ブレントフォード、ユーロでブレイクしたダムスゴーア獲得に迫る

2022.08.02 15:13 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ブレントフォードがサンプドリアに所属するデンマーク代表MFミッケル・ダムスゴーア(22)の獲得に迫っているようだ。

昨夏に行われたユーロ2020でライジングスターとして大きな注目を集めたダムスゴーア。しかし、昨シーズンは左太ももに負った重傷により、長期離脱を余儀なくされた結果、セリエA11試合の出場にとどまった。

これにより、昨夏に4000万ユーロ(約53億6000万円)前後の強気な移籍金の設定をしていたサンプドリアは、より現実的なオファーを受け入れる構えだ。
そういった中、移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏は、デンマーク資本でトーマス・フランク監督を含め、多くの同国出身の選手を抱えるブレントフォードがダムスゴーア獲得に近づいていると報道。

現時点で交渉は完了していないものの、1500万ユーロ(約20億1000万円)+アドオンという条件で、交渉が順調に進んでいる模様だ。

デンマーク屈指の育成組織を誇るノアシェラン出身のダムスゴーアは2020年夏にサンプドリアへ加入。2020-21シーズンは左右のウイングや攻撃的MFを主戦場に、初挑戦のセリエAで35試合に出場し、2ゴール4アシストの数字を残していた。

切れ味鋭い仕掛けと優れたスプリント能力を武器にスペース、密集の双方で局面を打開できる上、ユーロで見せたように多彩なキックを生かしたラストパスやフィニッシュも兼備する万能型のアタッカー。決定力やアタッキングサードでの判断は今後の課題と言えるが、伸びしろ十分の逸材だ。

今夏にマンチェスター・ユナイテッドへ旅立った同胞MFクリスティアン・エリクセンとはタイプが異なるものの、ブレントフォードでは新たなチャンスメーカーとしての活躍が期待されるところだ。


関連ニュース
thumb

232件もの賭博違反でFAから告発のトニー、W杯選外は「フットボール面での判断」

イングランドサッカー協会(FA)から告発を受けたブレントフォードのイングランド代表FWイヴァン・トニーだが、W杯の選外とは関係ないとのことだ。イギリス『サン』が伝えている。 ブレントフォードのエースとして君臨するトニーは、今季の好調ぶりからカタールW杯行きの期待が高まるも、結局は最終メンバーに残れず。メンバー発表から6日後、FAから232件にものぼる賭博規則違反で告発を受けたことが明るみになった。 違反の詳細は不明とのことだが、通常なら長期の出場停止や罰金が科されるもの。そのため、W杯メンバーの選外はこれらが関係しているのではとの見方も広がったが、FAの担当者マーク・ブリンガム氏は否定している。 「トニーがW杯のメンバー入りを逃したのは、今回の規則違反ではなく、ガレス・サウスゲイト監督のフットボール面での判断です」 また、一部ではFAからサウスゲイト監督に対してトニーを外すよう圧力をかけていたとの報道もあったが、こちらも否定。トニーが所属するブレントフォードは、問題が解決するまでコメントを差し控えるとしている。 2022.11.18 18:36 Fri
twitterfacebook
thumb

FAがブレントフォードのエースFWトニーを232件の賭博規則違反で告発

ブレントフォードのイングランド代表FWイヴァン・トニーが、232件の賭博規則違反によってイングランドサッカー協会(FA)から告発された。イギリス『BBC』が伝えている。 FAは、選手がフットボールに関するギャンブルを禁止している。 そして、今回の違反はトニーがニューカッスルからのレンタルでプレーしたウィガンとスカンソープ、後に完全移籍したピーターバラ、ブレントフォードの4クラブに在籍した2017年2月25日から2021年1月23日の間に発生したものだという。 ブレントフォードは所属選手の不祥事を受け、以下のような声明を発表している。 「クラブはイヴァンと彼の法定代理人と話し合っている。これらの会話は非公開で継続する」 「問題が完了するまで、これ以上のコメントは差し控える」 なお、トニーは11月24日までにFAの請求に対応する必要がある。 現在、26歳のトニーは今シーズンここまでのプレミアリーグ14試合で10ゴールを挙げる活躍をみせ、今年9月にはイングランド代表に初招集されたが、出場機会はなし。また、先日に発表されたカタール・ワールドカップのメンバーからも外れていた。 通常、賭博規則違反に関しては出場停止や罰金が科されるが、今回の違反の詳細は明かされておらず、現時点では不透明な状況だ。 2022.11.17 05:45 Thu
twitterfacebook
thumb

ホームでまさかの黒星、グアルディオラが敗戦認める 「より優れたチームが勝った」

マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督がブレントフォード戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えている。 プレミアリーグで首位のアーセナルを追走する2位シティは、12日に行われた第16節でブレントフォードと対戦。16分にセットプレーから相手FWイヴァン・トニーに先制ゴールを許すも、前半アディショナルタイムにイングランド代表MFフィル・フォーデンのボレーシュートが決まって同点に追いつく。試合を折り返してからは押し込む展開が続いたが、チャンスを活かせずにいると、後半アディショナルタイムに悪夢の展開。ロングカウンターの流れから再びトニーに決められ、1-2で敗れた。 今季7戦全勝中のホームで不覚を取り、2敗目を喫したシティ。グアルディオラ監督は試合後、対戦相手が自らのチームより優れたパフォーマンスを示したと語った。 「より優れたチームが勝利した。チームは多くの問題を抱えており、彼らが我々を自由にさせなかったので、プレスをかけることができなかった。彼らはストライカーにボールを渡せていたが、我々はそれを行うことができなかった」 「トニーが中盤でボールを受けてプレーしていた。それが問題を起こしてしまった」 「立ち上がりと最初の15分で、彼らは2つの明確なチャンスを作り、それを活かした。その後、我々はより良いパフォーマンスをするようになり、スピードのあるプレーをすることができていた。後半は良いスタートを切ったが、相手のロングボールでの崩しに対して、我々は対処しきれなかった」 「昨シーズンのホーム戦でも相手は同じよう戦い方をしてきた。彼らの守備の構造はとても深く、サイドから崩すことを余儀なくされる。しかし、クロスに対しても本当に良く守る。我々は創造性に欠けていた」 2022.11.13 12:50 Sun
twitterfacebook
thumb

シティが今季7戦全勝中のホームでビーズの二刺しに屈す…今季2敗目で中断期間に《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第16節、マンチェスター・シティvsブレントフォードが12日にエティハド・スタジアムで行われ、アウェイのブレントフォードが1-2で勝利した。 リーグ3連勝で首位のアーセナルを追走する2位のシティは、カタール・ワールドカップ中断前の最後の一戦で11位のブレントフォードをホームで迎え撃った。 前節、カンセロの退場でフルアムに大苦戦を強いられながらも試合終了間際に得たPKをハーランドが決め、2-1のスコアで勝ち切ったグアルディオラのチームは、一部主力を温存したEFLカップでも難敵チェルシーを2-0で退けて好調を維持。エティハドでの4連戦を締めくくるこの一戦ではチェルシー戦で温存した守護神エデルソン、デ・ブライネ、ハーランド、フォーデンら主力を復帰させた。 相手の堅固な5バック攻略の糸口を探る序盤のシティだが、いきなりピンチを迎える。 開始4分、ロングボールをトニー、エンベウモとワンタッチで繋がれてオニェカにボックス内で一対一を作られるが、ここはGKエデルソンがうまく間合いを潰してビッグセーブ。続く6分には左サイドを独走したヘンリーのクロスの流れからボックス右のエンベウモに折り返されると、ボックス中央のトニーにすかさず右足を振られるが、再びエデルソンの好守で事なきを得た。 立て続けのピンチを凌いだホームチームは徐々に落ち着きを取り戻すと、左サイドのフォーデン、デ・ブライネを起点にアタッキングサードでボールを動かしながらハーランドにチャンスボールを供給していく。ただ、決定機まであと一歩という状況が続くと、相手得意のセットプレーに屈する。 16分、ハーフウェイライン手前で得たFKの場面でキッカーのGKラヤがロングボールを入れると、競り勝ったミーのヘディングパスにゴール前で反応したトニーがラポルテと交錯しながらも頭で合わせたボールがループシュートの形でゴールネットを揺らした。 ホームで先手を奪われたシティはここからギアを上げて相手をより深くに押し込んでいく。引いた相手に対して流れの中ではなかなかフィニッシュまで持ち込めないものの、再三のセットプレーから同点ゴールを目指す。 前半半ばから終盤にかけて相手陣内でハーフコートゲームを展開するが、ボックス内の守備に人数をかける相手を崩し切れず。この展開を受け、ハンドや細かいセットプレーで盛んにファウルをアピールするなど苛立ちも垣間見せる。それでも、1点ビハインドでハーフタイム突入と思われた前半アディショナルタイムにゴールをこじ開ける。 前半アディショナルタイム2分、デ・ブライネの右CKをニアサイドのアカンジが頭でフリックすると、ファーサイドで反応したフォーデンが抑えの利いた左足のボレーシュートで合わせる。これがゴール右上隅に突き刺さった。 フォーデンのファインゴールでスコアをタイに戻して後半を迎えたシティ。後半は立ち上がりからシティが押し込む展開が継続されたが、セットプレーの競り合いの際、頭部に裂傷を負ったラポルテの治療のため試合が一時中断。その後ラポルテは止血を行い無事プレーに復帰した。 何とか後半の早い時間帯にゴールがほしいシティは、ピッチの幅を使いながら内と外でボールの出し入れを繰り返しながら焦れずにゴールを狙い続ける。66分には右サイドのデ・ブライネを起点にギュンドアン、ハーランドとボックス付近で繋ぎ、ゴール前でハーランドのマイナスの落としに反応したギュンドアンに絶好機も、ここはダイレクトシュートを枠に飛ばせない。 以降もアウェイチームの堅守に手を焼くシティは、要のハーランドと周囲の呼吸がなかなか合わない。その中でロドリやギュンドアンがミドルレンジのシュートを枠に飛ばしていくが、いずれもGKラヤの好守に阻まれた。 20本以上のシュートを放ちながらも2点目が遠いシティは、後半終盤にカンセロを下げてアルバレスを投入。前線の枚数を増やして前がかる。 ラポルテの治療の影響などで10分が加えられた後半アディショナルタイム。専守防衛の構えを見せる相手に対して、リスクを冒して攻め続けるシティだが、前節のフルアム戦とは異なり、最後の最後に待っていたのは歓喜ではなく悲劇だった。 98分、フォーデンの左CKを相手に撥ね返されてロングカウンターを浴びる。左サイドのウィサに長い距離を持ち上がられ、数的不利を強いられる。ボックス右でボールを引き取ったダシルバに絶妙なタイミングでグラウンダーのクロスを入れられると、ゴール前に走り込んだトニーにワンタッチで押し込まれた。 その後、トニーの3点目はデ・ブライネの見事なゴールカバーで凌いだが、最後の猛攻も相手に撥ね返されて勝ち点1も得ることはできなかった。 今季7戦全勝中のホームでビーズの二刺しに屈したシティは、昨年2月19日のトッテナム戦以来のエティハドでのリーグ黒星に。中断前ラストゲームで今季リーグ戦2敗目を喫することになった。 2022.11.12 23:44 Sat
twitterfacebook
thumb

プレミアで胸にハート型QRコードの斬新ユニフォーム! 大きな意義ある取り組みが話題

胸にQRコードが付いたユニフォームが話題となっている。 様々なクラブやサプライヤーが色々な取り組みを行い、特別なユニフォームを作ることはよくあること。先日は、バルセロナがスポンサーの『Spotify』との取り組みの一環で、レアル・マドリーとのエル・クラシコで特別仕様のユニフォームを着用していた。 スポンサー絡みで仕様が変わることはよくあるが、プレミアリーグのブレントフォードが着用した特別仕様にユニフォームは、胸の部分にQRコードが付いているという斬新なものだった。 今シーズンのホームユニフォームの胸の中央部分にハート型のQRコードが置かれたユニフォーム。これは心肺蘇生法(CPR)を学ぶ意識を高めるための施策だったようだ。 19日に行われたプレミアリーグ第12節のチェルシー戦で着用されたが、これは「Restart a Heart」キャンペーンの一環とのこと。CPRと除細動の基本知識を持つ人が増えることで、人々の生存率を高めようという目的の下で行われた。 ハート型のQRコードを撮影すると、心肺蘇生法を行い、命を救う方法が簡単に学べる動画に誘導されるという。 また、このハート型のQRコードは、選手のユニフォームだけでなく、スタジアム周辺のスクリーンやクラブのデジタルプラットフォーム、マッチデープログラムの表紙にも採用。スタジアム周辺では心肺蘇生のデモンストレーションも行われていた。 イギリスでは、毎年3万件以上の病院外での心停止が発生。CPRと除細動を行わない場合、1分ごとに生存率が10%低下していくとされている。 調査によれば、74%の人がCRPの実施方法を学んでいるものの、実際に誰かの命が危機に晒された場合に行う自信がある人は、44%しかいないという。 非常に意義のある特別仕様のユニフォームは大きな話題に。普段と違うユニフォームであれば、注目してみるのも良いかもしれない。 <span class="paragraph-title">【写真】ハート型のQRコードが入った特別仕様のユニフォーム</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr"> <a href="https://t.co/my7YNgS7B5">https://t.co/my7YNgS7B5</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/BrentfordFC?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#BrentfordFC</a> | <a href="https://twitter.com/hashtag/BRECHE?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#BRECHE</a> | <a href="https://twitter.com/hashtag/RestartAHeart?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#RestartAHeart</a> | <a href="https://twitter.com/ResusCouncilUK?ref_src=twsrc%5Etfw">@ResusCouncilUK</a> <a href="https://t.co/VXH26xnLYr">pic.twitter.com/VXH26xnLYr</a></p>&mdash; Brentford FC (@BrentfordFC) <a href="https://twitter.com/BrentfordFC/status/1582766529321394178?ref_src=twsrc%5Etfw">October 19, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">A huge opening for Mbeumo!<br><br>It&#39;s a delicious ball from Roerslev into the box, Mbeumo is free eight-yards out but his header is too close to Kepa and he makes the save<br><br>Keep pushing, lads <a href="https://twitter.com/hashtag/BrentfordFC?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#BrentfordFC</a> | <a href="https://twitter.com/hashtag/BRECHE?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#BRECHE</a></p>&mdash; Brentford FC (@BrentfordFC) <a href="https://twitter.com/BrentfordFC/status/1582819844159901696?ref_src=twsrc%5Etfw">October 19, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.10.21 12:45 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly