バルサが一転してクンデ獲得でセビージャと合意、チェルシーを出し抜く

2022.07.23 19:40 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
今夏の移籍市場で注目を集めているセビージャのフランス代表DFジュール・クンデ(23)だが、行き先が決まったようだ。スペイン『Fichajes』が伝えた。

移籍市場に詳しいスペイン人ジャーナリストのジェラール・ロメロ氏によれば、セビージャと合意に至ったのはバルセロナとのこと。移籍が濃厚とされていたチェルシーではなかった。

バルセロナが今夏の守備の補強でトップターゲットだったクンデだが、チェルシーが獲得に近づいているとされていた。

獲得が失敗と見られたバルセロナは、新たな獲得候補を探していると報じられていたが、一転して合意に達した。

チェルシーはDFアントニオ・リュディガー、DFアンドレアス・クリステンセンが退団。さらにDFセサール・アスピリクエタも退団する可能性があり、CBの補強が急務となっていた。

ただ、獲得候補だったマンチェスター・シティのオランダ代表DFナタン・アケの獲得に失敗。ナポリのセネガル代表DFカリドゥ・クリバリを確保していたが、再びCBの獲得に失敗することになりそうだ。

チェルシーはクンデに対し、年俸1200万ユーロ(約16億4500万円)のオファーを出していたというが、クンデがバルセロナ行きを希望していたこともあり、今回の合意に至ったという。

あとはどのような条件でクンデ本人と合意するかがカギとなるが、ロメロ氏は「99%確実」と見ている。


関連ニュース
thumb

バルサ移籍なしか…スビメンディにソシエダ会長「契約更新間近」

レアル・ソシエダのスペイン代表MFマルティン・スビメンディ(23)が契約延長に極めて近いところにいるようだ。 アカデミー時代から過ごすソシエダで着実に力をつけ、代表キャリアもふる代表にまで漕ぎ着けたスビメンディ。今季もラ・リーガ開幕から全試合にフル出場中だ。 だが、ピッチ外では死活問題となるスペイン代表MFセルヒオ・ブスケッツの後継者擁立が死活問題となるバルセロナの興味が噂され、今後の動向が注目されている。 プレーエリア、プレースタイルからバルセロナのチャビ・エルナンデス監督が獲得を催促しているとされるが、その裏でソシエダに新契約の動きも取り沙汰される。 そうしたなか、スペイン『マルカ』によれば、ソシエダのジョキン・アペリベイ会長がスビメンディとの契約更新に迫る状況を認めたという。 「どの選手との関係も至って良好だ。特に、マルティンとはね。ラ・レアルでキャリアを全うしてもらいたい。交渉は順調だし、契約更新の合意も間近にある」 2022.10.07 15:00 Fri
twitterfacebook
thumb

ケガ人続出のバルセロナ、クリステンセンに続きケシエも負傷

バルセロナは5日、コートジボワール代表MFフランク・ケシエが負傷したことを発表した。 クラブによれば、ケシエは5日午前中に行われたトレーニング中で右太ももを負傷。 同日午後に検査を受けたところ、右太ももの内転筋に負傷が確認され、チームからの離脱が決定。復帰時期は回復具合によるという。 今夏にミランからフリーでバルセロナに加入したケシエだが、ここまでは出場機会に恵まれないのが実情で、公式戦8試合でわずか247分の出場にとどまっていた。 現在バルセロナでは、DFジュール・クンデやDFロナルド・アラウホ、DFエクトル・ベジェリン、MFフランキー・デ・ヨング、MFメンフィス・デパイら負傷者が続出。また、同日にはDFアンドレアス・クリステンセンの離脱も発表されており、ケシエの離脱は過密日程が控えるチームにとって更なる打撃となる。 2022.10.05 23:32 Wed
twitterfacebook
thumb

バルサとアトレティコがグリーズマンの完全移籍で合意

フランス代表FWアントワーヌ・グリーズマン(31)の完全移籍に関して、アトレティコ・マドリーとバルセロナが合意に至った模様だ。スペイン『ESPN』など複数国内メディアが報じている。 グリーズマンは2019年夏に1億2000万ユーロ(約171億円)でアトレティコからバルセロナに加入。しかし、その新天地では思うような活躍を見せられず、昨夏古巣へ買い取り義務付きの2年間のレンタル移籍で復帰することになった。 両者の契約にはプレー可能な時間の50%以上をプレーするという買い取り条項が設定されており、2021-22シーズンには公式戦39試合に出場(8ゴール7アシスト)し、81%プレーしていた。 しかし、財政問題を抱えるアトレティコは、費用対効果の悪いグリーズマンの4000万ユーロ(約57億1000万円)での買い取りを避けるため、今シーズンはディエゴ・シメオネ監督の承諾を得て、30分以下の出場時間の制限を設けていた。 一時はアトレティコの対応に対して、法的措置を辞さない構えを見せていたバルセロナだが、不良債権であるグリーズマンの売却を実現させるため態度を軟化。 ここに来てアトレティコ側の移籍金の大幅な減額という要求を呑む形で、2000万ユーロ(約28億6000万円)強の金額での売却を受け入れたようだ。 なお、両者の合意を裏付けるかのようにグリーズマンは、インターナショナルマッチウィーク前のレアル・マドリーとのダービー、直近のクラブ・ブルージュ戦でいずれもフル出場を飾っており、近日中にも完全移籍移行が公式にアナウンスされる見込みだ。 2022.10.05 22:34 Wed
twitterfacebook
thumb

殊勲の決勝弾チャルハノール、解任論拡大の指揮官を「幸せな気分にできた」

インテルのトルコ代表MFハカン・チャルハノールが、解任論が拡大しつつある指揮官への信頼を口にした。イタリア『スカイ』が伝えている。 インテルは4日、チャンピオンズリーグ(CL)のグループC第3節でバルセロナと対戦。試合はボールを握られる時間が続いたが、前半終了間際のチャルハノールのゴールを守り抜き、1-0で勝利。バルセロナをかわしてグループ2位に浮上した。 今季は低調が続き、1日にローマに逆転負けを喫したことで、ここ数日はシモーネ・インザーギ監督の解任論が急拡大。だが、バルセロナ戦で殊勲の決勝ゴールを決めたチャルハノールは試合後の記者会見で、指揮官の笑顔を取り戻せたと喜び、揺るがぬ信頼感をうかがわせた。 「インザーギの大きな勝利? 僕ら選手はどんな時でも彼とともに戦う。今日は彼を幸せな気分にさせることができたはずさ。インザーギは自分のために戦っているチームを目の前で見ていたからね」 「この一戦をどう戦うか。何度も話し合い、準備してきた。今日は僕らがやりたかったフットボールができたよ」 2022.10.05 16:26 Wed
twitterfacebook
thumb

バルサ、CLインテル戦黒星では判定に泣く... S・ロベルト「以前と同じ傾向」

バルセロナの選手たちがインテル戦のレフェリングに苦言を呈している。スペイン『ムンド・デポルディポ』が伝えた。 バルセロナは4日、チャンピオンズリーグ(CL)のグループC第3節でインテルとアウェイで対戦。試合はバルセロナがボールを握って攻め込むも、前半終了間際に先制を許す展開に。後半はさらに攻勢を強めたが、結局ゴールは奪えず0-1で敗れている。 また、この一戦では20分過ぎにPKを獲得かと思われたシーンがあったが、ここはオフサイドの判定に。1点ビハインドで迎えた68分にはMFペドリがネットを揺らすも、直前にFWアンス・ファティのハンドがあったとしてオンフィールドレビューの結果、取り消しとされた。 極めつきは後半アディショナルタイムの出来事。敵陣ボックス内でインテル選手の手にボールが当たり、今度こそPK獲得かと思われたが、VARチェックの結果、これも認められず。 試合後の記者会見ではチャビ・エルナンデス監督が判定に不満をあらわにしていたが、選手たちも同じ様子。ペドリが試合終了間際のシーンを「明らかなハンド」と振り返れば、DFエリック・ガルシアも68分のゴール取り消しについて、レフェリング講習の説明と食い違うと語気を強めた。 「シーズンが始まる前に彼ら(審判協会)は、ゴールを決めた選手のハンドでなければチェックの対象ではないと言っていた。だが、それは嘘だった。オナナ(インテルGK)が直前にボールに触れていて、アンス・ファティのは意図的じゃない」 DFセルジ・ロベルトも「レフェリーは僕らからゴールを奪い、PKも与えなかった。これは以前と同じ傾向だ」と、不満を吐露。この敗戦でグループ3位に転落したともあり、チーム全員がフラストレーションの溜まる一日になってしまったようだ。 2022.10.05 14:30 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly