チェルシーがフランス代表DFパヴァールに関心? バイエルンでの序列低下は確実か

2022.07.05 15:30 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
チェルシーがバイエルンのフランス代表DFバンジャマン・パヴァール(26)に関心を寄せているようだ。イギリス『インデペンデント』が伝えている。

フランス代表として2018年のロシア・ワールドカップ(W杯)を制したパヴァールは、翌年夏にシュツットガルトからバイエルンに加入。この3年間は主力としてプレーしており、2021-22シーズンも公式戦36試合に出場した。しかし、クラブは今夏アヤックスからモロッコ代表DFヌサイル・マズラウィ(24)を獲得。安泰かに思われていたその座も揺らぐことになった。

サッカージャーナリストのフロリアン・プレテンバーグ氏によると、チェルシーがパヴァールを高く評価するポイントはユーティリティ性とのこと。バイエルンでは本職とする右サイドバックのほか、1列上のサイドハーフやセンターバックをこなしており、まさしく現在のチェルシーが求めている人材のようだ。

チェルシーはドイツ代表DFアントニオ・リュディガーらセンターバックの主力2選手が契約満了で退団となり、中央と右サイドバックを兼務する主将のセサル・アスピリクエタも未だ去就が不透明。トーマス・トゥヘル監督にとって、最も理想的な解決策がパヴァールとみられている。

なお、パヴァールに対しては、アトレティコ・マドリーとユベントスも関心を寄せているとのことだ。

関連ニュース
thumb

【プレミア注目プレビュー】2強崩し狙うブルーズとスパーズが激突! 開幕連勝懸けたロンドン・ダービー

プレミアリーグ第2節、チェルシーvsトッテナムが、日本時間14日24:30にスタンフォード・ブリッジでキックオフされる。マンチェスター・シティ、リバプールの2強崩しに挑む、第3の優勝候補が対峙する今季プレミア最初のビッグマッチだ。 ロシア・ウクライナ情勢によって昨シーズンの終盤にアブラモビッチ体制が急遽終焉を迎えたチェルシー。そのピッチ外の混乱によってピッチ内でも調子を落としたチームだが、トッド・ベーリー率いる新オーナーグループへの売却が決定した最終盤に勝ち点を積み重ねた結果、最低限の3位フィニッシュを決めた。 ただ、オーナー交代による余波は続きDFリュディガー、DFクリステンセンの契約満了による退団、トゥヘル体制で苦戦が続いたFWルカク、FWヴェルナーが移籍と、主力クラスがこぞってクラブを離れた。一方、新戦力補強は難航を極めトップターゲットにことごとく振られ、現時点で主力クラスの補強はFWスターリング、DFクリバリ、DFククレジャにとどまる。 それでも、前指揮官ランパードと対峙したエバートンとの開幕戦ではパフォーマンス面で課題を残したものの、前述の新戦力が上々のデビューを飾り、MFジョルジーニョのPKによる1点を守り切って1-0の白星スタート。今回のホーム開幕戦ではその勢いを生かして宿敵を撃破し、第3の優勝候補として名乗りを挙げたい。 一方、ヌーノ前監督の下で厳しい序盤戦を過ごしながらも、コンテ新監督の就任と、今冬の補強で大きな変貌を遂げたトッテナム。最終的にアーセナルやマンチェスター・ユナイテッドを蹴落とし、劇的な形でのトップ4フィニッシュを成し遂げた。 さらに、クラブもここが勝負所と見たか、今夏の移籍市場ではオーナーグループからの資金調達もあり、MFペリシッチやFWリシャルリソン、MFビスマ、DFラングレといった実力者を積極補強。多くを要求するイタリア人指揮官を全面的にパックアップしている。 サウサンプトンとの開幕戦は昨季後半戦の主力メンバーで臨む形となったが、両エース不発に関わらず、MFクルゼフスキの1ゴール1アシストに、課題の両ウイングバックがゴールに絡む決定的な仕事をみせ、チームとしての成長を感じさせる4-1の快勝スタート。指揮官、選手共に今季への大きな自信を口にする中、鬼門の地で天敵を破り、真のタイトルコンテンダーとしての実力を証明したい。 なお、実力拮抗のノースロンドン・ダービーと異なり、両者の対戦はチェルシーが圧倒的な戦績を残しており、直近の公式戦6試合では5連勝を含む6戦無敗。さらに、この間にチェルシーは1度の失点も許していない。また、トッテナムはスタンフォード・ブリッジを極端に苦手としているが、昨季終盤戦からの勢いを生かし、3-1で勝利した2018年1月以来、4年半ぶりの鬼門攻略を狙う。 ◆チェルシー◆ 【3-4-3】 ▽予想スタメン <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2022/get20220813_100_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> GK:メンディ DF:アスピリクエタ、チアゴ・シウバ、クリバリ MF:リース・ジェームズ、カンテ、ジョルジーニョ、ククレジャ FW:マウント、スターリング、ハヴァーツ 負傷者:MFコバチッチ コロナ陽性者:なし 出場停止者:なし 出場停止者はいない。負傷者はヒザを痛めているコバチッチのみだが、バルセロナ移籍が迫るマルコス・アロンソもプレーする意思を示しておらず、招集外となる。 開幕戦では昨季に続いてメインシステムの[3-4-2-1]を採用したが、昨季の4試合の対戦では3試合で4バックを採用しており、システム変更の可能性も想定される。 スタメンは開幕戦からチルウェルに代えてククレジャを初スタメンで起用する以外、同じメンバーの継続を予想。ただ、相手の高速アタックへの対策からリース・ジェームズを3バックの右、ロフタス=チークを右ウイングバックで起用する形や、初戦でパフォーマンスが今一つだったマウントか、ハヴァーツに代えてブロヤを抜擢するプランもありそうだ。 ◆トッテナム◆ 【3-4-3】 ▽予想スタメン <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2022/get20220813_100_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> GK:ロリス DF:ロメロ、ダイアー、ベン・デイビス MF:エメルソン、ベンタンクール、ホイビュルク、セセニョン FW:クルゼフスキ、ケイン、ソン・フンミン 負傷者:DFラングレ、MFスキップ コロナ陽性者:なし 出場停止者:なし 出場停止者はいない。逆に、開幕戦をサスペンションで欠場したリシャルリソンが起用可能に。負傷者に関してはプレシーズン終盤に負傷したスキップに加え、コンディションの問題を抱えるラングレの2選手が欠場となる。 スタメンは快勝した開幕戦と同じメンバーとなる可能性が高い。変更点があるとすれば、エメルソンとセセニョンの両ウイングバックにドハーティ、ペリシッチが入るぐらいか。 ★注目選手 ◆チェルシー:DFカリドゥ・クリバリ <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2022/get20220813_100_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> セリエA屈指のセンターバックがプレミア初挑戦。ナポリの財政難の影響もあり、31歳にして今夏イングランドへ渡ったセネガル代表DF。リュディガーの後釜としての加入となった中、ほぼぶっつけ本番で臨んだエバートンとのデビュー戦では後半半ばに珍しく足を攣って途中交代となったが、攻守両面でさすがの存在感を放った。 単純なフィジカルレベルでは前任者には及ばないが、カルチョ仕込みの的確なポジショニング、カバーリング、読みを利かせた守備はチアゴ・シウバ同様に洗練。さらに、ジョルジーニョと共に元チェルシー指揮官サッリの下で主力を担っていたこともあり、ビルドアップの局面でも安定感が際立つ。完全に押し込んだエバートン戦では効果的な立ち位置から正確な配球をみせ、決勝点に繋がるPK奪取の起点にもなった。 わずか1試合でチェルシーファンの信頼を掴みつつあるクリバリだが、やはり真価が試されるのは、ケイン、ソン・フンミン、クルゼフスキとリーグ最高のアタッキングユニットとの呼び声高いスパーズのトリデンテと対峙するダービーでのパフォーマンスだ。 マッチアップの相手はセリエAでも対戦経験があるクルゼフスキとなるが、速さと強さ、巧さを兼ね備える両エースとの初対決は、勝敗のカギを握る重要なものとなるはずだ。 ◆トッテナム:FWソン・フンミン <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2022/get20220813_100_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 昨季の得点王が宿敵相手に今季初ゴール狙う。昨季はキャリアハイの23ゴールを挙げてリバプールFWサラーと共に、アジア人史上初のプレミアリーグ得点王に輝いたソン・フンミン。リバプールでPKキッカーを務めるサラーに対して、PKによるゴールなしでの偉業達成はより価値のあるものとなった。 そのスパーズの両エースの一角は、サウサンプトンとの開幕戦でもチームの決勝点をアシストする決定的な仕事を果たした一方、前後半に訪れた決定機を決め切ることができず。今季初ゴールはお預けに。 プレシーズンから好調を維持しており、セインツ戦でも動き自体は悪くなかったが、相棒ケインを含めサラーやハーランド、ヌニェス、ガブリエウ・ジェズスら熾烈な得点王争いが見込まれる中、早い段階での今季初ゴールがほしいところだ。 対チェルシーはチーム同様に苦手としており、12試合2ゴールの数字にとどまっている。ただ、今季のチームは各ポジションで大幅なスケールアップを遂げ、クルゼフスキやペリシッチ、リシャルリソンといった相棒ケイン以外のチャンスの供給源が増えており、これまでの対戦時に比べて間違いなくチャンスの数は多いはずだ。 2022.08.14 12:00 Sun
twitterfacebook
thumb

バイエルンはハヴァーツが欲しかった? レヴァンドフスキをチェルシーに生かせる算段も不発に

チェルシーのドイツ代表FWカイ・ハヴァーツ(23)に対して、バイエルンが興味を示しているようだ。ドイツ『Sport1』が伝えた。 バイエルンはエースだったポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキがバルセロナへと移籍。リバプールからセネガル代表FWサディオ・マネを獲得していた。 そのバイエルンだが、レヴァンドフスキの退団が濃厚となっていた中で、バルセロナではなくチェルシーへの移籍を望んでいたとのこと。『Sport1』のケリー・ハウ氏が伝えた。 バイエルンはレヴァンドフスキの残留が難しいと分かると、移籍先の選定に。そこでチェルシーへと移籍させ、ハヴァーツを獲得しようと考えていたようだ。 ハウ氏によると、「バイエルンはハヴァーツをミュンヘンに連れてくるため、レヴァンドフスキをチェルシーに置くことを望んでいたと聞いた」とのことだ。 ただ、レヴァンドフスキ事態はそもそもバルセロナ行きを希望しており、チェルシー行きの可能性は限りなく低かった状況。また、ハヴァーツも特に移籍を希望していなかったこともあり、願望の域を出ない話に終わったようだ。 2022.08.13 20:50 Sat
twitterfacebook
thumb

【プレミアリーグ第2節プレビュー】チェルシーとスパーズが激突! リバプールとユナイテッドは初勝利を目指す

開幕節ではリバプールが昇格組のフルアムにまさかのドロースタートとなった一方、虎視淡々と優勝を狙うロンドンのビッグクラブは揃って3ポイントを手にした。また、マンチェスター勢では明暗が。シティが新エース・ハーランドが早速の2ゴールで勝利に導いたが、エースのロナウドの去就に揺れるユナイテッドはブライトンに敗れた。 今節は早くもビッグマッチが到来。移籍市場で大型補強を実行したチェルシーとトッテナムによるロンドン・ダービーだ。 ホームに迎え撃つは、開幕戦でエバートンに辛勝したチェルシー。エバートン戦では序盤からボールを握りながらも、相手の徹底した守備を前に攻撃陣が苦しむ展開に。そんな中、機を見て攻撃参加したチルウェルがPKを獲得し、名手ジョルジーニョが仕留めて虎の子の1点。一方で守備ではチアゴ・シウバを中心に、契約延長したキャプテンのアスピリクエタと新戦力のクリバリが圧巻のパフォーマンスを披露し、無失点で勝利を呼び込んだ。 対するトッテナムの開幕戦はセインツを圧倒。12分に先制を許し、一時雲行きは怪しかったが、セセニョンの同点ゴールを皮切りに、ダイアーやクルゼフスキが得点を重ね、終わってみれば4-1の快勝を収めた。後半には新加入のペリシッチやラングレ、ビスマがスパーズでの公式戦デビューを果たしており、悲願の優勝に向けてこの上ないスタートを切っている。 王者シティは強敵ウェストハムを相手に序盤からポゼッションで圧倒。その中でプレミアリーグデビューとなったハーランドがPK獲得から自らゴールを決めて、早速仕事を果たす。後半にはデ・ブライネのスルーパスがハーランドの2点目をお膳立て。今季の強力ホットラインを予感させるプレーでウェストハムを退けた。そして今節の相手は昇格組のボーンマス。プレミアリーグでは10回対戦しているが、シティが全勝している。 リバプールはクリスタル・パレスと対戦。上述のようにドローという結果になったフルアム戦は、先にネットを揺らされる展開に。開幕直前のシティとのコミュニティ・シールドでPK獲得&1得点で勝利に導いた新加入のヌニェスが後半の途中出場からゴールを決めて試合を振り出しに戻すが、世界一のCBと名高いファン・ダイクがミトロビッチを倒して珍しくPKを献上。再び勝ち越され、最終的にサラーのゴールで再び同点に戻したものの、逆転は叶わなかった。なお、リバプールはこの試合でチアゴがハムストリングを負傷し、最低6週間の離脱を強いられることになった。 アーセナルの第2節の相手はレスター。初戦ではクリスタル・パレスに立ち上がりから主導権を握り開始20分で先制。しかし、この勢いに乗れず、前半の終盤にはGKラムズデールがファインセーブを強いられるシーンも。後半立ち上がりにも守護神のビッグセーブが光った中、試合終盤の相手のオウンゴールもあり、なんとか白星で飾った。なお、レスターとは現在3連勝中だ。 初戦でブライトンに力負けしたユナイテッドは、アウェイのブレントフォード戦で汚名返上と初勝利を目指す。昨シーズンに初めてプレミアリーグに昇格した同クラブとの対戦はわずか2回だが、昨季はいずれも3得点で快勝。相性の良い相手と言える。 ◆プレミアリーグ第2節 ▽8/13(土) 《20:30》 アストン・ビラvsエバートン 《23:00》 アーセナルvsレスター ブライトンvsニューカッスル マンチェスター・シティvsボーンマス サウサンプトンvsリーズ ウォルバーハンプトンvsフルアム 《25:30》 ブレントフォードvsマンチェスター・ユナイテッド ▽8/14(日) 《22:00》 ノッティンガム・フォレストvsウェストハム 《24:30》 チェルシーvsトッテナム ▽8/15(金) リバプールvsクリスタル・パレス 2022.08.13 17:00 Sat
twitterfacebook
thumb

チェルシーDFエメルソンにアタランタも目を光らす?

チェルシーのイタリア代表DFエメルソン・パルミエリ(28)にアタランタ移籍の可能性が浮上している。 2018年1月にローマからチェルシー入りしたエメルソンだが、バックアッパーの域を抜け出せず、昨季はリヨンに1年レンタル。買い取りオプション付きのレンタルだったが、シーズン終了後にチェルシー復帰となった。 先日にはラツィオ移籍の可能性が報じられるなど、今夏の移籍が既定路線のなか、イギリス『デイリー・メール』によると、セリエA勢からはアタランタも目を光らせているという。 また、エメルソンを巡っては積極補強が印象的なノッティンガム・フォレストも関心を寄せ、すでに問い合わせを済ませている模様だ。 一方、チェルシーはブライトン&ホーヴ・アルビオンからスペイン代表DFマルク・ククレジャを獲得。トーマス・トゥヘル監督も移籍を容認する可能性が高いとみられている。 2022.08.12 18:54 Fri
twitterfacebook
thumb

スターリング、偽9番でのプレーをいとわず 「僕の主なポジションはウィングだけど…」

チェルシーのイングランド代表FWラヒーム・スターリングは自身をウィンガーの選手と考えながら、チームにとってベストなポジションでのプレーをいとわない姿勢のようだ。 今夏にFWロメル・ルカクを手放し、センターFWの一番手が誰になるのかが今季におけるトピックの1つのチェルシー。後にFWティモ・ヴェルナーも旅立ち、さらにその行方が注目される。 そこでの役割も見込まれ、マンチェスター・シティから加入したスターリングは先のプレミアリーグ開幕節でさっそくセンターFWとしてプレー。無得点だったが、開幕白星に貢献した。 イギリス『メトロ』によると、27歳は11日のプレスカンファレンスで自身の役割を問われると、今後も継続して偽9番で使われるとなっても、それがチームのためなら問題なしと話した。 「みんなも知っての通り、僕の主なポジションはウィングだ」 「でも、僕はいつも試合でどれだけ効果的なプレーができるかを自己判断している。そのときの自分がどこで最も効果的なプレーをやれるかによるんだ」 「この前のエバートン戦では偽9番の位置からプレーした。次も自分が効果的にチームの力になれる場所でやれるなら一番嬉しいね」 そんなスターリングはまた、トーマス・トゥヘル監督とのやりとりや求められる役割についても続けている。 「彼が僕に言ったのは僕の直線的な動き出しや常に背後を脅かすということだけ。常に足元というだけでなく、背後を突いていくんだ」 「でも、一番大事なのは僕がどうやってボックス内に攻め入るかだ。彼はサイドバックたちと攻め込む姿をたくさん見たいと言っていた」 「それが僕らの主な会話の内容だ」 2022.08.12 13:35 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly