「フットボールが大好きな人たちが生きる場所」ミラン加入のオリジが喜び語る

2022.07.06 11:57 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ミランに加入したベルギー代表FWディヴォク・オリジ(27)が新天地の印象やこれからの意気込みを語った。『フットボール・イタリア』が伝えている。

オリジは今年6月をもって、2014年から2度のレンタル期間を含め、8シーズン在籍したリバプールを退団。抜群の勝負強さを備える同選手には昨季にセリエA優勝を果たしたミランが強い関心を示し、5日に加入が公式発表された。

クラブの公式チャンネル『Milan TV』で加入後初のインタビューを受けたオリジは、歴史あるクラブの一員になれたことを喜びつつ、昨季のチャンピオンズリーグ(CL)でリバプールの選手としてミランと対戦した際の印象を語っている。

「ここに到着したとき、僕は家にいるような気分だった。歴史あるクラブならではの文化や人々、物事の進め方を感じられたんだ。ここに至るまでのすべてが素晴らしかったよ」

「マッサーラやマルディーニと初めて話をしたとき、彼らのビジョンやクラブがどのように進化しているか知ることができたのは良かった。そして、サンシーロの雰囲気を味わえたのは、僕にとって常に特別な感覚だったと思う」

「チームのプレー、監督のチームマネジメント、守備の仕方などを見た。ミランが巨大なクラブなのはずっと知っていることであり、これらすべてが僕にこのクラブへ加入すると決断させた要素なんだ」

「僕のクラブへの第一印象はあのスタジアムだったね。歴史を感じられたし、僕らにとってもあの場所でプレーできることがどれだけ神秘的だったか感じられたよ」

「フットボールの文化、エネルギーを感じられたんだ。ファンの皆が、このクラブをとても大切に思っている。チームのスタイルもエネルギーにあふれていて、攻撃的で、クオリティが高い。これらはすべて、僕が本当に好きなものだ」

「ここはフットボールが大好きな人たちが生きる場所だね。19回のリーグタイトル、7回のチャンピオンズリーグ優勝、信じられないようなクラブの歴史を知っている。この旅に参加できることに、とても感謝している」

また、オリジはミランに所属していた歴代のストライカーにも言及。自身も早くチームに馴染み、クラブに貢献していきたいと意気込んだ。

「YouTubeでマルコ・ファン・バステンのプレーを見たことがある。彼のキャリアは長くはなかったけど、持っていたインパクトは大きかった」

「それから、アンドリー・シェフチェンコフィリッポ・インザーギジョージ・ウェアらだ。半分も挙げられていないと思うけど、たくさんの象徴的な選手たちを見てきた。僕は彼らが大好きさ」

「言葉や文化を勉強して、ここで過ごす時間を楽しみたい。僕にとっては、喜ぶべき経験になると思うよ。今の焦点は、できるだけ早く準備して、チームに参加して、日々良くなっていくようにすることだ」

関連ニュース
thumb

ユナイテッドで地位高めるダロト、新契約を期待か…古巣ミランら5クラブの関心ありも

ポルトガル代表DFジオゴ・ダロト(23)はマンチェスター・ユナイテッドとの契約延長が第一希望のようだ。 ミランに出番を求めた時期もあったが、昨季途中からDFアーロン・ワン=ビサカの独壇場だった右サイドバックのポジションを奪ったダロト。エリク・テン・ハグ新政権の今季もその地位を守り、課題だった守備面も成長を感じさせる。 先のポルトガル代表活動でも代表初ゴールを含む2発の活躍を披露したりとキャリアを全体的に大きく前進させるが、ユナイテッドとの現行契約は今季限り。1年延長オプションもあるが、クラブにとっては解決すべき問題の1つといえる。 イギリス『マンチェスター・イブニング・ニュース』によれば、ダロトには古巣のミランをはじめ、ユベントス、ローマ、バルセロナ、アトレティコ・マドリーの継続的な関心もあるが、ユナイテッドからの新契約を期待しているという。 なお、ユナイテッドは来年1月のマーケットまでにひとまず延長オプションを発動させる見込みとのことだ。 2022.09.29 10:30 Thu
twitterfacebook
thumb

メニャン負傷のミラン、今冬にも新たな控えGKを獲得か

ミランがフィオレンティーナのイタリア人GKピエトロ・テラッチアーノ(32)の獲得に動いているようだ。イタリア『カルチョメルカート』が報じている。 セリエA第7節終了時点で4勝2分け1敗の5位に位置するミランだが、正守護神を務めるフランス代表GKマイク・メニャンが代表戦でふくらはぎを負傷。約1カ月の離脱と伝えられた。 現状ミランには控えGKとして元ルーマニア代表GKチプリアン・タタルサヌ(36)と、元イタリア代表GKアントニオ・ミランテ(39)が在籍しているが、共に高齢で引退を考慮する時期に差し掛かっている。 そうした状況を受け、ミランは今冬にも新たなGK補強を決行する模様。そこで白羽の矢が立ったのがGKテラッチアーノだ。 ノチェリーナでプロキャリアをスタートした193cmの長身GKのテラッチアーノは、これまでカターニャやサレルニターナなどを渡り歩き、2019年1月にレンタル移籍でフィオレンティーナに加入。同年夏に完全移籍するも、ポーランド人GKバルトロミエ・ドラゴウスキの控えに甘んじていた。 しかし、昨夏にドラゴウスキがスペツィアへ完全移籍したことで守護神の座を獲得すると、昨季はセリエA36試合に出場。今季は新加入のイタリア代表GKピエルルイジ・ゴッリーニと正守護神の座を争っており、ここまでセリエA4試合に出場している。 なお、テラッチアーノとフィオレンティーナの契約は今季終了までとなっており、ミランは今冬に安価での獲得出来なかった場合は、来夏にフリーで獲得するつもりだという。 2022.09.27 06:30 Tue
twitterfacebook
thumb

マルディーニSD、ラファエル・レオンは「ミラン残留希望」で「契約延長の可能性は十分」

ミランのスポーツ・ディレクター(SD)を務めるパオロ・マルディーニ氏が、絶対的エースの去就について言及した。 昨季王者ミランは今季も順調な滑り出し。しかし、18日のセリエA第7節ナポリ戦では、昨季34試合11得点10アシストを記録するなど替えの効かないエースであるポルトガル代表FWラファエル・レオン(23)を出場停止で欠き、1-2で今季初黒星を喫した。 改めてレオンの重要性を感じさせられる一戦となったが、そのレオンはここ最近、ミランとの契約延長に向かうのではと度々話題に。そんななか、マルディーニ氏がイタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』のインタビューに応じ、この件について口を開いた。 「かつてラファがリールに所属していたとき、彼の獲得オペレーションはとても困難な仕事だった。ラファは我々にとても感謝してくれていて、彼と未来に向けた話をしたいと考えている」 「ラファ自身も今後数年間、ミランで歩みを進めると確信していて、その思いは我々にも話してくれている。彼との交渉も近いと思うが、並外れたプレーヤーには価値に見合う報酬を払わねばならない。チームが成長し続ければ、ラファはここで全てを手に入れることができるだろう。契約を延長する可能性は十分にある」 レオンとミランの契約は2024年6月まで。両者ともに残留、契約延長が基本線のようだが、その一方でレオンにはマンチェスター・シティやチェルシーなどからの関心も伝えられており、マルディーニ氏としてはなるべく早く、契約延長まで漕ぎ着けたい考えのようだ。 2022.09.26 18:18 Mon
twitterfacebook
thumb

いまだ得点は生まれずも…ミラン新加入デ・ケテラエルに焦りなし「悲観はしていない」

ミランで会心のデビューを果たしたベルギー代表MFチャールズ・デ・ケテラエルに初得点への焦りはないようだ。イタリア『スカイ』が伝えている。 母国のクラブ・ブルージュのアカデミーで育った攻撃的MFのデ・ケテラエル。公式戦49試合で18ゴール10アシストという見事なスタッツを残した昨季の活躍からビッグクラブ注目の存在となり、今夏に3200万ユーロ+300万ユーロという条件でミランへと加入した。 そしてセリエA開幕節のウディネーゼ戦でデビューを果たし、ここまでチャンピオンズリーグを含む全9試合に出場。早くも攻撃陣の中心となり、第3節のボローニャ戦ではアシストも記録した。 一方でいまだ得点には恵まれていないが、ベルギー『HetLaatsteNieuws』のインタビューに応じた同選手は全く気にしていない様子。ゴールへの意欲を示しながらも、決して悲観はしていないようだ。 「もっとゴールを決められるようにと思って努力しているし、試合に出るたびにゴールやアシストの可能性はある。でもあまり重要視したくはない。自然にそうなるのであれば、それはそれでいい」 「フットボーラーなら誰でも得点を決めて自分の重要性を感じたいと思うものだ。その思いは僕の頭の中にもあるよ。でも、ミランでまだ得点を決めていないからと言って悲観はしていない。早く決めれたらいいなとただ思うだけだよ」 「僕はより良いプレーヤーになるために努力している。ポジティブな瞬間とネガティブな瞬間が交互にやってくるだろうけど、より前者のタイミングが長くあってくれれば幸運だね」 2022.09.26 15:35 Mon
twitterfacebook
thumb

アンリの最多得点記録にあと「2」と迫るジルー、フランス代表でのプレーに喜び「完全にフィットしている」

ミランのFWオリヴィエ・ジルーが、フランス代表でプレーする喜びを語った。イタリア『スカイ・スポーツ』が伝えている。 モンペリエ時代の2010年にフランス代表デビューを果たしたジルー。2018年のロシア・ワールドカップ(W杯)では全7試合に出場し、得点こそなかったものの、周りを活かすプレーに徹して優勝に大きく貢献した。 昨年にレアル・マドリーのFWカリム・ベンゼマが代表復帰して以降は出場機会が限られていたが、ベンゼマの負傷もあって22日にホームで行われたUFFAネーションズリーグ(UNL)のグループA・グループ1第5節のオーストリア戦に先発。後半に得意のヘディングシュートでゴールを決め、フランス代表での最年長得点記録を更新した。 フランス『テレフット』のインタビューに応えたジルーは、代表でのプレーに満足感を語った。 「オーストリア戦でも能力が発揮できたと思う。僕は監督の意図がわかるし、完全にチームにフィットしているんだ」 「ゴールを決めれたのは良いことだね。年齢を重ねても得点感覚は残っているし、チームに少しでも貢献したいという思いは常に持っている」 また、ティエリ・アンリ氏が持つ代表での歴代最多得点記録である51ゴールにあと「2」と迫ったことについても言及。自身と同じアーセナルでもプレーしたレジェンドに近づけることが光栄だと話した。 「アンリと肩を並べられるかどうかはわからないが、いずれにせよ、彼に近づいているということは、フランスサッカー界のレジェンドについて話しているのだから、それはもう大きな誇りだよ」 さらに、11月に開催されるカタールW杯に向けては「僕はピッチで何をすべきかということに集中している。監督が必要だと思えばそれに応えるだけだよ」と意気込んだジルー。25日に行われたUNLのデンマーク代表戦では先発するも、無得点に終わったが、大舞台で再び輝きを放つことができるだろうか。 2022.09.26 10:50 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly