理想のパスが出てこず苛立ったムバッペがプレーを放棄…監督は「コンディション面で問題があった」と擁護

2022.08.16 12:02 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
パリサンジェルマン(PSG)のクリストフ・ガルティエ監督がフランス代表FWキリアン・ムバッペを擁護している。PSGは13日、リーグ・アン第2節でモンペリエと対戦し5-2で勝利。ムバッペも先発すると、PK失敗もあったものの1ゴールをマークし、86分までプレーしていた。

しかし、前半アディショナルタイムには物議を醸す場面があった。カウンターからPSGの攻撃に転じ、一気にチャンスになろうかというシーンで。ムバッペは前線に疾走。ボールを持っていたMFヴィティーニャにパスを要求した。
だが、相手のプレッシャーを受けていなかったヴィティーニャは自らボールを持って持ち上がることを選択。すると、ムバッペは明らかに不服そうに手を挙げ、そのまま走ることを止めてしまったのだ。

その後、ヴィティーニャはリオネル・メッシアクラフ・ハキミとのコンビネーションでシュートまで持ち込んだものの、歩いていたムバッペがゴール前まで行くことはなかった。

批判されてもおかしくない行為だが、この件についてガルティエ監督は、ムバッペはケガ明けの試合で疲れていたと擁護している。

「キリアンは3週間前に最後の試合を行ったので、彼にとってフィジカル面でタフになることは分かっていた」

「彼は負けず嫌いだ。本人は早く元気になりたいと思っているが、トッププレイヤーにとってそれは簡単ではない。100パーセントを取り戻すには少し時間がかかるものだ」

「100パーセントの力を取り戻したとき、彼はさらに大きな力を発揮するだろう。得点が好きな選手、得点を取りたい選手がいる。チームメイトと比較して、彼が失望したのは普通のことだ」

モンペリエ戦では、2本目のPKキッカーを巡ってネイマールとの関係に亀裂が生じたとも報じられているムバッペ。レアル・マドリー移籍を蹴っての残留となった今シーズンだが、早くも問題が生じている。


関連ニュース
thumb

激しい争奪戦繰り広げられるベリンガム、PSGが新たに参戦?

ドルトムントのイングランド代表MFジュード・ベリンガム(19)の移籍先候補として、パリ・サンジェルマン(PSG)が浮上した。 常にビッグクラブの注目の的となり、今夏の移籍市場でも噂が絶えなかったベリンガム。カタール・ワールドカップ(W杯)でもグループB初戦のイラン代表戦で先制点を挙げるなど輝きを放っており、その評価は今も上昇し続けている。 ドルトムントは1億ユーロ(約143億6000万円)の評価を下している中、獲得への関心は高まるばかり。来夏の移籍市場では争奪戦が予想されており、レアル・マドリーや、リバプール、マンチェスター・ユナイテッド、マンチェスター・シティ、チェルシーといった錚々たるビッグクラブが名乗りを挙げるとされている。 そうした中、フランス『Le10Sport』はパリ・サンジェルマン(PSG)が新たな移籍先候補の一つだと報道。クラブのフットボール・アドバイザーを務めるルイス・カンポス氏は、中盤の補強を画策しており、その中でもベリンガムは優先度の高い選手としてリストアップされているようだ。 PSGでは現在イタリア代表MFマルコ・ヴェッラッティとポルトガル代表MFヴィティーニャの2人が中盤を形成しているが、『Le10Sport』によると、このコンビのパフォーマンスに関わらず、クリストフ・ガルティエ監督はベリンガムの獲得を求めているようだ。 2022.12.04 18:31 Sun
twitterfacebook
thumb

メッシがキャリア通算1000試合出場! 驚異的なスタッツを記録

パリ・サンジェルマン(PSG)のアルゼンチン代表FWリオネル・メッシがオーストラリア代表戦でシニアレベルでのキャリア通算1000試合出場を達成した。 メッシはバルセロナ在籍時代の2004年9月16日のエスパニョール戦でトップチームデビュー。以降はバルセロナで778試合、PSGで53試合に出場。また、2005年8月17日のハンガリー代表戦でデビューを飾ったアルゼンチンのA代表では先日のポーランド代表戦までで168試合に出場していた。 そして、3日に行われたカタール・ワールドカップ(W杯)ラウンド16のオーストラリア戦で節目の1000試合出場を達成した。 そのメモリアルゲームでは相手の堅守に苦戦を強いられていたチームを救う見事な先制点を記録。また、先発フル出場を果たしてチームの攻撃を牽引し、2-1の勝利に導きベスト8進出を決めた。 なお、この間に789ゴール、388アシストという驚異的なスタッツを記録。さらに、通算41個のトロフィーを手にしている。 2022.12.04 06:12 Sun
twitterfacebook
thumb

リーグ・アン所属クラブ参加のラウンド64の組み合わせが決定!《クープ・ドゥ・フランス》

フランスサッカー連盟(FFF)は21日、クープ・ドゥ・フランス・ラウンド64の組み合わせ抽選会が行われた。 リーグ・アン20クラブの参加するラウンド32では、現在リーグ・アンで首位に立つパリ・サンジェルマンがフランス全国選手権(3部)のシャトールーとアウェイで対戦。前回王者のナントはリーグ・ドゥ(2部)のカーンと対戦する。 また、日本人所属クラブでは、南野拓実の所属するモナコがリーグ・ドゥ(2部)のロデーズと、伊東純也の所属するスタッド・ランスが6部のロオン=プラージュと、オナイウ阿道の所属するトゥールーズが5部のランニオンと、川島永嗣の所属するストラスブールがアンジェと対戦する。 クープ・ドゥ・フランス・ラウンド64は来年1月6日、7日、8日に行われる。今回決定した組み合わせは以下の通り。 ◆クープ・ドゥ・フランス・ラウンド64 (※リーグ・アン勢と日本人所属クラブのみ抜粋) リモネストDSD(5部)orジュラ・スッド・フット(4部) vs アジャクシオ ポー(2部) vs モンペリエ モナコ vs ロデーズ(2部) ル・ピュイ(3部) vs ニース イエール(4部) vs マルセイユ ラニオン(5部) vs トゥールーズ アヴランシュ ゲネー(3部) vs スタッド・ブレスト ナント vs AFヴィロア (5部) or カーン(2部) ラ・シャテーニュレアイ(6部) vs ロリアン ボルドー(2部) vs スタッド・レンヌ ダンケルク(3部) vs オセール ロオン=プラージュ(6部) vs スタッド・ランス リナス=モンテリ(5部) vs RCランス リール vs トロワ コニッグショフェン(6部) vs クレルモン ストラスブール vs アンジェ リヨン vs メス(2部) シャトールー(3部) vs PSG 2022.11.22 07:15 Tue
twitterfacebook
thumb

CL決勝での因縁があるサラーとラモスがカタールで再会!握手&ハグに驚きの声「仲直りしたのかな」

リバプールのエジプト代表FWモハメド・サラーとパリ・サンジェルマン(PSG)のスペイン代表DFセルヒオ・ラモスが再会を果たした。 2人は、セルヒオ・ラモスがレアル・マドリーに在籍していた2017-18シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)決勝で対戦しマッチアップ。25分に2人が競り合うと、サラーは右腕を相手の脇で固定されたまま転倒。上手く受け身を取れず、肩から腕にかけてへんに捻ってしまったサラーは試合続行不可能となり、わずか30分足らずで決勝の舞台から姿を消した。 試合は当時リバプールのGKロリス・カリウスのミスもあり、エース不在のリバプールが1-3で敗れていた。さらに、サラーはその年にあったロシア・ワールドカップ(W杯)にも出遅れることになっていた。 当時はセルヒオ・ラモスに対し多くのバッシングが浴びせられるなど大きな反響を呼んだ出来事であったが、今回はそんな2人が再会。カタールW杯に出場しない2人が、同じく出場しないスウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチ(ミラン)とともに一堂に会した。 先に待っていたセルヒオ・ラモスと握手とハグをかわすサラー。長くはなかったが、嫌な表情一つ見せることなくしっかりと挨拶を交わしていた。 因縁の2人が再会するシーンはやはりファンの間で大きな反響を呼んでおり、SNS上では「仲直りしたのかな」、「忘れたのか」、「これは驚いた」、「彼らをW杯で観たかった」、「それよりこのメンツヤバい」といった様々な反応がある。 これはサラーの大人の対応なのか、それともわだかまりが完全になくなったのだろうか。 <span class="paragraph-title">【動画】因縁の2人が再会したシーン</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ar" dir="rtl">وصول النجم العالمي محمد صلاح للمشاركة في مؤتمر دبي الرياضي الدولي وحفل جوائز دبي جلوب سوكر <a href="https://twitter.com/hashtag/%D9%85%D8%A4%D8%AA%D9%85%D8%B1_%D8%AF%D8%A8%D9%8A_%D8%A7%D9%84%D8%B1%D9%8A%D8%A7%D8%B6%D9%8A_%D8%A7%D9%84%D8%AF%D9%88%D9%84%D9%8A?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#مؤتمر_دبي_الرياضي_الدولي</a> <a href="https://t.co/4BzYC2TJEo">pic.twitter.com/4BzYC2TJEo</a></p>&mdash; Dubai Sports Council (@DubaiSC) <a href="https://twitter.com/DubaiSC/status/1593268431800999939?ref_src=twsrc%5Etfw">November 17, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.11.18 17:35 Fri
twitterfacebook
thumb

「友人ではない」C・ロナウドから見たメッシ、16年間トップを争い続けるライバルは「チームメイトのようなもの」

マンチェスター・ユナイテッドのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが、パリ・サンジェルマン(PSG)のアルゼンチン代表FWリオネル・メッシについて言及した。 C・ロナウドはとメッシは、現代サッカーを牽引している世界最高峰のプレーヤー。2008年にC・ロナウドがバロンドールを受賞すると、2人で10年間受賞しあうほど、トップを走り続けている。 常に周囲の注目を集め、度々ライバル視される2人。C・ロナウドは37歳、メッシは35歳とキャリアの晩年を迎えており、今回のカタール・ワールドカップ(W杯)が最後になるとされている。 クラブチームではレアル・マドリーとバルセロナに在籍していたこともあり、よりライバル関係が強まっていた2人。C・ロナウドは、クラブ批判や監督批判をしたことで話題となっているイギリスのテレビ『TalkTV』で受けたピアース・モーガン氏のインタビューで、メッシについて語った。 「彼は素晴らしいプレーヤーだ。魔法だよ。そしてトップだ。人として、僕たちは16年間このステージを共有している。16年というのを想像してみてほしい」 「だから、僕は彼と素晴らしい関係を築いている。でも、家で一緒にいたり、電話で話をしたりはしない。そういう意味での友人ではないんだ」 「でも、チームメイトのようなものだ。彼はいつも僕について話してくれるし、本当に尊敬できる男だ」 「彼の妻や、僕の妻、ガールフレンドでさえ、常に敬意を払っている。そして皆アルゼンチン出身だ」 「僕のガールフレンドはアルゼンチン出身だ。とても良い。メッシについて何をいうかって?サッカー界に偉大な功績を残す男ということだ」 2022.11.18 11:45 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly