超豪華ゲスト!フッキが贈ったサプライズに子供たち大感激「決して忘れないだろう」「永遠に心に残る」

2022.07.24 20:35 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アトレチコ・ミネイロのブラジル代表FWフッキが父親の威厳を保ったようだ。

12年間連れ添った前妻と離婚後、その姪との再婚が波紋を呼んだフッキだが、今年4月には新たな女の子が誕生し、リーグ戦でも得点を重ねるなど、公私ともに調子は上向きだ。

前妻のイラン・アンジェロさんとの間に授かった3人の子供を含めて4人の子供と暮らすフッキは、子供の誕生日にサプライズのビデオメッセージを用意。これがイアンくんとチアゴくんを驚かせた。

「私の子供、イアンとチアゴが7月20日に誕生日を迎え、イアンが14歳、チアゴが12歳になりました」

「彼らは物のプレゼントは求めなかったけれど、特別なサプライズを期待していました」

「サッカーに情熱を注いでいるので、世界最高の選手たちに祝福されることに勝るものはないでしょう」

「偉大なアイドルや友人への感謝の気持ちを。ネイマール、メッシ、ロナウド」

フッキが用意したビデオメッセージにはブラジル代表で肩を並べたネイマールだけでなく、パリ・サンジェルマン(PSG)のアルゼンチン代表FWリオネル・メッシや、マンチェスター・ユナイテッドのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドという世界屈指のサッカー選手が登場したのだ。

これには2人も相当驚いた様子。食い入るようにビデオを見つめ、メッセージ終了後には父親の元へすぐさま駆け寄り、熱い抱擁を交わした。

サプライズの様子には、ファンからも2人への祝福のメッセージに加え、「アイドルからアイドルへ」、「こういう瞬間は決して忘れないだろう」、「なんてかっこいい!」、「永遠に心に残るギフト」などの声が多数寄せられている。

1 2

関連ニュース
thumb

三浦知良が日本代表で注目するのは「鎌田選手」、優勝予想は「ブラジル。ネイマールに優勝して欲しい」

中国の家電メーカーである『ハイセンス(Hisense)』のアンバサダーに就任したJFLの鈴鹿ポイントゲッターズに所属する元日本代表FW三浦知良が、カタール・ワールドカップ(W杯)について語った。 『ハイセンス』は、1969年に中国で創業。テレビやエアコン、冷蔵庫、洗濯機などの生活家電を中心に、業務用のディスプレイやエアコン、デジタル通信システムなどを手がけ、世界展開。TV出荷台数シェアが世界第2位にまで成長している。 2018年のロシア・ワールドカップ(W杯)でも公式スポンサーとなっていた中、2022年のカタールW杯でも引き続き公式スポンサーとなった中、三浦のアンバサダー就任とプロジェクト発表会が3日に行われた。 発表会のトークセッションでは、三浦がカタールW杯の優勝国を予想。お馴染みとなった「ブラジル」を挙げ、その理由を語った。 「予想通りですかね。本当に個人的なんですが、僕がサッカーでプロになった場所で、ブラジルへの思いは大きくて、毎回ブラジルは応援しますし、ブラジルを優勝予想国に挙げるんですが、今回はネイマールが最後のW杯だと本人が言っています。あれだけ活躍してもネイマールは色々言われてしまう選手で、評価にしても、W杯で優勝してバロンドールを獲ることが一番。バロンドールを獲るには、このW杯で優勝しないとダメです。僕はそう思います」 自身のルーツでもある「ブラジル」を優勝候補に挙げた中、親交もあるFWネイマール(パリ・サンジェルマン)に期待を寄せていると語った。 「チャンピオンズリーグとか良いところまで行かないとダメでしょうが、W杯はネイマールにとって、ブラジル国内の評価もそうですが、国際Aマッチの得点数でももうすぐペレを抜くと言われていて、その数字を残しても、ブラジル国内ではロナウドやロマーリオだったり、過去の選手よりも評価が低い。私生活のことなどもあってでしょうけど、それ以上の評価をしていないです」 「Aマッチの得点数を本当に評価してもらうには、彼の力でW杯で優勝することが必要です。これまでのゴールが今まで以上の輝きを持ってくると思います。ネイマールのためにブラジルが優勝して欲しいです」 「(プライベートでも仲良くしている?)ネイマールはそう思っていないかもしれないですが、僕はそう思っていて、日本に来るたびに会ってもらっていて、家族も写真を撮ってもらったり良くしてもらっています」 「僕が育ったサントスでネイマールも育っていますし、そういう繋がりも感じています。ネイマールに優勝して欲しいです」 プライベートでも親交のあるネイマールに期待する三浦。その中で、大会の注目選手にはネイマールを挙げた中、日本人ではMF鎌田大地(フランクフルト)の名前を出した。 「海外だとネイマール、日本だと鎌田選手です。日本では他にも、久保選手やこの前素晴らしいゴールを決めた三笘選手も注目はしていますが、日本のベスト8進出には鎌田選手の力が凄く必要だと思います」 鎌田を高く評価している三浦だが、その理由についても言及。試合を変えられる選手で、中心として活躍して欲しいと期待を込めた。 「今はドイツで大活躍していて、チームの中心選手としてやっています。存在感、日本の代表の中で自分が中心となって、枝ではなく幹となって、自分がやるんだという意識がこの前のアメリカ戦、エクアドル戦のプレーを見ていても凄く感じました」 「もちろん技術とかは申し分ないんですが、気持ちの部分で凄く強く持ってやっている。そういうことが伝わってきます。プレーの中で、チームに違いをもたらしてくれる。攻撃で日本はW杯で同点を取るかが重要になってくると思います」 「その中で、点も取れるしアシストもできて、ゲームも作れる、流れを見れるとオールラウンドで活躍する。あとはコンディションだけだと思うので、しっかり整えて、鎌田選手が中心になるんじゃないかなと思わせるほどの活躍だと思っています」 2022.10.03 19:30 Mon
twitterfacebook
thumb

「なんて美しいカップル」カカが妻とのパーティーでの2ショットが話題! さらに驚きのレジェンド5人衆にファン興奮「なんて日だ」

元ブラジル代表MFカカの投稿が大きな話題を呼んでいる。 現役を引退し指導者ライセンスを取得するなど、新たな道へと歩み出しているカカ。先日はベルリン・マラソンを走り、見事に完走。世界記録を更新したエリウド・キプチョゲとの2ショットも披露していた。 そのカカは、新鮮な花をプレゼントすることができるサービスを手がける「Floward」のパーティーに招待されたとのことで、その際の写真をインスタグラムで投稿した。 カカは、妻のカロリーナ・ディアスさんとの2ショットに花を添えて投稿。美しい妻の姿に「美し過ぎる」、「なんて美しいカップル」、「素晴らしい」とファンも大きな反応を見せていた。 しかし、もっとファンが喜んだのが3枚目の写真。このパーティーには、カカ以外にもサッカー界のレジェンドたちが招待されており、5人が並んだショットを公開した。 そこに並んでいたのは、元スペイン代表GKイケル・カシージャス、元コートジボワール代表FWディディエ・ドログバ、元イングランド代表DFジョン・テリー、そしてヴィッセル神戸でもプレーした、元スペイン代表FWダビド・ビジャだった。 いずれも国を代表する選手であり、所属クラブでも大きな功績を残している選手たち。サッカーファンも喜ぶ豪華ショットにもファンは興奮気味。「なんて日だ」、「最高」、「カカは歳を取らないね」とレジェンドたちの変わらぬ姿を喜んでいた。 <span class="paragraph-title">【写真】カカが美しい妻と2ショット&レジェンド5人で記念撮影</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CjFzaFioOhm/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CjFzaFioOhm/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CjFzaFioOhm/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Kaká(@kaka)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.09.30 12:55 Fri
twitterfacebook
thumb

「この女神は誰だ」「完璧だ」ブラジル代表主将、チアゴ・シウバの妻が披露したユニフォームコーデが絶賛「ロンドンの女王だ」

チェルシーのブラジル代表DFチアゴ・シウバの妻であるイザベル・シウバさんのユニフォーム姿が大きな反響を得ている。 先日38歳になったばかりのチアゴ・シウバ。チェルシーの守備の要として今シーズンもチームを支えている。 一方で、ブラジル代表としてもプレー。今回のインターナショナル・マッチウィークでも行われたガーナ代表戦、チュニジア代表戦の2試合でもしっかりとプレーした。 2010年の南アフリカ・ワールドカップ(W杯)は出番こそなかったが、今回のカタールW杯が自身4度目の出場となることは間違いない状況。妻のイザベルさんも夫を支えている。 スタジアムにも足を運び応援するイザベルさん。今回はユニフォームコーデを披露。これにファンが大きく反応した。 ブラジル代表の最新のユニフォームを見に纏い、胸にはもちろん夫の背番号「3」がついているわけだが、下は白いパンツを合わせ、インナーはユニフォームに合わせて黄色のものを着用している。 インスタグラムでその様子を投稿すると「この女神は誰だ」、「ロンドンの女王だ」、「美しい」、「なんて素晴らしいんだ」、「内面から素晴らしさが出ている」、「完璧だ」とコメント。笑顔のユニフォームコーデに称賛の声が集まった。 <span class="paragraph-title">【写真】ブラジル代表キャプテンの妻が見せたユニフォームコーデが絶賛</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CjDfXtSISd_/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CjDfXtSISd_/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CjDfXtSISd_/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Isabelle Silva(@bellesilva)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.09.29 12:57 Thu
twitterfacebook
thumb

選手たちへのレーザー照射で試合中断…ネイマールは顔を緑色に照らされながらもPK決める

ブラジル代表FWネイマールが冷静さを発揮した。 27日、ブラジルは国際親善試合でチュニジア代表と対戦。カタール・ワールドカップ(W杯)前最後の実戦に臨んだ。 ブラジルは10分にFWハフィーニャのゴールで先制すると、18分に同点に追い付かれたものの直後の19分にFWリシャルリソンのゴールで勝ち越し。さらに29分にはPKを獲得し、リードを広げるチャンスを迎えた。 キッカーを務めたネイマールだが、その顔面にはスタンドからレーザーポインターが向けられ、緑色に照らされていた。それでも集中を欠かなかったネイマールは冷静にGKの反応の逆を突き、3点目を奪取した。 40分には4点目も奪ったブラジル。その後チュニジアに退場者が出たこともあり、5-1で快勝を収めた。 PKの場面以外にもスタンドからブラジルの選手たちにレーザーポインターが度々向けられ、試合が中断するシーンも。ブラジルが2点目を奪った際にはスタンドからリシャルリソンに向けてバナナが投げ込まれるなど、後味の悪い試合となった。 <span class="paragraph-title">【動画】PK直前のネイマールの顔が緑色のレーザーに照らされる</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="pt" dir="ltr">Defina o Neymar Jr batendo pênalti em uma palavra! <br><br> TV Globo<a href="https://twitter.com/hashtag/neymar?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#neymar</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/neymarjr?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#neymarjr</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/njr?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#njr</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/sele%C3%A7%C3%A3obrasileira?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#seleçãobrasileira</a> <a href="https://t.co/wJvthufq9c">pic.twitter.com/wJvthufq9c</a></p>&mdash; Neymar Jr Site (@NeymarJrSite) <a href="https://twitter.com/NeymarJrSite/status/1574901947202773018?ref_src=twsrc%5Etfw">September 27, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <span class="paragraph-title">【動画】ゴールを喜ぶリシャルリソンに向かってバナナが投げられる</span> <span data-other-div="movie2"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="pt" dir="ltr">Na comemoração de Richarlison, foi arremessada uma banana em direção ao jogador da seleção brasileira. <a href="https://twitter.com/s1_live?ref_src=twsrc%5Etfw">@s1_live</a> <a href="https://t.co/6zjC4OVZto">pic.twitter.com/6zjC4OVZto</a></p>&mdash; Isabelle Costa (@bellexcosta) <a href="https://twitter.com/bellexcosta/status/1574834765945081869?ref_src=twsrc%5Etfw">September 27, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.09.28 11:45 Wed
twitterfacebook
thumb

勝ち越しゴール後にバナナが投げ込まれる…リシャルリソンへの人種差別行為に会長が怒り「罰はもっと厳しくする必要がある」

ブラジルサッカー連盟(CBF)のエドナルド・ロドリゲス会長が、トッテナムのブラジル代表FWリシャルリソンに向けられた人種差別に反対のコメントを残した。 事件が起きたのは27日に行われた、チュニジア代表とのフレンドリーマッチ。カタール・ワールドカップ(W杯)に向けた大事な試合は、5-1で勝利を収めた。 ハフィーニャ、ネイマール、リシャルリソンと前線で起用した選手がゴールを決める活躍を見せた中、事件はブラジルの2点目が入った後に起きた。 ゴールを決めたリシャルリソンがコーナーフラッグに駆け寄り喜びを露わに。するとしばらくして、スタンドからリシャルリソンに向けてバナナが投げ込まれる事態となった。 これは人種差別的な侮辱行為であり、CBFはこのことを問題視。試合後に声明を発表した。 「ブラジルの2つ目のゴールの後、バナナがリシャルリソンに向かって投げられた。CBFは差別に対する姿勢を強化し、フットボールにおける人種差別のさらに別の出来事に激しく反対したいと思う」 「フィールドの内外を問わず、このような行動は容認できない」 また、ロドリゲス会長が断固反対の意志を示すためにコメント。人種差別をなくすべきだとし、重いペナルティをかさなければいけないと訴えた。 「もう一度、私は自分が反対することを表明するために公の場に来た。今回は自分の目で見た。これは我々に衝撃を与える」 「肌の色、人種、宗教に関係なく、我々は皆同じであることを常に覚えておく必要がある」 「人種差別との戦いは大義ではなく、この種の犯罪を地球から一掃するための根本的な変化だ。罰はもっと厳しくする必要があると主張したい」 <span class="paragraph-title">【動画&写真】ゴールを喜ぶリシャルリソンに向かってバナナが投げられる</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="pt" dir="ltr">Na comemoração de Richarlison, foi arremessada uma banana em direção ao jogador da seleção brasileira. <a href="https://twitter.com/s1_live?ref_src=twsrc%5Etfw">@s1_live</a> <a href="https://t.co/6zjC4OVZto">pic.twitter.com/6zjC4OVZto</a></p>&mdash; Isabelle Costa (@bellexcosta) <a href="https://twitter.com/bellexcosta/status/1574834765945081869?ref_src=twsrc%5Etfw">September 27, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="pt" dir="ltr">Após o segundo gol do Brasil, uma banana foi arremessada em direção a Richarlison. A CBF reforça seu posicionamento contra a discriminação e repudia veementemente mais um episódio de racismo no futebol.<br><br> Lucas Figueiredo / CBF <a href="https://t.co/hcUqBjFxrz">pic.twitter.com/hcUqBjFxrz</a></p>&mdash; CBF Futebol (@CBF_Futebol) <a href="https://twitter.com/CBF_Futebol/status/1574871593930588160?ref_src=twsrc%5Etfw">September 27, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.09.28 10:12 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly