アタランタ行き濃厚のインテルFWピナモンティ、サッスオーロが急襲か

2022.08.03 14:37 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
インテルのイタリア代表FWアンドレア・ピナモンティ(23)にサッスオーロ移籍の可能性が浮上しているようだ。イタリア『カルチョメルカート』が伝えている。

ピナモンティはインテル下部組織出身のストライカー。フロジノーネやジェノアへのレンタル移籍を経て、昨季はエンポリで1年間プレー。セリエA36試合に出場し、13得点2アシストを記録した。

今夏はインテルに復帰も売却が既定路線。昇格組モンツァやサレルニターナなどが獲得に名乗りを挙げるなか、選手本人はアタランタ行きを希望し、その他のクラブへの移籍は視野に入れていないとみられている。

しかし、ここにきてサッスオーロが移籍先候補として急浮上。同クラブは昨季セリエA16得点のエース、イタリア代表FWジャンルカ・スカマッカ(23)をウェストハムに売却し、同代表FWジャコモ・ラスパドーリ(22)にもユベントスやナポリから触手が伸びている状況だ。

サッスオーロは、そのラスパドーリを手放した場合の代役の1人としてピナモンティをリストアップ。インテルが要求する2000万ユーロ(約27億円)は、2選手の売却による捻出が見込まれている。なお、買い戻しオプションの付帯は許可しない姿勢のようだ。

一方のアタランタの提示額は、ボーナスを含めて最大1500万ユーロ(約20億2000万円)。獲得には自信を持っているとのことだが、今後の動向次第ではサッスオーロが逆転する可能性もあり得ると考えられている。

関連ニュース
thumb

ミランに痛手…左大腿二頭筋断裂のフロレンツィが5カ月の離脱

ミランは8日、イタリア代表DFアレッサンドロ・フロレンツィの手術を発表した。 フロレンツィは8月30日に行われたセリエA第4節のサッスオーロ戦にフル出場したが、この試合で左ハムストリングを負傷。 そして精密検査の結果、左大腿二頭筋の断裂と診断。同選手は8日の午前中にフィンランドで、ミランのクラブドクターであるステファノ・マッツォーニ医師が立会いの下、ラッセ・レンパイネン医師により手術を受けた。 なお、手術は無事に成功し、全治5カ月見込みのフロレンツィは明日にもイタリアへ帰国するとのことだ。 フロレンツィの長期離脱により右サイドバックが手薄となったミランは、移籍最終日にバルセロナからアメリカ代表DFセルジーニョ・デストを買い取りオプション付きのレンタル移籍で緊急補強していた。 2022.09.09 00:10 Fri
twitterfacebook
thumb

サッスオーロが2人の若手フランス人アタッカーを補強!

サッスオーロが2人のフランス人アタッカーを獲得した。 サッスオーロは8月31日、スペツィアからU-21フランス代表FWジャニス・アンティスト(20)を買い取り義務付きのレンタル移籍で獲得したことを発表した。 アンティスト(写真)は、母国のトゥールーズでプロキャリアをスタート。昨夏にはスペツィアに完全移籍し、加入1年目はセリエA18試合に出場して1ゴールを挙げていた。まだまだ粗削りもセンターフォワードを主戦場に、高い身体能力を生かしたダイナミックな仕掛けが売りの有望株だ。 また、サッスオーロは同日、ロリアンからフランス人FWアルマン・ローリエン(23)を完全移籍で獲得したことを発表した。 国内屈指の育成クラブであるスタッド・レンヌの下部組織出身のウイングは、レンヌのトップチーム定着には至らず。2019-20シーズンにレンタル加入したロリアンに翌シーズンから完全移籍した。 ロリアンではここまで公式戦91試合13ゴール13アシストを記録。フィニッシュの局面での判断、精度に課題は残すものの、左右のウイングを主戦場に突破力に優れる伸びしろ十分のアタッカーだ。 2022.09.01 06:30 Thu
twitterfacebook
thumb

ミラン、守護神メニャンがPKストップも…攻撃陣沈黙でサッスオーロにゴールレスドロー《セリエA》

ミランは30日、セリエA第4節でサッスオーロとのアウェイ戦に臨み、0-0で引き分けた。 3日前に行われた前節ボローニャ戦では移籍後初先発のデ・ケテラエルの先制アシストなどで2-0と快勝し、2勝1分けスタートとしたミラン。そのミランはボローニャ戦のスタメンから5選手を変更。デ・ケテラエルに代わってブラヒム・ディアスが先発となった他、昨年12月にヒザを負傷して以降、戦列を離れていたケアーがスタメンとなった。 1勝1分け1敗スタートのサッスオーロに対し、押し込む入りとしたミランは12分、レオンがミドルシュートで牽制。 しかし21分、ボックス内に侵入してきたキリアコプーロスをサーレマーケルスが倒してPKを献上してしまう。 それでもキッカーのベラルディのシュートをGKメニャンがセーブし、ミランは先制を許さない。 ハーフタイムにかけてもミランが押し込んだものの好機を生み出すには至らず0-0で前半を終えた。 迎えた後半、立ち上がりにベラルディが負傷交代となったサッスオーロに対し、ミランは57分に3枚替え。ブラヒム・ディアスらに代えてデ・ケテラエルらを投入した。 しかし、サッスオーロの守備を攻略できない状況が続き、時間が過ぎていく。 追加タイム4分、デ・ケテラエルのパスを受けたボックス中央のレオンが枠内シュートを放つもGKコンシーリの正面。 結局、試合を通して決定機を作りきれなかったミランはゴールレスで終了。勝ちきれずミラノ・ダービーに臨むことになった。 2022.08.31 03:28 Wed
twitterfacebook
thumb

ナポリ、サッスオーロのイタリア代表FWラスパドーリを買取義務付きレンタルで獲得

ナポリは20日、サッスオーロのイタリア代表FWジャコモ・ラスパドーリ(22)を買い取り義務付きレンタルで獲得したことを発表した。ナポリの会長を務めるアウレリオ・デ・ラウレンティス会長が自身のツイッターで明かしている。 レンタル料は500万ユーロ(約6億9000万円)、移籍金は2500万ユーロ(約34億4000万円)、アドオン500万ユーロとなっているとのことだ。 ラスパドーリはサッスオーロの下部組織出身。ファーストチーム昇格後は着実に序列を高め、2021-22シーズンはセリエA36試合10得点6アシストを記録。才能溢れる若きタレントが多いチームの中でも際立った存在感を見せつけていた。 ラスパドーリは21日に行われるセリエA第2節モンツァ戦で早速デビューする可能性があるとのことだ。 2022.08.21 06:30 Sun
twitterfacebook
thumb

サッスオーロに痛手…開幕戦で負傷の主力SBミュルドゥルが右足首を手術…

サッスオーロは18日、トルコ代表DFメルト・ミュルドゥルが右足首の手術を受けたことを発表した。 ミュルドゥルは15日に行われたセリエA開幕節のユベントス戦に先発出場。しかし、前半序盤に相手DFアレックス・サンドロと交錯した際に右足首を負傷。担架に乗せられてピッチを後にしていた。 そして、精密検査の結果、右足首の内側踝骨折と診断。同選手はすでにミラノで手術を受けている。 現時点で離脱期間は明かされていないが、サッスオーロは右サイドバックの主力を少なくとも数カ月に渡って欠くことになりそうだ。 2022.08.19 05:30 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly