ベンゼマ&モドリッチが今季初タイトル誓う! 10年過ごす互いのイメージにも言及

2022.08.10 16:12 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
レアル・マドリーの重鎮2選手が、UEFAスーパーカップに向けた意気込みを語った。クラブ公式サイトが会見コメントを伝えている。

昨シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)を制したマドリーは10日、フィンランドのヘルシンキ・オリンピックスタジアムでヨーロッパリーグ(EL)王者のフランクフルトと対戦する。

今週末にアルメリアとのラ・リーガ開幕戦を控える中、今シーズン初の公式戦での初タイトル獲得を目指すエル・ブランコでは、フランス代表FWカリム・ベンゼマと、クロアチア代表MFルカ・モドリッチの2選手が、カルロ・アンチェロッティ監督と共に公式会見に出席。両選手は今大会への意気込みや今シーズンに向けた展望を語った。
ベンゼマは今大会に向け、「すべての試合が戦いであり、明日の夜には新たな夢が叶うかもしれない。僕らにとって重要な試合だ。プレシーズンはとても良かったし、準備万端、優勝してマドリードに戻るために全力を尽くすつもりだ」と、EL王者撃破への意気込みを語った。

さらに、昨シーズンのラ・リーガ、CLの2冠達成に加え、両コンペティションで得点王に輝いたマドリーの絶対的エースは、バロンドールの最有力候補に挙がる。仮に、今大会でトロフィーを獲得した場合、更なる後押しとなる。ただ、ベンゼマはチームと共にトロフィー獲得を目指しているものの、個人記録は意識していないと主張している。

「僕が言えることは、毎年、世界最高のこのクラブのために全力を尽くそうとしているということだ。毎年、自分のプレーを向上させなければならない。昨季はとても良いシーズンだったけど、誰が世界一のプレーヤーかは他の人が決めることだ。僕はただゲームに集中しているよ」

「そのこと(バロンドール)は考えていない。チームで勝つことの方が重要で、その結果として個人的な称賛がもたらされるんだ。チームと一緒にもっとトロフィーを獲得したいね」

また、元ブラジル代表DFマルセロの退団に伴い、今シーズンからカピタンに就任することになった34歳だが、これまで同様の姿勢でチームのために戦う心づもりだ。

「21歳のときに加入し、チャンピオンズリーグで優勝すること、そして成功することだけを考えてきたんだ。今はキャプテンになり、本当に幸せだし、自分のやってきたことに誇りを持っているけど、何も変わっていないよ。昨シーズンもすでにクラブのキャプテンの一人だったし、変わったのはキャプテンになったことぐらいさ。チームメイトの成功に貢献し、ピッチに立つたびにゴールやアシストを決めたいと思っているよ」

一方、ベンゼマと同様にマドリーの多くのタイトル獲得に貢献してきたモドリッチだが、今シーズン最初のトロフィー獲得へ大きなモチベーションを示している。

「チャンピオンズリーグで優勝するのは大変だったけど、特別な旅だったよ。僕らはUEFAスーパーカップでの優勝に向け本当に興奮しているんだ。シーズン最初のトロフィーだし、絶対に勝ちたい。僕らは全力を尽くし、それがピッチで発揮されることを願っているよ」

「このレベルで活躍するためには、ハードワークし、ピッチ内外でプロとして本当に献身的に働く必要がある。僕らはとても良いチームを持っていて、良いシーズンを過ごす準備ができている。毎シーズンそうしているように、全力を尽くすつもりさ。どの大会も僕らにとっては重要だ。また勝つためにここにいるのだから、明日の夜、最高のシーズンのスタートを切りたいね」

最後に、ベンゼマとモドリッチは2012年以降、10年に渡って共にプレーしてきた相棒の印象について改めて言及。

ベンゼマは、「大好きなプレーヤーさ。彼と一緒にトレーニングするたびに、彼は僕に感銘を与えてくれるんだ。ワンタッチとツータッチのフットボールをプレーすることができ、彼について何かひとつ選ぶとしたら、それは彼のアウトサイドキックの能力に違いないね」と、世界屈指のアウトサイドキックの名手を称賛。

対してモドリッチは、「クラブに加入して、一緒に練習し、プレーするようになってから、彼がとてもユニークで異なるタイプのプレーヤーだと気づいたことを覚えているよ。彼は素晴らしい才能の持ち主で、今、多くの人々がその事実を認めてくれていることを嬉しく思っているよ。彼に付いてひとつだけ挙げるなら、彼のゴール能力だね。それは僕に欠けている部分だからね」と、ここ数年の世界的な称賛を喜ぶと共に、そのゴール能力を絶賛している。


関連ニュース
thumb

韓国戦2ゴールのガーナFWクドゥス、レアル・マドリーが関心か

レアル・マドリーが、カタール・ワールドカップで活躍中のガーナ代表MFモハメド・クドゥス(22)に関心を持っているようだ。スペイン『Defensa Central』が報じている。 2020年夏からアヤックスに所属するクドゥス。加入から2シーズンはケガに苦しめられたものの、今季は公式戦21試合で10ゴール2アシスト。とりわけチャンピオンズリーグではリバプール戦やナポリ戦でもネットを揺らしており、大舞台でポテンシャルの高さを窺わせている。 元々トップ下を主戦場とする選手だが、今季はセンターFWで起用されることが多く、持ち味の足元の技術や柔軟なプレースタイルを生かして、多くの攻撃に絡んでいる。 そして、現在開催中のカタールW杯では、28日に行われた韓国戦で2ゴールをマーク。この活躍で世界に名を轟かせると、早速ワールドクラスのクラブからの関心が伝えられることになった。 移籍市場サイト『transfermarkt』によれば、現状でクドゥスの市場価格は1500万ユーロ。しかし、今大会での活躍や、以前からミランやユベントスも触手を伸ばしていたことを考えると、今度の冬や来夏には価値が跳ね上がっている可能性は高い。 アヤックスとの契約は2025年まで残っているが、大会後の去就には注目だ。 2022.11.29 13:45 Tue
twitterfacebook
thumb

ブラックスーツにゴールドの組み合わせ、ブラジル代表ヴィニシウスが『GOLDEN CONCEPT』との新コラボ製品を公開

カタール・ワールドカップ(W杯)に参戦中のブラジル代表FWヴィニシウス・ジュニオール(レアル・マドリー)がコラボレーション製品を公開した。 24日のセルビア代表戦に先発し、W杯デビューを果たしたヴィニシウス。73分には右足アウトサイドのクロスでリシャルリソンのゴールをアシストした。 ヴィニシウスは今年6月にライフスタイル・ラグジュアリーブランド『GOLDEN CONCEPT』公式アンバサダーへ就任。同ブランドは2015年にスウェーデンで設立され、ハイテク素材とラグジュアリーを融合させた高級Apple Watchケースなどのサードパーティーを展開している。表参道にも旗艦店を展開しており、7月には実業家のROLAND(ローランド)氏とのコラボレーション製品も限定数で販売された。 ヴィニシウスは27日に自身のインスタグラムを更新。ブラックスーツにゴールドを組み合わせ、今月発表されたばかりの新製品を紹介している。 新コラボ製品はワールドカップ(W杯)を意識。素材には耐久性に優れた316Lステンレススチールを使用。表面にはトロフィーと同じ素材の18Kゴールドでメッキされたロイヤルエディションだ。 生産数は世界限定222本で、バックケースにはヴィニシウスのサインとシリアルナンバーが刻印。ケースの価格は14万3000円で、現在予約を受け付けている。 これまでのコレクションでは装着にネジを必要としたが、ロイヤルエディションではねじが不要に。フロントベゼルに「ハッチベゼル」を採用し、サイドに付属するボタンを押すだけで、Apple Watchのケースへの取り付け・取り外しが簡単に行えるようになっている。 <span class="paragraph-title">【写真】ブラックスーツにゴールドの組み合わせ、ヴィニシウスが『Golden Concept』との新コラボ製品を公開</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/Clb1dqxS2EZ/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/Clb1dqxS2EZ/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/Clb1dqxS2EZ/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Vinicius Jr. (@vinijr)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.11.29 00:50 Tue
twitterfacebook
thumb

30歳目前でもメガクラブの触手減らず... トッテナム、W杯後にケインと話し合いへ

トッテナムが、イングランド代表FWハリー・ケイン(29)との話し合いの場を設けるつもりのようだ。 ケインは現在、イングランド代表としてカタールW杯に参戦中で、グループステージ2試合を終えて自身のゴールこそないものの、初戦のイラン代表戦では2アシストで勝利に貢献。31日のウェールズ代表戦で引き分け以上なら決勝トーナメント進出が決まる状況だ。 所属するトッテナムとの契約は2024年6月までだが、過去に何度もメガクラブ行きが噂され、マンチェスター・シティやユナイテッド、バイエルン・ミュンヘンなどから触手が。イギリス『Football Insider』によると、稀代の点取り屋に対し、現在はレアル・マドリーが関心を強めているという。 これを受け、トッテナムの幹部らはW杯からの帰国に合わせ、選手側とのミーティングを調整。アントニオ・コンテ監督の要望はもちろんのこと、幹部らとしても現役引退までクラブでプレーを続けてもらいたい考えだ。 一方、以前にはチェルシーのレジェンド、ジョン・テリー氏が「ケインはトロフィー獲得の野望を隠しておらず、スパーズではそれが不可能だと理解している」と発言。ケインは来年で30歳を迎えるが、その去就に注目が途切れることはしばらくはなさそうだ。 2022.11.28 16:44 Mon
twitterfacebook
thumb

「18歳であんなにも…」7-0圧勝のスペイン代表、アセンシオがMOMガビを称える

スペイン代表FWマルコ・アセンシオが、カタール・ワールドカップ(W杯)グループE初戦のコスタリカ代表戦を振り返った。スペイン『ムンド・デポルティボ』が伝えている。 スペイン代表は24日、今大会の初戦でコスタリカ代表と対戦。背番号10を背負うアセンシオは3トップの中央でスタメン出場し、1点リードの21分に追加点を挙げるなど、7-0という衝撃の圧勝劇に貢献した。 試合後のインタビューでは自身の起用法に言及。本職はサイドながらも、自身を最前線に配置したルイス・エンリケ監督への信頼を口にしている。 「ここ(カタール)に来て初日から、監督は僕に『いくつかのポジションで使うかも』と話してくれた。サイドと中央では守備のやり方が異なるよね。とても大きなやりがいを感じているよ」 「僕が純粋なストライカーとして振る舞うのは、試合の中で死んでしまうことに等しい。ただ、どこにいても相手にプレッシャーを与え、勝利のために動くのは同じ。確かなのは僕らが良いフットボールができているということ。コーチたちのおかげだね」 また、この一戦のマン・オブ・ザ・マッチ(MOM)に選出されたMFガビを称賛。ガビは2004年生まれで日本なら高校3年生にあたる18歳だが、チームの最年少選手にも絶大な信頼を置いているようだ。 「18歳であんなにも… 驚くべきことだ。彼のトレーニングを見ていると、その素晴らしいポテンシャルをまざまざと見せつけられ、何より自信を感じる。僕たちは皆、彼の良さを知っている。彼は大きな力をもたらしてくれているね」 2022.11.24 21:30 Thu
twitterfacebook
thumb

W杯白星発進のベルギー代表、アザールがゲーム内容改善に自信「良い準備ができた」

ベルギー代表FWエデン・アザールが、カタール・ワールドカップ(W杯)グループステージ初戦のカナダ代表戦を振り返った。スペイン『ムンド・デポルティボ』が伝えている。 ベルギー代表の主将を務めるアザールは前回のロシアW杯で同国の3位入賞に大きく貢献も、その後移籍したレアル・マドリーで苦しい日々が続き、今季も所属クラブで控えの域を抜け出せないまま、W杯を迎えることとなった。 それでも、24日に行われた初戦のカナダ戦ではスタメン出場し、GKティボー・クルトワのPKストップにも助けられつつ、1-0の勝利に貢献。試合後のインタビューでは自身が良い出来ではなかったと認めながらも、調子を上げていくことには自信をのぞかせている。 「もっとうまくやれるはずだ。パーフェクトではないにしろ、何せW杯の初戦だ。試合では献身的に働き、その後はしっかりリカバリーしなければいけない。フィジカル的にはまったく問題ないよ」 また、主将としてチーム全体のパフォーマンスにも言及。劣勢を強いられた立ち上がりを反省しつつも、27日のモロッコ代表との第2戦に向けて弾みをつけられたと胸を張った。 「最初の15分は本当に大変だった。その後は良くなったね。いつだって試合の入りは難しいもので、徐々に改善されていく。今日は勝ち点3を獲得し、次のモロッコ戦で良い試合をする準備ができたと言える」 2022.11.24 16:32 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly