーも、その後はシャドーとして活躍した。 公式戦12ゴール14アシストを記録し、広島を3位に導き、国内の2つのカップ戦ではどちらも決勝に導いた。取材した中で最初のシーズンで大きな影響を与えたのは三笘薫以来となる。 <span class="paragraph-title">◆MF橘田健人(24/川崎フロンターレ)</span> <span data-other-div="page3"></span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2023/jleague20230207_tachibanada.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">©️J.LEAGUE<hr></div> 2021年のAFCチャンピオンズリーグ(ACL)で印象的な活躍を見せた後、川崎フロンターレの中盤で中心選手となり、旗手や三笘など多くの選手を失ったにもかかわらず、安定したパフォーマンスを維持することに貢献した 中盤のそこでプレーし、攻撃を素早くスタートさせることが得意。サイドバックとしての役割も含め、高度な役割を担える。 <span class="paragraph-title">◆GK谷晃生(22/ガンバ大阪)</span> <span data-other-div="page4"></span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2023/jleague20230207_tani.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">©️J.LEAGUE<hr></div> 湘南ベルマーレの第1GKとして3シーズンのローンを組んだ後、ガンバ大阪に復帰する。彼のパフォーマンスは、日本代表の招集を受け、2021年の東京オリンピックで正守護神となるまで成長した。 足元の技術はとても成熟しており、優れたショットストッパーでもある。まだ22歳だ。日本のGKがヨーロッパで活躍できることは滅多になく、セルティックが門戸を開くことを願っている。 <span class="paragraph-title">◆DF山原怜音(23/清水エスパルス)</span> <span data-other-div="page5"></span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2023/jleague20230207_yamahara.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">©️J.LEAGUE<hr></div> 昨シーズンは最終的に降格した清水エスパルスのサイドでの彼のエネルギーと一貫性に感銘を受けた攻撃的なサイドバック。ポゼッションを得るためにオーバーラップ、または中央に入ることは得意で、2ゴール9アシストを記録した。 ボールを扱うのがとても上手く、優れたセットプレーを提供。チームを2部から救うことが重要となる。 2023.02.07 15:40 Tue
twitterfacebook
thumb

琉球退団のMF上里一将が現役引退…札幌、FC東京、徳島、熊本でもプレー…今後はアカデミーロールモデルコーチに就任

FC琉球は7日、MF上里一将(36)の現役引退を発表した。また、琉球アカデミーのロールモデルコーチに就任することも発表された。 上里は地元の沖縄県出身で、宮古高校から2004年いコンサドーレ札幌(現:北海道コンサドーレ札幌)に入団。7シーズンを過ごすと、2011年はFC東京へ、2012年は徳島ヴォルティスへと期限付き移籍。2017年にロアッソ熊本へ完全移籍した。 琉球には2019年に加入し、4シーズンプレー。J2通算137試合に出場し9得点を記録していた。 キャリア通算では、J1で12試合、J2で476試合31得点、リーグカップで1試合に出場。今オフには古巣の札幌のキャンプに参加するなどしていたが、引退が決定した。 上里はクラブを通じてコメントしている。 「上里一将は2022シーズンをもちまして現役を退く決断を致しました。そしてこれからは未来の子供達の為に、培ってきた経験を伝え還元できるよう尽力させて頂きます」 「また今後の方向性や思いは、2月下旬の会見でお伝えできればと思っています。これまで支え、応援して下さった全ての方々に感謝致します。19年間、本当に有難う御座いました」 2023.02.07 15:35 Tue
twitterfacebook
thumb

長友佑都が妻・平愛梨さんの第4子妊娠を報告! 日本で誕生なら兄弟4人全員違う国で生まれることに

FC東京の日本代表DF長友佑都が長男の誕生日を祝福。そして、妻の平愛梨さんとの間に4人目の子供が誕生することを報告した。 2017年1月に結婚した長友と平さん。2018年2月5日に長男が誕生し、今年が5歳の誕生日となった。 カタール・ワールドカップでは平さんも赤髪にするなどし、メンバー発表後には記者会見に家族揃ってサプライズ登場するなど、仲良しファミリーの長友家。長友は自身のインスタグラムで長男の誕生日を祝った。 「2月5日長男の5歳の誕生日でした。元気でスクスク育ってくれてることが嬉しいです」 スタジアムのピッチ脇で家族5人揃った写真を投稿。息子たちは3人ともFC東京のユニフォームを身に纏っている。 また、この投稿で長友が大事な報告。平さんが第4子を授かったことを報告した。 「そしてまた一つ嬉しい事に妻の愛梨が4人目を授かりました。元気な赤ちゃんが産まれてきますように。皆さんこれからも長友家を温かく見守って頂けると幸いです」 長友家に新たな命が誕生することになる中、ファンからは「おめでとうございます」のコメントが殺到。また、平さんを気遣うコメントも寄せられた。 これまで、イタリア、トルコ、フランスと3人の子供たちは全て違う国で誕生しているが、第4子はこのまま行けば日本で誕生することに。兄弟全て違う場所で生まれるスーパーなファミリーになりそうだ。 <span class="paragraph-title">【写真】長友佑都と平愛梨さん、3人の息子がスタジアムでファミリーショット</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CoUfSiFSXxo/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CoUfSiFSXxo/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CoUfSiFSXxo/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">YutoNagatomo 長友佑都(@yutonagatomo55)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2023.02.06 22:10 Mon
twitterfacebook
thumb

FC東京がユニフォームの仕様変更を発表! 背面の「You’ll Never Walk Alone」が規則に抵触し前面へ移動、販売用や展示用は変更せず

FC東京は3日、2023シーズンの選手ユニフォームに関して、規則に抵触し仕様変更することを発表した。 今回問題となったのが背面の襟下に入っていた「You’ll Never Walk Alone」ラバープリント。「サッカー競技規則 第4条 5.競技者の用具 」および「ユニフォーム要項第 12条②」に抵触していることが発覚したという。 「ユニフォーム要項第 12条②」では、「クラブの紋章やロゴ、サッカーの試合におけるリスペクトおよび高潔性(インテグリティ)の促進を首唱するクラブのスローガンおよびエンブレム」は表示できるとされているが、「前面または左袖のうち2か所」と場所が指定されており、背面のエリ下は認められていない位置となる。 FC東京は「関係各所との協議の結果、選手が着用する公式戦用ユニフォームにつきましては、メッセージプリントの位置および素材を変更し、シャツ前面の裏側に配置することといたしました」と説明。前面裾裏側に転写プリントで表示することに変更したという。 なお、選手が公式試合で着用する以外のユニフォーム(展示用・販売用のオーセンティックユニフォーム)につきましては、仕様は変更せずに背面に配置されるという。 クラブは今回の件を謝罪。ただ、想いは変わらず、サポートをお願いした。 「FC東京がファン・サポーターのみなさまとともに大切にしてきた「You’ll Never Walk Alone」のメッセージは、2020シーズン途中から継続してユニフォーム内に配置してまいりました」 「今回は直前での配置変更となり誠に申し訳ございませんが、2023シーズンも想いは変わらず、選手たちはこのメッセージを内に秘めて戦います。ぜひみなさまの熱いサポートを引き続きよろしくお願いいたします」 <span class="paragraph-title">【写真】規則に抵触したFC東京のエリ下の「You’ll Never Walk Alone」</span> <span data-other-div="movie"></span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2023/fctokyo20230203_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">©️CWS Brains,LTD.<hr></div> 2023.02.03 19:05 Fri
twitterfacebook
thumb

「ある意味禁断の組み合わせ」」宮崎キャンプ中のFC東京をジャイアンツの大物が視察「すげぇーけど」「不思議な画だわ…」

意外過ぎる人物がキャンプ中のFC東京を見学に訪れた。 沖縄県での一次キャンプを終え、一時本拠地へと帰還後に1月31日から宮崎県での二次キャンプに臨んでいるFC東京。1日のトレーニングには日本プロ野球界の大物が見学に訪れたようだ。 顔を見せたのは読売ジャイアンツのファーム総監督を務める桑田真澄氏。黒地にオレンジの「G」が入った馴染みの姿で目を光らせている。 読売ジャイアンツも宮崎県で1日からキャンプを行っており、練習グラウンドが隣だったとのこと。「桑田さん、いい人」、「宮崎だとこういう事が起こるのね」との驚きの声のほか、「ヴェルディ的にどうなの」、「すげぇーけど讀賣笑」、「なんでやねん笑」、「ある意味禁断の組み合わせ」、「不思議な画だわ…」などのコメントも寄せられた。 冗談交じりの声も上がっているが、昨季は森重真人が東京ドームでの読売ジャイアンツvs東京ヤクルトスワローズの始球式に参加するなどの交流実績もある。 各チームは、東京をホームタウンとする14のスポーツチーム‧団体が協力しあい、新たな価値を生み出すプロジェクト「TOKYO UNITE」にも参加している。 「両チーム好きのわい、歓喜」、「野球とサッカーで共通するトレーニングもあるだろうし、桑田さんにとっても良き時間になったのかな?」のような声もあるように、今後もジャンルや競技の垣根を越えた様々な取り組みに期待したいところだ。 <span class="paragraph-title">【動画】FC東京のキャンプ見学に訪れた桑田真澄氏</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr"><a href="https://twitter.com/hashtag/2023%E5%AE%AE%E5%B4%8Ecamp?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#2023宮崎camp</a> <br><br>本日のトレーニングを隣のグランドで練習をしている <a href="https://twitter.com/hashtag/%E8%AA%AD%E5%A3%B2%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%82%A4%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%84?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#読売ジャイアンツ</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/%E6%A1%91%E7%94%B0%E7%9C%9F%E6%BE%84?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#桑田真澄</a> ファーム総監督が見学をしてくださっていました<a href="https://twitter.com/TokyoGiants?ref_src=twsrc%5Etfw">@TokyoGiants</a> <a href="https://twitter.com/tokyo_unite?ref_src=twsrc%5Etfw">@tokyo_unite</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/tokyounite?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#tokyounite</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/fctokyo?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#fctokyo</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/tokyo?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#tokyo</a> <a href="https://t.co/nF06WnDdTD">pic.twitter.com/nF06WnDdTD</a></p>&mdash; FC東京【公式】 #東京が熱狂 (@fctokyoofficial) <a href="https://twitter.com/fctokyoofficial/status/1620726232018206720?ref_src=twsrc%5Etfw">February 1, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2023.02.01 21:20 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly