フルアム新戦力WGソロモンがヒザ手術で離脱…ウィリアン獲得説に拍車か

2022.08.12 09:55 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
フルアムに加入したばかりのイスラエル代表MFマノー・ソロモンだが、戦線離脱を余儀なくされてしまった。

今夏、シャフタール・ドネツクから今季いっぱいの契約でフルアム入りしたソロモン。23歳にしてイスラエル代表で31キャップを刻むサイドアタッカーは6日にホームで行われたリバプールとのプレミアリーグ開幕節に66分から出場した。

プレミアリーグ復帰1年目のチームも有効候補から勝ち点1をもぎ取ったが、その公式戦デビューの翌日に手術が必要なヒザのケガを負ってしまったようだ。
クラブ公式サイトによると、フルアムを率いるマルコ・シウバ監督は13日にアウェイで予定する第2節のウォルバーハンプトン戦に先立ってのチーム状況を話すなか、出遅れのMFハリー・ウィルソンとともにソロモンの離脱を認めた。

「残念だが、ハリー・ウィルソンマノー・ソロモンという2人の負傷者がいる。彼らは出られないだろう。(ソロモンは)ヒザのケガ。先週の日曜日(7日)に行ったセッションでだ。おそらく数日中に手術を受けるだろう」

「それからもっと詳しいことがわかり、戻ってくる時期もはっきりしてくるはず。だが、長期の負傷離脱になりそうだ。とにかく手術を待つのがベターだし、それから詳細を把握したい」

一方、ハリー・ウィルソンに関しては「週ごとに見てみないとわからないし、様子を見よう。ソロモンほど長くかからないだろうが、6、8週間はありうる。我々にとっては長期離脱だし、10試合くらいになる」と述べた。

ソロモンの離脱が理由か定かでないものの、かつてチェルシーやアーセナルでプレーしたコリンチャンスの元ブラジル代表MFウィリアンを獲得しようとする動きが取り沙汰されるフルアム。その噂にも拍車をかける出来事だが、いかに。

関連ニュース
thumb

アーセナルDFセドリックがフルアムにレンタル移籍へ…両SBでプレー可能も冨安健洋に敗れ今季4試合の出場に終わる

アーセナルのポルトガル代表DFセドリック・ソアレス(31)が、フルアムへのレンタル移籍に近づいているようだ。イギリス『フットボール・ロンドン』が伝えた。 報道によれば、セドリックは今シーズン終了までのレンタル移籍となるようで、買い取り義務やオプションは付かないようだ。フルアムは週給10万ポンド(約1600万円)を支払うこととなる。 セドリックはスポルティングCPの下部組織育ちで、ファーストチームでプレーした後サウサンプトンへと完全移籍。インテルでのプレーを経て、2020年1月にアーセナルへとレンタル移籍。同年7月に完全移籍で加入した。 左右のサイドバックでプレーが可能なセドリックは、貴重なバックアッパーとしてアーセナルで公式戦59試合に出場し2ゴール5アシストを記録。しかし、右サイドバックにはイングランド代表DFベン・ホワイト、左サイドバックにはウクライナ代表DFオレクサンドル・ジンチェンコとスコットランド代表DFキーラン・ティアニーがおり、さらに日本代表DF冨安健洋が左右のサイドバックで起用されており、両サイドでも3番手の状態。今シーズンはベンチ入りこそするものの出番は激減し、ここまで公式戦4試合の出場に終わっていた。 マルコ・シウバ監督は同じポルトガル人で、スポルティングの監督時代にセドリックを指導しており、よく知っている選手の1人だ。 2023.01.25 23:40 Wed
twitterfacebook
thumb

集中した守備で連敗脱出のトッテナム、コンテ監督は「互いに助け合うチームが見られた」

トッテナムのアントニオ・コンテ監督が白星を喜んだ。クラブ公式サイトが伝えている。 プレミアリーグ連敗中のトッテナムは23日に行われた第21節でフルアムと対戦した。立ち上がりから主導権を握られ決定機を作られる苦しい展開となるも、ハーフタイム直前にFWハリー・ケインがクラブ歴代最多に並ぶ266ゴール目の得点を決めて先制。後半も引き続きボールを握られる時間帯が続いたが、最後まで集中した守備でリードを守り切り、1-0で勝利した。 3試合ぶりのクリーンシートで連敗をストップしたコンテ監督は試合後に守備の重要性を強調。チームが昨シーズンまでの強みを見せてくれたと喜んだ。 「ウーゴ(・ロリス)のためにも、チーム全体のためにも、クリーンシートで試合を終えることは重要だった。前節の後にも言ったが、ここ10試合で21失点というのは信じられない数字だ。これは私のチームとしても、トッテナムとしても普通ではない」 「今日は昨季の試合中、何度も見られたような特徴が見られた。我々は堅実であることを示し、勝点3を守ろうとする意欲を見せたと思う。苦しんだとは思わないが、苦しむ覚悟はできていた。ボールを持っているときも、持っていないときも、選手が互いに助け合うチームが見られた」 「今、我々はスタートラインに立たなければならない。プレミアリーグはあと17試合あるのだから、ベストを尽くすしかない。最終的な順位は、その後にわかるだろう」 「土曜日にはもう一つのトロフィーであるFAカップの重要な試合がある。次のラウンドに進むため、チームの競争力を高めなければならない。そしてチャンピオンズリーグだ。シーズン後半戦は重要なものになり、今日を出発点にしなければならない。時には敗北が選手たちの目を開かせることもある。私には知的な選手たちがいて、彼らならそれを理解してくれるはずだ」 2023.01.24 10:49 Tue
twitterfacebook
thumb

ケインがクラブ歴代最多タイの266ゴール到達! スパーズがフルアムとのダービー制して連敗ストップ《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第21節、フルアムvsトッテナムが23日にクレイブン・コテージで行われ、アウェイのトッテナムが0-1で勝利した。 アーセナル、マンチェスター・シティ相手に厳しい連敗を喫した5位のトッテナム。週末のFAカップを挟み、次節にはそのシティとの再戦を控える中、勝ち点2差で6位のフルアムとのダービーで連敗ストップを狙った。 コンテ監督はこの重要な一戦に向け、シティ戦と全く同じスタメンを起用。不振によってスタメン落ちの可能性も報じられたソン・フンミンも引き続き3トップに入った。なお、ケインはこれがトッテナムでのプレミアリーグ通算300試合目となった。 スタジアムへの交通問題の影響で15分遅れでのキックオフとなった今季2度目のロンドン・ダービー。中3日のアウェイチームに対して、休養十分のホームチームがよりアグレッシブな戦いぶりで序盤の主導権を握る。 サイドバックの攻撃参加を促しながらサイドを起点に崩しを試みる中、10分にはデコルドバ=リードのミドルシュートでGKロリスに最初のセーブを強いると、19分には再び右サイドからアンドレス・ペレイラのワンタッチクロスをゴール前に飛び込んだリードがダイレクトで合わすが、これはロリスのファインセーブに阻まれる。 以降もフルアムの出足鋭いプレスと縦に速い攻めに苦戦を強いられるトッテナム。それでも、30分を過ぎた辺りから少しずつ3トップが前を向いてプレーするシーンが増え始める。 そして、33分にはケインが馬力のある仕掛けからミドルシュートに持ち込むと、36分には右のコーナーポストに当たってボールが残る幸運な形からクルゼフスキからのマイナスのパスをボックス右で受けたエメルソンがニアを狙った鋭いシュートで最初の枠内シュートとする。 その後、ハーフタイムにかけては行ったり来たりのオープンな展開が続いた中、スパーズの絶対的なエースが試合を動かす。前半アディショナルタイム1分、波状攻撃からボックス手前左でボールを受けたソン・フンミンがDF3枚を引き付けて中央のケインの足元へ繋ぐと、スパーズの背番号10は鮮やかな反転からの右への持ち出しから鋭い右足のシュートをゴール右下隅へ突き刺した。 ケインのジミー・グリーブスに並ぶクラブ歴代最多266ゴール目で先手を奪って試合を折り返したトッテナム。後半は立ち上がりこそ再びホームチームに押し込まれるが、冷静にピンチを凌いでいく。 すると、57分にはケインに偉業達成のビッグチャンス。セットプレーの流れからボックス左で競り勝ったベン・デイビスのヘディングでの折り返しに反応したケインが渾身のヘディングシュートを放つ。だが、これは元アーセナル守護神レノの圧巻の反射神経によって枠外にはじき出される。 絶好の追加点のチャンスを逃したトッテナムだが、以降は相手にボールを握られながらも要所を締める守備でリードを維持。76分にはソン・フンミンを下げてリシャルリソンを投入し、前線にバイタリティをもたらす。79分にはセットプレーの二次攻撃からダイアーの丁寧なヘディングの落としに反応したケインに見せ場が訪れるも、強烈なシュートは枠の右へ外れる。 一方、何とか追いつきたいフルアムは、ソロモン、ハリー・ウィルソン、古巣対戦のカルロス・ヴィニシウスとフレッシュなアタッカーを続けてピッチに送り込む。89分にはボックス手前左でボールを受けたソロモンが狙いすました右足のコントロールシュートをファーに飛ばすが、これはGKロリスが横っ飛びのセーブではじき出した。 その後、6分が加えられたアディショナルタイムの攻防で最後まで高い集中力を見せたアウェイチームは、3試合ぶりとなるクリーンシートで試合をクローズ。ケインのメモリアルゴールが決勝点となったダービーを1-0で制し、リーグ連敗をストップした。 2023.01.24 07:22 Tue
twitterfacebook
thumb

A・ペレイラ、ファーガソン元監督への畏敬の念は揺るがず「15歳の僕に会いたいと…」

元マンチェスター・ユナイテッドのMFアンドレアス・ペレイラが、同クラブのサー・アレックス・ファーガソン元監督への畏敬の念を明かした。 ブラジル人の元プロサッカー選手を父に持ち、ベルギーで生を受けたA・ペレイラ。フル代表ではブラジル代表を選択し、1試合のみながら出場歴がある。 クラブキャリアでは15歳でユナイテッドの下部組織に入団。当時はPSVに在籍していたが、ファーガソン氏自らオランダへと足を運び、A・ペレイラとその父を説得したという逸話を持つ。 イギリス『サン』のインタビューでファーガソン氏との初対面を回想。27歳となり、ユナイテッドを離れた現在でもなお、揺らぐことのない畏敬の念があると語った。 「彼は長らくユナイテッドに腰を据え、全てを勝ち取ってきた男だ。そんな彼が15歳の僕に会いたいと言ってくれたことが、僕と父にどれほどの衝撃を与えたか。TVで見るだけの彼が目の前に現れたとき、この世の出来事とは思えなかった」 「彼の英語はグラスゴー(スコットランド)訛りがあるよね。実は最初にかけてもらった言葉は理解できなかったんだ(笑) だけど、そのオーラを忘れることはできない」 「僕はユナイテッドで彼のような存在になりたかった。今でも僕を優れた選手だと言ってくれるよ。今なら自信を持って『貴方の現役時代より優れている』と胸を張れる」 残念ながらユナイテッドでは確固たる定位置を築けず、レンタル移籍を繰り返した末、昨夏に退団。今季からはフルアムに在籍しているが、現在でもファーガソン氏への忠誠心は変わらないようだ。 2023.01.23 20:55 Mon
twitterfacebook
thumb

ギマランイスが涙の負傷交代…程度次第で躍進ニューカッスルに痛手

ニューカッスル・ユナイテッドのブラジル代表MFブルーノ・ギマランイスが負傷交代を余儀なくされてしまった。 今季のここまでプレミアリーグで3位につけるニューカッスル。15日の第20節でも上位に割って入るフルアムを1-0で破って、チャンピオンズリーグ(CL)出場権の獲得にひた走る。 だが、中盤の中心選手として効いた存在のギマランイスは涙の負傷交代。前半序盤に足首を痛め、2度の治療を挟みながらプレーを続けたが、ハーフタイム後からピッチを後にした。 前半終了後のピッチを涙しながら後にする姿からして、ケガの状態が懸念される25歳はイギリス『デイリー・メール』によると、試合後に松葉杖をつく様子が確認済みだという。 また、イギリス『talkSPORT』によれば、エディ・ハウ監督からも心配の声。足首の酷いねん挫が疑われる状況を明かしたが、「今はまだわからない」と話すにとどまった模様だ。 なお、ギマランイス本人は試合後に自身のSNSに「今日のケガはとても残念だけど、大事に至らず、1日でも早く大好きなことができるのを願う」と綴っている。 2023.01.16 15:40 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly